Iターンとは?支援について解説

Iターンとは?支援について解説

2024/6/22更新

はじめに

Iターンとは、都市部で生まれ育った人が、地方に移住して新たな生活や仕事を始めることです。

今回は、Iターンのメリットや、Iターンを成功させるために必要なこと、Iターンに使える支援金などについて詳しく解説します。

対象
  • Iターンのメリットが知りたい
  • Iターンのために必要なことが気になる
  • Iターンに使える資金が知りたい

上記のような方は、ぜひ最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

Iターン・Uターンとは?

Iターン・Uターンとは

Iターンとは、都市部で生まれ育った人が、地方に移住して新たな生活や仕事を始めることを指します。

一方、Uターンは、都市部に出て働いていた人が、生まれ育った地方に戻って生活や仕事を再開することです。

どちらも都市から地方への移住を意味しますが、Iターンは新たな地域への移住、Uターンは元の地域への帰郷という点で異なります。

Iターンで、都市の喧騒や過密な生活から離れて、より静かで自然豊かな環境を求める人々に人気があります。

一方でUターンは、地元での人間関係や家族のサポートを重視し、故郷に戻ることを選ぶ人々に支持されているのです。

どちらの選択肢も、それぞれのライフスタイルや価値観に応じた新たな生活のスタートを切るための、大きなステップとなるでしょう。

特に近年では、テレワークの普及や地方創生の動きが進み、Iターン・Uターンを選択する人々が増えてきています。

Iターン・Uターンのメリットは?

続いて、Iターン・Uターンのメリットをご紹介します。

Iターン・Uターンのメリット
  • 交友関係が広くなる
  • 自然が豊か
  • 物価が安い
  • 子育てがしやすい
  • 通勤ラッシュがない

上記のようなメリットがあります。

交友関係が広くなる

IターンやUターンをすると、都市部での生活では得られなかった新しい交友関係が広がります。

新しい土地に移り住むことで、地域のイベントやコミュニティ活動に参加する機会が増えるでしょう。

地方は地域社会が密接で、人々との距離が近く、交流がしやすい環境です。

例えば、地元の祭りや農作業の手伝いなど、地域ならではの活動に参加することで、多くの地元住民と知り合うことができるでしょう。

こうした活動を通じて、日常的に顔を合わせることで、自然と深い人間関係を築くことができ、安心感や帰属感を感じることが可能です。

また、地方の人々は都市部よりも温かく迎えてくれることが多く、新しい住民に対して親しみを持ちやすい傾向があります。

地域の人々との交流を通じて、情報や助けを得られるため、生活面での不安も軽減されるでしょう。

さらに、地方に移住することで、都市部での人間関係とは異なる視点や価値観を持つ人々との交流が増え、自分自身の視野が広がることも期待できます。

異なる背景や経験を持つ人々と交流することで、多様な考え方や文化を学び、自分の成長につながるでしょう。

地方のコミュニティは都市部とは異なる温かさがあり、新しい環境での人間関係を築く上で大きなメリットとなります。

自然が豊か

地方へのIターンやUターンの大きな魅力の一つは、豊かな自然環境です。

都市部では味わえない広大な自然に囲まれた生活は、心身ともにリフレッシュさせてくれるでしょう。

山や川、海、森林など多様な自然があり、四季折々の風景を楽しむことができます。

春には桜や新緑、夏には海水浴や川遊び、秋には紅葉狩り、冬には雪景色と、一年を通じて自然の美しさを堪能できるでしょう。

さらに、自然の中でのアウトドア活動も充実しています。

ハイキングやキャンプ、釣り、スキーなど、自然を満喫できるアクティビティが身近にあります。

これにより、家族や友人と一緒に自然の中で過ごす時間が増え、リラックスした生活を送ることができるのです。

自然の中での生活は健康にも良い影響を与えます。

新鮮な空気を吸い、体を動かすことで、ストレスが軽減され、心身の健康が向上するでしょう。

自然環境が豊かな地域では、地元で採れた新鮮な野菜や果物、魚介類など豊富な食材も手に入るため、食生活の質も向上します。

都市部の喧騒から離れ、静かで落ち着いた環境での生活は、精神的なリフレッシュにつながるでしょう。

自然の中での暮らしによって日常の忙しさを忘れ、自分自身と向き合う時間を持つことができるため、生活の質が高まります。

物価が安い

IターンやUターンのもう一つの大きなメリットは、物価が安いことです。

都市部に比べて地方の物価は全般的に低く、特に住居費や食費、日用品の価格が抑えられます。

例えば、都市部では高額な家賃が一般的ですが、地方では同じ金額でもっと広い住居や、庭付きの家を借りたり購入したりできるのです。

地方は土地の価格も安いため、マイホームを持つ夢が実現しやすくなります。

これにより生活費の負担が軽減され、経済的に安定した生活を送りやすくなるのです。

食費についても、地方では新鮮な地元産の野菜や果物、魚介類が安価で手に入るため、食生活の質が向上します。

地元の農産物直売所や漁港で新鮮な食材を入手でき、家庭料理のバリエーションが増えると同時に、健康的な食生活を維持することが可能です。

また、地方は都市部に比べて外食の価格も安いため、気軽に外食を楽しめるでしょう。

地方では地元のコミュニティやイベントに参加する機会も多く、そこで新たな交友関係が築ける可能性もあります。

それに加え、地元の特産品やサービスを安く利用できるでしょう。

地域のつながりが強いため、助け合いや支援の輪が広がり、生活のコストパフォーマンスが高まります。

物価が安い地方での生活は経済的な余裕をもたらし、より豊かなライフスタイルが実現可能です。

子育てがしやすい

地方は自然環境が整っており、子育てに適した環境です。

子供は広い公園や自然の中でのびのびと遊べるため、成長に非常に良い影響を与えるでしょう。

地方のコミュニティは人と人とのつながりも強く、地域全体で子供を見守り、育てる風潮があります。

これにより、安心して子育てができる環境が整っているといえるのです。

近所の人たちが互いに子供の面倒を見たり、地域のイベントで一緒に活動する機会も多く、子供たちは豊かな人間関係を築けるでしょう。

また、地方の保育園や学校は都市部に比べて定員に余裕があり、待機児童問題が少ない傾向にあります。

これにより、共働きの家庭でも安心して子育てと仕事を両立できます。

地方自治体による子育て支援制度も充実しており、保育料の補助や子育てサポートセンターの利用など、さまざまな支援を受けられるでしょう。

教育環境についても、地方では自然体験や地域との交流を重視した教育プログラムが実施されていることが多く、子供たちの好奇心や探究心を育むことができます。

自然に触れる機会が多いため、学びの幅が広がり、子供たちの成長を支える豊かな経験を提供できます。

これらの要素が組み合わさることで、地方での子育ては非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

通勤ラッシュがない

地方での生活では、都市部のような激しい通勤ラッシュがないため、ストレスの少ない生活を送ることが可能です。

通勤時間が短縮されることで、仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

例えば、都市部では通勤に1時間以上かかることも多いでしょう。

しかし、地方では自宅から職場までの通勤時間が、15分から30分程度で済むことが多いです。

これにより朝の時間を有効に活用でき、家族と過ごす時間や、自分の趣味に費やす時間が増えるのです。

また、地方では車通勤が一般的であり、公共交通機関の時間に縛られないため、自分のペースで通勤が可能です。

交通渋滞も都市部ほど深刻ではなく、快適な通勤環境が整っています。

これにより通勤による疲労やストレスが軽減され、仕事の効率も向上するでしょう。

さらに、通勤ラッシュがないことで、職場での人間関係も良好になりやすいです。

都市部では通勤ラッシュによるストレスが原因で、職場でのトラブルが生じる可能性があります。

しかし地方ではそのような問題が少ないため、職場環境が安定すると考えられるのです。

地方での通勤環境の良さは、仕事のパフォーマンス向上や心身の健康維持に大きく寄与します。

快適な地方移住生活のためにすべきこと

快適な地方移住生活のためにすべきこと

続いて、快適な地方移住生活のためにやっておくべきことをご紹介します。

移住先の環境について調べる

地方移住を成功させるためには、移住先の環境について徹底的に調べることが重要です。

具体的には、その地域の気候、交通の便、医療施設や教育機関の充実度、買い物や娯楽施設の状況など、日常生活に関わるあらゆる情報を収集しましょう。

例えば、冬季に雪が多い地域では雪かきの手間や暖房費がかかるため、それに対する備えが必要です。

交通の便が悪い地域では車が必須となるため、車の維持費や運転免許の取得を考慮する必要もあるでしょう。

地域のコミュニティ活動や文化についても事前に調べておくと、移住後の生活がスムーズです。

地域のイベントやボランティア活動に参加することで、早く地元に馴染むことができます。

また、地域の人々との交流を深めることで、移住後のサポート体制を確立することも大切です。

移住先の環境について詳しく調べることで、自分のライフスタイルに合った地域を選び、快適な地方移住生活を実現できるでしょう。

自治体による支援制度を活用する

地方自治体は移住者を歓迎し、様々な支援制度を提供しています。

これらの支援制度を積極的に活用することで、移住のハードルを下げ、快適な生活をスタートさせることが可能です。

例えば、移住支援金は一定の条件を満たした移住者に対して、引っ越し費用や生活支援金を支給する制度です。

この支援金を利用すれば、初期費用の負担を軽減できます。

自治体によっては転職支援も行っています。

地方での仕事を探す際には、地元企業とのマッチングサービスや求人情報の提供、職業訓練などの支援を受けることができるのです。

これにより、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

住宅取得支援も重要な支援制度の一つです。

空き家バンクや住宅購入・賃貸の補助金を利用することで、手頃な価格で住居を確保できるでしょう。

さらに、子育て世代には、保育料の助成や子育てサポートセンターの利用など、子育て支援制度が充実しています。

これらの支援制度を活用することで地方移住の成功率を高め、快適な生活を実現できるでしょう。

Iターンで活用できる自治体の支援制度

次に、Iターンで活用できる自治体の支援制度についてご紹介します。

対象
  • 移住支援金
  • 転職支援
  • 住宅取得支援

上記のような支援を受けられる場合があります。

移住支援金

移住支援金は、多くの自治体が提供している重要な支援制度の一つです。

都市部から地方に移住する際の初期費用を補助するもので、引っ越し費用や新生活のための資金として利用できます。

支援金の金額や条件は自治体によって異なりますが、一般的には、移住先で一定期間居住し、地域の活動に参加することが求められるでしょう。

例えば、移住後に地域のボランティア活動やコミュニティイベントに参加することで、支援金の対象となることが多いです。

移住支援金を利用することで経済的な負担を軽減し、安心して新生活をスタートさせることができます。

転職支援

地方へのIターンでは、仕事探しが一つの大きな課題です。

多くの自治体が提供する転職支援制度を活用することで、この課題を解決可能です。

具体的には、地元企業とのマッチングサービス、求人情報の提供、職業訓練やスキルアップ講座の開催などが挙げられます。

自治体が運営する移住相談窓口では、専門のカウンセラーが個別相談に応じ、適切なアドバイスを提供してくれるのです。

さらに、一部の自治体では特定の職業や産業に従事する移住者に対して、就職後の定着支援金や補助金を支給する制度もあります。

これにより、地方での仕事探しがスムーズに進み、安定した収入を得ることが可能です。

住宅取得支援

地方移住の際に重要となるのが、住居の確保です。

多くの自治体が、移住者向けに住宅取得支援を行っています。

例えば空き家バンクを利用することで、手頃な価格でリフォーム済みの住居を見つけることができるでしょう。

また、住宅購入や賃貸契約に対する補助金制度もあります。

これにより、初期費用の負担が軽減され、安心して住居を確保することが可能です。

さらに、一部の自治体では、移住者向けの住宅ローンの金利優遇制度を提供している場合もあります。

これらの支援制度を活用することで経済的な負担を減らし、快適な住環境を手に入れることができます。

Iターンで使える支援金について押さえておきたいポイント

Iターンで使える支援金について押さえておきたいポイント

最後に、Iターンで使える支援金について、押さえておきたいポイントをご紹介します。

ポイント
  • 支援金交付団体はどこか?
  • 申請方法や添付書類
  • 金額
  • 支援金交付条件・受付期間

上記のような点について、不明点がないか確認しておきましょう。

支援金交付団体はどこか?

Iターンで使える支援金の交付団体は、主に地方自治体です。

各自治体が独自に支援金制度を設けており、地方創生や移住促進のために移住者に対して支援を行っています。

支援金の内容や条件は自治体ごとに異なるため、移住を希望する地域の自治体の公式ウェブサイトや、移住相談窓口で詳細情報を確認することが重要です。

また、一部の地域では、広域連携で複数の自治体が共同で支援金制度を実施している場合もあります。

 

申請方法や添付書類

支援金の申請方法は自治体ごとに異なりますが、一般的には以下の手順が必要です。

事前相談

移住前に自治体の移住相談窓口で事前に相談し、支援金の利用条件や必要書類について確認しましょう。

申請書類の準備

支援金申請書を記入し、必要な添付書類を準備してください。

添付書類には以下のようなものが含まれることが多いです。

添付書類の例
  • 住民票の写し
  • 身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
  • 移住前の住所がわかる書類(公共料金の領収書、賃貸契約書など)
  • 移住後の住居契約書や購入契約書
  • 転職先の雇用契約書や事業計画書(自営業の場合)

申請書の提出

準備した書類を自治体の指定する方法(郵送または窓口提出)で提出してください。

審査・通知

提出された書類が審査され、支援金の交付が決定すると通知が届きます。

支援金の受領

通知に従い、指定された口座に支援金が振り込まれます。

 

金額

支援金の金額は自治体によって異なりますが、一般的には10万円から100万円程度の範囲内で設定されています。

例えば、特定の条件を満たす場合(子育て世代や特定の職種に従事する場合など)には、追加の支援金が支給されることもあるのです。

自治体によっては、引っ越し費用や住宅購入・改修費用に対する補助金も含まれていることがあります。

支援金の金額は移住者の経済的負担を軽減し、移住を促進するために重要な要素です。

 

支援金交付条件・受付期間

支援金を受け取るためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

一般的な交付条件は以下のとおりです。

居住期間

移住先の自治体に、一定期間(通常は1年以上)居住することが求められます。

就業条件

移住先での就業が条件となる場合があります。

例えば、地元企業に就職することや自営業を開始することが必要です。

地域貢献活動

一部の自治体では、地域のボランティア活動やコミュニティ活動への参加が求められることがあります。

その他の条件

子育て世代や特定の職種に従事する場合、特定の支援金の対象となることがあります。

受付期間は自治体ごとに異なりますが、年度ごとに設定されることが一般的です。

多くの場合、年度の初めから中頃(4月から10月)にかけて申請受付が行われています。

年度末に近づくと予算が埋まってしまうこともあるため、早めに申請することが望ましいです。

まとめ

Iターンで使える支援金を効果的に活用するためには、移住を希望する自治体の支援金制度を詳しく調べ、必要な書類や手続きを事前に確認しておくことが重要です。

支援金の交付団体や申請方法、金額、交付条件・受付期間についてしっかりと把握し、計画的に移住準備を進めることで、スムーズに新生活をスタートさせることができるでしょう。

移住先の環境や生活スタイルに合った支援金制度を活用し、理想的な地方移住を実現してくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!