外食チェーンランキング!外食業界で知っておくべきことや人気企業を紹介!

外食チェーンランキング!外食業界で知っておくべきことや人気企業を紹介!

2024/06/21更新

はじめに

自分の希望する企業の内定を得るためには、業界研究が欠かせません。

業界ごとに異なる特徴があるため、入社前に業界研究を徹底しておかないと、入社後に「こんなはずではなかった」と感じたり、そもそも内定を得られなかったり、といった事態になる可能性があります。

そこで、ここでは外食業界の概要からランキング、就活に役立つ情報をご紹介します。

この記事は以下のような点を知りたい就活生を対象にしています。

対象
  • 外食業界の仕事内容を知りたい
  • 外食チェーンの売上高や年収のランキングを知りたい
  • 外食業界の選考対策

また、外食以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

この記事の結論

売上高ランキング上位にあるような、外食業界の大手企業の就職難易度は高いといえます。

理由として、ゼンショーやマクドナルドなど誰もが知っている企業が多く、信頼性が高いので、志望者も多いことが挙げられます。

また、大手外食企業は安定しており、高い給与や充実した福利厚生が期待できることも大きいでしょう。

そのため、選考対策を万全に行い、ほかの志望者との競争に勝つ必要があります。

選考対策については、のちほど具体的な方法を紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

外食業界とは?

外食業界とはカフェ、ハンバーガー店のように家庭以外で食事を提供している業界を指します。

多忙な現代社会では外食は、人々の食生活に欠かすことのできない存在となっています。

手軽な価格のファーストフード店から高級レストランまでさまざまな業態があり、それぞれ異なる顧客層の要望に応えているのが特徴です。

食事には以下の3種類があります。

食事の種類
  • 内食→家庭内で調理し消費される食事
  • 中食→家庭内で消費するために外部で購入した調理済みの食品を指し、内食と外食の中間に位置
  • 家庭外で食事をすること

外食業界はさまざまな飲食サービスをとおして、消費者の生活を豊かにする重要な業界であるといえるでしょう。

外食業界の現状・動向

トピック1:外食市場は停滞している

日本フードサービス協会会員社の「外食産業市場動向調査」によると日本の外食産業市場は30年ほど停滞しているとのデータがあります。

理由としては人件費の高騰、原材料価格の高騰、消費者の節約志向の高まりといったものがあります。

特に新型コロナウイルスの影響で、2020~2021年にかけて売上が激減しました。

とはいえ、自粛ムードが収まりつつあり、また大手外食企業を中心に非接触型サービス(モバイルオーダーなど)を活用することで、2022年以降はコロナ禍前の水準まで持ち直しています。

トピック2:不安材料も多い

外食業界は不安材料が多く、特に人手不足や円安や戦争の影響で食材の仕入れ価格が急激に上昇していることが経営を圧迫しています。

若い人が飲食店で働きたがらない傾向がある上、円安の影響もあり日本で就労する外国人もあまり増えていないので、労働力不足が大きな課題です。

対策としては予約の管理やオーダー管理にデジタルツールを用いることで、スタッフの負担を減らしています。

特に予約の管理はスタッフに負担となっていたので、デジタルツールに任せられることは大きな変化であるといえるでしょう。

外食業界には不安材料が多いため、課題に対して柔軟に対応することが求められています。

外食業界の未来は?

外食業界の未来は?

トピック1:消費者のニーズが変化する

外食に対する消費者のニーズは変化し続けています。

健康を重視する消費者が増え続けており、低カロリーなどヘルシーなメニューやオーガニック食材を使った料理の需要が高まり続けています。

また、利便性や手軽さを重視する傾向があり、テイクアウトやデリバリーといった業態が伸び続けています。

外食業界は健康志向や利便性など、変化し続ける消費者ニーズに応えることが求められています。

トピック2:業界再編や企業の買収・合併が活発化

「公益財団法人食の安全・安心財団」が公開している外食業界の市場規模と外食上場企業の各社IRによると、年間の外食業界売上高トップ10の市場占有率は、2000年には4%だった占有率が、2020年には13%に増加していることが分かります。

これは外食業界において、企業買収など業界再編が進行していることを示しているといえるでしょう。

規模が大きくない業者を中心に市場からの撤退が増え、その分大手の飲食店が増えている現状があります。

「レコフM&Aデータベース」によると、2002~2021年の20年間で外食業界のM&Aは公表ベースで700件以上あり、この流れはこの先も続くと思われます。

外食業界の職種は?

職種内容①:店舗スタッフ

店舗スタッフの仕事は、来店したお客様に料理や接客を提供する業務を担います。

雇用形態は正社員、アルバイト、パートなどさまざまで、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが特徴です。

店長など正社員は従業員の教育、在庫の管理、売上把握など多岐にわたる管理業務を担います。

店長の重要な仕事としては、新人スタッフの教育があります。

新人スタッフが一人前にならなければお店の業務が滞るので、教育はとても責任がある仕事だといえるでしょう。

職種内容②:販売促進

販売促進は店舗の売上を向上させるために、さまざまな施策を打ち出す職種です。

具体的にはキャンペーンやイベントの企画・立案、新商品の告知など自社商品のプロモーション活動を行います。

本部と店舗の仲介役となり、店長などお店の責任者と打ち合わせたり、店舗スタッフの検収を実施したりします。

販売促進スタッフは店舗全体の売上向上に努め、担当エリアの売上管理を通じて企業の成長に貢献する職種だといえるでしょう。

職種内容③:店舗開発

店舗開発は新店舗の成功を目指して、調査や分析を行う職種です。

具体的な仕事内容としては対象エリアの調査や物件の選定、競合するお店のリサーチなど新規出店に関するさまざまな業務を行います。

「集客率が高い立地はどこか」「周辺住民のニーズに自店舗はマッチしているか」といった点を詳細に検討します。

こういった業務には専門知識が不可欠であるため、マーケティングの知識を持つ人や、同職種の経験者を採用することが多いです。

職種内容④:商品開発・メニュー開発

この職種は市場調査を行い、顧客のニーズを把握した上、お店で提供する料理のメニューを作ったり、すでに提供しているメニューを改良したりする職種です。

原材料や生産のコストを考慮しつつ、顧客の嗜好に合った新しいメニューを提案するために試行錯誤が求められます。

顧客が満足する魅力的なメニューを生み出すことに喜びを感じられる人が向いているといえるでしょう。

外食チェーンの大手企業ランキング

外食チェーンの大手企業ランキング

外食チェーン売上高ランキング

順位 企業名売上高(百万円)
1位ゼンショーHD965,778
2位日本マクドナルドHD381,989
3位すかいらーくHD354,831
4位FOOD&LIFE COMPANIES301,747
5位コロワイド241,284
6位トリドールHD231,952
7位くら寿司211,405
8位吉野家HD187,472
9位サイゼリヤ183,244
10位クリエイト・レストランツ・HD145,759

売上高ランキングでは「すき家」や「なか卯」など、有名外食チェーンを傘下に持つゼンショーHDが圧倒的な売上高を誇り1位となっています。

ゼンショーHDはM&Aによる事業展開に積極的で、さまざまなジャンルの外食チェーンを傘下に収めています。

日本マクドナルドHDは世界的なファーストフードチェーンですが、国内でも非常に強い存在感を持っているといえるでしょう。

外食チェーン平均年収ランキング

順位 企業名平均年収(万円)
1位FOOD&LIFE COMPANIES751.5
2位トリドールHD724.0
3位日本KFCHD724.0
4位吉野家HD706.7
5位サンマルクHD684.4
6位SRSHD674.1
7位すかいらーくHD662.9
8位モスフードサービス659.7
9位松屋フーズHD642.4
10位SFPHD637.2


回転ずし「スシロー」などを運営するFOOD & LIFE COMPANIESが、外食業界の中で1位にランクインしています。

同社の平均年収は751.5万円であり、これは業界全体と比較しても非常に高い水準であるといえるでしょう。

この高い給与水準から、FOOD & LIFE COMPANIESが優秀な人材を確保することに重点を置いていることが分かります。

外食業界は人手不足が深刻な問題となっており、競争力を維持するためには、魅力的な労働条件を提供することが不可欠です。

そのため、FOOD & LIFE COMPANIESをはじめとする多くの企業は、高い給与をはじめとする福利厚生やキャリアパスの充実を図ることで、優れた人材を引きつけ、長期的な雇用関係を築こうとしています。

優れた人材を確保することで企業は質の高いサービスを提供し、顧客満足度を向上させることが可能です。

外食業界における高い給与水準は、企業の成功と持続可能な成長を支える重要な要素となっているといえるでしょう。

外食業界の大手企業紹介

売上高ランキング上位5つの会社をご紹介します。

1.ゼンショーHD

ゼンショーHDロゴ

出典元:ZENSHO

ゼンショーHDは、日本を代表する外食産業の企業です。

メインは国内外食チェーンの運営ですが、そのほかにも海外外食事業や小売事業、介護事業など幅広く事業を展開しています。

2.日本マクドナルドHD

日本マクドナルドホールディングス株式会社トップページ

出典元:日本マクドナルドホールディングス株式会社

日本マクドナルドHDは、世界的なファーストフードチェーンであるマクドナルドの日本法人です。

メインはマクドナルドの運営で、フランチャイズ展開により全国に店舗があります。

世界的に認知されているマクドナルドブランドは、日本でも強いブランド力を持ち消費者に親しまれています。

3.すかいらーくHD

すかいらーくグループロゴ

出典元:すかいらーくグループ

すかいらーくHDは、ファミリーレストランを中心にさまざまな飲食店を運営しています。

日本全国3,000店舗を展開し、幅広い消費者に対応しています。

特にガストやバーミヤンなど長年親しまれているブランドが多く、消費者からの信頼も厚いです。

4.FOOD&LIFE COMPANIES

FOOD&LIFE COMPANIESロゴ

出典元:FOOD&LIFE COMPANIES

FOOD&LIFE COMPANIESは、主に回転ずしチェーンの「スシロー」を運営し、グループ店舗数は約1,100店舗です。

国内のみならず海外にも多数の外食ブランドを展開しています。

5.コロワイド

コロワイドトップページ

出典元:会社概要|コロワイド

コロワイドは焼肉、定食などのレストラン業態を中心に20以上のブランドを展開しています。

居酒屋チェーンの甘太郎や焼肉チェーンの牛角など広く知られたブランドが複数あるのが特徴です。

「にっぽんの定食を世界へ」をモットーに、コロワイドのブランド「大戸屋」は海外の店舗においても日本と同じ味、品質の定食を提供しています。

外食業界で働くメリット

外食業界で働くメリット

ここでは外食業界で働くことによって得られるメリットについて確認していきましょう。

メリット①人間関係が広がる

事務職などデスクワークと比べると多くの人に出会えるのが外食業界で働く大きなメリットです。

さまざまな年代、性別、職業の人と毎日関わるので良い人生経験になり、見識も広がるでしょう。

多くの人との出会いは仕事に活かせる新しいアイデアを出すきっかけにもなります。

また、独立したくなった際はそれまで築き上げた人脈が役立つこともあるでしょう。

外食業界で働き人間関係が広がることは、プラスの面が多いものです。

メリット②独立するためのスキルを磨ける

外食業界で働くことで、独立するためのさまざまなスキルを習得できます。

サラリーマンとは違い、調理・接客・経理などさまざまな仕事を経験できるので、一通りの仕事ができる状態で独立することができるからです。

また、日々働く中でクレーム対応など、イレギュラーな事態への対応能力も養われます。

そして、独立するにあたって、今働いている職場から仕入れ先を紹介してもらえることもありスムーズに独立できるケースも多いです。

外食業界で働くデメリット

外食業界で働くことはメリットも多いですが、デメリットもあります。

ここでは外食業界ならではのデメリットを紹介します。

デメリット①身体的・精神的にハード

外食業界の仕事は体と精神面どちらもハードであるケースが多いです。

調理、接客どちらも基本的には立ち仕事で、常に動き続けることが求められます。

特にお昼時などお客様が集中する時間帯は急激に仕事量が増え、身体的にも精神的にも負担が大きいです。

また、クレーム対応に当たらなければいけない場合もあり、ストレスも溜まりやすいでしょう。

デメリット②人手不足

外食業界では人手不足が深刻なので、残っているスタッフの仕事量が多く激務になりがちです。

離職率の高さや若い人が働きたがらない、といった問題が人手不足を加速させています。

一人の従業員が複数業務を担当したり、残業を行ったりしているケースも少なくありません。

外食業界への就活を成功させるためには

外食業界への就活を成功させるためには

どの業界にもいえることですが、外食業界への就職を目指すのであれば、徹底した業界研究や企業研究が欠かせません。

ここでは、外食業界への就活で特に大切となることを紹介します。

外食業界について理解を深める

外食業界といってもファーストフード、カフェ、レストランなどさまざまな業態があります。

その中で自分に適性があり、自分のやりたい業態を選ぶことが重要です。

自分に向いている仕事を把握するためには外食業界について勉強し、理解することが必須です。

業界のトレンドを把握したり、自分が働きたい企業と競合企業の違いを分析したりすることで納得感のある志望動機が書けるようになるでしょう。

なぜその職種を志望したのかをハッキリさせよう

外食業界への就活を成功させるには、なぜその職種を志望したのかを明確にすることが不可欠です。

志望動機が明確であればあるほど、採用担当者に良い印象を与えられるからです。

たとえば、「カフェでのアルバイト経験からお客様とのコミュニケーションを通じて接客の楽しさを知ったため、直接お客様と関われるホール勤務を希望する」といった内容だと良いでしょう。

なぜその企業なのかをハッキリさせよう

採用担当者は「なぜうちの会社を志望したのか?」という点を重視します。

そのためその企業でしかできない仕事がしたかった、ということを伝えると良いでしょう。

たとえば、その企業の食材へのこだわりや地域貢献に対する姿勢に共感した、といった内容を選びましょう。

あなたならではのオリジナリティのある視点で志望動機を伝えてください。

ES・面接頻出質問をご紹介

1.なぜこの業界を志望しているのですか?

外食業界を志望する理由は、食を通じて多くの人に喜びを提供できる点に魅力を感じたからです。

私は幼い頃から料理が好きで、家族や友人に料理を振る舞うことで笑顔を見るのが大好きでした。

この経験から、人々が食事を通じて幸せを感じる瞬間に関わる仕事がしたいと強く思うようになりました。

貴社は質の高い料理とサービスで多くの人に愛されており、その一員として貢献したいと考えています。

貴社での仕事を通じてさらに多くの笑顔を生み出すことが目標です。

2.なぜ弊社にご応募いただいたのですか?

御社に応募した理由は、独自のブランドと高品質なサービスに魅力を感じたからです。

私は大学時代に外食産業の研究を行い、御社の経営理念とその実践方法について深く学びました。

特に、地域社会との連携や従業員教育に力を入れている点に感銘を受けました。

さらに、店舗での実際の経験を通じて、スタッフの方の温かい接客とお客様への配慮に触れ、私もその一員として成長し、貢献したいと思うようになりました。

このような理由から、御社を志望しました。

まとめ

この記事では外食業界の概要・売上高と平均年収のランキング、選考対策をご紹介しました。

外食業界は不安材料も少なくないですが、やりがいのある仕事でメリットも多い業界です。

外食業界は大手企業が売上高の大半を占めているのが特徴的です。

大手企業に入社するための競争率は高いので、この記事で紹介した選考対策を参考に、しっかり準備をしてから選考に臨みましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!