【就職活動】面接対策をするメリットって何?具体的な面接対策法やメリットを最大化するポイントを紹介します!

【就職活動】面接対策をするメリットって何?具体的な面接対策法やメリットを最大化するポイントを紹介します!

2024/6/29更新

はじめに

本記事では、内定獲得のために多くの学生が実施しようと考える「面接対策」におけるメリットについて、様々なテーマで解説します。

対象
  • 面接対策をするメリットって何?
  • 面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイントは?
  • 面接対策をする際にオススメの就活エージェントを教えて!

上記のようなあらゆる悩みを持つ就活生に対して有益な情報をまとめてますので、ぜひ最後まで読んでいってください!

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

就職活動における「面接」の位置づけ

就職活動における「面接」の位置づけ

新卒の就職活動において、内定獲得を出すまでに必ず行われるといっていいほどどの企業も実施する「面接」。

新卒に限らず、アルバイト・派遣社員での採用や大学のAO入試・指定校推薦入試まで幅広く用いられています。

面接の質問事項としては、事前に提出してあるエントリーシートや職務経歴書に記載されている内容を参考にします。

現在はWeb面接・対面面接の両方を実施する企業が多いですが、新卒の就職活動においては内定獲得までに「エントリーシート提出→適性検査→面接(平均3回)→内定」というケースが一般的です。

そして多くの学生が面接は「人柄をチェックされるもの」と捉えている可能性がありますが、ここでは面接で企業がチェックしたい項目を少し掘り下げて紹介します。

最低限のビジネスマナーがあるかどうか

新卒採用の面接において企業側が確認したい項目の1つ目は、「最低限のビジネスマナーがあるかどうか」という点です。

ここでいうビジネスマナーとは「身だしなみ」や「言葉遣い」が主に該当しますが、相手が不快に感じられるほどビジネスマナーがなっていない場合は減点されると考えていいでしょう。

一方で、例えば面接の中で1度だけ敬語表現を誤ったり、噛んでしまうケースがあると思われますが、それらが面接の中での致命的なミスに該当しなければ悲観的に捉える必要はないと考えます。

また身だしなみについては面接前に時間をかけて準備することで解決する内容のため、気を抜かずに準備を徹底しましょう。

志望度の高さを見極めたい

新卒採用の面接において企業側が確認したい項目の2つ目は、「志望度の高さを見極めたい」という点です。

エントリーシートではとても好感が持てるような志望理由が載っていても、一方で面接時にイメージしていた高い志望度とかけ離れた態度だった場合は「志望度が実は低かったのか」と企業側にマイナス印象を与えてしまいます。

エントリーシートを通過するということは、少なくとも企業側は学生に期待しているはずのため、事前の面接練習などを通して期待以上の価値を提供できればグッドです!

企業にマッチした人材かを確認したい

新卒採用の面接において企業側が確認したい項目の3つ目は、「自社にマッチしているかを確認したい」ためです。

企業によっては「入社後に育てれば伸びてくれそうなポテンシャルがある人材が欲しい」「即戦力となる人材しか採用しない」など新規入社の社員に求める条件は様々です。

また人柄についても論理的思考力・行動力・協調性など、「社風」や企業が掲げる「ビジョン」に合った人材の獲得を求め、それらを確認する有効的な手段が「面接」になるといえます。

 

「面接対策 メリット」に関する世間の口コミ

先ほどは就職活動における面接の位置づけについて解説しました。

企業が面接を実施する理由をみると、「面接って面倒だな…」と感じてしまう学生もいるかもしれず、実際に多くの先輩就活生は面接で「お祈り」を経験しているはずです。

自身が「うまくいった!」と感じても結果は不合格、というケースもたびたび発生しますが、できればそのような現象は起こしたくないでしょう。

そのため、本記事では内定獲得のための「面接対策」について深掘りしますが、まずは面接対策について世間がどのような認識を持っているか、SNSの口コミを参考に確認します。

口コミ①有料サービス使って面接対策する必要はない

有料の就活塾はさすがにやめな

新卒就職エージェント無料だし、25卒NNTならそっち利用する方が絶対いいよ 企業の選考把握してるから、企業ごとに面接対策してくれたりする

以前、選び方やおすすめ書いたから、固定に付けておくね


とーやまさん(@_mtig2nnt2)のツイート

 

口コミ②面接対策したけど本番は緊張した

最近受けた公務員の面接ダメだった

だよな〜

面接対策しても緊張で意味わからないこと言ってたし、質問の意図がわからないやつがあって困ったのもあったしな

やらかした😇


あやかさん(@equQGE3ZJi1Eti6)のツイート

 

口コミ③何をどう進めればいいか分からない人が多い

50日目。面談4件、面接対策1件。

就活始めたけどうまくいかないという方が2人。まだ詳しく聞けてないけど、何をどうやって進めればいいか、誰に相談すればいいか、スタートを切ってもわからない人は多いのかもな〜。あと勇気がなくて立ち止まる人も多い。とりあえず頼ってみるって感じでいいのにな〜。


おぐ@新卒・既卒応援📣サポーターさん(@jog218726)のツイート

 

口コミ④面接対策はするな!?

みんな何社ES出して何社内定もらってるんだろ、、

ES添削と面接対策死んでもするなって意見もらった以外誰にも何も聞かずにここまで来ちゃったせいで本来どのくらい受けるべきなのかがわからない

内定って何社以上取るべきとかある?


斑鳩 苺愛鈴さん(@IkaRuga_Mary)のツイート

 

口コミ⑤面接対策の優先順位がわからない

面接対策、自己分析とか期限はないけど後々やらなきゃいけないものがマジでできなかった。加えて優先順位をつけるのがすごい苦手。WEBテストの勉強、面接対策、自己分析とかどれからやればいいかわからない。


キコさん(@iii_i_i_ii_)のツイート

 

口コミ⑥とりあえず面接対策は必要!

どんな状況なのかわからないしどんな仕事を求めているのかわからないけど、とりあえず面接対策は必要だと思います。


ブランケットさん(@o316GPGSgdY8gkC)のツイート

面接対策を行うメリットとは?

面接対策を行うメリット

上記では、X(旧:Twitter)に投稿されている「面接対策」に関する口コミを紹介しました。

面接対策をやってない、またどう進めていけばいいかわからないという口コミや、また企業が面接対策をする際のおすすめサービスをまとめて投稿するツイートが多くみられました。

面接対策は内定獲得をする上で実施すべき内容ですが、なかなか着手できない学生がいる理由の1つは「メリットを十分に理解できていないから」という可能性が考えられます。

そこでここでは、面接対策によってもたらされるメリットを紹介していきます。

本番で面接官とスムーズに会話する能力が高くなる

面接対策によってもたらされるメリットの1つ目は、「本番で面接官とスムーズに会話する能力が高くなる」です。

面接は学生の能力を確認するために行われますが、面接官が一方的に質問し学生が一辺倒に回答するだけの面接だと決して良いとはいえません。

そもそも面接官も人間のため、会話のテンポがよく、また面接の最後にたびたび時間を設けられる「逆質問」で熱意の高さが感じられるなど「好印象につながる」質問・回答をすることで自然と学生の評価が上がります。

そのため、面接対策は相手の質問意図をしっかりと汲み取ったうえで聞き手が分かりやすい形で回答する練習になる点でメリットです。

話し方や聞き方を改善できる

面接対策によってもたらされるメリットの2つ目は、「話し方や聞き方を改善できる」点です。

先ほど面接官が「好印象」に感じられる会話練習ができる点を述べましたが、話す内容だけでなく「話し方」や「聞き方」も面接官の評価に繋がります。

具体的には「相手の目を見て話しているか」「早口で聞き取りにくくないか」「相打ちをしながら話を聞いているか」などが挙がりますが、上手くできない場合は相手に自身の欠如や不信感を与えてしまうケースがあります。

そのため、他者と面接対策をして自分の話し方や聞き方を改善することは内定獲得の上で重要です。

適切な回答に繋がるアウトプットの場になる

面接対策によってもたらされるメリットの3つ目は、「適切な回答に繋がるアウトプットの場になる」点です。

回答したい内容をある程度頭の中で描けていても、いざ他者に伝えるべく声に出してみるとイマイチまとまりがない文章になってしまうことも少なくありません。

このように「良い回答」とは上手にアウトプットできることが前提となり、他者に話す機会が多いほどアウトプットの質は上がる傾向にあります。

また伝えたいことを適切に伝えられる能力は社会人として働く上でも重要になるため、面接対策は長期的なメリットにも繋がるといえます。

 

面接対策のメリットを活かすための具体的練習法4選

上記では、面接対策がもたらすメリットを4点紹介しました。

面接対策は「本番でより良い結果を残すために行うこと」といえ、これは学校の定期テスト前の勉強など過去の生活ですでに実践している内容とある種一致しています。

一方で、やる気を出すためには「なぜ対策しなければいけないのか?」という具体的な理由が明確に自身の中にあることが重要になるため、ぜひ自問自答を繰り返して自分なりのメリットを見つけ出すことをおすすめします。

そしてここでは、面接対策の具体的方法について解説していきます。

友人や家族と面接練習を行う

面接対策のメリットを活かすための具体的方法の1つ目は、「友人や家族と面接練習を行う」です。

就活サービスに申し込んでまで面接対策をすることに高いハードルを感じる学生などにオススメといえます。

家族や友人など「自身と関係値が深い」方と練習を行うことで、身近な存在だからこそわかる「自身の癖」や「さらに伸ばしたほうがいい特徴」などを確認できる可能性が高いです。

就活エージェントやキャリアセンターを活用する

面接対策のメリットを活かすための具体的方法の2つ目は、「就活エージェントやキャリアセンターを活用する」です。

上記で紹介した「家族・友人」と実施することに少し抵抗がある方や、就活専門のアドバイザーから助言をもらいたい方におすすめです。

就職活動に精通している方と対策を練れるため、本番を想定した内容で質問をもらえたり、より面接官に近い目線でフィードバックをもらえるでしょう。

無料で利用できるサービスが多々あり、また面接対策以外にも就活全般で支援を受けることができるため、気になる方は下記で紹介する「就活エージェント」の見出しも確認してみてください。

録画して1人で行う

面接対策のメリットを活かすための具体的方法の3つ目は、「録画して1人で行う」です。

上記2つは客観的な意見をもらえる点でメリットですが、最終的に他者からもらった意見を取捨選択するのは自分自身です。

そのため、面接時の自分の発言・様相を自分自身で見直してどう振る舞っていくのが最適なのかを考えることが重要で、そのために自身で面接を想定した動画の録画を行うのはとても良い手段になります。

また最近はWeb面接も普及しているため、カメラのレンズに向かって話す録画での面接対策はWeb面接の練習にもなり、メリットが多いです。

 

面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイント3選

面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイント

先ほどは、面接対策の具体的方法について紹介しました。

面接練習はたくさん行えば行うほど良いとされますが、一方で他人の意見を鵜呑みにしすぎることで最適解が分からなくなるデメリットも存在するため、「根拠を持った情報の取捨選択」を自身で行うことを心がけましょう。

そしてここでは、次に上記で紹介したような方法で面接対策を行う際、メリットを最大化するうえで何を心がけるべきか、そのポイントについて解説します。

結論ファーストで回答していく

面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイント1つ目は、「結論ファーストで回答していく」という点です。

結論ファーストで話すことで「読み手が先の内容を想像させながら読み進めること」に繋がり、読み手が理解しやすい文章構造になります。

また面接では、面接官と会話のキャッチボールを上手く行うことが重要ですが、面接官側としては最初に回答(結論)をもらえることで「ビジネスにおける会話が上手くできる人材」という認識になり、信頼を感じさせるメリットもあります。

一方で結論ファーストで話さないことは話が長くなってしまうことに繋がり、面接官は「結局何が言いたいのかが分からない」とネガティブな印象を抱いてしまいます。

意識次第で変えていけるポイントになるため、就職活動に取り組む中で常に結論ファーストで話すことを意識し、無意識でも結論から話せることを目指しましょう。

具体的エピソードを交える

面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイントの2つ目は、「具体的エピソードを交える」です。

具体的エピソードは「自身の経験」をもとに、できる限り「定量的」な要素を交えて話していくことで、より最初に提示した結論部分に説得力を生む効果があります。

先ほど紹介した結論ファーストと、定量的な数値を用いて具体的エピソードを語る「話し方」ができれば、面接官に「優秀な学生」だと連想させることに繋がるため、ぜひ意識して回答していってください。

回答は事前に丸暗記しない

面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイントの3つ目は、「回答は事前に丸暗記しない」です。

事前に作った回答を丸暗記すると、面接官の質問に対して柔軟に回答できないデメリットが発生します。

例えば面接官は全員が「志望理由は?」と分かりやすく聞いてくれるわけではなく、様々な切り口で志望理由にまつわる質問をします。

そのため、様々なバリエーションの質問に対して的確に答えられるよう、説明するうえで絶対に外せない「キーワード」のみを頭に入れておくのが良いです。

回答時間は平均で20~30秒以内を意識

面接対策のメリットを最大化するために意識すべきポイントの3つ目は、「回答時間は平均で20~30秒以内を意識」することです。

本記事ではたびたび「会話のキャッチボール」という言葉を述べていますが、会話のキャッチボールをするために、回答時間は短くするのがいいと考えます。

他サイトでは「1分」など分単位での回答をオススメしている内容もありますが、普段の生活において友達から一方的に1分も話されると、聞き手は退屈に感じることが多いでしょう。

もちろん質問内容によって回答時間も変動しますが、あくまで「日常」的な会話のテンポを意識すると面接官もやりやすいです。

 

面接対策でメリットをもたらしてくれる就活エージェントとは?

上記では、面接対策を行う際に意識すべきポイントについて紹介しました。

どの内容も面接をクリアしていくうえでとても重要な内容で、それらが本番でも上手にできれば企業側からの評価は高くなるため、必ず頭に入れて面接対策をしてみてください。

そして最後に、面接対策を行う際に「就活エージェントを利用したい」と考える学生向けに、おすすめのサービスを紹介します。

JobSpring

就活エージェントを利用したいと考える学生向けにオススメしたいサービスは、人材業を営む「HRクラウド株式会社」が運営する「JobSpring」です。

面接対策はもちろんのこと、自己分析サポートやエントリーシート添削まで幅広い就活サービスを実施しています。

またHRクラウド株式会社の社員は難関大学出身が多いため、就活経験が豊富で優秀なアドバイザーがサポートしてくれる可能性が高いです。

他にも多数のメリットを学生にもたらしてくれるため、下記に記載します。

JobSpringがおすすめの理由
  • 企業側の採用コンサルティング業務も並行して事業を展開しているため、学生に対して企業側のニーズを踏まえたアドバイスが可能。
  • 『CUBIC』を用いたAI適性検査ができ、より的確で具体的な自己分析ができる。
  • 実際に企業で活躍する社員の適性検査結果が確認できる。
  • 適性検査や個別面談などの内容から慎重に紹介企業を判断するため、ミスマッチが少ない
  • エージェントとの面接は、対面面接に加えてWeb面接も可能

 

まとめ

本記事では、【就職活動】面接対策をするメリットって何?具体的な面接対策法やメリットを最大化するポイントを紹介します!というテーマで就活生に役立つ情報を紹介しました。

面接対策は様々なメリットをもたらしますが、内定獲得に繋がる面接対策を実施するためには重要ポイントを十分に把握したうえで何度も行うことが大切です。

そのため、結果に繋がる対策ができるよう本記事を何度も読み込んでみてください!

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!