就活生必見!漫画関連の仕事・平均年収を紹介

就活生必見!漫画関連の仕事・平均年収を紹介

2024/6/25更新

はじめに

日本の文化である漫画。皆さんが何気なく読んでいる漫画には、数多くの職業が関わっています。

漫画関連の仕事に興味がある方も多くいらっしゃる事でしょう。

漫画関連の仕事を探している以下の就活生や転職を考えている方に向けた情報を提供しています。

対象
  • 漫画が好きで、漫画に関連する仕事に就きたい
  • 漫画関連の仕事内容を知りたい
  • 漫画業界で必須なスキルを知りたい

この記事では、漫画に関連する仕事をご紹介しています。

仕事内容や必要なスキル、平均年収についても解説しているので、就活の参考にしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

漫画関連の仕事の種類

漫画関連の仕事の種類

漫画を作っていく流れの中で、大きく以下の4つに分類する事ができるでしょう。

分類
  • 漫画を作る仕事
  • 出版社の仕事
  • 出版の印刷・販売を行う仕事
  • アニメ化を行う仕事

漫画を作る仕事

漫画の構成やストーリーを考え、自らペンで書き上げていく仕事で、漫画家や漫画アシスタントなどの仕事が挙げられます。

独創的なストーリーを作り上げていく想像力や絵の上手さが必須スキルとなっています。

構成が似ている作品が多くある中で、売れている作品は、作り込まれた内容やキャラクター設定が施されています。

漫画家を目指しているが、想像力や絵の上手さが足りないと感じている方は、色んな作品に触れ、漫画家の仕事を少しずつ経験していくことが大切です。

出版社の仕事

出版社の仕事は、書籍や雑誌といった出版物の企画・制作・販売促進を行っています。

幅広い出版物を取り扱う大手の総合出版社もあれば、特定の出版物を専門とする専門出版社もあるのです。

編集部門により本の企画・制作に関わる業務を行い、校閲者が誤字脱字や誤った表現がないかチェックする仕事です。

営業部門は本の販売や広告に関わる業務を行ない、最終的に読者の手に届く流れとなっています。

近年では、紙の出版物だけでなく、電子出版への取り組みを行なっている出版社が数多くあり、主流となっています。

出版の印刷・販売を行う仕事

印刷業界は、「出版印刷」と「商業印刷」の2つに大きく分けられます。

出版印刷は、出版社や新聞社などが発行するコミックスや単行本などの書籍、雑誌、教科書、参考書などの印刷を行います。

研究機関や団体が発行する書籍も出版印刷です。

仕事内容としては、出版社から発注を受け印刷・加工・製本を行っており、取引先の要望に合わせた紙の種類やサイズ、色使い、製本方式などを提案しています。

書籍や雑誌などの内容はデータで印刷会社に納品され、データから刷版を作る製版という工程を経て、印刷機で印刷されています。

このように、出版印刷を主に取り扱っているのが出版印刷会社です。

販売を行なっている仕事は、主に書店店員です。

仕事内容は、完成した漫画を書店の棚に陳列したり、読者の興味を惹くための工夫を凝らしたりと接客が中心となります。

正社員として働く場合は店舗経営を行う場合があるため、マネジメント能力が必要です。

アルバイトとして容易に働くことができるので、漫画が好きという方におすすめできる仕事といえます。

アニメ化を行う仕事

アニメにかかわる仕事は、大きく分けると次の3つがあります。

アニメにかかわる仕事
  • 「プリプロダクション」
  • 「プロダクション」
  • 「ポストプロダクション」

「プリプロダクション」は、企画を立案し、ストーリーの展開・構成やキャラクターデザインなどを制作しています。

「プロダクション」は、アニメーターが作画や彩色をし、絵を動かすアニメーション制作までを担当しています。

「ポストプロダクション」は、声優のボイスや音響を活用し、収録、編集を行った後、1本のアニメ作品を完成させるという仕組みです。

アニメに携わる仕事は幅広くあり、「アニメーター」や「声優」が最初に思い浮かぶのではないでしょうか。

アニメーターの仕事は「アニメ監督」「演出家」「原画家・動画家」など細かく分散されることが多いです。

アニメ監督は、多くのアニメーターが目指しているポジションで、他のスタッフとコミュニケーションを図りながら、作品作りを引っ張っていく仕事で、的確な指示をするポジションになります。

演出家は、画面設計図を執筆する仕事です。

第二の監督といった立ち位置になり、音響や作画係と連携しながら仕事を進めることが多いので、コミュニケーション力が必須とされる仕事です。

原画家は、演出家によって制作された画面設計図に従って実際に原画を書く仕事になります。

原画家が書いた絵に、動画家が動きを付け加えることによって、アニメーションが出来上がります。

数多くの原画を書き続けるため、忍耐力や体力が必要とされる仕事です。

声優の仕事は、アニメーションに合わせて声や感情を当てる仕事です。

キャラクターの動きや感情を声だけで表現し、俳優とは少し違った演技スキルが非常に重要になってきます。

また、イベントやテレビ番組に出演するなど、マルチに活躍できることも声優に求められているので、メディアへの露出も想定しておきましょう。

漫画関連の仕事の平均年収や必要なスキル

漫画を作る仕事

平均年収約500万円
仕事の種類漫画家、漫画家アシスタント、同人作家、絵本作家
必須スキル想像力、画力、構成力、コミュニケーション能力、体力
向いている人絵を描くのが好きな人、創作意欲のある人
仕事に就くには?漫画家、同人作家、絵本作家賞で実力を勝ち取る。
SNS等を活用して有名になり、オファーを受ける。
漫画アシスタント:アルバイトで応募する。

 

漫画を作る仕事は、自分の作品で読者を感動させたり、ワクワクさせたりと人の心を動かす仕事です。

自身が思い描く漫画を自由に展開できるため非常に魅力的な仕事です。

下積みでも、想像力や文章力など自身のスキルアップが大幅に見込めます。

平均年収はあくまで目安であり、人気のある漫画家は数億円を超えることもあるようです。

締切期限が決まっており、少し一般人とは違った生活リズムになることもあるため、体力や精神力の強い方がおすすめとされています。

 

 

出版社の仕事

平均年収約700万円
仕事の種類編集者、校正、ブックデザイナー、プロデューサー、イラストレーター、電子書籍配信サービス運営、コピーライター
必須スキル企画力、情報収集力、パソコンスキル、ディレクション能力、コミュニケーション能力
向いている人本や雑誌が好きな人、好奇心旺盛、パソコンが得意、文章力がある
仕事に就くには?出版社の各部門に応募。

 

自分の好きな作家と共に仕事ができ、自分のやりたい事を企画できる仕事です。

読者の反響や共に働く作家の才能が開花する瞬間に唯一立ち会うことができる魅力的な仕事です。

様々な業界の人と関わることが多いため、コミュニケーション能力は必須スキルであるといえます。

ベテラン編集者や編集長になると平均年収は1000万円以上になることもあります。

こちらも締切期限が決まっているため、体力、精神力の強さが必須です。

 

 

出版物の印刷・販売を行う仕事

平均年収約450万円
仕事の種類出版社社員、印刷会社社員、書店店員、グッズプランナー
必須スキル印刷に関する知識、コミュニケーション能力、タスク管理、スケジュール管理
接客スキル、管理能力
想像力、企画力、マーケティングスキル、マネジメント
向いている人漫画が好き、モノづくりが好き、漫画に囲まれて働きたい、漫画だけでなく本全般が好き、読者の気持ちを想像して働ける
仕事に就くには?出版社社員、印刷会社社員:就活サイトにて営業職・事務職に応募。
書店店員:アルバイトとして応募。
グッズプランナー:雑貨メーカーや出版社に応募。

 

出版社社員の事務職・営業職、完成した出版物の印刷、書店店員による店舗販売、人気アニメのグッズ化といった漫画家との直接的な関わりがない仕事です。

漫画家とは間接的な関わりになりますが、どの職種も漫画の売上を上げるためには欠かせない存在であり、電子化に対応する方法や自分自身で立ち上げる企画立案など、マルチに活動することができるでしょう。

平均年収は漫画家とは異なり比較的安定的で、職種により350〜700万円が多いようです。

メリットとして、転職やアルバイトとしても即戦力になることができたり、数多くのプロジェクトや業界、購入者と関わることが多く仕事内容に飽きづらい点が挙げられます。

 

 

アニメ化する仕事

平均年収約450万円
仕事の種類アニメーター、CGアーティスト、デザイナー、声優、広告代理店社員
必須スキルコミュニケーション能力、感性、表現力、読解力
向いている人表現力のある人、忍耐力がある人、声優に憧れている人
仕事に就くには?アニメーター、CGアーティスト:アニメ制作会社へ就職。
デザイナー:デザイン制作事務所で経験し就職。
声優:声優養成所に通った後、事務所と契約。
広告代理店社員:就活サイトにて応募する。

 

アニメ化をする仕事は、アニメの原画を描くアニメーター、アニメだけでしか表現できないCGアーティスト、ロゴや販促物を行うデザイナー、アニメーションに声や表現力を付け加える声優、プロモーションの企画を行う広告代理店社員があります。

自分の表現力を絵や声にのせる仕事が多く、アニメでしか表せない表現力を発揮できることが魅力の一つです。

平均年収は455万円程度であり、こだわりや表現力のある人に向いています。

声優は出演数により報酬が高くなり、メディアへの露出も多くなります。マルチに活躍出来る人が求められています。

 

漫画関連の仕事の働き方と生活

漫画を作る仕事の働き方と生活

漫画を作る仕事の働き方や生活にどんな影響があるのかを下記にご紹介致します。

漫画家は、デビュー後すぐに専業として励む人、兼業する人、アシスタントを続ける人など様々です。

新人が連載を持つことはほとんどなく、アシスタントとして技術や経験を磨く人がほとんどになります。

連載が決まったとしても、読者の人気が低いと早期で打ち切られる場合もあり、かなりシビアな世界です。

締め切り日までに必ず原稿を仕上げなくてはならないため、労働時間や休日は人によって違うようです。

労働時間自体が長く、仕事中はずっと座りっぱなしになるため、体調を崩しやすい職業でもあります。

週刊連載の場合、毎週原稿を描かないといけないため、働き方もハードになるため、アシスタントを雇っている方が多いようです。

個人の技量やアシスタントの数によって、働き方にかなり差がある職業で、ペン入れのスピードなど、効率よく仕事を進めて行く必要があります。

出版社の仕事の働き方と生活

出版社員の働き方や、みなさんの生活にどのようなメリットやデメリットがあるのかを下記にご紹介します。

メリット

メリット
  • 自身の担当した書籍が読者に渡る:著者といっしょに創り上げていく書籍が、世間の賛否対象となるのは、とても感慨深いものがあり、人生でそうそう経験できることではないので、一番のメリットであると感じます。
  • 作者の才能が開花する瞬間に立ち会えること:関わり方は、企画構成・編集・校正・レイアウト・表紙など、様々ありますが、著者と一番長く関わる事ができる企画 or 編集が、よりダイレクトにメリットを感じられる業務でしょう。
    著者は、普段、メインの仕事で忙しい事が大半で、これまでの知見を体系的にまとめる事が難しい状況です。
  • 本の内容に関する専門家(プロ)と関わる事が多くあるため、自ずと質の高い情報をインプットでき、自身の人生に多いに役立つこと:著者のサポートをさせて頂く事で、著者自身が整理でき、有益な時間であったと感想を多く頂ける事です。

デメリット

デメリットとして一番の要因となっているのが、仕事量の多さです。

出版社は組織として利益を追求し、長時間労働が増えてしまうことが多々あります。

企画立案と同時に別の書籍の編集も担うといったマルチタスクになり、1人が抱える案件数の多さが懸念点と言えるでしょう。

マルチタスクとなっていても、どんどん仕事を回されてしまうといった事が業界としてまかり通っています。

無理をしながらも頑張ってやり切ろうとした結果、体調を壊してしまい、精神的にも辛い状況になることもあるため、精神力の強さや計画力が問われる仕事です。

これらは企業によって大きく異なりますが、企業に古い考え方が残っていれば、仕事量が多いと考えられます。

就活をしている方は業界分析だけではなく、関連企業の分析を徹底的に行うことが必須です。

出版の印刷・販売をする仕事の働き方と生活

印刷業界の働き方やみなさんの生活にどんな影響があるのかを下記にご紹介します。

印刷工場は主に「技術職」が主として挙げられるでしょう。

多種多様な人材が求められる業界になっており、紙の印刷需要の減少傾向に合わせた、事業展開を目指しています。

印刷業界は拘束時間が長いというイメージが残っていましたが、デジタル化に伴う事業領域の拡大によって、そのイメージも古くなりつつあります。

印刷機器や自動化などのデジタル化が進み、昔の働き方より遥かにクリーンなものになっています。

印刷企業は事業領域拡大を行なっており、事業や労働環境にも大きな変化をもたらしています。

印刷機を扱う中で、インクによる健康リスクや、機械に関する事故に巻き込まれるといったマイナスの要素があり、少しブラックなイメージがあるようです。

印刷技術を幅広く活用することで、Webによる顧客の集客サポート、情報に関連するセキュリティ事業、パッケージ事業など、印刷の枠を越え、顧客をサポートする広告代理業やコンサルタント業に注力する企業も増えていて、新たな展開を迎えています。

アニメ化する仕事の働き方と生活

アニメ化を行う業界の働き方やみなさんの生活にどんな影響があるのかを下記にご紹介します。

日本のアニメは海外でも人気の高いコンテンツで、アニメ化の仕事を志望する人は多く、人気の高い職業です。

アニメ化の仕事は、自分の名前が作品とともに残ることや作品を動かすという少し特殊な仕事です。

作品の作画に命を吹き込む仕事であり、大きな達成感と共に、アニメがヒットした時に自分の実績へと繋がります。

アニメ化を行う仕事は、低賃金や仕事のスケジュールの難しさが懸念点として挙げられます。

業務委託としての契約がほとんどで、労働時間ではなく納品物の量で報酬が決定するようです。

動画は1枚数十円〜数百円、原画はメインどころになればなるほど1枚千円〜数万円単位のものもあります。

アニメーションの製作コスト自体が比較的高額であるため、制作会社は制作費を抑えるためにアニメーターへの賃金を低く抑える傾向があります。

アニメの制作に数ヶ月以上の時間を要する作業です。

連続したエピソードを定期的に放送するためには、多数のエピソードが同時並行で制作され、過密なスケジュールに追われることとなります。

企業に就職した後にフリーランスとして活躍する人も多く、自身の出来高により収入が大きく変化するのです。

必要なスキルはなりたい職業によって大きく異なりますが、周囲との連携が重要視され、責任感や企画力といったスキル等が必須となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は漫画に関連する仕事内容や就活に役立つ内容をご紹介させていただきました。

漫画を作り上げていくうえでこれだけ多くの仕事が関連しています。

絵が不得意であっても、漫画に対する熱意があれば漫画関連の仕事に就くことができます。

平均年収で決めるのではなく、自分のやりたいことや自分のスキル・仕事の雰囲気を見比べて、自分に合った仕事を探していきましょう。

漫画に関連する仕事に就きたいと考えている就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!