健康科学部にオススメの就職先はココ!チェックすべき業界も徹底紹介!

健康科学部にオススメの就職先はココ!チェックすべき業界も徹底紹介!

2024/6/28更新

はじめに

「身体」「心」「福祉(社会)」の3分野を学際的に学ぶ健康科学部は、人々の健康に寄り添うさまざまな知識や技術を身に付けるからこそ、卒業してからどんな企業に就職をするか悩んでいる学生が少なくありません。

対象
  • 健康科学部から就職先をどこにしようか悩んでいる
  • 健康科学部が就活すると有利になる職種を知りたい
  • 健康科学部を募集している職種はどこか調べたい

健康科学部に在籍中で就職先に悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。 

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

健康科学部にオススメの職種や業種、就職先は?

健康科学部にオススメの職種や業種、就職先

まずは健康科学部の得意、不得意分野から、オススメの職種や業界をチェックしましょう。
健康、医療、食品に関して幅広く学べる健康科学部だからこそ、進路に悩む方は少なくありません。
健康科学部に在籍中で進路に悩まれている方は、こちらを参考にしてみてください。 

病院や介護施設などの医療関係施設

健康科学科卒業後の進路として最も多いのが、病院や福祉施設などの医療施設です。
心身や福祉に関してオールマイティーに学ぶ健康科学部だからこそ、医療施設での需要が高く、児童から高齢者まで年齢を問わずに健康づくりをサポートする仕事に就きます。

病院や介護施設などの医療施設の場合は特に、一定の資格保持者であれば経験未経験を問わずに募集しており、新卒生の募集も多いため内定をもらいやすいでしょう。

保健所などの公的機関職員

食品に関してのプロフェッショナルである保健所職員をはじめとした、公的機関の職員として就職する健康科学部の生徒も少なくありません。
保健所は、食中毒などのトラブルが起きた際に原因究明、再発防止に努めるよう指導を行う立場ですので、健康科学部で学んだ食に関する知識が重宝されます。
ただし、保健所などの公的機関職員は保健師と呼ばれる公務員であるケースが多いため、公務員試験対策を行う必要もあるでしょう。
倍率も非常に高いため、莫大な知識量が求められる傾向にあります。

公的機関職員として働く際には倍率が高いことを覚悟して、エントリーシート対策や面接対策を入念に行いましょう。

管理栄養士

人々の健康をつくる食事に関してのプロフェッショナルである、管理栄養士の仕事に就く健康科学部の学生も非常に多いです。
管理栄養士は病院などの医療機関に在籍する場合もあれば、企業や学校などの施設、公的機関に在籍する方もいます。
管理栄養士を目指す場合は、どこに所属をしたいのかどんな仕事をしたいのか、方向性を定めた上で就職活動をするといいでしょう。 

養護教諭

健康科学部で学んだ知識を生かせる仕事の中には、学校の養護教諭もあります。
小中学校や高等学校のいわゆる保健室の先生を指しますが、健康科学部で人の健康に関するさまざまな事柄を学んだあと、生徒達に知識をフル活用する養護教諭の仕事を目指す学生も少なくありません。 

スポーツ関係の仕事

選手の健康を守るためにも健康科学部の知識は活用可能です。
コーチやスポーツトレーナー、リハビリトレーナーやメディカルトレーナーが健康学部出身の方も多く、選手一人ひとりの健康をサポートしています。
スポーツ関係の仕事の場合は選手一人ひとりをサポートしつつ、結果としてスポーツ業界を盛り上げることにつながりますので、好きなスポーツがある方、体を動かすことが好きな方が就く傾向にあるのが特徴です。 

メーカーや大学機関の研究者

人々の健康をサポートするために、食事をはじめとしたさまざまな観点における知識を学んだ健康科学部だからこそ、より深く専門分野を学びたいと考える学生は研究者の道を歩むケースも少なくありません。
食品メーカーや大学の研究施設、医療機関など、所属する機関は人によって異なりますので、自分の専門分野や自身が進みたい方向にあわせて就職活動をするといいでしょう。
ただし、研究者は非常に狭き門です。
より専門的な知識をアピールできるように、学生時代に実績をつくる必要があります。
よりレベルの高い専門職の研究職を選択する場合は倍率も高いため、就職活動の際には自身の得意分野をアピールできるようにしておきましょう。

アピールポイントを知っておきたい!健康科学部の強み

就活で健康科学部の強み

健康科学部を卒業して自分の望む進路に進むためには、健康科学部だからこそアピールできる強みを知っておくといいでしょう。
健康科学部から就職活動をする際にアピールできるポイントは、これらが挙げられます。

設置されている大学が少ないからこそアピールできる

アジア圏やアメリカ、スウェーデンなどの欧州、トルコやサウジアラビアなどの中近東にも健康科学部を設置している大学はありますが、日本国内で健康科学部を設置している大学はまだ少なく、1995年に私立の東海大学で初めて設置されました。
健康科学部そのものの認知度が少ないこともあり、面接時に興味を持たれやすくどんなことを学ぶ学科なのかを問われることも少なくありません。
自分が学んでいる専門学科の内容を分かりやすくまとめて面接に臨むと、好印象を与えられるでしょう。 

自分のアピールポイントを増やしたい方は、健康科学部でどんな内容を学んだのかをピックアップして伝えるのもおすすめです。

幅広い知識があることをアピールできる

健康科学では健康心理学や社会学、歴史に経済学をはじめとしたさまざまな観点から人の健康を学ぶ分野のため、幅広い知識を手に入れられるのが特徴です。
今後少子高齢化に伴い、健康寿命を延ばすためにはどのようにアプローチをすればいいのかなど、専門的な知識を求められるケースは増えるでしょう。
企業や施設において需要が高い知識を持っているため、企業や施設が求める人物像とあわせてアピールすると内定率が高まります。
また、健康科学部にも専門がいくつかあり、生命健康科学部や体育学部、リハビリテーション学部やスポーツ科学など、いくつかの学科を設けている大学が多いのが特徴です。
研究職などの専門家を目指す方の場合は、特に自身の専攻学科の学びをアピールできるように研究成果をまとめるといいでしょう。

健康科学部にオススメの資格はこちら!

健康科学部で学びを深めることで、いくつか目指せる資格があります。
専門分野の資格取得をすることで、より就職活動を有利に進められるメリットもありますので、学生時代にこれらの資格取得を目指すといいでしょう。
健康科学部で就職活動を有利に進められるオススメの資格はこちらです。 

理学療法士・作業療法士

健康科学部で取得を目指せる資格の中でも非常にメジャーな資格が、理学療法士や作業療法士などの療法士系資格です。
どちらの資格も国家資格として非常に認知度の高い資格です。
一生モノの国家資格として知られています。
その分、療法士系の資格試験は理論試験と実践試験の両方が行われ、非常に難易度が高いのが特徴です。
学校でしっかりと勉強したあとに、心して試験に臨む必要があるでしょう。 

社会福祉士・公認心理士、看護師・保健師など

国家資格としてはほかにも、社会福祉士や公認心理士、看護師に保健師などの医療従事者が取得する資格が重宝されています。
こちらも療法士関係の資格同様、取得難易度は高いですが持っていれば一生不自由しない資格として重宝されるため、より就職活動を有利に進めたい方は積極的に取得を目指すといいでしょう。
国家資格ということもあり、一度にまとめて取得することは難しいかもしれません。
就職活動のタイミングで資格を多く所持しておきたいという学生さんの場合は、できるだけ早い段階で勉強を始めると、資格試験の合格率を高められますので、結果として就活を有利に進められるでしょう。
また、就職をしてから資格取得支援を行う企業もあります。
今後取得したい資格がある方は、就職をしてから取得したいと考えている旨を面接時に伝えるのもいいでしょう。
企業によっては熱意を買われ好印象に働く場合もあるほか、資格取得支援を行っている場合は、受験費などの一部を会社が負担している場合もあります。
取得を焦って受験費用を無駄にしてしまうと、それこそもったいないです。

衛生管理者免許

衛生管理者免許の資格は、食品業界をはじめ衛生管理が必須となる場所で専門家として作業環境の管理や、健康管理に従事するための資格です。
食品メーカーなどの各種メーカーに就職希望の場合、必ず資格取得者が在籍していなければならないこともあり、衛生管理者免許取得者を率先して採用する企業も少なくありません。
衛生管理者資格はメーカーだけではなくさまざまな業種で重宝されるので、取得しておいて損はないでしょう。

健康科学部での就職活動を有利に進めるポイント紹介

健康科学部での就職活動を有利に進めるポイント

健康科学部はこのように、就活においてさまざまな強み・メリットがありますが、同じ健康科学部出身者同士で就職活動希望先が重なるケースは多いでしょう。
自分以外の健康科学部出身者と差をつけ、有利に就職活動を進めるにはどうすればいいのでしょうか。
ここからはライバルと差をつけるための、健康科学部出身者に向けた就活ポイントをご紹介します。 

資格は幅広く取得しておく

就職活動の際に自己アピールをする上で、自身がきちんとした知識を持っているということをアピールするために、健康科学部ならではの資格をできるだけ多く取得することをオススメします。
上記に挙げた理学療法士や衛生管理者免許など、就活をする企業にあわせた資格を取得することで、就職活動を有利に進められます。
企業によっては特定の資格を有していないとそもそも面接まで進めず、書類選考の段階で不合格になるため注意が必要です。
現在持っていない資格が必須資格という場合は、エントリーシートを作成するタイミングで「将来的に資格取得をしたいと思っている」旨を必ず記載し、熱意が伝わるようにアピールしていきましょう。
資格は自身をアピールする上で非常に強みですので、持っていれば持っているほど就職活動が有利に働きます。
国家資格ではなく民間資格でも構いませんので、何も資格を持っていないという方はできるだけ関連した資格を取得しておくといいでしょう。

自己分析をして面接時に活かす

同じ健康科学部出身者でも、専門分野の選択が異なります。
健康科学部の場合、基本的に施設などであれば新卒採用者は重宝されやすいですが、公的機関職員やそのほかの業界の場合はライバルが多い傾向にあるため、自己分析をしてアピールポイントを考えるとともに、知識やスキルをアピールできる資格取得などを行うことがポイントです。
また、健康科学部出身者に人気の高い施設や公共機関への就職活動面接時には、「学生時代に実習などを通じてもっとも辛いと感じたこと」や「授業やゼミを通じて最もやりがいを感じた」など、本人の仕事適正が問われる質問がされる傾向にあります。

事前に答えを用意しておく際には、できるだけ企業が求める人材にあわせた回答を用意すると、内定率を高められるでしょう。

自分の進路希望にあわせた就活対策をする

自分の進路希望にあわせた就活対策をすることも、内定率を高める上で必要不可欠です。
例えば、一般的な企業に就職活動をする際には、企業分析を入念に行う必要がありますが、国家機関など公務員へ就職活動を考えている場合は、自分のアピールポイントを考えるために自己分析を入念に行うとともに、公務員試験対策など別途試験対策をする必要があります。
自分はどんな道に進みたいのか、将来どんなことをして働きたいのかを考えた上で、進路希望にあわせた就活対策を早めに行いましょう。 

希望職種の現場を見る

健康科学部は食事に関する仕事になるのか、理学療法士などの医療関係の施設になるのか、卒業後の進路は学生によって大きく異なります。
自分に合った企業で働くためには、実際に就職を考えている企業に赴くのが一番です。
例えば、児童養護施設や老人ホームなどのダイレクトに福祉・介護に携われる現場をはじめ、メーカーであれば実際の業務に携わりながら職場への理解を深められる現場もあります。
インターンシップや実習など、公式ホームページで公式に募集をかけている場所が多いため、気になる場所には積極的に赴くといいでしょう。
職場体験の募集は施設などでは年中無休で行っている場合もありますが、企業などの場合は一定期間しか行っていない場合も多いため、興味がある会社は事前に期間もチェックすることが大切です。

健康科学部を卒業してからの就職先を決めるポイント

転職活動に悩んだときに、就職先を決めるポイントがいくつかあります。
自分と相性のいい企業に就職できるように、このようなポイントをチェックしてみてください。

ライフワークバランスを考える

健康科学部にいる学生は就職後、人々の暮らしを健康面からサポートするためにさまざまな観点から仕事を行う傾向にありますが、自分の健康をおざなりにしてはいけません。
勤務先によって日勤だけの場合もあれば、夜勤の労働が必要な職場もあるため、自分のライフワークバランスを考えて、勤務時間や雇用形態などを考えることも大切です。
企業によって給与面や福利厚生が異なるだけではなく、業務内容が異なることを頭に入れておいてください。

経営理念や企業の考え方を確認する

企業によって経営理念は当然異なりますが、職場の考え方や雰囲気が自分と合っていないと、早期退職の原因につながる可能性があるでしょう。
事前に調べておけば防げるケースも多いため、企業説明会などに積極的に赴き、企業が自分と合っているかどうか、健康科学部で学んだ知識を生かせる職場なのか、自分の専門と合っている職場かなど、分析した上で就職活動をするべきでしょう。

健康科学部の就活はこんなことに注意!

健康科学部の就職活動は選択肢が広いからこそスムーズに行えるかと思いきや、きちんと対策をしないと内定をもらえなくなる可能性があります。
就職浪人になって苦しまないためにも、就職活動の際に気を付けることを以下でお伝えしていきます。 

別の分野に進む場合は理由を明記

就活をする際には、できれば自分が通っている専門分野と関連した就職先で就活を進めたほうがスムーズです。
関係する別の専門分野に進む場合は、なぜ別の専門分野に進もうと考えたのか、自己PRなどに明確に記す必要があります。
説明がないと企業の人事担当者からは「なぜまったく関係ない分野なのに応募してきたのか、ちゃんと応募概要を見ていないのか」など、問われる可能性が高いでしょう。
専門分野とは別の分野を学んでいたことをきちんと提示した上で、○○な理由で別分野を目指したいと感じた、という説明を自己PRに盛り込むことをオススメします。 

中小企業も視野に入れて選ぶ

健康学部を卒業してから、できるだけ条件がいい企業への就職を考えている学生も多いかと思いますが、自分のレベルに合っている企業に就職をしないと、もしも就職ができたとしても仕事に支障をきたす可能性があります。
大手企業だからという理由だけで就職活動をすると、自分と相性が良くない企業とマッチしてしまう場合もあるためオススメしません。
大手企業は倍率も高いため、よほど熱意があり自身をアピールできるポイントがないと周囲に埋もれてしまい、就活が失敗する可能性もあるということを頭に入れておきましょう。
就職活動は大手企業だけが選択肢ではありません。
幅広い視野で自分にあっている企業を選べるように、中小企業なども比較チェックしてみるといいでしょう。

まとめ

人々の暮らしを健康の観点から見守り、サポートする知識を学べる健康科学部だからこそ、卒業をしてからの進路もさまざまな分野が挙げられます。
同じ学部を卒業しても進路によって求められる技能や知識が異なるため、自分の得意分野や向かいたい進路にあわせた就職活動を行いましょう。
企業分析や自己アピールをつくるときにも、健康科学部で学んだことを生かすと内定率がアップします。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!