オンライン面接でおすすめの背景は?バーチャル背景はなぜNGなのか?

オンライン面接でおすすめの背景は?バーチャル背景はなぜNGなのか?

2024/6/21更新

はじめに

就活における会社説明会や面接は、コロナ禍を経て大きく変わりました。

今、多くの企業が選考フローに「オンライン」を取り入れて実施しています。

オンラインによる会社説明会や面接には、企業に直接出向くことなく在宅で可能となるメリットがあります。

特に、地方学生は交通費や移動時間を削減できるため、このメリットは大きいと言えるでしょう。

しかし、便利である反面、リアルに顔を合わせる説明会や面接と比較すると、限られた時間となり、伝えられる情報が少なくなってしまうことも事実です。

就活において、オンライン面接は学生自身の身だしなみや受け答え、表情など、画面に映る全ての情報が合否に影響を与えます。

また、面接を受けている環境も大切です。画面に映る背景も、第一印象につながり評価を左右するポイントとなるのです。

この記事では、オンライン面接における背景について、知っておけば就活の選考に有利になる情報を紹介します。

オンライン面接で、背景が重要となる理由やバーチャル背景の使い方、おすすめの背景など、選考を突破するために必要な情報を詳しく解説します。

ライバルの就活生との差別化が図れるためにも、こだわったオンライン面接の背景がおすすめです。ぜひ採用担当者に印象づけられる選考に挑んでみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

オンライン面接で背景にこだわる理由とは

オンライン面接で背景にこだわる理由

面接では、受け答えが評価をされると思われがちですが、選考突破にかかわるポイントは、学生が与える第一印象も大きく影響しています。

実際に対面する面接と同じように、オンライン面接においても、第一印象が重要です。

オンライン面接では、画面へ映る自分の印象が、そのまま第一印象となってしまいます。

そのため、Webカメラを通じて、面接官の目にどのように映っているのかを意識する必要があるのです。

また、第一印象を意識する中でも、忘れがちな要素として挙げられるのが背景です。

オンライン面接には、面接に適した背景があります。

といっても、背景が直接「採用結果」に影響するわけではありません。

採用は、以下のような基準で判断されていると考えておきましょう。

採用の基準
  • 見た目
  • 話し方
  • 表情
  • 背景

これらは、画面を通してすべて面接官に伝わる情報です。

もちろん、面接官が重視するポイントは他にも多くあり、志望する業界や企業によって異なっています。

しかし、どれだけ良いことを伝えていても、オンライン面接で面接官に伝わる第一印象が悪ければ、選考突破は難しいと言えるでしょう。

ここでは、背景が第一印象に影響する理由や、背景がもたらす効果について詳しく解説します。

第一印象に大きく影響する

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人がコミュニケーションを取るときは言語、聴覚、視覚の3つの情報で第一印象が決まると考えられています。

第一印象を決める情報
  • 言語情報:7%
  • 聴覚情報:38%
  • 視覚情報:55%

特に大きな割合を持つ視覚情報は、見た目や表情となっており、面接で第一印象が重要であることが裏付けされる数値だと言えるでしょう。

オンライン面接では、画面に映る印象が第一印象として、固定されがちです。

挨拶をかわす直前の表情や、最後の挨拶をして画面が消えるまで、すべてが第一印象として、面接官の記憶に残ってしまいます。

そのため、表情や話し方だけでなく、画面に映る背景にも気を配ってくことが重要です。

 

オンライン面接時での場所選び・背景選びに重要なポイントは下記4つです。

場所選び・背景選びのポイント
  • 面接中に周囲の音が入らない静かな場所
  • ネットの通信環境が安定している場所
  • 部屋が明るい場所
  • 背景にものが映り込まない場所

たとえば、面接で良い受け答えをしたとしても、画面の背景に生活感が出すぎていたり、部屋が暗かったりなど、視覚によって第一印象が悪くなってしまうと、評価の改善は困難となってしまいます。

オンライン面接では、背景についてもこだわり、面接官に良い印象を与えられるよう注意しておきましょう。

面接がスムーズに進められる

オンライン面接では、スムーズに進められるかどうかが、合否を分けるポイントとなります。

ZoomやGoogle Meetなど、オンラインミーティングツールを使いこなせることも、ビジネススキルとして、加点対象となる可能性があるからです。

また、オンライン面接で背景にこだわることで、第一印象だけでなく、面接官に与える次のような良い印象を与えることにもつながります。

面接官に与える良い印象
  • 面接官が背景などを気にせず面接を進められる
  • 画像が乱れることなく面接を進められる

シンプルな背景を選べば、相手は背景に気が逸れることなく、面接に集中できるようになります。

背景に映る部屋が散らかっていたり、周囲の音が入ったりする環境で面接を受けると、面接官に良い印象を与えられるはずがありません。

背景や音に気を取られてしまい、お互いに集中力が欠けてしまい面接がスムーズに進めなくなってしまうのです。

面接時のトラブルを最小限に抑えることで、マナーが良い学生だという印象を与えることができます。

オンライン面接では、背景の選択が面接官への配慮へと繋がり、印象アップのポイントとなることを覚えておきましょう。

オンライン面接でバーチャル背景がNGな理由

オンライン面接でバーチャル背景がNGな理由

オンライン面接では、バーチャル背景は使用しないようにしましょう。

バーチャル背景は、画像が乱れたり、途中で音声が途切れてしまったり、様々なトラブルを招きます。

自己アピールをしたいとき、背景にこだわって印象づけようとする就活生は多くいますが、面接は自分の伝えたいことを面接官に伝える場です。

企業から指定されている場合を除き、バーチャル背景はNGであると心得ておきましょう。

ここでは、オンライン面接でバーチャル背景を使わない方が良い理由について、詳しく解説します。

画面が不自然になるから

バーチャル背景は、オンライン面接では不向きです。

画面の動きが不自然になるなど、以下のようなデメリットがあります。

バーチャル背景のデメリット
  • 自分の顔や体が、画面から消えてしまう
  • 画質が悪くなり表情が見えづらくなる
  • 服装の色により加工が崩れ、背景の一部と同化してしまう

バーチャル背景は好きな画像をアップロードすることで、背景を自由にカスタマイズできるメリットがあります。

就活生の中には、このメリットを活かして、面接官に熱意をアピールしたい人もいることでしょう。

しかし、せっかく熱意を持って面接官に想いを伝えても、途中で画面から消えてしまったり手や顔が画面から消えてしまったりすると、せっかくの面接が台無しです。

リアルな面接と異なり、オンライン面接は画面の情報がすべてです。

限られた時間の中で、しっかりと実力を発揮するためにも、起こりうるアクシデントは最小限に抑えなけれななりません。

もし、自分が作成したバーチャル背景を使ってアピールする必要があるなら、面接官にその旨を伝え、了承を得てから面接中に背景の変更をすると良いでしょう。

見られたくないと誤解されるから

バーチャル背景を使用すると、面接官にあらぬ誤解をされてしまいます。

バーチャル背景が招く誤解
  • 部屋が散らかっているから背景を隠しているのだろうか
  • 整理整頓ができないのだろうか

本当に部屋が散らかっている場合は、面接準備が十分にできていないため、すぐにでも改善すべきポイントです。

しかし、実際は綺麗な部屋であるのに、バーチャル背景を使って部屋を隠してしまうと、様々な憶測から誤解を生んでしまいます。

面接官に誤解されないためにも、バーチャル背景の使用はおすすめできないのです。

コロナ禍を経て、オンラインを使った面接や、リモートワークが当たり前となった今、仕事環境や面接環境を整えることは必要不可欠だと言えるでしょう。

自宅で面接するときは、対面の面接よりも気を抜いてしまいがちですが、あくまでも就活として将来を決定していく大切なステージです。

オンライン面接があるときは、背景に映る洋服や洗濯物、使用後の食器やゴミなど、生活感のあるものは、見えないように片付けておきましょう。

バーチャル背景を使用しなくても、相手に見せられる背景や部屋作りを意識すると、面接官にも好印象を与えられるでしょう。

電波が乱れる可能性があるから

バーチャル背景を使用すると、電波が重たくなってしまい、インターネット環境が不安定になります。

オンライン面接において、安定したインターネット環境はとても重要です。

インターネット環境が安定していないと、下記のようなトラブルを引き起こす可能性があります。

トラブルの例
  • 面接中に通信が途切れてしまう
  • 画面が止まりコミュニケーションが取れなくなる
  • 通信速度が遅くなり、会話にタイムラグが生じる

オンライン面接では、スムーズな面接時間を送ることが大切です。

しかし、インターネット環境が不安定になってしまうと、面接が一時的に止まってしまうことになります。

せっかく準備してきた面接対策があっても、通信トラブルによって時間が不足してしまい、自己PRがしっかりできず、力を発揮できなくなってしまいます。

また、通信トラブルは、学生の焦りに繋がるだけでなく、面接官のスケジュールにも影響してしまうので注意しておきましょう。

実力を発揮し、面接を円滑に進めるためにも、オンライン面接では、バーチャル背景の使用は避けておいてください。

オンライン面接で選ぶおすすめ背景

オンライン面接で選ぶおすすめ背景

オンライン面接では「白色の背景」を選ぶようにしましょう。

なお、白色の背景とは、白い壁やカーテンなど、背景に画像や色を使わず、自宅で面接を受ける場所では、背景が白色の場所を探すということです。

オンライン面接において、白色の背景は、面接官に好印象を与えます。

もちろん、「背景が白色でなければいけない」という決まりはありません。

しかし、背景に白色を選ぶには、大きなメリットがあるのです。

ここでは、白色の壁が面接官に与える影響や、白い壁がない場合の代替え方法をご紹介します。

オンライン面接を控え、自宅に白い壁が見つからない就活生や、背景で悩んでいる就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

白色の壁

オンライン面接で、背景に白色を選ぶと、以下のようなメリットがあります。

白い背景のメリット
  • 顔が明るく元気に見える
  • 清潔さを連想させる
  • 生活感を取り除くことができる

オンライン面接では、自分がどのように映っているかが重要です。

特に、表情を明るく見せるためには、顔を明るく映すことを考えなくてはなりません。

そこで背景を白色にすると、顔色が明るくなり、元気な印象を与えられるようになるのです。

また、背景に清潔さがなければ、印象を悪くしてしまいます。

背景が白色の壁などなら。清潔な印象が与えられ、新入社員らしい爽やかなさも感じさせることができます。

生活感のある家具やポスターなどの装飾が映っていると、画面上がすっきりせず、あまり良い印象を与えられるとは言えません。

できるだけ余計な家具や装飾が映り込まないようにすることがおすすめす。

生活感を取り除くことで、面接官も学生もお互いに集中して会話が進められるでしょう。

自宅に白色の壁があるなら、ぜひ背景に壁がくるように座り、オンライン面接で印象アップを狙ってください。

白色のカーテン

オンライン面接には、白い壁を背景にすることがおすすめですが、必ずしも自宅に白い壁があるとは限りません。

そこで、白い壁の代替えとして使えるものに、白色のカーテンがあります。

白色のカーテンでも、正しい方法で活用することで、面接官に十分に好印象を与えられるのでおすすめです。

ただし、以下のポイントに注意しておいてください。

注意するポイント
  • 逆光にならないか
  • 汚れはついていないか
  • カーテンに隙間はないか

カーテンを背にオンライン面接に臨んでしまうと、外からの光で逆光となり、顔が映らないというトラブルが発生する場合があります。

逆光になると、表情が伝わりにくくなってしまい、面接官に印象付けることができません。

白色のカーテンは、白い壁の代替えとしておすすめですが、一方で、白色や淡色のカーテンは逆光になりやすいため注意してください。

逆光になってしまう場合は、窓からカーテンを取り外し、突っ張り棒などで壁に固定して背景にすると良いでしょう。

また、汚れたカーテンは清潔感に欠け、だらしないという印象を面接官に与えてしまいます。

オンライン面接でカーテンを背景にするときは、カーテンの汚れは必ずチェックしておいてください。

カーテンの色味と自分の衣服が調和するように意識しておくと、さらに効果的だと言えるでしょう。

オンライン面接において、背景に気を配ることは、これから始まる社会人としての人生でも、非常に重要なこととなります。

どのようなときも、背景は大切な要素の1つであることを忘れず、適切な背景を選んでオンライン面接に臨みましょう。

白い背景がないときの代替方法

白い壁やカーテンがなく、白い背景を準備できないときは、白色の布を活用すると良いでしょう。

白色の背景を準備するということは、イメージアップに繋げる目的があるため、白色の布でも十分代替が可能です。

たとえば、家具に白い布をかけたり、白色の模造紙をかけたりする方法があります。

また、背景にクローゼットや動かせない家具がある場合でも、布をかけることによって白い壁があるかのように見せることができるでしょう。

白い布も模造紙も、使用する際は、汚れやシワがついていないか十分注意してください。

使用を1回限りしたり、貼りっぱなしでも汚れやシワがついたら取り替えたりなど、白い壁として使えるよう意識しておきましょう。

背景に適した良い素材を活用すれば、オンライン面接では、白い壁との見分けがつきにくくなります。

オンライン面接では、事前の準備が大切です。

面接官に良い印象を与えられるよう、できることはしっかり対策しておきましょう。

自宅で背景がないときの対処法

自宅で背景がないときの対処法

オンライン面接は、必ずしも自宅でおこなう必要はありません。

住んでいる場所によっては、外部の音が入ってきたり、白い背景を作ることが困難だったりすることもあります。

自宅でオンライン背景の準備が難しいと悩む就活生には、2つの対処法がおすすめです。

  1. レンタルオフィスを使う
  2. バーチャル背景で白い色を使う

 

どちらも方法も、落ち着いた雰囲気で、オンライン面接に臨める方法となっています。

自宅でオンライン面接に適した背景が見つからない就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

レンタルオフィスを使う

オンライン面接までに、最適な背景を準備できない就活生には、レンタルオフィスがおすすめです。

また、以下のような不安を抱える就活生も、ぜひレンタルオフィスを活用してみてください。

自宅では不安な例
  • オンライン環境に不安がある
  • 外部の音が面接に影響にしないか不安
  • 自宅が改装中で大きな音が出る可能性があって不安
  • 動かせない家財が多く、白い背景を作るスペースが作れなくて困った

レンタルオフィスを活用すれば、インターネット環境も整っています。

誰でも利用できるレンタルオフィスは、完全個室のオフィス空間としてだけでなく、オンライン面接としての利用にも最適なサービスです。

コロナ禍を経てリモートワーク化が進み、学生限定プランなど短時間の利用が割安で利用できるプランがあります。

また、周囲の騒音が気にならず、静かな空間を提供しているのもレンタルオフィスの魅力の1つです。

オンライン面接という、集中力が求められる場面でも、落ち着いて面接に臨むことができるでしょう。

気になる就活生は、ぜひ近くのレンタルオフィスを調べてみてください。

店舗によって提供している設備などが異なります。

複数のレンタルオフィスをチェックをし、オンライン面接までの期間に余裕があるなら、足を運びどのような場所なのか、訪れてみると良いでしょう。

白色の背景を使う

近くにレンタルオフィスがなかったり、自宅で背景が作れなかったりして悩む就活生は、最後の手段としてバーチャル背景を使いましょう。

確かに、バーチャル背景のデメリットとして、通信が安定しないなどがあります。

しかし、好ましくない背景よりも、バーチャル背景を利用した方が、好印象に繋がる可能性があるのです。

なお、バーチャル背景には「単色の白色」を選ぶことがおすすめです。

画像などを用意すると、結局背景にこだわった意味がありません。

バーチャル背景を使うときは、インターネットの状況を事前に確認しておき、途中で途切れることがないか確認しておくと良いでしょう。

ただし、白色の背景として、バーチャル映像を使用するのは、あくまで最終手段であることを忘れてはいけません。

本来なら、就活を始めた時点で、オンライン面接を視野にいれ、少しずつ準備しておくことが大切です。

白いカーテンなら、2000円程度で購入できます。

費用がかかってしまいますが、オンライン面接は自分の将来を左右するものであると言っても過言ではありません。

少しでも選考を有利に進められるよう、事前準備をしっかり確認しておきましょう。

オンライン面接で気になる疑問

オンライン面接で気になる疑問

ほんの少しの意識で、オンライン面接における印象は、大きく変わります。

志望する業界や企業から内定を獲得するためには、少しでも印象を良くしておきたいはずです。

そこで、オンライン面接に関して、就活生のよくある2つの疑問について、詳しく解説します。

  1. 背景以外で印象を良くするには?
  2. ぼかし機能の背景を使っても大丈夫?

 

上記は、ZoomやGoogle Meetを使ったことがある人なら、感じたことがある疑問となっています。

ぜひ参考にして、オンライン面接の成功に繋げてください。

背景以外で印象をよくするには?

オンライン面接では、画面へ入室する時の印象が、第一印象になります。

Webカメラを通じて、面接官の目にあなたがどのように映っているのかを、意識しておくことが大切です。

背景以外で印象を良くするなら、以下のポイントに注意してみると良いでしょう。

注意するポイント
  • 顔に照明が当たるようにする
  • カメラの位置と目線に気をつける
  • 表情の作り方を意識する

オンライン面接で、意外にも盲点になりがちであるものが「照明」の存在です。

モニター画面に映し出される顔色や表情、熱量などは、リアルの場よりもオンライン面接の方が伝わりにくいことが懸念されます。

そこで、Webカメラの後ろ、つまり自分自身の前方に証明を置き、自分にスポットライトが当たるようにすると、表情をしっかり伝えられるようになります。

顔に照明が当たると、顔色が良くなり、明るい表情を演出することができます。

また、目に光が入ることで、顔立ちがはっきりと映り、肌も明るく健康的な印象を与えるメリットもあるのです。

 

なお、オンライン面接では、「カメラ目線」を意識して面接官とコミュニケーションを取ることが基本です。

目線が下になったり、視線の移動が多くなったりすると、好印象を持てなくなってしまいます。

とはいえ、面接官が話している時や、自分の話を聞いてくれている時のリアクションを見るときは、カメラではなくモニターに映る面接官の顔に目を向けておいてください。

その際、無表情になることを避け、自然な笑顔を心掛けておきましょう。

人は、口角を上げるだけでも、笑顔を見せることができます。

常に穏やかな表情を保ち、明るい表情を心掛けて過ごすと、オンライン面接でも自然な表情を見せられるようになります。

ぼかし機能の背景を使っても大丈夫?

ZoomやGoogle Meetには背景の「ぼかし機能」という設定があります。

明確な背景を映すことが避けられるメリットがありますが、オンライン面接ではおすすめできません。

ぼかし機能の背景は、バーチャル背景と同じく、部屋が汚い人や整理整頓ができない人という印象を持たれてしまうからです。

また、ぼかし機能で背景をわかりにくくしていても、シルエット背景がイメージできてしまいます。

物が散らかったり、生活感が溢れていたりするなど、生活環境は完全に隠すことはできないのです。

ぼかし機能を使うのではなく、背景に映るものを片付けたり、隠しきれないものは白い布で覆ったりするなど、まずはオンライン面接をする準備から始めましょう。

まとめ

オンライン面接を受けるときは、「背景」が面接や自分の印象にどのような影響を与えるかを、よく理解しておくことが大切です。

バーチャル背景やぼかし機能では、面接官に良い印象を与えることができません。

逆に、背景を映せない理由があると勘違いされてしまい、良い結果に繋がらない可能性があるのです。

オンライン面接では、白色の壁やカーテン、布などを使い、背景が白色になるよう心掛けておきましょう。

リアルの面接と違い、目の前に面接官はいません。

しかし、だからこそ気を緩めることなく、万全の体制で臨むことが重要です。
もしも、通信状態が悪くなるなど、アクシデントがあった場合には、どのような対応をすれば良いのかなど、冷静に対応できるようしっかりと準備をしておきましょう。
就活をするなら、いつかは面接をする日が来ます。

オンライン面接が主流となりつつある就活では、エントリーシートや面接対策とともに、オンライン面接ができる環境を整えることも必要です。

ほんの少しの工夫で面接官への印象がアップするので、ぜひ今日からオンライン面接に向けて準備を始めてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!