【就活の座談会】選考で有利になる?好印象の秘訣を伝授

【就活の座談会】選考で有利になる?好印象の秘訣を伝授

2022年9月29日更新

はじめに

最近は就活で会社説明会の後に座談会を開催する企業が多いですね。

 

座談会は会社説明会や選考とは違い、社員と就活生の交流の場であり、気軽に参加ができる点が特徴の一つです。

また、座談会は、会社説明会よりも少人数で開催されることが多いため、社員と就活生の距離感も縮まり、質問しやすく話しやすい雰囲気があるのも特徴です。

 

今回は座談会が選考で有利になるかどうかや座談会で印象が良い人/印象が悪い人の特徴、座談会ですべき質問内容等を元採用担当が解説します。

 

フランクで楽しい雰囲気の座談会となることが多いですが、まわりと差をつけるためには座談会でも面接同様、下準備が欠かせません。

 

ぜひ最後までお読み下さい。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

1.就活の座談会は選考で有利になる?

就活の座談会は選考で有利になるとは言い切れません。

多くの企業で、「この座談会は選考とは一切関係ありません」と書いてあるのをよく目にすると思います。

確かに、座談会で良い印象だったから、「必ず1次面接を通過させよう」、など座談会を選考の一部と考えている企業はあまりないでしょう。

 

しかし、座談会で良い印象だった人は、採用担当の中で、プラスのイメージが残り、覚えてもらえやすくなることが多いです。

また、何一つその企業のイベントに参加していない就活生と比べれば、志望意欲は伝わりやすくなると思います。

 

また、そもそも座談会は会社パンフレットや会社HPなど他では聞けない社員の生の情報を探したり引き出したりすることができる場であるため、エントリーシートや面接対策で自分自身にとってとても有利なものになるでしょう。

参加する場合は、下準備をしっかりしてから、臨むことが大切になります。

 

座談会を通して、社員や採用担当とコミュニケーションを取り、印象付けておくことは非常に効果的だと思います。

 

選考への直接的な影響の有無に関わらず、常に選考を受けているつもりで参加することをおすすめします。

2.就活の座談会に参加するメリット

座談会に参加するメリットを紹介していきます。下記のようなメリットがあります。

 

  • 会社HPや会社説明会では知ることができない情報を得ることができる
  • 実際に働く社員の生の声が聞ける
  • 企業の雰囲気を感じやすい
  • 話しやすい雰囲気のため、リラックスした状態で社員と交流できる
  • エントリーシートや面接で志望動機を作りやすくなる
  • 採用担当に覚えてもらえやすくなる

 

また、自分が思い描いていた企業と実際の企業のミスマッチを防ぐことができるというのも大きなメリットとなります。

座談会では、会社説明会では聞けなかった内容など自分が気になっていることをしっかりと聞き、自分の軸や自分の性格、キャリアプランに合った企業かどうかを確認しましょう。

 

3.企業が座談会を開催する狙い

企業が就活生のために座談会を開催する狙いを紹介します。

就活の座談会は、ただ何も考えず参加すればよいわけではなく、事前に企業が座談会を開催する目的や自分が座談会に参加する目的をしっかりと考え、理解しなければなりません。

 

多くの企業が座談会を開催する狙いは、大きく3つあります。

  1. 学生に自分の企業についてより理解を深めてもらい、ミスマッチをなくしてほしいという狙い
  2. 学生が自社についてより深く知ってもらうことで、志望意欲を高めてもらう狙い
  3. 学生の素顔をより間近で見て、人柄や志望意欲、就活への姿勢等について観察するという狙い

 

企業も学生をよく知ることで、学生に寄り添った情報発信ができるようになるという側面もあります。

学生は企業の社員の雰囲気や企業の雰囲気を見る、企業は自社のPRをすると同時に学生がどんな人物かを観察する場であるため、相互理解の場と考えると良いです。

 

もし、座談会の最中に、メモを取っている人事の人がいたら、発言内容や参加中の姿を見られていると思った方が良いかもしれません。

 

逆に、就活生は、座談会に参加している社員や人事担当の言動や雰囲気をしっかりと見て企業の雰囲気をつかみましょう。

4.座談会で好印象を与えるには?

次に、就活の座談会で印象が良くなる人の特徴について紹介していきます。

就活の座談会はフランクに社員と話ができ、楽しい雰囲気ですが、実は企業の人事はしっかりと参加学生の様子を観察しています。

座談会で印象ダウンしないように、マナーやコツを確認していきましょう。

 

マナーが良い人

大前提として、就活マナーをしっかりと守れていることが重要です。

マナーとは、基本的には挨拶、身だしなみ、言葉遣い等です。

少しでも守れていない点があると、印象が悪く、逆に目立ってしまいます。

 

会社の敷地内に入ったらすれ違う社員に必ず元気よく挨拶をするところから始めましょう。

また、座談会中質問をする際には、必ず「大学名」、「名前」を名乗り、相手に敬意をもって丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。

 

質問を積極的にする人

座談会は企業が就活生の志望意欲を見る場でもあるため、積極的に質問をした方が印象が良くなります。

本当に入りたいと思っている企業なら、会社のHPには載っていない社員の生の声をしっかりと聞き、その企業の貴重な情報として吸収する必要があります。

 

たくさん質問をしてくれる就活生は良い意味で目立ち、社員や採用担当に良い印象が残ります。

せっかく座談会に参加したのであれば、受け身ではなく、積極的に自発的に質問をするようにしましょう。

 

メモを取る人

自分が質問した内容はもちろん、他の人が質問した内容についてもメモを取り、参加してくれている社員に敬意を伝えることができる人も印象が良くなります。

質問に答えた社員も就活生がメモをしっかり取っている姿を見れば、もっと詳しく話してあげたいと思います。

また、メモを取ることは、話した内容を忘れないようにする就活生自身のメリットにもなります。

 

気配りができる人

同じグループの就活生皆が質問ができるよう、空気を読んで質問をしたり、他の就活生が質問をしている時に耳を傾けてうなずいたりメモを取ったりすることも大切です。

ついたくさん話したくなる気持ちも分かりますが、時間が限られている時は、簡潔に話すなどの配慮も必要です。

社員や他の就活生の迷惑にならないよう、気をつけながら積極的な姿勢で臨みましょう。

 

5.座談会で 印象が悪くなる人の特徴

次に、就活の座談会で印象が悪くなる人の特徴を紹介していきます。

 

身だしなみが整っていない人

リクルートスーツにしわがついていたり、汚れていたり、ネクタイが汚れていたりと身だしなみが整っていないと印象が悪くなります。

また、髪型が乱れていないか、前髪が長すぎないか、スーツにタバコや香水の匂いがついていないかなども細かく確認をする必要があります。

 

これは、座談会に限ったことではなく、会社説明会や面接なども同様です。身だしなみがきちんとしているだけでも好印象につながります。

 

言葉遣いが良くない人

言われなくても当たり前と思う人の方が多いと思いますが、言葉遣いが良くない人も印象が悪くなってしまいます。

いくらフランクな雰囲気だとしても、最低限のマナーは徹底しておきましょう。

相手に対して敬語を正しく使い、質問に答えてもらったら必ずお礼を言いましょう。

 

考えて質問をしない人

何も考えずに質問をしてしまう人も要注意です。わざわざ社員に聞かなくても良いHPに載っている内容や、すでに会社説明会で話があった内容などは座談会で聞いてはいけません。

座談会の質問はあらかじめよく考えておくようにしましょう。

 

また、複数人座談会に参加しているにもかかわらず、まわりを見ずに自分だけ質問をたくさんしてしまう人も要注意です。

座談会は自己PRの場ではないので、空気を読み、交代しながら参加者皆がバランスよく質問できるようにすることが大切です。

 

何も質問をしない人

座談会にせっかく参加したのに、何も質問をしない人が多いです。

何も質問をしないと、「うちの会社に興味がない」、「消極的な人だ」、「つまらなさそう」、「やる気がない」、などとネガティブなイメージを持たれてしまいます。

座談会に参加する前に、必ず当日質問したい内容を考えておくようにしましょう。

6.座談会で聞くと良い質問は?

座談会では、主に仕事内容や社風が分かるような質問をすることが望ましいです。就活生はその企業が自分とマッチしているかどうか判断するために質問をすると思います。

 

会社HPなどでは簡単な仕事内容しか書かれていないことが多いため、実際に働く社員に詳しい内容を聞き、働く姿をイメージできるようにすると良いです。

また、座談会で聞いて良い内容と聞くのを避けた方が良い内容があるため、注意が必要です。

 

<仕事内容についての質問例>

  • 現在の業務内容を教えてください
  • 一日のスケジュールを教えてください
  • 入社までにやっておいてよかったことはありますか
  • 部署間での交流はありますか
  • ジョブローテーション制度はありますか
  • 仕事をしていてどんな場面でやりがいを感じますか
  • 仕事で大変だと思うことは何ですか
  • 将来展望を教えてください
  • モチベーションアップのために意識をしていることはありますか
  • 御社で働く上で必要な能力は何ですか
  • 御社の仕事の中で課題と感じていることは何かありますか
  • 御社の強みと弱みを教えてください

 

<社風についての質問例>

  • 職場の雰囲気はどのような感じですか
  • 入社してよかったと思うことは何ですか
  • 入社前後でギャップを感じたことはありますか
  • 働きやすさを感じるポイントがあれば教えてください
  • 仕事以外で社員同士の交流はありますか
  • 入社後、感じた自社の強みは何かありますか

 

<求める人物像についての質問例>

  • 新入社員に求めるスキルはありますか
  • 一緒に働きたいと思う人はどのような人ですか
  • 御社で活躍している人の特徴は何ですか
  • 〇部署で働くためにはどのような勉強をすると良いですか
  • 仕事ができる人とできない人の差は何だと思いますか会社

 

<社員自身の就活についての質問例>

  • なぜ御社に入社を決めたのですか
  • 就活の軸は何でしたか

7.座談会で避けた方が良い質問は?

座談会は話しやすい雰囲気だからといって何でも質問して良いわけではありません。場をわきまえた質問をすることが大切です。

 

社員個人へのプライベートな質問

この座談会に参加した目的を考えてみましょう。

社風や仕事内容について知り、自分のイメージとミスマッチがないかを確認するために参加していると思います。

趣味など社員個人へのプライベートな質問は避けましょう。質問内容で悪い印象を残してしまうのはもったいないです。

 

条件面についての質問

残業や離職率、労働条件についてはあまり聞かない方が良いです。

条件で会社を選んでいると勘違いされやすいので避けましょう。また、忙しい中参加してくれる社員に対しても失礼にあたります。

他の就活生が質問する時間も奪ってしまうことになるので、条件面の質問は避けるようにしましょう。

 

調べて分かる内容の質問(会社HP等で見ればわかる質問)

わざわざ座談会の場で聞かなくても良いような会社説明会の説明内容や会社HPの内容を聞くと企業研究をしていない適当な人、志望意欲が低い人と思われてしまう可能性があります。

直接社員の生の声が聞ける良い機会なので、オリジナルの質問をするよう心がけてみてください。

8.まとめ

今回は、就活の座談会は選考に有利かどうか、好印象を持たれる人の特徴、座談会で質問すべき内容などについて紹介しました。

 

座談会では、積極的に質問をすることで、他の媒体などからは得られない生の情報を知ることができるので、非常に有意義な時間になると思います。

 

そのためには、座談会に参加する前にしっかりとマナーを勉強し、社員への質問内容を考えておくことが大切です。

 

さらに、座談会での質問を考えるためには十分な業界・企業研究を行うことが必要不可欠です。

またとない座談会なので、準備をしっかりと行い、楽しく充実した時間になるようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
上京就活ch編集部

上京就活ch編集部

上京就活ch編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!