自己PRは強みを活かす!営業職を目指す就活生におすすめの書き方とは?

自己PRは強みを活かす!営業職を目指す就活生におすすめの書き方とは?

2024/6/21更新

はじめに

就活生が自己PRを書くとき、悩んだことはありませんか?

特に営業職を目指す就活生は、営業職向けの自己PRがあることを知っておくことが大切です。

営業職に適したスキルを持っていますか?

どのような人材が求められるか知っていますか?

営業職には、コミュニケーション能力が必須です。

しかし、必要とされるスキルは数多くあります。

また、営業職を目指す就活生だからこそ、自己PRをしっかり作りあげ、企業の目に止まるアピールを目指すことが重要です。

この記事では、営業職を目指す就活生に対し、営業職向けの自己PRの書き方や、構成の作り方など、例文を交えて詳しく解説しています。

また、営業職に適したスキルや求められる人物像などにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

営業職に適したスキルとは

営業職に適したスキルとは

営業職とひとことで言っても、様々な業務をこなさなければなりません。

そのため、営業職に適したスキルは1つに留まらないのです。

特に、営業職に適したスキルは3つあります。

営業職に適したスキル
  • コミュニケーション能力
  • 課題を見出す力
  • 結果に結びつける力

営業職に適したスキルを持っていれば、就活の選考では自分の強みとして活かすことができます。

また、営業職に適したスキルを持っていれば、即戦力として大きな評価を得られる可能性が高くなります。

それぞれのスキルについて、詳しく解説するので、自分と合致するスキルがあるか、ぜひ考えてみてください。

コミュニケーション能力

営業職では、人と接する機会が多くあります。

円滑なコミュニケーションが取れなければ、良い人間関係を築けなくなってしまいます。

なかでも、人とのコミュニケーションにおいて、「聞く力」が非常に重要なポイントです。

この聞く力を持っている人は、営業職で大きな成果をあげたり、安定した成績をあげていたりする特徴があります。

聞く力を身につけるときには、以下のようなポイントを意識してみましょう。

聞く力を身につけるポイント
  • 相手の言葉の裏にある真意を聞く
  • 会話の流れから何を伝えたいのか仮説を立てて話す
  • 要望を正確に把握して提案に活かす

営業職では、顧客や業者、同業者など様々な人と関わり合いながら仕事をしています。

相手の言葉を聞くだけなら簡単ですが、あえて言葉にしていない「相手の真意」を捉えることが大切です。

また、相手の話を聞きながら、どのような話をしたいのか自分で仮説を立て、予想しながら話を聞くと、スムーズな会話ができるようになります。

顧客から要望を聞いたときも、言葉で受け取った内容以外に、求めているニーズがないか意識して会話をすると、喜ばれる提案が可能です。

誰でも警戒することなく、円滑なコミュニケーションを取りながら、聞く力を持っている人材なら、企業はぜひ採用したいと思うことでしょう。

課題を見出す力

人は、意外と自分のニーズを言葉にすることが難しいと感じています。

なかには、深層ニーズに気づいていない人もいるのです。

営業職では、人が気づいていないニーズを深掘りしつつ、課題を見出す力が必要とされます。

言葉で聞いたことばかりが、求められるニーズではありません。

営業職として力をつけている人は、顧客の課題を見つけ、深層心理に気づかせつつ提案する会話を上手に使っています。

ヒアリング力があると、課題が見つけやすくなりますが、そのためには「インプット・アウトプット」で多くの知識を身につけておく必要があります。

サービスや商品を売ることと同時に、相手が困っていることを解決する仕事が営業職です。

つまり、相手が困っていることを察して、会話の中で顧客に課題を意識してもらうトーク力も求められるでしょう。

営業職を目指すために身につける力
  • 情報収集能力
  • インプット・アウトプット
  • トーク力

営業職を目指すときには、上記の力を身につけ、課題を見出す力に結びつけられるよう意識することが大切です。

結果に結びつける力

営業職は、課題を発見しただけでは営業成績になりません。

ノルマや目標などの営業成績が、営業職には求められます。

営業職では、いくら提案が上手であっても、結果に結びつける力がない人は、部署の移動や退職を余儀なくされるケースもあります。

営業成績として「数字」が求められる営業職は、目標を立て、その目標を達成するために惜しみない努力ができる人材なら、企業は営業職に適任と感じることでしょう。

ただし、営業職は1度成績をあげれば良いというわけではありません。

コンスタントな成績が求められることから、中長期的な目標や計画をたて、確実な結果を出すことも必要です。

営業職に必要なこと
  • 顧客から信頼を得る
  • 複数の案件を把握しながら行動する
  • 短期と中長期の計画を実践する

企業が、どのような仕事を営業職に求めているかによって必要とするスキルは異なりますが、どの業界・企業であっても結果を出す営業職を求めていると考えられます。

営業職を目指すなら、日頃から計画を立て、結果に結びつける力を備えられるよう、努力を積み重ねることが大切です。

企業が営業志望の就活生に求める人物像

企業が属する業界や社風などによって、就活生に求める人物像は異なります。

しかし、営業職という部分では共通する人物像があると考えられるのです。

そこで、企業がどのような人材を求めているのかについて、考えてみましょう。

求める人材
  • 営業に必要なスキルがあるか
  • 企業に貢献してくれる人物なのか
  • 長く勤めてくれる人材となるか

エントリーシートや面接では、志望する業界や企業が、どのような人材を求めているかを理解しておくことが大切です。

それぞれ、詳しく解説するので営業職を目指す人は、選考対策に役立ててください。

営業に必要とするスキルがあるか

一般的に、企業が営業職に求めるスキルには、以下のような内容があります。

営業職に求めるスキル
  • コミュニケーション能力
  • 傾聴力
  • 積極性や自己啓発
  • モチベーションの高さ
  • 臨機応変に対応できる力

どのような業界に属するかによって異なりますが、営業職にはコミュニケーション能力は必須です。

常に笑顔で人と接することができる人材を、企業は求めています。

また、聞く力を持ってコミュニケーションを取るだけでなく、提案や結果に結びつける積極性や、スキルを上げていく自己啓発を持つ人材も重視しています。

人と人との会話のなかで事業を進めると言っても過言ではない営業職は、モチベーションを高く持つことも大切です。

思いもよらないトラブルが起きたとき、臨機応変に対応できる人材も、企業は求めていると考えられるでしょう。

企業に貢献してくれる人物か

企業は、就活生に即戦力を求めているわけではありません。

しかし、入社したあと、企業にとってどのような影響を与える人物かを、企業は知りたいと思っています。

2人の就活生の例
  • スキルが高くても、モチベーションが低く、大人しいイメージのある人材
  • スキルはなくても明るくハキハキと受け答えし、モチベーションが高い人

上記のような2人の就活生がいると、企業は後者を求めることでしょう。

就活生の印象から、就職後は企業にとって、良い影響を与えてくれる人材を求めています。

モチベーションの高い人材が営業部署に配属されると、良い影響に周囲も巻き込まれ、結果として企業に貢献してくれる人材となるのです。

営業職を目指すなら、企業に貢献できることをアピールすると良いと言えます。

とはいえ、企業に貢献できるかどうかは、就活生にとって予測が難しいことでしょう。

そのようなときは、業界や企業研究を入念におこなっておくことがおすすめです。

その中で見つけた「自分にできること」や、「明確な将来像」を伝えると、採用担当者が企業に貢献してもらえるかどうかを、イメージしやすくなります。

ぜひ、自己分析からわかる「自分の強み」を、どのように企業へ貢献できるかも考えてみてください。

長く勤めてくれる人かどうか

企業は就活生を採用するために、時間も人材も大きなコストをかけています。

その結果、新卒社員がすぐに退職してしまうと、採用に費やしたコストは水の泡です。

そのため、企業はすぐに退職せず「長く勤めてくれる人」を求めています。

早期退職は、企業の離職率にも影響するので、「すぐに辞めるかもしれない」と感じた人材は、どんなにスキルを持っていても採用しようとはしません。

また、せっかく育てた営業職の人材が退職すると、引き継ぎなどで時間もかかってしまいます。

就活生は、自分が持つスキルなどをアピールするだけでなく、その企業で長く勤めたいことも含めておくことが重要です。

アピールする材料
  • 将来どのような仕事をしたいか
  • 企業研究から自分が挑戦したいことは何か
  • 自分と社風、企業理念はマッチしているか

これらは、企業に長く勤めたい気持ちをアピールするときの、重要な材料だと言えます。

営業職で内定をもらうためには、「その企業に骨をうずめる」くらいの気持ちを前面に出し、自己PRすることを意識しておいてください。

経験やスキルを強みとして自己PRに活かす

経験やスキルを強みとして自己PRに活かす

営業職を目指すなら、志望する業界や企業に合致する「自分の強み」を自己PRに活かしてください。

就活で活かせる強みには、以下のようなものがあります。

  1. ガクチカなどの実績
  2. 職務レベルの知識やスキル
  3. 営業に活かせる経験

 

こうした経験やスキルがあるなら、ぜひ自己PRに活かして強みを伝えましょう。

ただし、注意しておきたいポイントもあるので、しっかり理解して自己PRを作るようにしてください。

ガクチカなどの実績

ガクチカを自己PRに入れる場合、以下のような実績があげられるでしょう。

自己PRに入れる実績
  • アルバイト先で成功した実績
  • サークルで成功した実績

営業職を目指すとき、自己PRにガクチカを含めるなら、実績だけでなく、成功するまでに「どのような努力をおこなったか」など、経緯を明確に記載することが大切です。

よくある自己PRの中に、成果ばかりをアピールするケースが多くありますが、これは営業職を目指すには、説得力が不足してしまいます。

ガクチカの実績を自己PRにするときは、成果が出るまでどのような経緯を辿ったかが重要です。

営業職では、様々な課題を解決しながら、成果を目指します。

そのため、営業職を目指す就活生が、自己PRを作成するときは、課題の解決力をアピールすることが大切です。

学生時代の経験を活かし、採用担当者の目に止まる自己PRを目指して作成しましょう。

職務レベルの知識やスキル

志望する業界や企業の研究をしっかりおこない、事業や商品などに対する知識を持っていると、企業は就活生が就職すれば、即戦力になると考えます。

すぐにでも事業や商品の提案ができるほどの知識を得ているなら、ぜひ自己PRに使ってみましょう。

まだ就職前の就活生だからこそ、斬新な考えが思いつく可能性もあります。

思い切って知識やスキルを自己PRすることは、ポテンシャルの高さをアピールすることにもつながります。

自己啓発力のある社員は、企業にとっても貢献してくれる人材として求められる傾向があるのです。

営業職には、積極性も必要であるため、大人しい自己PRよりも、スキルを磨きつづけるなどポテンシャルの高さを意識した自己PRの方が好ましいと言えるでしょう。

営業に活かせる経験

営業職に活かせる経験には、「接客業」があります。

接客業の例
  • 飲食店
  • コンビニ
  • アパレルショップ
  • インテリアショップ
  • アミューズメント施設

上記の例はごく一部です。

接客業には様々な種類があり、就活生はこれまで経験した接客業があるなら、積極的に自己PRに使っておきましょう。

接客業は、人と人とのコミュニケーション能力が必要であり、社員やアルバイトなど仕事を通じて多くの人と接することになります。

また、接客業など営業に活かせる経験を持っていると、「チームで物事に取り組める人」という良い印象も与えられます。

たとえば、「チームリーダーとして行動していたこと」を自己PRにする就活生が多くいますが、肩書よりもチームリーダーとして、何を成したのかが重要です。

自分の強みやスキルとともに、人柄や人間性を伝えることが自己PRとなります。

営業職を目指すなら、これまでの経験を自己PRとして最大限に活かすようにしましょう。

営業職に適した自己PR構成の作り方

営業職に適した自己PR構成の作り方

営業職を目指すとき、自己PRの構成に悩む就活生は多くいます。

自己PRは、構成によって大きく変わってしまうため、よく考えたうえで構成を作りましょう。

ここでは、営業職に適した自己PR構成の作り方を、順に解説します。

ぜひ参考にしてください。

  1. 自分の強みを伝える
  2. 強みを発揮したエピソードを伝える
  3. エピソードの中で課題となったポイントを入れる
  4. 課題を解決するために行動したこと
  5. 行動した結果、どのような成果となったか
  6. 強みや経験をもとに、就職後に活かせる内容

 

エピソードが見つからないという就活生は、「成功した経験」や「実績を残した経験」ばかりを探してしまいがちです。

自己PR構成を考えるとき、必ずしも成功例をエピソードにする必要はありません。

たとえ失敗したエピソードであっても、その失敗から「どのようなことを学んだのか」「どのように活かせるのか」と話を膨らませることができます。

また、エピソードは簡潔に書き、ポイントを押さえながら書くことが大切です。

営業職の自己PRで注意するポイント

営業職の自己PRで注意するポイント

就活生が営業職を目指すとき、自己PRで注意しておいてほしいポイントがあります。

注意するポイント
  • PREP法を使った文章
  • 業務へどう活かすかを伝える

たとえば、エントリーシートで伝えたいことを書きたいとき、相手が「読みたい」「話を聞いてみたい」と思ってもらうことが大切です。

そのためには、論理的な文章を心掛けるなど、書き方にも注意しておく必要があります。

自己PRを書くときの注意ポイントについて、詳しく解説するのでぜひ役立ててください。

PREP法を使う

PREP(プレップ)法は、結論を先に伝える文章構成で、読み手の理解を深めることに繋がります。

  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体的な例
  4. 結論

 

この順番で文章構成を作ることで、伝えたいことを明確に伝えられるようになります。

なお、PREP法はエントリーシートを書くときだけでなく、面接などの会話でも大いに役立ちます。

「何を言いたいのかわからない」と言われて、悩んだことはありませんか?

PREP法を意識すれば、伝えたいことが伝えやすくなり、話すことが苦手な人も自信を持って会話が楽しめるようになるので、ぜひ実施してみてください。

業務への活かし方を伝える

志望する業界や企業を研究していると、おのずと自分の強みがどのように活かせるかが見えてきていることでしょう。

しかし、強みをどのように業務に活かすかを明確に考えたことはあるでしょうか。

伝えるポイント
  • 自分自身を採用して、企業にどんなメリットがあるのか
  • 自分ならどのようなことに挑戦するのか
  • 入社後はどのような分野で活躍したいのか

企業は、人材の将来性も重視しています。

経験で培った強みや努力して得たスキルは、誰もが同じ経験をしているわけではないため、ライバルである就活生との差別化が図れます。

明確なビジョンを持ち、自分の強みを活かした能力と、業界や企業が求めている人材と合致する部分を見つけ、ぜひ強みを活かした自己PRを考えてみてください。

営業職に適した自己PRの例文を紹介

営業職に適した自己PRの例文

最後に、営業職に適した自己PRの例文を紹介します。

強みを活かした自己PRにするため、2つのパターンで紹介しているので、自分が当てはまると思ったら、ぜひ参考にしてみてください。

粘り強さ×モチベーションの高さ

自分の「粘り強さ」と「モチベーションの高さ」をアピールするときには、自己成長にも触れながら自己PRを作成しましょう。

私の強みは、粘り強さと高いモチベーションです。これらの特性は、営業職において特に重要であると考えています。

まず、私の粘り強さについてですが、学生時代に取り組んだプロジェクト活動での経験がこれを証明しています。大学のサークル活動で、スポンサーシップを獲得するための営業活動を担当していました。初めは多くの企業から断られましたが、その度にアプローチ方法を見直し、新たな提案を考え、何度も訪問を重ねました。その結果、最終的には3社からのスポンサーシップを獲得することに成功しました。この経験を通じて、目標達成のためには諦めずに努力し続けることの大切さを学びました。

また、高いモチベーションを持ち続けることも私の強みです。営業職は成果が数字で明確に現れるため、モチベーションを維持することが重要です。私は常に自分自身に高い目標を設定し、その達成に向けて計画的に行動する習慣があります。例えば、大学在学中には、アルバイトで販売業務に従事し、毎月の売上目標を設定していました。これにより、常に前向きな姿勢で業務に取り組むことができ、売上目標を達成することで自己成長を感じることができました。

このように、私は粘り強さと高いモチベーションを持って、目標に向かって努力し続けることができます。営業職においても、これらの特性を活かし、貴社の発展に貢献したいと考えております。

具体的なエピソードがあり、粘り強さとモチベーションの高さを証明している文章となっています。

諦めずに努力することは、営業職にとって必要なことであり、ビジョンにも触れながらアピールできていると言えるでしょう。

傾聴力×実行力

「傾聴力」と「実行力」があるなら、ぜひとも自己PRに含み、エピソードを沿えてアピールしましょう。

私は傾聴力と実行力を兼ね備えた人間です。これらのスキルは営業職においてお客様のニーズを正確に把握し、迅速に対応するために不可欠だと考えています。

まず、私の傾聴力についてです。大学時代にカスタマーサポートのアルバイトをしていた際、お客様からの電話対応を担当していました。その中で、特に重視したのはお客様の話にしっかりと耳を傾けることでした。お客様が抱える問題や要望を正確に理解するために、質問を交えながら丁寧に話を聞きました。その結果、多くのお客様から「親身に対応してくれてありがとう」と感謝の言葉を頂くことができ、リピーターの増加にもつながりました。この経験を通じて、相手の話をよく聞くことで信頼関係を築くことの重要性を学びました。

次に、私の実行力についてです。私は目標達成に向けて計画を立て、それを着実に実行することに自信があります。例えば、大学のゼミで行ったグループプロジェクトでは、リーダーとしてプロジェクトの進行を管理しました。プロジェクトの初期段階で詳細なスケジュールを作成し、各メンバーの役割分担を明確にしました。そして、定期的に進捗状況を確認し、問題が発生した際には迅速に対応しました。この取り組みにより、プロジェクトは予定通りに完了し、教授から高い評価を得ることができました。

以上のように、私は傾聴力と実行力を活かして営業活動に貢献できると考えています。お客様の声をしっかりと聞き取り、そのニーズに応えるための行動を迅速かつ確実に実行することで、貴社の成長に貢献したいと考えております。

実際に経験した内容を含め、どのような経緯で傾聴力に自信を持てたのか、実行力を発揮した例など具体的に記載されています。

自己成長を強調した文章にもなっており、面接官には強い印象を与えられると言えるでしょう。

まとめ

就活生が営業職を目指すなら、自分にはどのようなスキルや経験があるのか、徹底した自己分析が大切です。

また、自己分析をもとに、自分を採用すれば企業にとって、どのようなメリットがあるのかなどを、明確かつ強調しながら伝えるようにしましょう。

エントリーシートや面接では、伝えたいことが伝わりやすいPREP法を意識することがおすすめです。

全体や文章の構成を論理的にすることで、自分の強みを活かした自己PRになることでしょう。

ぜひ、この記事で解説した営業職向けの自己PRを参考に、志望する業界や企業への就職を目指し、営業職として輝いた社会人を手に入れてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!