カネカが行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

カネカが行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

2024/6/22更新

はじめに

本記事では、株式会社カネカ(以下、カネカ)のインターンシップに関する情報や選考対策について徹底的に解説します。

結論からいうと、カネカのインターンシップは本選考で優遇があります。

カネカに少しでも興味がある就活生は参加しておきたいイベントです。

インターンシップに参加するためには、早めのうちから入念な対策をする必要があります。

特に以下のような就活生に向けて記事を執筆しているので、1つでも当てはまる就活生は必見です。

対象
  • 就活を始めたばかりなのにインターンシップにエントリーするのが不安
  • カネカのインターンシップの選考フローと対策が知りたい
  • インターンシップに参加するメリットが気になる

本記事を読めばカネカのインターンシップの概要だけでなく、インターンシップ参加のためにどのような対策をすべきなのかが丸わかりです。

いまから就職活動をスタートさせて、インターンシップ参加を目指すことで自身にピッタリの企業と出会えるはずです。

少しでもカネカに興味がある就活生は一歩踏み出してみましょう。

 

また、カネカの企業研究については以下の記事にまとめてあるので、こちらもあわせてご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

株式会社カネカの基本情報

株式会社カネカとは

出典元

株式会社カネカ (kaneka.co.jp)

社名株式会社カネカ(英文名称 KANEKA CORPORATION)
本社所在地東京本社
東京都港区赤坂1-12-32(アーク森ビル)
大阪本社
大阪市北区中之島2-3-18(中之島フェスティバルタワー)
主な事業内容Vinyls and Chlor-Alkali, Performance Polymers(MOD), Performance Polymers(MS), Foam & Residential Techs, E & I Technology, PV & Energy management, Performance Fibers, Medical, Pharma & Supplemental Nutrition, Foods & Agris
主要取引先カネカの製品を素材としてモノづくりをする各種企業

 

株式会社カネカは1949年に設立し、東京都の赤坂に東京本社を、大阪府大阪市に大阪本社を置く化学メーカーに属する企業です。
「カガクでネガイをカナエル会社」として、あらゆるソリューションの提供を通して社会を明るくし、世界を健康にすることを目指しています。
カネカの製品は自動車・建築・エネルギー・医療などあらゆる分野で使われており、人々の日常に身近な存在となっています。
日本国内だけでなくヨーロッパ・アメリカ・アジア・北米・南米の海外にも拠点を構えるグローバル企業である点もカネカの特徴です。
キャリア育成のための研修や子育て・介護をしながらでも働きやすい制度が充実しているため、従業員が長く働ける企業です。

カネカに必要とされる人材像

カネカの採用ページでは、技術系の情報機械電気系コース、技術系全般コース、事務系の通常コースの各コースにおける求める人物像を公表しています。

以下に紹介するので、自身の該当するコースを確認してください。

情報機械電気系コース

情報系・機械系・電気系・物理系・化学工学系の専門性を活かして、カネカの幅広い事業領域を支える独自の生産技術の研究やプロセスの開発、研究設備や製造設備の設計・開発・導入・保守保全、AI・IoT・ロボティックス等の先端デジタル技術を活用した研究開発やモノづくり、デジタルビジネスを企画・立案するビジネスデザインなど、「研究職」から「エンジニアリング職」「製造技術職」「ITエンジニア職」などの技術系職種を希望される方が対象です。

応募方法(25入社/技術系) | 採用情報 | 株式会社カネカ (kaneka.co.jp)

 

技術系全般コース

カネカのMaterial、Quality of Life、Health Care、Nutritionの4つの事業領域からなっています。
幅広い技術領域の目的基礎研究・応用開発研究、生産技術研究、製造技術、事業開発・製品企画など。
また、さまざまな職種で活躍する、バイオ系・化学系・化学工学系をはじめとする、理学系、工学系、医学薬学系、農学系など技術系全専攻の方が対象です。

応募方法(25入社/技術系) | 採用情報 | 株式会社カネカ (kaneka.co.jp)

 

事務系通常コース

「成果に徹底的にこだわる」「とことん考え抜く」「ちょっとやそっとではめげないポジティブマインド」この3つがカネカの求める共通の人材要件です。

でも、個性は人それぞれ。

情熱を武器に真正面からぶつかっていくタイプ、熱さを内に秘め思考力と探究心で勝負するタイプ。

カネカにはどちらのタイプも必要です。

一人ひとりが個性を伸ばし未来のカネカをリードする人材となることを期待しています。

応募方法(25入社/事務系) | 採用情報 | 株式会社カネカ

 

技術系は専門的な知識を持った人材が求められています。

事務系のコースでも理系は歓迎されていますが、知識の有無を問わず達成志向性があり、こだわりを持って業務に取り組む姿勢がある人材が必要とされています。

インターンシップ・本選考ともに求める人物像とマッチしていることは非常に重要なので、しっかりと自己分析をしてから臨みましょう。

素材への興味なども働く上では必要なので、小さい頃の経験とつながる部分がないかを探してみるのもいいでしょう。

カネカの選考においてキーワードになりそうな言葉は以下なので、確認してください。

必要とされる人物像
  • 素材
  • 環境保護
  • 技術
  • 社会課題
  • エネルギー

カネカの選考でポイントとなるキーワードは、職種や部署によってさらに出てくるでしょう。

新卒採用では、未来のカネカを背負うポテンシャルの高い就活生を求めています。

エントリーシートや面接、インターンシップ参加中に「この就活生なら入社後に活躍してくれるか」をチェックされるので、意識しておいてください。

 

カネカのインターンに参加するメリット

では、カネカのインターンに参加するメリットをみていきましょう。

本選考に向けた予行練習になる

インターンシップの選考と本選考の選考ステップは異なりますが、インターンシップに参加することによって、本選考の予行練習ができます。

インターンシップ中のカネカ社員との交流を通して、いきなり本選考の面接を受けるよりもリラックスして臨めるでしょう。

内定に直結しやすくなる

カネカのインターンシップに参加すると、本選考で二次面接からスタートになる場合があります。

インターンシップに参加したら必ず内定が出るわけではありませんが、エントリーシート・Webテスト・一次面接がスキップできるのは嬉しいポイントです。

また、インターンシップの最中に社員に顔を覚えてもらえたり、カネカへの理解を深めることができたりすることで、カネカへの内定へ近づくはずです。

本選考の面接で、インターンシップに参加して魅力に感じたことや他社にはない強みを発見できたことをアピールすることで、志望度の高さを示せます。

結果、インターンシップに参加することは、かなりのアドバンテージになります。

カネカが行っているインターン内容

カネカで過去に開催されたインターンシップの概要について紹介します。

インターン内容
  • 【事務系職種】Vision2daysワークショップ~カネカの事務系職種を知る
  • 【技術系職種】テーマ別ワークショップ

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

【事務系職種】Vision2daysワークショップ~カネカの事務系職種を知る~

「【事務系職種】Vision2daysワークショップ~カネカの事務系職種を知る~」の概要は、以下の通りです。

開催時期7~12月にかけて複数日程開催
開催時間2日間
場所東京、大阪、オンライン
人数各ターム50名程度
報酬なし
交通費・宿泊費支給なし

 

1日目は素材ビジネス体感ワークとして、販売戦略の立案やプレゼンを行います。
カネカの事務系職種の実際の働き方が理解できるはずです。
2日目は社員座談会があります。
最終タームの応募締切は12月31日です。

早めのうちから準備を行い、早いタームでの参加を目指しましょう。

 

【技術系職種】テーマ別ワークショップ

【技術系職種】テーマ別ワークショップ」の概要は以下の通りです。

開催時期夏期
開催時間1日目:1.5時間

2日目:2.5時間

場所オンライン
人数各ターム100名以上
報酬なし
交通費・宿泊費オンライン支給のため、支給なし


技術系職種は、以下の3つのテーマにわかれています。

  1. 生産技術開発の体験
  2. 樹脂フィルムの製造コスト試算とコストダウン策の立案体験
  3. 基礎研究・応用研究の体験

 

応募締切は8月31日です。

締切が早いので早めのうちから、企業研究や自己分析をしておく必要があるでしょう。
カネカの技術系職種についての理解を深められる絶好の機会なので、ぜひ参加に向けて準備を進めてください。

カネカのインターン選考対策

カネカのインターン選考対策

概要

カネカのインターンシップは、コース・就活生によっては本選考で優遇があるので、少しでもカネカに興味がある就活生は、インターンシップの参加に向けて入念な準備をしておくことをおすすめします。

インターンシップは参加人数が限られているため、本選考以上にエントリーシートやWebテストの選考通過率が低いのが特徴です。

選考通過のためには、自己分析と企業研究を早めのうちからやっておくことがポイントです。

就活対策にかける時間は人それぞれですが、余裕を持って大学3年生の春から始めておくと焦らず選考に臨めるでしょう。

インターンシップに参加することで、自身にマッチしているかを肌で感じることができるので、ぜひこれから紹介する対策方法を参考にインターンシップの参加を目指してください。

選考フローごとの選考対策

自己分析

自己分析を通して、自身の得意・不得意や仕事で活かせることを見いだせるはずです。

選考では、自身が入社することによって企業側にとってどのようなメリットがあるかを示す必要があるので、まずは自分自身のアピールできる要素がなにかを把握しましょう。

自分について知ることによって、どのような働き方がよいのかや企業のビジョンがあっているかもおのずと見えてきます。

徹底的な自己分析こそ、入社後に活き活きと働ける場所を見つけるカギになるので、時間をかけて自分と向き合いましょう。

 

業界研究・企業分析

同じ業界に属する企業は、大枠は同じことをしているという印象を抱く就活生が多いのではないでしょうか。

しかし、各企業の強みや技術、ビジョンは異なるので、同じようなことをしていても自身の就活の軸に沿っているか否かはわかれます。

しっかりと業界研究や企業分析をすることによって「なぜ他社ではなく、この企業を志望するのか」が明確になるでしょう。

志望度の高い企業に入社したい理由を明確にすると、おのずと選考過程において志望度の高さも示せるようになるので、業界研究や企業分析は注力することをおすすめします。

また、業界研究をすることによって就活前には知らなかったものの、自身がやりたいことを実現するためにピッタリの企業と出会える可能性も生まれます。

 

エントリーシート作成

自己分析や業界研究、企業分析ができたら、就活の軸や自身が社会人として実現したいことがどの企業なら叶えられるかが見えてくるはずです。

志望企業をピックアップできたら、エントリーシートとして自身の入社への熱意やアピール要素を文字にする必要があります。

読み手に伝わりやすいように論理的で説得力のある文章構成を意識しましょう。

思うように選考通過しない就活生や少しでも不安がある就活生は、周囲の人に読んでもらい、客観的に見て理解できるかを確認することをおすすめします。

また、OB訪問を通してカネカに勤める社員に確認してもらうのも1つの手です。

インターンシップ選考で通過できなかった場合は、落ち込み過ぎずに本選考時にエントリーシートの修正を行い、本選考通過を目指しましょう。

カネカのインターン選考の流れ

カネカのインターンシップの選考フローを紹介します。

事務系職種の選考フローは以下の通りです。

  1. プレエントリー(マイページ登録)
  2. エントリー
  3. 書類選考
  4. Webテスト
  5. インターンシップ合否通知

 

次に技術系職種のテーマ別ワークショップの選考について紹介します。

  1. プレエントリー(マイページ登録)
  2. エントリー
  3. 書類選考
  4. Webテスト
  5. インターンシップ合否通知

 

インターンシップの流れは毎年同じような企業が多いですが、就活の早期化に伴い選考時期が早まったり、採用に力を入れている年に複数回開催されることもあります。

本記事で紹介したことを参考にしながら、マイページ上にアップされる情報をいち早くキャッチして臨機応変に対応するようにしましょう。

インターンシップ選考にエントリーする準備が不十分であったとしても、まずはマイページに登録しておくことをおすすめします。

インターンシップ選考の前にインターンシップ説明会が行われる場合には、積極的に参加してどのようなポイントで評価されるかをおさえてから、対策に取り掛かると選考通過率があがるでしょう。

さいごに

ここまでカネカのインターンシップや選考に向けて詳しく解説してきました。

年々採用選考が早期化しており、企業側は正式に内定と伝えないまでも優秀な学生の志望度を高めて、入社してくれるようにしていこうと動いている傾向があります。

インターンシップに参加することによって、企業に対する理解が深まるだけでなく、内定直結や本選考優遇などインターンシップに参加していない学生よりも有利な状態で選考に駒を進めることができるので、インターンシップ参加を目指しましょう。

インターンシップに参加するためには、早いうちから就職活動に取り組む必要があります。

自己分析や企業研究にどれだけ時間をかけることができたかによって、就職活動を終えた時に自身にピッタリの企業に入社できると自信を持って社会人生活をスタートできるか否か大きく変わるでしょう。

インターンシップの選考も本選考と同じ熱量で準備を進めましょう。

本記事が、カネカのインターンシップ参加を目指す就活生の一助になれば幸いです。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!