インターンシップ参加時の髪色はどうすれば良いの?明るさの基準や就職活動時の身だしなみについても紹介

インターンシップ参加時の髪色はどうすれば良いの?明るさの基準や就職活動時の身だしなみについても紹介

2024/6/22更新

はじめに

本記事では、就活生の皆さんが悩むポイントの一つである髪色について、適切なトーンや注意すべきポイントを詳細に解説しています。

特に、インターンシップ参加時の髪色と本選考の違いや、身だしなみマナーやポイントについても解説しています。

結論として、インターンシップにおける髪色は本選考と同様に、黒またはブラウン系で6〜7レベル以下(一般的にダークブラウンに位置付けられるレベル)にしておくのが良いです。

ただし、銀行や金融系など、堅めの業界ではブラウン系を避け、黒を選択することがおすすめです。

近年では、やや明るめの髪色も受け入れられる傾向にありますが、極端な色は避けましょう。

美容室でレベルスケールを確認し、色落ちなども考慮して、明るすぎないトーンを選ぶことが重要です。

企業によっては、髪色が印象に影響を与えることもあるため、選考対策として事前に情報収集することが大切です。

本記事は特に、以下のような就活生に向けて執筆しています。

対象
  • インターンの際の髪色ってどのくらいのトーンにすれば良いか分からない
  • 就職活動時の身だしなみの基本を知りたい

このような就活生は、ぜひ最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

就職活動における髪色の基本

はじめに、この記事のテーマでもある髪色について概要を紹介します。

身だしなみの一つとして悩ましいのが髪色です。

以前であれば、髪色は「黒」が当たり前だったため、悩むこともありませんでした。

それが近年では、髪色のみならず、就職活動におけるさまざまな常識が変化してきており、許容範囲が広がっています。

そのため、必ずしも髪色は「黒」とは決まっていません。

そのため基準が非常に曖昧で、就活生にとって困惑しやすくなっているのです。

また、インターンシップとなると、本選考よりもやや気持ちが緩む部分があるでしょう。

しかし、基本的には就職活動と同じように考えておいてください。

1dayのインターンシップであれば、やや明るめのレベル8〜10程度でも、そこまで選考には響かないでしょう。

とはいえ、どこで評価されるかわかりませんので、あまりおすすめはしません。

業界や企業によってやや違いがあるため、下記に髪色に関しての基準をまとめました。

参考にしつつ準備を進めてください。

髪色に関しての基準
  • 最もベーシックなのは「黒」
  • ブラウン系であれば、ダークブラウン(6〜7レベル以下)までが理想
  • 銀行や金融系など堅めの業界や企業では、黒髪が望ましい
  • 黒またはブラウン系以外の色は避ける
  • メッシュは入れない

業界によっては、黒髪は茶髪よりもきちんとした印象や堅実さを与えると考えられています。

しかし、就職活動においては黒髪に染める必要性が以前ほど強くはありません。

ですから、面接官に与えたい印象や業界の傾向に合わせて、髪色を選ぶことが重要です。

上記の基準を参考にして、美容室で相談すると良いでしょう。

現在の髪色や状態によっては、調整が必要な場合もあります。

不安な方は、友人やキャリアセンターのスタッフに意見を求めることも有益です。

また、カラーは時間とともに色落ちしますので、その点も考慮して適切な色を選んでください。

就職活動時の身だしなみの基本

就職活動時の身だしなみの基本

就職活動を開始する際に心得ておきたいことの一つが「身だしなみ」です。

身だしなみは、ヘアスタイルやメイクからスーツ、ネクタイ、靴、カバンまで、さまざまなアイテムを取り揃えたり、整えたりすることが必要です。

基本的に、髪色や服装、持ち物は「黒」が無難とされています。

就職活動における身だしなみの常識は、以前に比べるとやや変化してきており、多様化しつつあります。

かつては、男女それぞれ決まったスタイルの髪型や、そのスタイルでの証明写真が一般的でした。

近年では、個性が重視される傾向が強まっています。

また、女性のパンプスはヒールが必須であり、ヒールを履いて多数の企業を訪れることは、かつては一般的でした。

しかし、現在ではヒールのない靴で臨む女性も増えています。

髪色に関しても、地毛の方を除き、「黒」以外は認められていない風潮がありましたが、最近ではやや明るめのブラウンも容認されてきています。

業界や企業によって基準は異なりますので、不安がある場合は、「黒」にしておくと良いです。

就活生は似たような服装をすることが多いですが、微妙な違いで人に与える印象は異なります。

周りの就活生やビジネスパーソンの印象を参考にすることで、自身の身だしなみを見直してみてください。

また、印象は身だしなみだけではなく、所作や立ち振る舞いでも変わってきます。

背筋を正し、しっかり前を向き、良い印象を与えられるようにしましょう。

身だしなみ準備・対策

就活の身だしなみ準備・対策

リクルートスーツは自分に合ったものを準備する

多くの人が、まずはスーツを準備するでしょう。

以前はスーツ店で購入することがほとんどでしたが、近年ではカジュアルブランドなどでも、安価でスーツを購入できるようになりました。

そのため、ここでスーツ選びのポイントを押さえて準備しましょう。

スーツ選びのポイントを簡単に以下にまとめました。

スーツ選びのポイント
  • なるべくリクルートスーツを選択する
  • ハイブランドスーツは避ける
  • ワントーン柄なしのスーツが好ましい
  • 色は「黒」または「ネイビー」系を基本とする
  • 明るいグレーやホワイトなどは避ける
  • ボタンは2つ以上が好ましい
  • サイズ感のあったものを購入する
  • 活動時期に応じたスーツまたはオールシーズン可のものを準備する
  • ネクタイの色は、明るく派手すぎないものを選択する

スーツには素材によって適した季節がありますので、よく見て購入してください。

社会人になってから時期外れのスーツを着用すると、季節感やビジネスマナーの欠如を感じられることがありますので、今のうちから意識しておくと良いでしょう。

スーツの色に関しては、基本的に「黒」がおすすめです。

黒やネイビー、濃いめのグレーなど、黒に近い色を選択し、明るい色は避けてください。

スーツ選びで最も重要なことは、自分にフィットしたサイズのものを着ることです。

やや大きめのサイズを選ぶ人もいますが、サイズ感が違うだけで相手に与える印象は大きく変わります。

異なるサイズも試着してみて、最終的に印象が良いと感じるものを選びましょう。

自己判断が難しい場合は、店員や第三者に意見を求めると良いです。

靴の汚れは落としておく

靴は、男女ともに「革製の黒」が基本です。

近年では、女性のパンプスはヒールなしが目立つようになり、男性の革靴も黒以外の色を履いている人が見受けられます。

しかし、特別こだわりがなく、ファッション性をアピールする企業を志望するのでなければ、自分の足にあった黒の革製のものがおすすめです。

ヒールのある靴を選択する場合は、高さは5cm以下を目安にしましょう。

ヒールが細すぎるとファッション性はアピールできますが、機能性の低さが顕著になります。

就職活動では安定感のある太めのヒールが好まれるでしょう。

リクルート用の靴をお店で聞いて購入することが望ましいです。

外出後に汚れてしまった場合は、ティッシュなどでも良いので軽く拭き、できるだけ綺麗な状態で臨んでください。

髪色は早めから徐々に暗くしておく

説明会や選考の直前に髪を染める方もいますが、実際に染めてみると想定と異なる色になったり、色落ちをしてしまうことがありますので、直前に行うことはあまりおすすめできません。

就職活動は、長い期間にわたりますから、明るい髪色の方は、急に暗くするよりも、段階的に染めるのが良いです。

そうすることで、伸びてきた時に不自然なルートを防ぎ、髪色を自然に整えることができます。

就職活動を始める時期を決め、それに向けて準備を進めると良いでしょう。

もしも選考の時点で髪色が明るい場合は、1日染めなどの対策を取って乗り切ってください。

ヘアスタイルを整える

近年では、ヘアスタイルに関して比較的自由度が高まっています。

かつてのように長い髪を結んだり、前髪をヘアピンで留める必要はなくなりました。

しかし、ヘアスタイルは相手に与える印象に大きく影響しますので、清潔感を保つように整えることが重要です。

顔周りが乱れていたり、暗い印象を与えたり、髪が乱れていると、好ましくない印象を与えてしまいます。

髪の毛が目や耳にかからず、表情が明るく見えるようにすることがポイントです。

ネイルはノーカラーまたはオフ

ビジネスの世界では、様々な職種でネイルが許容されるようになってきましたが、就職活動ではまだまだ一般的とは言えません。

可能であれば、ネイルをオフして面接に臨むことが望ましいですが、爪を強化したり保護する目的でクリアネイルをしている場合は、そのままでも問題ありません。

ただし、ジェルネイルはオフに時間がかかる上、再度ネイルをする費用もかかるため、就職活動中はポリッシュやシール、ネイルチップなどを使って、オシャレを楽しむのが良いでしょう。

どうしてもネイルをしたい方は、極力ベージュや薄めのワンカラーで、原色やストーンなどは避けてください。

ネイルの有無に関わらず、爪を綺麗に手入れすることも忘れないようにしましょう。

カバンはリクルート用を準備する

カバンも基本的には「黒」を選び、就職活動用のものを用意しましょう。

オシャレなブランドや手持ちのカバンを使いたいという気持ちもわかりますが、就職活動ではやはりリクルート用のカバンが好まれます。

また、新入社員としても使用することがあるため、A4ファイルが入り、持ち運びがしやすいものを選びましょう。

荷物が多くてカバンに収まらない場合は、黒のトートバッグなどを補助として持つようにしてください。

基本的には、リクルートカバンに必要な荷物が入るように調整しましょう。

選考直前の最終チェックを行う

身だしなみを整えたら、選考会場に到着する前に最終チェックを行いましょう。

移動中に崩れることもあるので、駅のお手洗いなどで全身を確認してください。ジャケットやスカートのしつけ糸やクリーニングのタグにも注意しましょう。

見落としがちですが、第三者から見ると一目瞭然です。

食後に訪問する際は、口元やシャツに食べカスが付着していないか確認してください。

余計なものが付着していると、評価が下がる可能性もあります。

訪問前は全身の身だしなみチェックを欠かさず行いましょう。

身だしなみが面接官に与えるプラスな印象

髪色を含む身だしなみが、面接官に与えるプラスな印象について解説していきます。

清潔感がある

身だしなみからはさまざまな印象を受けますが、就職活動やビジネスシーンにおける第一印象として、「清潔感」は必要不可欠です。

清潔感は髪色だけでなく、スーツがシャープであること、汚れがないこと、髪型やメイクを含む顔まわりが整っていることなど、さまざまなな要素が重なって形成されます。

帰宅後にスーツのシワを伸ばしたり、細かな埃を取ったりして、日々のケアを怠らないようにしましょう。

きちんとしている

就活生が身だしなみに関する知識やマナーを押さえ、細部にまで注意を払って実行できていれば、企業はきちんとした印象を受けます。

一方で、他の点で非常に優れていても、身だしなみに気になる点があると、そちらに目が行きがちです。

第一印象としてきちんとしている印象を与えることが重要です。

身だしなみが面接官に与えるマイナスな印象

髪色を含む身だしなみが面接官に与えるマイナスな印象について解説していきます。

企業によっては、選考結果に影響する場合があることを留意しておきましょう。

協調性がない

個性や多様性が重視される社会へと変化はしてきていますが、面接官の中には、スーツの色やヘアカラーなどから、周りとは明らかに異なる装いだと、協調性がないと感じる方もいます。

チームワークを重視するような企業では、特に評価に影響しやすいでしょう。

常識がない

常識というのはとても曖昧な定義ですが、一般的に、大多数の人が同じ答えになると、そちらの方が常識として捉えられます。

多様化してきたとはいえ、就職活動で派手な髪色をしていると、常識がない、就職活動のマナーをわかっていないと思われやすいです。

日本の文化や長きに渡る就職活動の常識は簡単には変化しません。

常識がないという印象を持たれたくない方は、明るい色や黒や茶系の色以外は避けましょう。

我が強い

こちらは「個性的」とプラスにとってくださる企業もありますが、一方で「我が強い」とマイナスな印象を抱かれることもあります。

就職活動の基本として言われている身だしなみではなく、自分の個性で臨むことは、良くも悪くも周りに流されず、自分自身を押し通すイメージを与えてしまうでしょう。

信念を貫き、何かを成し遂げることは企業からも歓迎されやすいですが、ただ「我が強い」、「わがまま」といった印象に繋がらないよう気をつけてください。

ただし、髪色に関して、相手を納得させられるような強いこだわりや思い、理由がある場合は、この限りではありません。

だらしない

「だらしない」と感じさせてしまうことは、避けたいポイントの一つです。

古い言葉にも思えますが、服装の乱れは心の乱れという言葉があるように、服装の整理整頓は、内面を表すとも考えられています。

「だらしない」という言葉は、ポジティブに言い換えることが難しく、信頼される姿勢や仕事への姿勢を表現するのに適していません。

そのため内定を得るのが難しくなりますので、服装や身だしなみには特に気を配ることが重要です。

カラーリング後の注意点について

就活の髪色のカラーリング後の注意点について

概要

就職活動に向けて髪のカラーリングを行う場合、適切なタイミングや段階的な暗化など工夫が必要です。

カラーリングに慣れた方なら日頃から気を配っているでしょうが、カラーリング後の注意点についても解説していきます。

美容室で就職活動を控えている旨を伝えると、専門家が相談に乗ってくれたり、適切なアドバイスをもらえたりすることがあるので、自己判断せずにプロに相談することも大切です。

 

カラーリング後のシャンプーを避ける

ほとんどの方が実行されているでしょうが、カラーリング当日のシャンプーは基本的に避けてください。

人によってはあえて色落ちを楽しみたくてシャンプーする方もいますが、基本的には色落ちを避けるためにもシャンプーは控えてください。

 

色落ちを防ぐシャンプーを使用する

日々のケアとして、シャンプーは欠かせません。

特に、カラーリング直後と同様に、その後も色落ちを防ぐことが重要です。

色を長持ちさせるためには、カラー専用のシャンプーを使用することが効果的です。

通常のシャンプーでも問題ありませんが、色持ちを重視するならカラー専用のものを選びましょう。

 

トリートメントをしっかり行う

カラーリングを繰り返すことで、ブリーチなどの影響で髪のキューティクルが開いてしまうことがあります。

その結果、髪の状態が悪化し、いくら黒く染めてもボサボサの髪では清潔感が伝わりにくくなってしまうのです。

日々のケアとして、トリートメントなどで髪を丁寧に保湿し、美髪を目指しましょう。

ヘアケアは就職活動のためだけでなく、髪の健康のためにも重要です。

 

段階的に色を落としていく

髪の毛は通常、1ヶ月で約1cmほど伸びると言われています。

そのため、カラーリングをしても時間が経つと、少しずつ根元が明るくなり、プリンのような状態になることがあるのです。

しかし、毎月のようにカラーリングをすると費用がかかるだけでなく、頭皮の健康にも影響を及ぼす可能性があります。

そのため、プリンになりにくいように、段階的に色を暗くしておくことが重要です。

これによって目立たないようにすると同時に、髪や頭皮への負担を軽減できるでしょう。

まとめ

この記事では、就職活動における身だしなみの重要性や、特にインターンシップ参加時の髪色などについて解説しました。

近年、就職活動における身だしなみの基準が多様化し、柔軟性が増していますが、それでも気をつけるべきポイントは多いです。

インターンシップも本選考と同様に重要な一環であり、準備が不足していると緩みが出ることもあるため、留意が必要です。

髪色が明るいことが評価に影響するかは一概に言えませんが、身だしなみに関する不安は、本来のアピールポイントを奪ってしまう可能性があります。

就職活動に向けて準備をする中で、自身の内面や結果にも焦点を当てることが大切です。

この記事が、就職活動における身だしなみの重要性を理解し、内定への一歩を近づける参考になれば幸いです。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!