【徹底比較】TOEICとTOEFLの違い!受けるならどっち?

【徹底比較】TOEICとTOEFLの違い!受けるならどっち?

2022年9月7日更新

はじめに

TOEICとTOEFLは、どちらも英語力を測るための試験ですが、それぞれの特徴や違いを深く理解している人はあまり多くありません。

 

この記事では、そういった方が抱える以下のような悩みや疑問にお答えしています。

 

  • TOEICとTOEFL、どう違うの?
  • 受けるならどっち?
  • TOEICとTOEFLのスコア換算は?

 

この記事を読めば、こういった悩みや疑問はすべて解決できます!

 

それぞれの特徴や利用目的を押さえた上で、自分に合った試験を選びましょう!

 

それでは以下の「もくじ」に沿って解説していきます。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

1.TOEICとTOEFLにはそれぞれ種類がある

はじめに、今回の記事で解説するTOEICとTOEFLの種類を確かめておきましょう。

 

というのも、TOEICとTOEFLどちらもいくつかの種類があるからです。

 

まずTOEICについては、「TOEIC Listening & Reading Test」を前提としています。

 

「TOEIC Speaking & Reading Test」というものもありますが、「Listening & Reading(以降L&R」の方が圧倒的に知名度が高いです。

 

本記事以外においても、TOEICという言葉が使われる際は、基本的に「Speaking & Reading」ではなく「Listening & Reading」の方を指していることを覚えておいてください。

 

一方TOEFLには「TOEFL iBT」と「TOEFL IPT」の2種類がありますが、ここで扱うのは受験者の9割以上が選択する「iBT」の方です。

 

なお、様々な点で異なるテストですが、大きな違いとして「iBT」はコンピューター形式、「IPT」はペーパーテスト形式であることが挙げられます。

2.英語試験「TOEIC」と「TOEFL」の違い

それではさっそくTOEICとTOEFLの特徴や違いについて、項目ごとに比較しながら見ていきましょう。

 

今回は以下の11項目を比較しています。

 

①利用目的

②試験形式、受験会場

③試験内容

④試験時間

⑤スコア

⑥試験実施回数(年間)

⑦受験費用

⑧問題の傾向

⑨難易度

⑩勉強法

⑪勉強時間

 

①利用目的

 

試験名利用目的
TOEIC L&R就職活動
TOEFL iBT海外留学

 

TOEICとTOEFL、それぞれを受験する目的は明確に異なります。

 

TOEICは、主に就職活動における武器の一つ、アピール要素の一つとして利用されています。

 

社会が急速にグローバル化する現代においては、英語力は高く評価されやすいですし、むしろ「英語はできて当たり前」という価値観すら醸成されつつあると言えるでしょう。

 

新卒での就活を見据えた大学生はもちろん、より高待遇の仕事を求める転職希望者など多くの人が就職活動で少しでも有利になろうとTOEICを受験しています。

 

一方TOEFLの受験者のほとんどは、海外留学という目標を実現するために受験しています。

 

基本的に海外の大学などに留学を受け入れてもらうためには、英語力を保持していることの証明として、「TOEFL iBTで〜点以上のスコアを獲得していること」などの条件があるからです。

 

この条件の中にTOEICが含まれることはほぼ無いため、留学を希望する人は必然的にTOEICではなくTOEFLを選択することになります。

 

②試験形式、受験会場

 

試験名試験形式受験会場
TOEIC L&Rマークシート全国の大学等
TOEFL iBTコンピューター受験全国の認定テストセンター

 

TOEICの試験会場は、基本的に全国の大学等が指定されます。

 

またリスニング、リーディング試験ともにマークシートが使用されます。

 

TOEFLの試験会場は、基本的に全国の認定テストセンターです。

 

コンピューター受験による試験形式であるのも特徴的。

 

TOEFLならではのスピーキング試験については、コンピューターに録音する形で実施されます。

 

③試験内容

 

試験名リーディングリスニングスピーキングライティング
TOEIC L&R100問100問
TOEFL iBT30〜40問28〜39問4課題2課題

 

TOEICとTOEFL、最大の違いはこの試験内容。

 

表にあるとおり、TOEFLがリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4種類の問題が課されるのに対し、TOEICではスピーキングとライティングが出題されません

 

語学力を正確に測定するためには、TOEFLのようにリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能すべてを確かめる必要があります。

 

しかし、TOEICはリーディングとリスニングのみの試験となっているのです。

 

したがって、TOEICが満点でもスピーキングはまったくダメ、英会話はできないという人はざらにでてきます。

 

TOEICのスコアを伸ばすのにスピーキングとライティングの勉強をする必要は無いため、TOEFLよりも気軽に受験することができるとも言えますね。

 

④試験時間

 

試験名試験時間
TOEIC L&R約2時間
TOEFL iBT約3時間

 

4技能を測るということもあり、TOEICよりもTOEFLの方が試験時間が長くなっています。

 

試験科目ごとの詳しい時間は以下のとおりです。

 

【TOEIC】

  • リスニング:約45分
  • リーディング:75分

 

【TOEFL】

  • リーディング:54〜72分
  • リスニング:41〜57分
  • (休憩:10分)
  • スピーキング:17分
  • ライティング:50分

⑤スコア

 

試験名スコア範囲平均スコア
TOEIC L&Rリスニング、リスニングともに5点〜495点

トータル10点〜990点

日本人の平均スコア:620点
TOEFL iBT4技能それぞれ0点〜30点

トータル0点〜120点

日本人の平均スコア:72点

 

TOEICは5点刻みで990点が満点となっており、日本人の平均スコアは620点です。

 

(出典:TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版

 

TOEFLの満点は120点で、日本人の平均スコアは72点となっています。

 

(出典:TOEFL iBT® Test and Score Data Summary 2019

 

⑥試験実施回数(年間)

 

試験名試験実施回数(年間)
TOEIC L&R年10回
TOEFL iBT年40回以上

 

TOEICの実施回数は年に10回であるのに比べ、TOEFLはなんと年40回以上も実施されています。

 

学校や仕事で忙しくて日程調整が難しい人でもTOEFLなら受験しやすいですね。

 

⑦受験料

 

試験名受験料
TOEIC L&R7,810円(税込)
TOEFL iBTUS$245(=33,500円前後)

 

TOEICに比べてTOEFLの受験料は、日本円で33,500円前後とかなり高額です。

 

年に40回以上実施されるとお話しましたが、費用の面で考えると何度も受けるのは厳しいものがありますね。

 

なお、日本円に関しては2022年8月現在のレートで計算しています。

 

⑧問題の傾向

 

試験名問題の傾向
TOEIC L&Rビジネスや日常生活に関するテーマが多い
TOEFL iBT大学における講義や会話、学術的なテーマが多い

 

TOEICの問題は、ビジネスや日常生活に関するテーマが多く出題される傾向にあります。

 

TOEICが就職活動における武器の一つとして扱われているのも納得ですね。

 

一方TOEFLは留学希望者の受験が主となっているため、大学における講義や会話、学術的なテーマに関する問題が多く出題されています。

 

⑨難易度

 

試験名難易度
TOEIC L&R簡単
TOEFL iBT難しい

 

試験単体の難易度については、どの程度のスコアを目指すかによって変わってきますが、TOEICとTOEFLを比べた場合、「TOEICは簡単」、「TOEFLは難しい」といえるでしょう。

 

理由は簡単、TOEICは2技能、TOEFLは4技能を測る試験だからです。

 

高得点を目指すために必要な勉強量もまったく違います。

 

⑩勉強法

 

試験名勉強法
TOEIC L&Rリスニングとリーディングに絞って勉強する
TOEFL iBTリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能すべてをバランス良く勉強する

 

TOEICで高得点を取るためだけなら、基本的にリスニングとリーディングだけを勉強するだけで十分。

 

どちらも問題に対する答えが一つで明確なため、独学もしやすいです。

 

一方TOEFLは、4技能すべてをバランス良く勉強しなければ高得点は見込めません。

 

またスピーキングとライティングの答えは一つに定まるわけではなく、人それぞれで変わってくるため添削してもらうことが望ましいです。

 

独学での勉強も難しいと言えるでしょう。

 

⑪勉強時間

 

試験名勉強時間
TOEIC L&R目標スコアによる
TOEFL iBT目標スコアによる

 

必要な勉強時間については、現在の英語力及びどの程度のスコアを目指すかによって当然変わってきます。

 

オンライン英会話のレアジョブによれば、TOEICのスコアを100点上げるのに必要な勉強時間は以下のとおりです。

 

現在のレベル100点アップに必要な勉強時間の目安
200〜300点300~400時間
300~400点300~400時間
400~500点250~350時間
500~600点250~350時間
600~700点250~350時間
700~800点500~700時間
800~900点500~700時間

 

(引用:RareJob English Lab TOEIC700点に必要な勉強時間&勉強法は?転職での評価やおすすめ教材も紹介

 

またアメリカの大学に留学するのに最低限必要と言われているTOEFLスコア(60点)を目指す場合、以下の勉強時間が必要とされています。

 

  • 現在の英語力が中学生レベルの場合:1000時間
  • 現在の英語力が高校生レベルの場合:300時間

(出典:RareJob English Lab TOEFL60点は難しい?レベルや勉強法について徹底解説!

3.TOEICとTOEFL、受けるならどっちがいいの?

TOEICとTOEFL、受けるならどっちがいいの?と悩む人もいるようですが、判断基準はシンプルです。

 

 

  • 日本国内での就職活動で有利になりたい人:TOEIC
  • 海外留学したい人:TOEFL

 

 

新卒の大学生でTOEICを受けるのであれば、700点以上を目指すようにしましょう。

 

大学生の平均スコアは616点ですので、就職活動を有利にするための武器として使うのであれば、700点が最低ラインです。

 

TOEFLの目標スコアは、当然ですが留学希望先の大学に合わせましょう

 

アメリカの大学に留学するのに最低限必要といわれるのは60点ですが、難関大学となると80点〜100点が条件となってきます。

4.TOEIC・TOEFL以外の試験「IELTS」・「英検」

TOEICやTOEFL以外の英語試験として、IELTSや英検があります。

 

IELTSはTOEFL同様世界的にメジャーな試験であり、多くの大学で英語力の証明として認められています。

 

英検は日本人のために作られた試験で、中学生や高校生が推薦入試のために受験することが多いです。

 

残念ながら留学用には使えませんし、就職活動のためであればTOEICの方が今は主流。

 

資格としてのコスパはあまり良いとは言えません。

5.TOEIC/TOEFLのスコア換算

「TOEICで◯◯点なら、TOEFLで言うと何点くらいなの?」

 

このようにTOEIC/TOEFLのスコア換算に関心がある方も多いようです。

 

以下の表を参考にしてください。

 

TOEFL iBTTOEIC L&R
120
115〜119
110〜114
102〜109970〜990
94〜101870〜970
79〜93820〜870
60〜78740〜820
46〜59600〜740
35〜45550〜600
32〜34500〜550
31450〜490

 

(出典:アガルートアカデミー IELTSのスコア換算表!TOEFL®/TOEIC®/英検との違いは?

 

先述のとおり、TOEICは2技能、TOEFLは4技能を測ることができるという違いがあります。

 

試験の内容がまったく違う以上、正確にスコアを換算することは難しいため、あくまで参考として捉えてくださいね。

6.よくある質問

TOEICやTOEFLに関してよくある質問をまとめました。

 

よくある質問
Q.TOEFLとは?

Q.TOEIC、TOEFLの読み方は?

Q.TOEFL満点って何点?

Q.TOEFLの過去問の入手方法は?

Q.TOEFLの勉強法は?

Q.TOEFL iBTの受験料は?

Q.TOEFL iBTの難易度は?

 

Q.TOEFLとは?

A.TOEFLとは、英語力を測定するための世界基準の資格試験であり、主に海外の大学への留学希望者が受験しています。

 

Q.TOEIC、TOEFLの読み方は?

A.TOEICは「トーイック」、TOEFLは「トフル」や「トーフル」と読みます。

 

Q.TOEFL満点って何点?

A.TOEFL iBTは120点満点です。

 

Q.TOEFLの過去問の入手方法は?

A.書店やオンラインストア等で購入できます。

 

Q.TOEFLの勉強法は?

A.リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能すべてをバランス良く勉強する必要があります。

 

Q.TOEFL iBTの受験料は?

A.US$245、日本円で33,500円前後です。

※2022年8月のレートで計算

 

Q.TOEFL iBTの難易度は?

A.リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能すべての対策が必要なため、2技能の勉強で済むTOEICよりもかなり難しい試験です。

 

7.まとめ

今回はTOEICとTOEFLの違いなどについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

記事の内容を簡単にまとめます。

 

  • TOEICは2技能、TOEFLは4技能を測定するため、TOEFLの方が難易度が高い。
  • 目的が就職活動:TOEICを受験する
  • 目的が海外留学:TOEFLを受験する

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
上京就活ch編集部

上京就活ch編集部

上京就活ch編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!