雛菊が行っているインターン内容とは?参加メリットや新卒選考対策も紹介

雛菊が行っているインターン内容とは?参加メリットや新卒選考対策も紹介

2024/6/26更新

はじめに

本記事では、雛菊のインターンシップや、選考対策のポイントなどを詳しく解説しています。

結論から言うと、雛菊はインターンシップの選考であっても、本選考で内定がでるレベルまで対策する必要があります。

もちろんインターンシップのほうが、合格者数の枠は多いでしょう。

ですが、就活生にとても人気が高く、エントリーする人のレベルも高いです。

確実にインターンに参加したいと考えているのであれば、対策は必須です。

本記事は、以下のような雛菊を志望する就活生に向けて書いています。

対象
  • 雛菊の選考対策を知りたい
  • 選考に参加したいけどなにから初めていいか分からない

「雛菊で働きたい」「雛菊で内定を目指したい」という人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

株式会社雛菊の基本情報

株式会社雛菊とは

出典元:株式会社雛菊 会社概要

 

株式会社雛菊は、2018年に設立されたスタートアップ企業です。

同社の事業内容は、動画内にバーチャル広告を生成する「デジタル・プレイスメント」サービスの提供です。

このサービスでは、機械学習とレンダリング技術を活用しています。

動画コンテンツに再編集を行うことなく、視聴者の属性に合わせた広告を自然な形で掲載することができるのです。

独自のSDKをプレーヤーに組み込むことで、クライアント側でリアルタイムに広告の合成処理を行います。

同社は物体検出アルゴリズムで広告枠候補を検出し、プレイスメント対象シーンに溶け込むよう画質や色調整、遠近感の調和処理を施します。

これにより、動画内の広告掲載がスムーズに行えるのです。

雛菊は国内で初めてこのようなデジタル・プレイスメントサービスを開発した企業です。

 TV局やVOD事業者、出版社、アニメ制作会社、広告代理店などと協業しながら、メディア・エンターテインメント業界の変革を目指しています。

本社は東京都文京区に所在し、「メディアとエンタメのあらたな未来」を掲げるスタートアップとして、デジタルトランスフォーメーションを通じた放送業界の課題解決に取り組んでいます。

雛菊に必要とされる人材像

雛菊に必要とされる人材像

株式会社雛菊は、映像とITを組み合わせた最先端技術を提供する企業であり、特にエンジニアリング分野での人材を積極的に募集しています。

同社が求める人物像について、以下のポイントに基づいて解説します。

技術的スキルと経験

株式会社雛菊は、特にエンジニアリング分野での高度な技術スキルを持つ人材を求めています。

具体的には、コーディングや複数のAPIとの接続、設計・アーキテクチャ構築、実運用をイメージしたテスト実施などの業務に対応できるスキルが求められるでしょう。

また、AWSを利用したインフラストラクチャの管理やGitHubを用いたコード管理の経験も重要です。

自主性と創造性

雛菊は、インターン生が主体的に動ける環境を提供しており、自主性と創造性を持つ人材を歓迎しています。

インターン生は、開発経験豊富なエンジニアと共に実業務に参加し、自分のアイデアを自由に発信できる環境で働くことが可能です。

このため、自ら考え、提案し、実行に移す能力が求められます。

論理的思考力と問題解決能力

論理的思考力と問題解決能力も、雛菊が求める重要なスキルです。

映像関連の最先端技術を扱うため、複雑な問題に対して論理的にアプローチし、解決策を見つけ出す能力が求められます。

このスキルは、特に機械学習エンジニアとしての役割において重要です。

チームワークとコミュニケーション能力

雛菊はチームでの協力を重視しているため、チームワークとコミュニケーション能力が求められるでしょう。

インターンシップでは、他のエンジニアやスタッフと協力してプロジェクトを進めるため、円滑なコミュニケーションが不可欠です。

また、プレゼンテーションスキルも重視されており、アイデアや成果を効果的に伝える能力が求められます。

学習意欲と成長志向

雛菊は学習意欲が高く、成長志向を持つ人材を求めています。

インターンシップを通じて、実務経験を積みながら新しい技術や知識を学び続ける姿勢が重要です。

特に、映像関連の最先端技術に興味があり、将来的にこの分野でキャリアを築きたいと考えている人材は歓迎されるでしょう。

柔軟性と適応力

最後に、柔軟性と適応力も重要な要素です。

雛菊は急速に変化する技術環境に対応するため、柔軟に考え、迅速に適応できる人材を求めています。

新しい技術や方法論に対してオープンであり、変化を恐れずに挑戦する姿勢が求められます。

雛菊のインターンに参加するメリット

雛菊のインターンに参加するメリット

最先端技術に触れられる

株式会社雛菊は、動画内にバーチャル広告を生成する「デジタル・プレイスメント」サービスを提供し、機械学習や画像処理、深層学習などの最先端技術を駆使しています。

このインターンシップでは、これらの技術を実際のプロジェクトで使用する機会が豊富です。

具体的には、動画内での画像認識や物体検出アルゴリズムの改善、深層学習ベースの音源分離アルゴリズムの改善、マルチモーダルを活用したショート動画自動生成の実装、画像処理を使ったデジタルプレイスメントの広告合成アルゴリズムの改善などの業務に携わることができます。

これにより、理論だけでなく実践的なスキルを身につけることができ、将来的なキャリアに大いに役立つでしょう。

また、PythonやAWS、自社インフラ基盤(GPUクラスター)、GitHub、Slack、Notion、Jupyter Notebookなどのツールやプラットフォームを使用するため、現場での実務経験を通じてこれらの技術に精通できます。

自主性と創造性を発揮できる

雛菊のインターンシップは、インターン生が主体的に動ける環境です。

開発経験豊富なエンジニアと共に実業務に参加し、自分のアイデアを自由に発信できる環境で働けるでしょう。

このため、自ら考え、提案し、実行に移す能力が求められますが、それと同時に自主性と創造性を大いに発揮することが可能です。

また、20代を中心としたエンジニア、動画クリエイター、プランナーが在籍しており、メンターとしてのサポートが手厚いことも特徴です。

これにより、インターン生は自分の成長を実感しながら、プロフェッショナルな環境で働くことができます。

さらに、インターンシップを通じて得た経験やスキルは、将来的なキャリアパスにおいて大きなアドバンテージとなるでしょう。

実務経験と報酬が得られる

雛菊のインターンシップでは、実務経験を積むだけでなく、報酬も得ることが可能です。

給与は時給1,500円〜3,000円であり、試用期間2週間は1,500円、その後はスキルに応じた金額が支給されます。

交通費も支給されるため、経済的な負担を軽減しながらインターンシップに参加できるでしょう。

このように、実務経験と報酬の両立が可能なインターンシップは、学生にとって非常に魅力的です。

特に、技術的なスキルを磨きながら経済的なサポートも受けられるため、学業とインターンシップの両立がしやすくなります。

本選考に向けた予行演習になる

雛菊の本選考における選考内容は、インターンシップでの行う内容と同じ場合が多いです。

雛菊の採用試験を受ける際には、本選考の課題に直面することになります。

インターンシップを経験することで、これらの課題に事前に対処する機会が得られるでしょう。

つまり、インターンシップは本選考に向けた予行演習となり、就活生にとって大きなメリットとなるのです。

内定に直結しやすくなる

雛菊のインターンシップは、内定に直結します。

インターンシップ参加者の中で特に優秀だと判断された場合、最終面談に呼ばれて内定が出るでしょう。

しかし、そもそもの目的は自社や業務内容の理解を深めてもらうことですので、ここですぐ内定が出なくとも、参加すること自体が採用担当者へのアピールとなります。

インターンに参加してない学生より業界理解・企業理解を深め、志望動機や自己PRの質を高めることで、十分に内定率が高まるでしょう。

雛菊が行っているインターン内容

2024年に行われている雛菊のインターンシップの概要は、以下の通りです。

開催時期随時
開催時間月曜日から金曜日の10:00〜21:00の間で1日3時間以上
場所東京都文京区本郷3丁目39番9号 山本ビル 2階
定員記載なし
詳細機械学習エンジニアとして、動画内での画像認識や物体検出アルゴリズムの改善、深層学習ベースの音源分離アルゴリズムの改善、マルチモーダルを活用したショート動画自動生成の実装、画像処理を使ったデジタルプレイスメントの広告合成アルゴリズムの改善などを担当

 

株式会社雛菊のインターンシップは、主にエンジニアリング分野での実務経験を積めるプログラムです。

以下のような具体的な業務内容が含まれます。

業務内容
  • コーディング:複数のAPIとの接続を中心としたコーディング作業。
  • 設計・アーキテクチャ構築:システムの設計やアーキテクチャの構築。
  • テスト実施:実運用をイメージしたテストの実施。
  • 画像認識アルゴリズムの改善:動画内での物体検出アルゴリズムの改善。
  • 音源分離アルゴリズムの改善:深層学習ベースの音源分離アルゴリズムの改善。
  • ショート動画自動生成:マルチモーダルを活用したショート動画の自動生成。
  • 広告合成アルゴリズムの改善:画像処理を使ったデジタルプレイスメントの広告合成アルゴリズムの改善。

インターンシップ参加者は、経験豊富なエンジニアや同世代の優秀なインターン生と共に働くことで、技術を磨きながら実務経験を積めるでしょう。

また、プロジェクト管理やチームワークのスキルも向上させることも可能です。

このインターンシップは、特に機械学習やAI技術に興味があり、将来的にエンタメ業界でのキャリアを考えている学生にとって、非常に有益なプログラムです。

就活生は面談や面接を通じて詳細な情報を得ることができ、個々のスキルや希望に応じたプロジェクトに配属されます。

雛菊のインターン選考対策

雛菊のインターン選考対策

概要

雛菊のインターンシップに参加したり、良い成果を出したりすることで内定に直結する可能性があります。

夏期インターンシップまでにある程度対策を進めておくことで、内定される確率は高まるでしょう。

通常のインターンシップは、ちょっとした興味本位で体験しに来る学生も多いです。

しかし雛菊のインターンの場合は、早期選考ルートに乗ろうとしてバッチリ対策してくる学生が多いと考えられます。

入念に業界研究・企業分析をした上で、インターンシップ当日に早期選考ルートに乗れるようアピールしましょう。

就活の準備にかけられる時間は人それぞれですが、余裕を見て大学2年の冬には就活対策を始めておくことをおすすめします。

詳しい選考対策方法は次の章で解説します。

 

選考フローごとの対策方法

自己分析

雛菊のインターンシップ選考対策として、自己分析が欠かせません。

自分の能力や性格を深く分析することで、自身の長所と短所、得意なことや不得意なことを客観的に把握できるでしょう。

自分の強みや弱みを理解すると、雛菊が求める人物像へ位置付けやすくなります。よく聞かれる志望動機や学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)に留まらず、「他業界や競合他社ではなく、なぜ雛菊なのか」を明確に説明できるようにしましょう。

 

業界研究・企業分析 

業界研究や企業分析を行うことで、不動産業界内での雛菊の位置づけや、競合他社との差異が明らかになります。

雛菊がインターン生に求めるのは、ほかの業界や競合他社との違いを理解し、自社の特色を理解していることです。

とはいえ、不動産業界以外の業界も分析することで、不動産業界の特性をより客観的に理解することにつながります。

他業界との比較を通じて、志望動機や自己PRの質を高めることができるでしょう。

 

エントリーシート作成  

自己分析や企業分析を一定程度進めた後は、過去に出題されたエントリーシートの例を参考に作成しましょう。

エントリーシートの参考例はキャリアサイトで閲覧できます。

実際に書いたエントリーシートをOB・OGや身近な社会人に見せ、気付かれにくいミスやわかりにくい表現を指摘してもらうことで、内容を磨くことが可能です。

書類選考の通過を目指して、しっかり対策しておきましょう。

 

面接対策  

エントリーシート選考をクリアしたら、つぎは面接の準備に取り掛かりましょう。

面接では、エントリーシートに記述した内容と一貫性を持たせることが大事です。

具体的なエピソードをもとに、志望動機や自己PRにつなげてください。

一人で面接対策をするのはおすすめしません。

友人同士でのグループ練習や、面接練習のイベントへの参加を通じて実践的な経験を積むことができる方法で対策しましょう。

 

マインドセットとアプローチの重要性  

雛菊のインターンシップでは、ただ知識を持っているだけでは不十分です。

知識や技術をいかに実務に応用できるかが重要視されるからです。

新しい課題への取り組み方や、未知の問題に対する解決策の提案能力が評価の対象となるため、柔軟な思考と積極的なチャレンジ精神が求められるでしょう。

問題に直面した時は背景や要因を、深く掘り下げて理解してください。

創造的かつ効率的な解決策を見つけ出す力が試されます。

 

事例研究とデータ分析の利用

選考対策として、とくに事例研究やデータ分析の技術を身につけておくと有利です。

雛菊では不動産市場の動向分析やプロジェクトの成果予測など、数値データにもとづいた判断が求められます。

関連する事例研究を事前に行い、実際のビジネスシーンでのデータ活用方法を理解しておくことで、面接時の議論でより説得力のある回答を提供できるでしょう。

 

コミュニケーションとチームワークの強化  

雛菊の面接は、単に自分の意見を述べるためだけの場ではありません。

企業理念や重要視している価値観を適切に評価し、それを取り入れながら自身の意見を形成し、正しく伝えることが重要です。

また、さまざまな人が集まる場ではリーダーシップを発揮するだけでなく、柔軟性を持ってチーム内で協力する姿勢も重要です。

事前のグループ練習を通じて、幅広いタイプの人とのコミュニケーション方法を学び、適応能力を高めておきましょう。

 

総括

雛菊のインターンシップ選考においては、個々のスキルだけでなく、どのように組み合わせて問題解決に臨むかがカギです。

自己分析や業界研究、企業分析を深めましょう。

具体的なエントリーシートの作成や面接でのパフォーマンスを通じて、雛菊で活躍できるポテンシャルをアピールするといいです。

雛菊のインターン選考の流れ

雛菊のインターン選考の流れは、以下の通りです。

雛菊のインターン選考の流れ
  • マイページ登録
  • エントリーシート提出(WEB)
  • 書類選考
  • 面談1~2回(WEB)
  • 参加決定

面接などすべての選考は、WEB上または対面で実施されます。

選考会場にわざわざ行く手間や費用を考えると、WEBのほうが肉体的に楽でしょう。

ですが、インターン担当者への会話や表情の伝わり方などは、対面と勝手が異なります。

WEBでの選考に不慣れで機材の確認や調整も怠ってしまうと、採用担当者に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

内定につなげるためにも、機材の確認や調整も含めた選考対策をしておきましょう。

応募するコースによって、内容がわずかに異なる可能性も考えられます。

参加したいコースの選考フローは事前に確認しておきましょう。

さいごに

本記事では、雛菊のインターンシップ選考対策について解説しました。

近年はインターンシップの目的や位置づけが、やや変化しつつあります。

現在は仕事内容を体験してもらうためでなく、就活生の適性把握や優秀層の早期取り込みの手段として活用する企業が増えているからです。

インターンに参加するにあたり、「ただの就業体験」といった軽率な気持ちで応募・参加することはおすすめしません。

周りの就活生との意識のギャップや、企業の本気度についていけなくなってしまいます。

本番さながらの臨戦態勢でしっかりと準備しましょう。

ほかのインターン生と差をつけられるように、本記事を参考にインターン選考対策をしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!