就活生必見!各業界の初任給ランキング完全ガイド

就活生必見!各業界の初任給ランキング完全ガイド

2024年1月26日更新

はじめに

これからのキャリアを決める上で、初任給は重要な要素の一つです。

本記事では、様々な業界の初任給ランキングを詳細に分析していきます。

それぞれの業界が、新卒者にどのような給与を提供しているのかを明らかにしていくので、ぜひお読みください。

給与の額だけでなく、その背後にある業界の特性やキャリア成長の可能性も考慮に入れながら、就職活動に役立つ情報をお届けします。

さらに、初任給が将来のキャリアパスにどのように影響を与えるかについても深く掘り下げていきます。

自分の将来に合った企業選びの参考にしていただければ幸いです。

それでは、各業界の初任給ランキングを見ていきましょう。

 

・新社会人にとっての初任給の意味および重要性

就職活動を進める中で、多くの学生が初任給に注目します。

しかし、初任給は単なる数字以上の意味を持っています。

ここでは、初任給が新社会人にとって持つ意義と、その社会的および個人的な重要性について掘り下げていきます。

初任給は、新社会人が社会に出て初めて受け取る給料です。

その金額は単に経済的な価値だけではなく、個人の労働市場での価値を象徴しています。

社会的には初任給は経済の健全性を反映し、特定の産業や職種の需要を示す指標になります。

多くの就活生にとっては、初任給は自立の第一歩につながり、これからのキャリアの方向性を決める上での重要な判断材料でしょう。

初任給は自己評価やモチベーションにも影響を及ぼします。

職業選択における価値観や優先順位を形作る要素の一つとなるでしょう。

就職活動を行う上で、初任給は単に金額だけでなく、その背後にある業界の特性や将来のキャリアパスを理解するための重要な指標となります。

初任給は、新社会人としてのスタートラインに立つ上で重要な役割を果たしているのです。

単に給与の数字以上のものであり、自分の市場価値や未来のキャリア、自立への一歩を意味します。

皆さんがこれからの企業選びにおいて、初任給の意義を深く理解し、最適な職場を見つけるための一助となれば幸いです。

 

賃金構造基本統計調査|厚生労働省

 

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

初任給の国際比較

就職活動を行う上で、国内の初任給について考えることは一般的です。

しかし、世界各国の初任給を知ることも大切です。

ここでは、国際的な視点で初任給を比較し、日本の初任給が世界の中でどのような位置にあるのかを明らかにしていきます。

初任給は国によって大きく異なり、これは各国の経済状況、生活コスト、教育システムなど多くの要因に影響されます。

例えば、アメリカやヨーロッパの一部の国々では、日本よりも高い初任給が設定されている場合が多いです。

しかし、これは高い生活費や教育ローンの返済などが影響しています。

一方で、アジアやアフリカの一部の国々では、日本の初任給よりも低いことが一般的です。しかし、これは生活コストが低いことが理由です。

日本の初任給は、国際的に見ると中間程度に位置しており、経済発展と生活コストのバランスが取れた水準です。

また、日本は長期的なキャリア形成と従業員の安定した雇用に重きを置く傾向があります。

そのことも、初任給が他国と比べて低めに設定される要因です。

とはいえ、長期的なキャリアパスと給与成長の可能性を考慮に入れることが重要です。

日本は、新卒者の雇用機会の平等と均等なスタートを重視する傾向もあります。

これは初任給の均一性にも影響を与えています。

さらに、日本独自の企業文化や労働倫理が、初任給の設定にも反映されている面があります。

これらの要素を踏まえ、初任給をどのように捉え、利用するかが、新社会人にとって重要なポイントとなるでしょう。

国際的な観点から見ると、日本の初任給は中間的な位置にあります。

初任給の額だけでなく、長期的なキャリアの展望や生活コストなど、さまざまな要素を考慮して企業を選ぶことが重要です。

 

データベース (ILO駐日事務所)

 

データ

業種別初任給ランキング

就職活動を進める上で、業種ごとの初任給の違いを理解することは非常に重要です。

ここでは日本国内の様々な業種における初任給のランキングを紹介し、それぞれの業種でどのような給与の違いがあるのか、その背景を深く掘り下げます。

 

・業種ごとの給与の違いとその背景

日本における業種別の初任給ランキングを見ると、金融、コンサルティング、IT業界が高給与を提示していることが分かります。

平均初任給は220,700円となっており、これらの業界は専門性が高く、市場価値の高いスキルを要求されるため、初任給も比較的高く設定されています。

一方で教育や介護、小売業界などは、社会的な重要性にも関わらず、初任給が低めに設定されている傾向があります。

平均173,100円と金融、コンサルティング、IT業界などと比較すると約47,600円の差があります。

これらの違いは、業種ごとの利益率やビジネスモデル、必要とされるスキルセット、労働市場の需給バランスに大きく依存しています。

高い利益を生み出す業種や、専門性が高いスキルが求められる業界では、それに見合った給与が設定される傾向にあります。

一方、社会貢献度が高いが利益率が低い業種では、初任給が抑えられることが多いです。

業種ごとの初任給の違いを理解することは、自分の価値観やキャリアプランに合った業界を選ぶ上で重要です。

ただし、初任給だけでなく、将来のキャリアパスや職場の環境、仕事の充実度など、総合的な視点で業界を選びましょう。

 

職業平均初任給(円)
鉱業・採石業・砂利採取業214,200円
建設業200,200円
製造業185,600円
電気・ガス・熱供給・水道業194,700円
情報通信業218,500円
運輸業・郵便業184,700円
卸売業・小売業201,000円
金融業・保険業203,700円
不動産業・物品賃貸業209,200円
学術研究・専門・技術サービス業220,700円
宿泊業・飲食サービス業180,300円
生活関連サービス業・娯楽業192,200円
教育・学習支援業197,300円
医療・福祉194,800円
複合サービス事業173,100円
サービス業(他に分類されないもの)192,900円
全体平均196,300円

 

平均的な初任給はどれくらい?業界・学歴・地域・男女別に紹介

 

統計(METI/経済産業省)

初任給の決定要因

初任給 決定要因

就職活動を進める際、初任給がどのように決定されるのかを知ることは、将来のキャリア選択において重要です。

初任給の決定要因として教育水準、業種、地域差などを分析し、それらがどのように給与に影響を与えるのか紹介していきます。

 

・教育水準、業種、地域差などの初任給の決定要因

初任給の決定には、複数の要因が関わっています。

教育水準は重要な要素の一つです。

高い学歴や専門的な資格を持つ人は、より高い初任給が提示される傾向にあります。

これは、高度な知識や技術が求められる職種での需要が高いためです。

次に、業種も初任給に大きな影響を与えます。

一般的に、金融、技術、ITなどの高収益業種は高い初任給を提供することが多いです。

これに対し、教育や介護などの公共サービス関連業種では、社会的な価値とは別に、初任給が低めに設定されることがあります。

地域差も無視できません。

初任給の水準が高い地域は東京都、千葉県、神奈川県であり、対照的に沖縄県、宮崎県、鳥取県では初任給が低めです。

これにより、日本国内での都道府県ごとの初任給の格差が明らかになります。

特に、大企業が集中する関東や近畿地方などの都市圏では、平均初任給が200,000円以上の地域が多い傾向にあるでしょう。

一方で、地方の多くの地域では、平均初任給が200,000円を超える場所は限られています。

初任給は、教育水準、業種、地域差といった複数の要因によって決定されます。

就職活動を進めるにあたってこれらの要素を理解し、自分の能力やキャリアプラン、生活スタイルに合った職場選びをすることが重要です。

 

給の高い都道府県初任給(円)初任給の低い都道府県初任給(円)
東京都220,500円沖縄県175,000円
千葉県211,700円宮崎県188,000円
神奈川県210,800円鳥取県191,200円

 

平均的な初任給はどれくらい?業界・学歴・地域・男女別に紹介

 

各種統計調査|厚生労働省

 

統計(METI/経済産業省)

初任給とキャリア形成

就職活動においては初任給は単なる収入の源ではなく、将来のキャリア形成にも大きな影響を及ぼします。

ここでは、初任給がキャリア形成にどのように影響するのか、そして初任給後の給与成長について深く考察していきます。

 

・給与成長とキャリア形成について

 

初任給は、新社会人としてのキャリアの出発点を示し、その後の給与成長の基盤となります。

高い初任給は、個人のスキルや能力が市場で高く評価されている証であり、キャリアの早期段階での自信とモチベーションの向上に寄与するでしょう。

また、初任給の水準は、将来の給与成長の見込みを示唆することが多いです。

高い初任給を得た個人は、その後も給与が上昇しやすい傾向にあります。

しかし、初任給が全てではありません。

初任給が比較的低くても、給与成長の機会が多い業界や企業も存在します。

例えば、スタートアップ企業や成長産業では初任給は低めです。

しかし、業績が伸びるにつれて給与も大幅に上昇する可能性があります。

ですから、初任給のみに注目するのではなく、長期的なキャリアパスや給与成長の機会を考慮することが重要でしょう。

初任給はキャリア形成の重要な要素となり、初期の給与水準が将来の給与成長に影響を与える可能性があります。

しかし最も重要なのは、長期的なキャリアの展望と、自分が成長できる環境を見つけることです。

 

初任給をキャリア決定の一部として考慮しつつ、より広い視野での職場選びを心がけましょう。

 

各種統計調査|厚生労働省

 

統計(METI/経済産業省)

初任給の使い道と財務計画

新社会人としての第一歩を踏み出し、初めての給料を手にする時、初任給の使い道は大きな関心事です。

この記事では初任給の賢い使い方と、初任給を活用した効果的な財務計画についてアドバイスします。

 

・貯蓄や投資などの将来ファイナンス計画について

 

初任給の受け取りは、新たな財務計画を始める絶好の機会です。

まず基本となるのは貯蓄の開始です。

将来の不測の事態に備えるため、給料の一定割合を貯金に回すことをおすすめします。

例えば、給料の20%を目安にしましょう。

次に、投資を検討してください。

その価値があります。

初任給から少額でも良いので、株式や投資信託などに投資することで資産を増やせるでしょう。

ただし、投資にはリスクが伴うため、自己責任で慎重に行うべきです。

また、初任給を使って自己投資をするのも一つの方法です。

これには資格取得のための勉強や、自分のスキルアップに役立つセミナーへの参加などが含まれます。

これらは、長期的に見て自分自身の市場価値を高めることにつながります。

さらに、初任給を受け取った記念として、自分へのご褒美に少し使うのも良いでしょう。

自分自身の努力を認め、これからのモチベーションを高めることができます。

初任給は財務計画のスタート地点として、大切に使いましょう。

貯蓄の開始、賢い投資、自己投資、自分へのご褒美とバランス良く使うことが大切です。

 

金融庁

 

NISA特設ウェブサイト : 金融庁

新卒者のための給与交渉術

 新卒者 給与交渉術

新卒者にとって、初めての給与交渉は不安なものです。

しかし、適切な準備と戦略をもって臨めば、より良い結果が期待できるでしょう。

 

ここでは、新卒者が初任給を交渉する際の効果的な戦略とテクニックについて解説します。

 

・初任給の交渉術

 

給与交渉を始める前に、まずは自分の市場価値を正確に理解することが重要です。

同じ業界や職種での、一般的な初任給の水準も調査しましょう。

また、自分の持つスキルや経験、教育背景を考慮に入れ、それがどのように企業に価値をもたらすかを明確にする必要があります。

交渉の際は自信を持ち、謙虚な態度で臨むことが大切です。

強引すぎる交渉は避け、相手の立場や制約も理解しつつ、自分の希望をはっきりと伝えましょう。

具体的な数字を提示する場合は、市場調査に基づく合理的な範囲内で行ってください。

給与だけでなく研修機会やキャリアアップの機会、福利厚生など、他の利点も交渉のテーブルに持ち込むことができます。

これらは、給与以外の部分で自分のキャリアをサポートする要素となるでしょう。

新卒者の給与交渉は、適切な準備と戦略があれば有利に進みます。

市場価値の理解、自分の価値提案、謙虚かつ自信のある交渉、そして給与以外の要素への目配りが重要です。

 

職業安定局 |厚生労働省

初任給と生活スタイルの変化

新社会人として初任給を受け取ることは、多くの人にとって生活スタイルに大きな変化をもたらします。

初任給によってどのような生活の変化が起こるか、具体的な事例を交えて紹介します。

 

・社会人の生活スタイル

初任給の受け取りは、多くの新卒者にとって独立の第一歩となります。

例えば、実家から独立して一人暮らしを始める人も多く、初任給は新たな生活の基盤を築くための資金源となります。

賃貸アパートの契約、家具や家電の購入など、初めての経済的自立を支える重要な役割を果たします。

また、交際費にも変化が見られます。

学生時代とは異なり、社会人としての付き合いが始まることで、飲み会や同僚との食事など、交際費の増加が予想されます。

初任給を受け取ることで、これらの社会人としての交流を楽しむ余裕が生まれるでしょう。

趣味や娯楽に投資する機会も増えるはずです。

新たにジムに通ったり、趣味に関連するアイテムを購入したりなど、自分への投資も可能になります。

仕事以外の時間を充実させ、ワークライフバランスを改善する良い機会となるでしょう。

初任給を受け取ることは、新社会人の生活に多くの変化をもたらすのです。

 

独立への第一歩、社会人としての交際、趣味や娯楽への投資など、初任給は新たな生活スタイルを築くための重要な資金源となります。

これらの変化を受け入れ、自分のライフスタイルを上手に構築していくことが新社会人としての成長につながります。

 

金融庁

初任給の心理的影響

初任給の受け取りは、単に経済的な側面を超えて、個人の自尊心やモチベーション、さらには将来の展望にも大きな影響を与えるでしょう。

初任給が心理的にどのような影響を及ぼすか紹介していきます。

 

・初任給の影響について

 

初任給は、新社会人にとって重要なマイルストーンです。

自己の努力と社会からの評価の象徴となり、自尊心を高める効果が期待できます。

初任給の額が自己の期待に応えるものなら、自己効力感を増し、仕事に対する自信と満足感が高まるでしょう。

また、初任給はモチベーションにも影響を及ぼします。

適切な給与は労働意欲を刺激し、職場での成果と成長への意欲を高める要因となるのです。

反対に、期待を下回る給与は、モチベーションの低下を招く可能性があります。

さらに、初任給は将来の展望にも影響を及ぼします。

経済的な安定は、長期的なキャリアプランやライフプランを立てる上での基盤となるでしょう。

十分な給与は、自己成長、家族計画、趣味やレジャーなど、人生の多くの面での計画を可能にします。

初任給は経済的な側面だけでなく、心理的な側面においても新社会人に重要な影響を及ぼします。

例えば自尊心の向上、モチベーションの刺激、将来計画の基盤形成などです。

初任給は多方面にわたって個人の人生に重要な役割を果たしています。

 

厚生労働省

まとめ 初任給の価値と今後の展望

初任給は、新社会人としての経済的自立の第一歩であり、自己の価値と市場価値の認識を深める機会です。

単に金銭的な報酬以上のものであり、自尊心、自己評価、そして将来のキャリアパスに対する考え方に大きな影響を与えます。

初任給を通じて、自分自身のスキルや能力を見つめ直し、長期的なキャリア計画を立てることが重要です。

 

また、貯蓄や投資など、賢明な財務計画を立てることで、経済的な安定と自立を実現することができます。

初任給の受け取りは、自分の努力が具体的な形となって現れる瞬間でもあります。

この経験は、労働市場での自分の位置を理解し、将来に向けての目標を設定する助けとなるでしょう。

さらに、初任給は社会人としての新しい責任と自由を象徴します。

個人的な財務管理やライフスタイルを選択すれば、より良い効果が期待できます。

将来のキャリアと経済的自立に大切なのは、初任給の金額だけではありません。

どのようにその資金を管理し、自己成長に投資するかも大切です。

自己投資によって長期的なキャリア形成をサポートし、さらなるスキルアップやキャリアアップの機会をつかみましょう。

また、給与交渉のスキルを身につけ、自分の価値を適切に評価してもらうこともキャリアアップに欠かせません。

これらの要素を意識して行動することで、新社会人としての充実したスタートを切ることができるでしょう。

 

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!