就活生必見!ES添削の5つのメリットを徹底解説

就活生必見!ES添削の5つのメリットを徹底解説

2024/06/25更新

ES添削の5つのメリット

はじめに

ESは就職活動の最初の難関であり、多くの就活生が頭を悩ませるポイントです。

ESは企業に対して自分をアピールする重要なツールであり、その完成度が内定の獲得に大きく影響します。

しかし、自分一人でESを完璧に仕上げることは難しく、第三者の視点からのフィードバックが非常に有効です。

この記事では、ES添削のメリットや添削の依頼方法、添削を依頼する際の注意点を詳しく解説しています。

以下のような就活生に特に役立ちます。

対象
  • ES添削のメリットを知りたい
  • 効果的なES添削の方法を学びたい
  • 誰にES添削を依頼するか悩んでいる

この記事を参考にして効果的なES添削をして、書類選考通過を目指しましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

ESを添削する5つのメリット

ESを添削する5つのメリット

以下に、ES添削を行う5つの主要なメリットを紹介します。

  1. 客観的な視点でアドバイスが受けられる
  2. 誤字脱字の修正ができる
  3. 自己分析に利用できる
  4. 読みやすい文章にできる
  5. 企業にあった戦略的なアプローチが学べる

1.客観的な視点でアドバイスが受けられる

ESを第三者に添削してもらうことで、客観的な視点からのESのアドバイスが受けられ、自分では気づきにくい欠点や改善点を発見しやすくなります

例えば、自分では完璧だと思っていた表現が、実は曖昧であったり一貫性に欠けていたりするかもしれません。

第三者の視点は、そういった部分をクリアにし、伝わりやすい文章にする手助けになるでしょう。

さらに、第三者の視点を取り入れることで、自己認識が向上し、新たなアピールポイントを見つけられます。

自分では強みと思っていなかった経験が、実は企業にとって非常に魅力的な要素であることがわかるかもしれません。

ES添削は、自己PRの内容をより充実させるために役立つでしょう。

2.誤字脱字の修正ができる

ESの添削をすることで、誤字脱字や文法ミスの修正ができます。

誤字脱字は、ES全体の印象を損ねる要因です。

ESにおける誤字脱字は、読み手に「注意力が不足している」「基礎的なスキルに欠けている」というネガティブな印象を与えてしまいます。

こうしたミスは、内容がどれほど優れていても、全体の評価を下げる原因となるでしょう。

しかし、ESの添削をすることで、誤字脱字を事前に修正できるためESの質が向上できます。

3.自己分析に利用できる

ESの添削は、自己分析を深めるために有効です。

第三者からのアドバイスなどを通じて、自分の強みや弱みを再確認し、自己理解を深められます。

ES添削を通じて得られる意見やアドバイスは、自分自身をより客観的に見るための貴重な情報源となるでしょう。

まず、他者の視点を取り入れることで、自分では見落としていたアピールポイントや改善点を発見できます。

例えば、自分が強みと考えていなかった経験が、実は企業にとって魅力的な要素であることに気づけるでしょう。

さらに、自己分析を深めることで、ESだけでなく面接でも自信を持って自分をアピールできるようになります

ES添削を通じて、自分の経験やスキルを整理し具体的なエピソードをもとに強みを明確にするためです。

これにより、面接での質問にもスムーズに答えられるようになり、採用担当者に対して一貫した印象を与えられるでしょう。

4.読みやすい文章にできる

ESの添削を通じて、文章の構成や表現方法を改善でき読みやすい文章を作成できます。

第三者のフィードバックを受けることで、冗長な部分を削除し、簡潔で明瞭な文章にする手助けになるでしょう。

まず、読みやすい文章を作成するためには、文章の構成を整えることが重要です。

落の配置や情報の順序を見直すことで、論理的で一貫性のある文章になります。

これにより、読み手にとってストレスなく内容を理解してもらえるようになります。

次に、適切な表現を用いることで、文章の明確さを向上できます。

冗長な表現や曖昧な言葉を避け、具体的で簡潔な言葉を使用することが求められます。

例えば、「たくさんの経験を積んできました」という表現を「3年間にわたり、10以上のプロジェクトに参加しました」と具体的に言い換えることで、読み手に対してより明確なイメージが伝わるでしょう。

このように、ES添削を通じて読みやすい文章を作成することで、ES全体の質を向上できるでしょう。

5.企業にあった戦略的なアプローチが学べる

ES添削に就職エージェントやプロフェッショナルの意見を取り入れること、企業にあった戦略的なアプローチが学べます

企業ごとの求める人材像や評価基準を理解し、それに基づいた内容を作成することで、書類選考の通過率を高めるために非常に重要です。

例えば、企業がリーダーシップを重視している場合、過去のプロジェクトでリーダーとしての役割を果たした経験を強調することで、企業の評価基準に合致したESを作成できるでしょう。

また、企業の評価ポイントを理解することで、どの情報を優先的に伝えるべきかが明確になります。

例えば、特定の業界での経験が評価される企業に対しては、業界での具体的な経験や実績を詳細に記載することが効果的です。

このように、ES添削を通じて企業にあった戦略的なアプローチを学ぶことで、採用担当者に対して効果的にアピールし、内定獲得の可能性を高められます。

企業ごとのニーズや評価基準を理解し、それに対応したESを作成することは、就職活動を成功に導くための重要なステップです。

ES添削を誰にお願いする?おすすめの依頼先7選を解説

ES添削を誰にお願いする?おすすめの依頼先7選を解説

ESの添削を依頼する際には、誰に頼むかによって得られるアドバイスの質が大きく異なります

以下に、具体的な7つの依頼先とメリットを紹介します。

  1. 大学の先生に依頼する
  2. キャリアセンターを利用する
  3. 友人や家族に依頼する
  4. OBやOGに依頼する
  5. 就活エージェントを利用する
  6. 就活生用SNSを利用する
  7. 生成AIを利用してESを添削する

1.ゼミの先生に依頼する

ゼミの先生は、就活生の学業や研究活動を理解しており、特に研究内容や学術的な成果をアピールする際に有効なアドバイスを提供してくれます。

例えば、学術的なプロジェクトや論文の内容をどのように具体的に記述するか、またそれをどのように企業のニーズと結びつけるかについて、具体的な助言が期待できるでしょう。

さらに、大学の先生は多くの学生のESを見てきた経験があるため、どのような表現が効果的であるか、どのような構成が分かりやすいかについての専門的な知見を持っています。

2.キャリアセンターを利用する

大学のキャリアセンターは、就職活動に特化したサポートを提供しており、ESの添削に関しても豊富な経験を持っています

キャリアセンターのスタッフは、多くの学生のESを添削した経験があり、企業の求める人材像や評価基準に基づいた具体的なアドバイスが受けられるでしょう。

例えば、キャリアセンターの担当者は、どのようなスキルや経験が強調されるべきか、志望動機をどのように具体的に記述するかについての指導をしてくれます。

また、キャリアセンターは、企業とのコネクションを活用して最新の就職動向や選考のポイントを把握しており、それを基にした戦略的なアドバイスが可能です。

ただし、就職シーズンには混雑することが多いため、早めに予約を取ることが重要です。

3.友人や家族に依頼する

友人や家族にESの添削を依頼することも一つの方法です。

きっと親身になってアドバイスをしてくれるでしょう。

特に、就活生の性格や経験をよく理解しているため、強みを引き出す具体的なエピソードを提供してくれることが期待できます。

例えば、友人と一緒に取り組んだ部活動やゼミについて、どの部分が特に優れていたかを教えてくれるでしょう。

ただし、プロフェッショナルな視点が欠けることが多いため、他の方法と併用がおすすめです

キャリアセンターや就活エージェントからのフィードバックと組み合わせることで、より多角的な視点からESを改善できます。

4.OBやOGに依頼する

同じ大学のOBやOGにESの添削を依頼することで、実際に選考を通過した人からの具体的なアドバイスが受けられます。

OBやOGは自身の経験を基に、どのようなポイントが評価されるかを具体的に教えてくれるでしょう。

また、企業の内部事情に詳しい場合も多く、選考プロセスや企業文化についての貴重な情報を提供してくれます。

例えば、OBやOGが在籍している企業の具体的なニーズや求めるスキルについてのアドバイスを受けることで、志望動機や自己PRをより効果的に作成できます。

5.就活エージェントを利用する

就活エージェントは、企業の採用動向に詳しいプロフェッショナルです。

企業が求める人材像や評価基準を理解しているため、具体的で戦略的なアドバイスを提供してくれます。

例えば、エージェントは過去の選考データや企業のニーズに基づき、就活生の強みを最大限に引き出す方法を教えてくれます。

また、企業ごとのアプローチ方法や選考のポイントについても詳細にアドバイスを提供してくれるため、書類選考の通過率を高められるでしょう。

さらに、エージェントはES添削だけでなく、面接対策や自己分析のサポートも行っており、就職活動全般にわたる包括的な支援を提供してくれます​。

6.就活生用SNSを利用する

就活生用SNSを利用することで、同じように就職活動をしている仲間からフィードバックがもらえます。

SNS上では、様々なバックグラウンドを持つ学生たちが意見を交換し合うため、複数の視点からのアドバイスを受けられるでしょう。

例えば、特定の業界や職種についての知識を持つ仲間から、具体的な改善点やアピールポイントについてのアドバイスを得られます。

また、SNS上で就職活動の情報を共有し合うことで、最新の動向や選考のノウハウを知れるのも大きなメリットです。

7.生成AIを利用してESを添削する

近年、ChatGPTなど生成AIを利用してESを添削する方法が注目されています。

AIは文法チェックや表現の改善に非常に有効で、短時間で多くのフィードバックを提供してくれます。

例えば、文章の構造や表現の適切さを自動的にチェックし、冗長な表現や曖昧な言葉を修正する提案をしてくれます。

これにより、読みやすく、明確な文章を作成できます。

ただし、AIのアドバイスはあくまで機械的なものであり、微妙なニュアンスや人間関係の要素を考慮に入れられないため、最終的には人間の目で確認することが望ましいです。

AIによるフィードバックを基にして最初の修正をして、その後に友人やゼミの先生の意見を取り入れるなど、手法を併用することで完成度の高いESを作成できます。

ES添削を依頼する際の注意点

ES添削を依頼する際の注意点

ES添削を依頼する際には、以下の注意点があります。

注意点
  • ESの見直しをしてから依頼する
  • 添削方法によりアドバイスが異なることを理解する
  • フィードバックを受け入れる姿勢を持つ
  • 添削によりESから個性が消えないようにする
  • 時間に余裕を持って依頼する

ESの見直しをしてから依頼する

ESを他人に見てもらう前に、自分でしっかりと見直しを行うことが重要です。

誤字脱字や文法ミス、内容の一貫性を確認し、基本的なミスを自分で修正しておきましょう。

これにより、第三者からのフィードバックがより建設的で具体的なものになります。

ESを依頼することは相手の時間をもらう行為です。

特にゼミの先生やOB・OGなどに依頼する際には、見直しをしておくことで誠意を示し、依頼相手の負担を軽減できるでしょう。​

添削方法によりアドバイスが異なることを理解する

ESの添削方法や依頼先によって、提供されるアドバイスの内容が異なることを理解しておくことが大切です。

例えば、大学のキャリアセンターでは企業の求める人材像に基づいたアドバイスが得られますが、生成AIによる添削は文法や表現のチェックに優れています。

複数の視点からのフィードバックを受けることで、バランスの取れたESを作成できるでしょう。

フィードバックを受け入れる姿勢を持つ

フィードバックを受ける際には、オープンな姿勢を持ち、批判を恐れずに受け入れることが重要です。

時には厳しい指摘を受けることもありますが、それを改善の機会として前向きに捉えることが大切です。

自己改善の意識を持ち、何度もフィードバックを繰り返すことで、ESの完成度を高められるでしょう。

添削によりESから個性が消えないようにする

添削を受ける際には、他者の意見を取り入れつつも、自分の個性やオリジナリティを失わないように注意することが重要です。

全てのアドバイスをそのまま反映するのではなく、自分の強みや特徴をしっかりとアピールできる部分は残し、調整することが求められます。

個性が感じられるESは、採用担当者に強い印象を与えるためです。

時間に余裕を持って依頼する

ES添削を依頼する際には、余裕を持って依頼することが重要です。

就職シーズンには、キャリアセンターや就職エージェントなどのサポート機関が混雑するため、早めに依頼を出すことでスムーズにフィードバックを得られます。

締め切りに間に合わせるために、十分な時間を確保して依頼することを心掛けましょう​。

自分でESを添削する時のポイント

自分でESを添削する時のポイント

ESを自分で添削する際のポイントは次の通りです。

添削する際のポイント
  • 結論ファーストで文章は書かれているか
  • 具体的なエピソードはあるか
  • 誤字脱字はないか
  • 企業が求める人材と合っているか
  • 自分の個性が出ているか

結論ファーストで文章は書かれているか

文章の冒頭で結論を明示する「結論ファースト」の書き方ができているかを確認しましょう。

結論を先に述べその後に詳細を説明することで、読み手にとって理解しやすく要点が明確になります。

例えば、志望動機の部分で「私は貴社の成長戦略に共感し、その実現に貢献したいと考えています」という結論を先に示し、その後に具体的な理由や経験を詳述する形式です。

これにより、採用担当者は文章を読み進める前に重要なポイントを理解しやすくなります。

また、結論を先に述べることで、文章全体の一貫性を保ち、論理的な流れを構築する助けにもなります。

具体的なエピソードはあるか

具体的なエピソードや実績が記載されているかをチェックします。

抽象的な表現ではなく、具体的な事例を挙げることで、あなたの経験やスキルを明確にアピールできます。

例えば、「学生時代にリーダーシップを発揮した経験」といった抽象的な表現ではなく、「大学のプロジェクトでチームリーダーとして5人を指導し、期限内に成功裏にプロジェクトを完了した」という具体的なエピソードを記載することが効果的です。

数字やデータを用いて具体性を持たせるとさらに説得力が増し、採用担当者に強い印象を与えます。

誤字脱字はないか

誤字や脱字がないかを確認しましょう。

どんなに良い内容のESでも文法ミスやスペルミスがあると、評価が下がります。

特にESは就活生の第一印象を決める重要な書類になるため、細部まで注意を払う必要があります。

文書作成ソフトのスペルチェック機能を利用するのはもちろん、一度書き上げた後に声に出して読むことで、見逃しがちなミスを発見しやすくなるでしょう。

さらに、友人や家族に読んでもらうことで、自分では気づけない誤りを指摘してもらうことも効果的です。

企業が求める人材と合っているか

志望する企業の求める人材像と自分の強みや経験が一致しているかを確認します。

企業の価値観やミッションに合ったアピールをすることで、採用担当者に強い印象を与えられるでしょう。

具体的には企業研究を十分にして、その企業が重視するスキルや特性を理解し、それに基づいてESの内容を調整します。

例えば、リーダーシップを重視する企業には、過去のリーダーシップ経験を強調し、イノベーションを重視する企業には、自分の創造的なプロジェクトをアピールすることが効果的です。

まとめ

この記事では、ESを添削するメリットや依頼方法、添削を依頼する際の注意点を解説しました。

ESを添削するメリットは次の5つです。

5つのメリット
  • 客観的な視点でアドバイスが受けられる
  • 誤字脱字の修正ができる
  • 自己分析に利用できる
  • 読みやすい文章にできる
  • 企業にあった戦略的なアプローチが学べる

ESの添削を通じて、書類選考を通過するための質の高いエントリーシートを作成できるでしょう。

第三者の視点からのフィードバックを取り入れ、具体的なエピソードを盛り込み、誤字脱字のない読みやすい文章を作成することが内定への第一歩です。

企業に合った戦略的なアプローチを学び、自分の強みを最大限にアピールすることで、内定獲得に向けた強力な一歩を踏み出しましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!