就活生必見!映画関連の仕事・平均年収を紹介

就活生必見!映画関連の仕事・平均年収を紹介

2024/6/21更新

はじめに

どの時代やどの地域でも愛されている映画。皆さんが見たことのある映画には、数多くの職業が関わっています。

映画関連の仕事に興味がある方も多くいらっしゃる事でしょう。

映画関連の仕事を探している以下の就活生や転職を考えている方に向けた情報を提供しています。

対象
  • 映画が好きで、映画に関連する仕事に就きたい
  • 映画関連の仕事内容を知りたい
  • 映画業界で必須なスキルを知りたい

この記事では、映画に関連する仕事をご紹介しています。

仕事内容や必要なスキル、平均年収についても解説しているので、就活の参考にしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

映画関連の仕事の種類

映画関連の仕事とは

映画を作っていく流れの中で、大きく以下の5つに分類する事ができるでしょう。

分類
  • 映画監督
  • 俳優
  • 映画制作会社
  • 映画配給会社
  • 映画興行会社

映画監督の仕事

映画監督は、人々に感動を与えるとても夢のある仕事であり、人気のある職業です。

しかし、成功できる人はほんの一握りなのが現状で、長い下積み生活が続くことも考えられるでしょう。

映画監督は、映画制作においてその工程から完成まで、すべての責任を担う仕事です。 

企画段階では作品の方向性を会議で練り上げ、キャスティングの選定、音響・美術・脚本家との打ち合わせなど撮影前の準備やスタッフの仕事の指揮・判断も監督の仕事です。

映画監督で必要とされるスキルは多くあり、映画の全体の流れを把握したうえでの撮影手法や編集、他業種との関わりが多いためコミュニケーション能力が必要とされます。

映画監督を目指しているが、脚本の書き方や知識・技術が足りないと感じている方は、様々な作品に触れ、映画関連の仕事を徐々に下積みしていくことが大切です。

俳優の仕事

俳優は、演劇・映画などで登場する人物に扮し、役を演じる人のことを差し、役者とも言われています。

俳優の仕事は主に、ドラマや映画作品、あるいは雑誌などの多くの関連メディアに出演し、役柄を演じたりパフォーマンスをする仕事です。

俳優の種類として「舞台俳優」、「映画俳優」「ミュージカル俳優」「テレビ俳優」などと分類することがあります。

基本的に、脚本家が用意した台本をもとに演出家や監督の指示に従って演技をします。 

俳優の仕事の魅力は、いろいろな人生を疑似体験できることや、多くの人に感動を与えられることが挙げられるのです。

仕事を得るには、俳優養成所に通い事務所に所属することや劇団に入団したりする必要があります。

また、その後もオーディションを受けるなど、自分から仕事を取りに行く努力が求められます。

俳優は演技力に加え、個性が評価のポイントです。

映画制作会社の仕事

映画制作会社の仕事は、新作映画の企画立案や脚本作成、出演者への交渉、撮影、編集などをおこないます

映画制作会社の大手として挙げられるのが、「東映」「東宝」「KADOKAWA」です。

映画制作会社で働く際は、ヒット作品を生み出すために、流行を取り入れることが求められます。

低予算の短編映画から大ヒット長編映画といった映画を作るプロセスには、大きく分けて事前準備、本番、後処理の3つの段階をイメージしながら作り上げていきます。

すべてのプロセスを理解することで、時間と予算を最大限活用した作品を製作することができるでしょう。

企画の段階では、売れる映画を作るための情報収集を行なったり、企画書・シナリオの作成を行ったりするのが一般的です。

映画制作に必要な人材・資材を集め、制作スケジュールを決め、実際の制作準備を行います。

また、撮影・編集については、フリーランス等で活躍している人材を選ぶことも多いようです。

映画配給会社の仕事

映画配給会社の仕事は、映画製作会社によって作られた映画を上映する権利を買い、映画館での上映に伴う宣伝や営業を行う会社です。

その際に映画館の上映料金から一部を徴収し、映画を販売する仕組みになっています。

仕事の流れとしては、国内外で製作された映画を把握したり、製作者から上映権利を獲得してくる買付業務を行います。

買い付けた後に、作品の上映館を決めるブッキング業務を行っていくのです。

その後、作品のポスターや予告編の製作、試写会の実施、新聞やテレビを使ったPRを行う宣伝業務などが行われます。

作品完成から映画館で上映されるまでの流れの間に立ってビジネスをおこなうのが映画配給会社です。

配給会社の社員になると、劇場のプロモーション展開において企画・立案や毎日の売り上げ管理・データ作成、マーケティング業務を行います。

映画興行会社の仕事

映画興行の仕事は、各映画館でのチケット販売や飲食提供、映画関連グッズ販売などを行う仕事です。

映画館運営において必要となるさまざまな物やサービスを提供しています。

映画興行会社は、映画製作会社や映画配給会社よりも、消費者に近い存在と言えるでしょう。

在庫を把握して仕入れをしたり、アルバイトやパートの管理を行い、高い接客サービスが求められます。

映画を観に来る観客を飽きさせないための魅力的な商品開発が求められています。

映画関連の仕事の平均年収や必要なスキル

映画監督の仕事

平均年収約400万円
仕事の種類企画・脚本作り、各スタッフや俳優の調整、指示、プロモーション活動
必須スキルリーダーシップ、コミュニケーション能力、企画力、体力、精神力、撮影スキル、編集スキル
向いている人映画が好き、映画に対する情熱がある、撮影・編集スキルがある、精神力・体力がある人
仕事に就くには?映像制作会社に勤め、多分野での経験を積んだ上で映画監督になる。
学校に通った後、自主制作した映画をコンテストに応募。応募後に映画監督になる。

 

映画を作る仕事は、自分の作品で多くの人を感動させたり、ワクワクさせたりと人の心を動かす仕事です。

自身の思い描く映画を、自由に制作できるので、非常に魅力的な仕事です。

下積みでも、制作現場などは自身のスキルアップが大幅に見込めます。

平均年収はあくまで目安であり、人気のある映画監督は数億円を超えることもあるようです。

映画作品がヒットしたかは興行収入によって決まります。

大ヒットの基準は興行収入30億円とされています。

下積み期間が長く、映画監督になるまでの道のりは非常に険しいものです。

体力や精神力の強い方がおすすめとされています。

 

 

俳優の仕事

平均年収約700万円
仕事の種類映画俳優、舞台俳優、テレビ俳優、ミュージカル俳優
必須スキル演技力、コミュニケーション能力、瞬発力、歌唱力、読解力、発信力
向いている人演技するのが好きな人、目立ちたい人、モノマネをするのが得意な人、適応力がある人
仕事に就くには?スカウトやオーディションにより芸能プロダクションに所属する。
専門学校や俳優養成所に通って学ぶ。

 

俳優は、共演者やスタッフと作品を作り上げていきます。

多くの人に感動を与え、反響や名声を受けることができる魅力的な仕事です。

俳優は非常に人気のある職業であり、同時にファッション関連の仕事やインフルエンサーとしても活躍することもあります。

演技力や歌・ダンスのスキルはもちろんのことですが、その人特有の個性も必要とされています。

また、様々な業界の人と関わることが多いため、コミュニケーション能力も必須スキルであるといえます。

人気のある俳優の平均年収は、数億円以上になることもあるようです。

 

 

映画制作会社の仕事

平均年収約300万円〜700万円
仕事の種類プロデューサー、ディレクター、カメラマン、音声、照明、美術、CGデザイナー
必須スキル撮影スキル、企画力、編集スキル、デザイン、マーケティング能力、音響スキル、マネジメント力、コミュニケーション能力
向いている人映画が好き、制作意欲がある人、芸術的である人、コミュニケーション能力が高い人、マルチタスクが可能な人
仕事に就くには?映像制作会社に入社する。
映像の専門学校に通う。

 

映画制作は、作品を国内外に広め、音響や編集・撮影スキルで多くの人に感動を与えることができる仕事です。

映画制作の現場に携わることが最も多いのが映像制作会社で、インターネットの普及により映像制作の需要が高まっています。

映画制作会社は幅広い業務内容があり、多種多様な人材が揃っています。

専門的な仕事だからこそ向き不向きがあり、映像制作を行ううえで様々なスキルが求められています。

中小企業の平均年収は、300万円〜600万円が平均で、大企業になると平均年収は、700万円〜1,000万円ほどです。

 

 

映像配給会社の仕事

平均年収400万円〜800万円
仕事の種類上映権利の買付、ブッキング、ポスター作成、予告編の作成、試写会の実施、PR
必須スキルコミュニケーション能力、感性、表現力、読解力、語学力
向いている人映画が好き、流行映画を見抜く力がある人、忍耐力がある人、映像・音響・編集に詳しい人
仕事に就くには?大学卒業後、(または転職にて)大手映画会社に就職する。
アルバイトとして経験を積み、ステップアップする。

 

映画配給会社は、映画の資金調達や映画のマーケティングを担当する重要な部分です。

映画業界において配給会社は映画を製作側から興行側へとつなげるとても重要な会社として存在しています。

映画の公開日の設定や映画を上映できるようにする方法を行うことができるでしょう。

映画配給会社は、日本の映画だけでなく洋画の上映権を購入するため語学力が求められることが多いです。

そのため学歴としては大卒以上が必要とされています。特別有利になる学部はないようです。

平均年収は、中小企業で400万円〜500万円程度、大企業で800万円以上とされています。

 

 

映画興行会社の仕事

平均年収400万円〜800万円
仕事の種類マネージャー、支配人、副支配人、本部
必須スキルコミュニケーション能力、接客スキル、マネジメントスキル
向いている人映画が好き、行動力のある人、接客が上手な人
仕事に就くには?大手映画会社に就職する。
アルバイトとして経験を積み、ステップアップする。

 

映画興行会社は、主に映画館の管理・運営を行っている会社で、チケットの販売等を行うため、消費者と1番近い仕事といえます。

配給会社との契約を行い、上映するのが主な仕事内容です。

平均年収は、中小企業で400万円〜500万円程度、大企業で800万円程度となっています。

映画関連の仕事の働き方と生活

映画監督の働き方と生活

映画監督は、企画・脚本作り、各スタッフや俳優の調整、指示、プロモーション活動を主な仕事としています。

映画監督は、基本的に「就職」という考え方ではなく、映画監督に弟子入りするようなかたちで、下積み時代を過ごす若手が多いようです。

会社に勤めるわけではなく、個人で仕事をするのが一般的です。

なかには映像制作会社で映像制作の知識や技術を身につけた後、映画監督として独立する人もいます。

映画監督は、毎日異なるスケジュールで生活しています。

撮影時期は、当日に撮るシーンやスケジュールによって勤務開始時間や終了時間が変わります。

それ以外の業務として打ち合わせやロケ地選定、編集などでさまざまな場所で仕事をするようになります。

関連業界への指示を出したり、各スタッフと現場を調整していくことが特徴です。

映画監督は、映画製作の現場における最高責任者となるため、常に大きなプレッシャーを抱えることになります。

頭を悩ませたり、ストレスを感じる場面も多いでしょう。

俳優の働き方と生活

俳優は、ドラマや映画作品、あるいは雑誌などの多くの関連メディアに出演し、役柄を演じたりパフォーマンスをする仕事です。

いろいろな人生を疑似体験できることや、多くの人に感動を与えられることが魅力として挙げられます。

労働時間や休日は不規則であることが多く、特にテレビや映画の仕事では、撮影が長引いたり、時間帯も早朝や深夜の場合もあります。

舞台公演が数日でも、2週間から1ヶ月程度は準備期間として活動し、その間は休みが取れないことが多いそうです。

大変な舞台だからこそ、無事最後の公演を終わらせられたときの達成感は大きいようです。

映像俳優の場合は、撮影スケジュールが過密になるため忙しくなってしまいます。

ドラマや映画の撮影が並行して行われる場合もあり、忙しさが増していきます。

決まったスケジュールの中で、撮影環境などの手配が行われているうえ、放送日や上映日の関係もあって簡単にずらすことができません。

期間が限られているため、深夜までの撮影が行われることもあり、臨機応変に働くことが必須となります。

就活をしている方は業界分析だけではなく、関連会社の分析を徹底的に行うことが必須です。

映画制作会社の働き方と生活

映画制作会社は、作品を国内外に広め、音響や編集・撮影スキルで多くの人に感動を与えることができる仕事です。

自身の携わった作品が世に広まり、作品が一生残るため、達成感ややりがいのある仕事となっています。

専門的な仕事だからこそ向き不向きがあり、映像制作を行ううえで様々なスキルが求められています。

技術職はスキルを身につけると、独立ができたり、指名がされやすくなります。

映像制作の現場では、芸能人や有名人と会うことができ、才能に立ち会うことができるでしょう。

映像制作会社は人手が少なく、一人当たりの労働時間や仕事量が多くなってしまうこともあります。

締切が決まっている仕事であるため、キャパオーバーだとしても仕事が回ってくることがあり、残業時間が長くなることもあるのです。

映画配給会社の働き方と生活

映画配給会社は、映画の資金調達や映画のマーケティングを担当する重要な部分です。

一般的には忙しいことが多いといわれています。

大手の場合は人手が多いので交代要員がいますが、小規模な企業は少ない人数で仕事を回さなければいけません。

映画配給会社では少ない人数で仕事を回している職場も多いので、忙しい時期は必然的に残業が増えてしまいます。

一人ひとりに与えられた役割が多く、企画から打ち合わせ、交渉や事務作業まで全て自分でこなす必要があります。

担当している作品の公開時期が近付いてくると、忙しくなっていくのも特徴です。

休暇制度として夏季休暇や有給休暇があります。

年末年始に休めることが多いようですが、担当している作品の公開時期によっては休めないこともあります。

深夜残業が増えてくると体調を崩しやすくなりますし、精神的にもストレスを感じてしまいがちです。

仕事にメリハリをつけて生活リズムを自分で上手にコントロールする努力が必要になるでしょう。

映画興行会社の働き方と生活

映画興行会社は、主に映画館の管理・運営を行っている会社で、チケットの販売等を行っています。

近年の映画興行会社では人手不足が問題です。

朝4時局入りなど、変わった時間帯に仕事が始まることがあるため、子供がいる方は働きにくいようです。
また、就業時間が読めないため、予定が立てづらいと感じる人が多いようです。

若い方や体力がある方は仕事をやり遂げることができますが、年齢が進むにつれて仕事内容がきついと感じる方も多くみられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は映画に関連する仕事内容や就活に役立つ内容をご紹介させていただきました。

映画を作り上げていくうえでこれだけ多くの業態が関連しています。

作品を作りあげていくうえで必要となるスキルを把握し、映画に対する熱意があれば映画関連の仕事に就くことができます。

平均年収で決めるのではなく、自分のやりたいことや自分のスキル・仕事の雰囲気を見比べて、自分に合った仕事を探していきましょう。

映画に関連する仕事に就きたいと考えている就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!