地方学生はアウェイ感を感じる?対策もご紹介

地方学生はアウェイ感を感じる?対策もご紹介

2024/6/25更新

はじめに

地方の学生が都会での就職活動や上京就職に挑む際、しばしば「アウェイ感」を感じることがあります。

本記事では、地方学生がアウェイ感を感じるケースとその対策について詳しく解説します。

また、上京就職のメリットとデメリットについても触れ、地方学生がより良いキャリア選択をできるようサポートします。

対象
  • 地方学生でアウェイ感を感じている
  • アウェイ感を感じない方法が知りたい
  • 他の地方学生もアウェイ感を感じているか気になる

上記のような方は、ぜひ最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

地方学生がアウェイ感を感じるケース

地方学生が就活でアウェイ感を感じるケース

地方学生が都会に出て就職活動を行う際、いくつかのケースでアウェイ感を感じることがあります。

アウェイ感を感じる違い
  • 価値観の違い
  • 性格の違い
  • 環境の違い
  • 就活経験の違い

上記のような違いから、アウェイ感を感じる可能性があるのです。

価値観の違い

まず、都会の学生と接する機会が増えることで、文化や価値観の違いに戸惑うことが多いです。

例えば、都会の学生は最新のトレンドや流行に敏感で、常に情報が豊富です。

一方、地方学生はそのような情報にアクセスする機会が少なく、話題についていけないことが多々あるでしょう。

このギャップが大きなアウェイ感を生み出してしまいます。

性格の違い

都会の学生は、幼い頃から多様な文化や人種に触れているため、オープンで社交的な性格の傾向があります。

一概には言えませんが、地方学生は比較的閉鎖的なコミュニティで育ち、内向的な性格が多いため、都会の学生と比べてコミュニケーションに不安を感じることがあるでしょう。

特に、グループディスカッションやネットワーキングイベントなどでは、積極的に意見を述べることに抵抗を感じることが多いです。

環境の違い

地方学生は地元での生活に慣れているため、都会の複雑な交通網や大規模な施設に慣れるまで時間がかかります。

東京や大阪などの大都市は電車やバスの路線が複雑で、初めての人にとっては迷いやすい環境です。

こうした物理的な環境の違いも、地方学生にとっては大きなストレスとなり、アウェイ感を強く感じる要因となります。

就活経験の違い

都会の学生は、アルバイトやインターンシップなどの経験が豊富で、ビジネスの現場に慣れていることが多いです。

一方で地方学生はこうした機会が少なく、実務経験が乏しいことから、自信を持って自己アピールすることが難しく感じてしまうでしょう。

この経験の差が、面接やグループワークでのパフォーマンスに影響し、アウェイ感を助長しています。

以上のように、地方学生が都会での就職活動や生活において感じるアウェイ感は、情報格差、文化や価値観の違い、環境への適応の難しさ、経験の差など、多岐にわたる要因によって生じるでしょう。

これらの課題を克服するためには、積極的な情報収集やコミュニケーションスキルの向上、都会の環境に慣れるための準備が重要です。

都会の学生と情報格差がある

地方学生が就活で感じるアウェイ感の大きな要因

地方学生が感じるアウェイ感の大きな要因の一つが、都会の学生との情報格差です。

都会の学生との情報格差
  • 就職説明会・セミナー
  • インターンシップ・アルバイト
  • 情報共有の相手

一つずつ紹介していきます。

就職説明会・セミナー

都会の学生は、日常的に最新のビジネス情報や就職活動に関する情報にアクセスしやすい環境にいます。

例えば、都会には多くの企業が集まり、頻繁に就職説明会や企業セミナーが開催されているでしょう。

これにより、都会の学生は早い段階から多くの企業の情報を収集し、企業研究や自己分析を深めることができるのです。

一方で、地方の学生はこうしたイベントに参加する機会が限られており、情報収集が遅れがちです。

インターネットやSNSを活用することで情報を得ることはできますが、実際に企業の担当者と直接対話する機会は少ないでしょう。

そのため、企業の雰囲気や具体的な仕事内容を掴みにくいと感じることがあるのです。

この情報格差が、都会の学生と比較して自分に自信を持てなくなる原因となります。

インターンシップ・アルバイト

都会の学生は、アルバイトやインターンシップなどを通じて、実際の職場環境や業務内容を経験する機会が多いです。

これによって自分の適性や興味を具体的に把握しやすく、就職活動において明確な志望動機を持つことができます。

地方の学生はこうした機会が少ないため、自己PRや志望動機の具体性に欠けてしまうでしょう。

情報共有の相手

都会の学生は、同じ志望業界や職種を目指す仲間と情報交換・共有する機会が豊富です。

これにより、最新の就職活動のトレンドや選考対策のノウハウを共有し、互いに切磋琢磨できるのです。

一方で地方の学生は同じ志望を持つ仲間が少なく、孤独を感じやすい環境にいます。

情報交換の機会が限られることで、就職活動において効果的な対策を立てにくくなるでしょう。

このように、都会の学生と地方の学生との情報格差は、地方学生にとって大きなハンディキャップとなります。

しかし、近年ではオンライン説明会やリモートインターンシップなど、場所にとらわれない情報収集の方法が増えています。

地方学生はこれらの機会を積極的に活用することで、情報格差を埋めることが可能です。

また、SNSや就職活動支援サイトを活用し、最新の情報をキャッチし続けることも重要です。

アウェイ感だけでなく金銭的負担もある

地方学生が都会で就職活動を行う際は、アウェイ感だけでなく金銭的な負担も大きな問題となるでしょう。

まず、都会への移動費がかかります。

地方から都市部へ頻繁に訪れる必要がある場合、交通費が積み重なり、大きな経済的負担となるのです。

特に新幹線や飛行機を利用する場合、数回の往復でかなりの費用がかかるため、就職活動の初期段階での出費は避けられません。

また、都市部での宿泊費も大きな負担です。

就職説明会や面接が連日にわたる場合、ホテルやゲストハウスに宿泊することになるでしょう。

これによって1泊あたりの宿泊費がかさみ、長期間の就職活動では数万円以上の費用がかかることがあるのです。

このような宿泊費は学生にとって大きな経済的負担となり、家計に圧迫を与えるでしょう。

また、就職活動に必要な服装や身だしなみの整備も金銭的な負担となります。

リクルートスーツやビジネスバッグ、靴などの購入費用、クリーニング代なども考慮しなければなりません。

特に初めて就職活動を行う学生は一から揃える必要があるため、予想以上の出費が発生するでしょう。

さらに、地方学生は地元にいる間にも生活費がかかるため、上京時の費用との二重負担が発生します。

例えば、家賃や光熱費、食費など、地元での生活費を維持しつつ、都会での就職活動費用も賄わなければなりません。

この二重負担は、経済的な余裕がない家計にとって大きな課題です。

金銭的な負担を軽減するためには、計画的な資金管理が重要です。

移動や宿泊の費用を事前に見積もり、予算を立てておきましょう。

自治体や大学が提供する就職活動支援制度や奨学金、交通費補助などを活用することで、経済的な負担を軽減できます。

また、シェアハウスやゲストハウスなどの安価な宿泊施設を利用したり、オンライン説明会やリモート面接を活用したりすることで、交通費や宿泊費を抑えることも可能です。

上京就職のメリット

上京就職のメリット

続いて、上京就職を目指すにあたってのメリットをご紹介します。

アウェイ感を感じる地方学生の方は、そもそも本当に上京就職したいのかをもう一度考えてみましょう。

上京就職のメリット
  • 仕事の種類が豊富
  • 給与水準が高い
  • 生活インフラが整っている

上記のようなメリットが考えられます。

仕事の種類が豊富

首都圏には多様な産業が集積しており、さまざまな職種や業界の仕事が豊富です。

例えば東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県といった地域には、IT企業、金融機関、メーカー、商社、広告代理店、医療機関、教育機関など、多岐にわたる企業が本社や拠点があるでしょう。

特に東京23区内には大企業の本社が集中しており、求人数も非常に多いです。

新宿、渋谷、六本木、丸の内などのビジネス街には国内外の大手企業やスタートアップ企業が密集しており、業界を問わず幅広い職種での求人が見つかるでしょう。

求職者にとって、自分のスキルやキャリアに合った仕事を見つけやすい環境が整っているのです。

また、最近ではリモートワークやフレックスタイムの導入が進み、働き方の多様化も進んでいます。

これにより従来のオフィス勤務に縛られず、より柔軟な働き方が可能となり、働く場所や時間に関する選択肢が広がっています。

こうした環境は、クリエイティブな仕事や自由な働き方を求める人にとって魅力的といえるでしょう。

給与水準が高い

首都圏の給与水準は他の地域と比べて高めです。

これは生活費の高さに対応するためでもありますが、豊富な仕事の機会や競争の激しさから高い報酬が設定されているからでもあります。

特に、金融業界やIT業界などの高スキルが求められる職種では、非常に高い給与が期待できるでしょう。

また、大企業や外資系企業では基本給だけでなく、ボーナスや各種手当、福利厚生が充実していることも多いです。

これにより、総合的な給与水準がさらに高まります。

住宅手当や交通費支給、企業年金、株式報酬など、さまざまな形での報酬が提供されるため、従業員にとっては経済的なメリットが大きいです。

さらに、給与だけでなくキャリアアップやスキルアップの機会も豊富なことから、将来的な収入増加も見込めるでしょう。

首都圏での経験やネットワークは、他の地域や海外でのキャリアにおいても大きな強みとなり、高い報酬を得るための基盤を築くことができます。

生活インフラが整っている

首都圏は生活インフラが非常に整備されており、快適な生活を送るための条件が揃っています。

交通インフラは鉄道網が発達しており、都内や近郊へのアクセスが非常に便利です。

JRや私鉄、地下鉄が網の目のように張り巡らされ、通勤や通学、レジャーの際にもスムーズに移動できるでしょう。

商業施設や医療機関、教育機関も充実しています。

大型ショッピングモールやデパート、スーパーマーケットが数多くあり、日常の買い物やショッピングに困ることはありません。

病院やクリニックも多く、専門的な医療サービスを受けられるため、健康管理も安心です。

幼稚園から大学まで教育機関も充実しており、子育て世代にも適した環境といえるでしょう。

文化や娯楽の面においても、首都圏は選択肢が豊富です。

劇場、映画館、美術館、博物館など、多彩な文化施設が揃っているため、週末や休日には多様な楽しみ方ができるでしょう。

スポーツクラブやジム、公園なども多く、健康的なライフスタイルを維持するための施設が充実しています。

インターネットや通信インフラも整っており、高速インターネット接続が当たり前のように利用可能です。

これにより、リモートワークやオンライン学習、オンラインショッピングなど、デジタルライフも快適になるでしょう。

上京就職のデメリット

上京就職のデメリット

続いて、上京就職のデメリットもご紹介します。

上京就職のデメリット
  • 物価が高い
  • 通勤ラッシュのストレス
  • 人間関係が希薄

上記のようなデメリットが考えられるでしょう。

一つずつ説明していきます。

物価が高い

上京就職のデメリットの一つは、物価が高いことです。

特に東京や大阪などの大都市は、家賃や食費、交通費などの生活費が地方と比べて高くなるでしょう。

例えば、都市部の家賃は地方の数倍になることが多く、収入の多くが住居費に消えることがあります。

日常生活に必要な商品の価格も高く、生活費全体が嵩む傾向があります。

これにより、たとえ高い給与を得ていても、実際の生活費の負担が大きくて経済的な余裕を感じにくくなる場合があるのです。

通勤ラッシュのストレス

都市部で働く際に避けられないデメリットとして、通勤ラッシュのストレスが挙げられます。

東京や大阪の主要な通勤時間帯は電車やバスが非常に混雑し、通勤が大きなストレスとなるでしょう。

毎日の通勤時間が長くなることも多く、仕事の前後で疲労感が増し、仕事のパフォーマンスに悪影響が出ることもあるでしょう。

通勤ラッシュの満員電車は身体的にも精神的にも負担が大きく、健康に悪影響を及ぼすこともあります。

人間関係が希薄

都市部での生活は、人間関係が希薄になりやすいというデメリットがあります。

地方ではコミュニティが強固で、近所の人々や職場の同僚と密接な関係を築きやすいです。

しかし都市部は忙しい人が多く、個々の生活が中心となるため、深い人間関係を築くのが難しいことがあります。

仕事や生活のペースも速いため、親しい友人を作る時間や機会が少なく、孤独を感じることもあるでしょう。

これにより精神的なサポートを受けにくく、ストレスを抱え込みやすくなることがあります。

アウェイ感を緩和させるには

ここでは、アウェイ感を緩和させるためのポイントをご紹介します。

アウェイ感を緩和させる方法
  • オンライン説明会から始める
  • 数をこなす
  • 同じ志望の仲間を作る
  • 都会の学生も不安があると認識する
  • 地元での就職も視野に入れる

上記のような方法で、アウェイ感を緩和させることができるでしょう。

オンライン説明会からはじめる

地方学生がアウェイ感を緩和するための一つの方法は、オンライン説明会から始めることです。

オンライン説明会なら自宅から参加できるため、移動や宿泊の費用を抑えつつ、多くの企業の情報を収集可能です。

特に初めての就職活動で企業選びに不安を感じている場合、オンライン説明会を通じて企業の雰囲気や仕事内容を知ることができます。

これにより自信を持って次のステップに進むことができ、アウェイ感を軽減できるでしょう。

数をこなす

就職活動において、数をこなすこともアウェイ感を緩和するための有効な方法です。

多くの企業の説明会や面接に参加することで場数を踏み、緊張感や不安を和らげることができるでしょう。

また、さまざまな企業や業界に触れることで、自分に合った企業を見つけやすくなります。

最初は不安を感じますが、経験を積むことで自信がつき、アウェイ感を感じにくくなってくるでしょう。

失敗を恐れず、積極的にチャレンジする姿勢が重要です。

同じ志望の仲間を作る

同じ志望を持つ仲間を作ることも、アウェイ感を緩和するために効果的です。

就職活動中に出会った学生や、同じ大学の友人と情報交換をすることで、最新の企業情報や選考対策を共有できるでしょう。

また、仲間と一緒に説明会や面接に参加することが精神的な支えとなり、不安を軽減することも可能です。

共通の目標を持つ仲間と切磋琢磨することでモチベーションが高まり、アウェイ感を感じることなく就職活動を進めることができます。

都会の学生も不安があると認識する

地方学生がアウェイ感を緩和するためには、都会の学生も不安を感じていることを認識することが重要です。

都会の学生も、就職活動において多くのプレッシャーや不安を感じており、決して完璧ではありません。

自分だけが不安を感じているわけではないと理解することで、心理的な負担が軽減するでしょう。

都会の学生と情報交換や意見交換をすることで、共通の悩みや不安を共有し、互いに励まし合うことができます。

地元での就職も視野に入れる

最後に、地元での就職を視野に入れることも、アウェイ感を緩和する一つの方法です。

地元での就職活動は慣れ親しんだ環境で行うことができるため、心理的な負担が少なくなります。

また、地元企業は地域の特性や文化を理解しているため、自分の強みを活かしやすい環境が整っています。

地元での就職も一つの選択肢として考えることで、都会での就職活動に対するプレッシャーを軽減し、よりリラックスして就職活動を進めることができるでしょう。

まとめ

地方学生は、都会の学生との情報格差や母数の違いからアウェイ感を感じやすいです。

しかし、オンライン説明会で場数を踏んだり、同じ志望の学生と連絡を取ったりすることで、アウェイ感を緩和させることができます。

そもそも本当に都会で就職したいのかを考え直すことも、有効です。

ぜひ本記事を参考に、地方学生の就活のアウェイ感を払拭してくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!