優しい人に向いてない仕事6選!優しい人に向いてる仕事も紹介!

優しい人に向いてない仕事6選!優しい人に向いてる仕事も紹介!

2024/6/25更新

はじめに

優しい人は他者から好かれやすいので、人と協力することが得意です。

しかし、優しい性格にはデメリットもあります。

「優柔不断」「自分の意見がない」「八方美人」などと思われてしまうことも少なくありません。

また、人に気を使いすぎたり、自分の意見を言えなかったりするため、ストレスが溜まりやすい傾向があります。

この記事では以下のような疑問を持っている就活生を対象としています。

対象
  • 優しい人に向いている仕事は?
  • 優しい人が多い企業の見極め方は?
  • 優しい人は職場でどのようにふるまえばいいの?

記事を読むことで、優しい人が選ぶべき職場や入社後の仕事の進め方が分かりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

優しい人とはどんな人?特徴と性格

優しい人の特徴と性格

優しい人は、人から好かれる得な性格ですがデメリットもあります。

ここでは、優しい人の特徴についてご紹介します。

優しい人の主な特徴

優しい人の主な特徴は、他者のことを思って行動できることです。

自分よりも相手のことを優先して、相手の立場に立って考えられる人が多い傾向があります。

優しい人は相手を許容し受け入れる心の広さを持っており、穏やかで怒ることが少ないでしょう。

とはいえ、優しい人の弱点として、人に気を使いすぎてしまうことが挙げられます。

相手の気持ちを考えすぎて、自分の意見を言えなかったり、我慢しすぎたりしてストレスを溜め込んでしまう人もいます。

多少の弱点はありますが、優しい人の最大の魅力は、思いやりがあって共感力が高いことです。

優しい性格は相手の気持ちを汲み取って寄り添い、相手のために一生懸命になれる、素敵な特性だといえるでしょう。

優しい性格のメリット

優しい性格には、さまざまなメリットがあります。

まず、優しい性格だと周囲の人から好かれやすく、よい人間関係を築きやすいものです。

優しい人は相手を思いやる心があるため、自然と人に好印象を与えられます。

また、人に親切にすると自分自身も気持ち良くなり、幸福感を得られるでしょう。

相手が喜ぶ姿を見ると、自然と幸せな気持ちになれるもの。

さらに、優しい性格だと職場でも協力的な態度をとれるため、高評価を得やすいでしょう。

優しい人は周りと良好な関係を築き、チームワークを大切にします。

その結果、仕事の成果にもつながり、上司や周囲からの評価も高くなる傾向にあるでしょう。

優しい性格のデメリット

優しい性格の人は多くの人から好かれる一方で、いくつかのデメリットもあります。

たとえば、誰にでもいい顔をする優しい人は、八方美人だと思われ、周囲から嫌悪感を抱かれることもあるでしょう。

優しすぎる態度が、かえって不信感を招く可能性があるのです。

また、優しい人は自分の感情や、やりたいことを後回しにしてしまいがちです。

相手のことを優先するあまり、ストレスが溜まったり、睡眠不足になったりしやすいでしょう。

自分の健康を犠牲にしてまで優しくする必要はないと覚えておきましょう。

さらに、相手のことを考えすぎるあまり、自分の意見を主張しづらいのも優しい人の特徴といえます。

優しい人に向いてない仕事6選

優しい人に向いてない仕事

優しい人は人と競争したり、他者に厳しい態度をとったりすることが苦手です。

ここでは優しい人に向いてない仕事を6つご紹介します。

①営業

営業の仕事は、優しい人には向いていない傾向があります。

なぜなら優しい人は競争が苦手だからです。

営業成績を上げるためには、競争心や負けん気も必要ですが、優しい人はそういった気持ちがあまり見られません。

また、営業の仕事ではときには強引さや押しの強さが求められます。

しかし、優しい人はそのような態度をとることに抵抗感を持ちます。

さらに、営業は相手から嫌がられることもあるため、些細なことを気にしないメンタルの強さが必要です。

優しい人は些細なことを気にしやすい傾向にあるので、相手から嫌がられることに耐えられない可能性があるでしょう。

その結果、相手の反応が気になってしまい、営業に集中できなくなってしまうかもしれません。

優しい人が営業の仕事で活躍するためには、工夫して自分なりのスタイルを確立することが大切です。

②経営者

優しい人はあまり経営者に向いていないと考えられています。

その理由の一つとして、経営者にはときに厳しい決断が求められるからです。

優しい人は、そのような決断を下すことが苦手な傾向があります。

たとえば、事業の撤退や社員のリストラなどは、会社の存続のためには必要な判断であることが多いですが、優しい性格の人だとなかなか決断できないかもしれません。

人情に流されてしまい、会社の将来よりも目の前の社員のことを優先してしまう恐れがあるのです。

また、会社を経営するためには、部下に厳しい指導をしなければいけないこともあります。

しかし、優しい人は部下との関係悪化を心配して、なかなか厳しく指導できないことがあるでしょう。

このように、優しい人は経営者に向いていないと考えられています。

厳しい決断力とリーダーシップが求められる経営者の役割は、優しい人にとってはハードルが高いのかもしれません。

③コーチ

優しい人にはコーチは向いていない可能性があります。

なぜなら、コーチは選手やクライアントに厳しい指導やフィードバックをしなければならないからです。

優しい性格の人は、相手の気分を悪くするのを怖がり、なかなか厳しい指導ができない傾向にあります。

また、コーチには、勝利へのこだわりや強い競争心が求められますが、優しい人はそういった点に物足りなさを感じることがあります。

④弁護士

弁護士の仕事は、優しい人にはあまり向いていないかもしれません。

その理由として、弁護士は相手方と対立することが多く、裁判や交渉の場面では強気な態度が求められることが多いからです。

優しい人はそのような強い姿勢をとることが苦手なものです。

クライアントの権利を守るためには、弁護士は言うべきことをしっかり言い、主張すべきことは主張しなければなりません。

しかし、優しい人は「他人を傷つけたくない」という思いが強く、強い態度に出ることをためらいがちです。

また、依頼者の利益を最優先するのが弁護士の仕事ですが、優しい人は対立相手の立場も考えてしまい、依頼者の利益を優先して動けない可能性があります。

そうなってしまっては弁護士として仕事を続けることは難しくなってしまいます。

このように、優しい人が弁護士の仕事をこなすのは大変であることを覚えておきましょう。

⑤販売員

販売員は商品の売り込みをする必要があるため、優しい性格の人には難しいかもしれません。

たとえば、優しい人は押し売りをしていると思われることを恐れすぎて、十分な売り込みができない可能性があります。

顧客の気持ちを考えるあまり、商品の良さを十分にアピールできないのです。

その結果、販売実績が伸びず、成果を上げられないかもしれません。

また、販売員はノルマや目標を課されていることが多く、常にプレッシャーとの闘いを強いられます。

優しい人はプレッシャーに弱い傾向があるため、ストレスに負けてしまう可能性があるでしょう。

販売の現場で求められるタフなメンタリティを維持することは、優しい人にとっては難しい課題となるかもしれません。

優しい人は、顧客のニーズを汲み取ることには長けているかもしれませんが、それを販売につなげるのは苦手だといえます。

⑥警察官

優しい人にとって、警察官は向いていない仕事である可能性が高いでしょう。

警察官は犯罪者に対して強い態度で臨む必要があり、優しい人はこのような場面で毅然とした態度をとることが苦手かもしれません。

たとえば、犯罪者を取り押さえる際、警察官は強い口調で指示をしたり、ときには武力を行使したりしなければならないこともあります。

しかし、優しい人はそのような場面で強硬な対応ができない可能性があります。

また、警察官は犯罪現場など危険な場面で活動しなければいけないことがあります。

そうした状況では冷静かつ迅速な行動が求められますが、優しい人は動揺しやすいため、適切な行動がとれない可能性があります。

優しい人は、人の気持ちを汲み取ることには長けているかもしれませんが、それが警察官の仕事においては弱点となる可能性があるのです。

優しい人に向いてる仕事6選

ここでは、優しい人に向いてる仕事を6つご紹介します。

①介護士

介護士は優しい人に向いてる仕事の一つです。

介護では高齢者や体の不自由な方に寄り添い、食事や入浴などのサポートをするのが主な仕事です。

優しい人は相手の立場に立って仕事ができるので、介護を受ける方にとっても安心できます。

また、優しい人は他者を助けることに喜びを感じやすいので、やりがいを持って仕事に取り組めるでしょう。

②看護師

看護師の仕事は、優しい人に向いています。

看護師は、病気やけがで苦しむ患者に寄り添い、そのケアを行う仕事であるため、思いやりの心が欠かせません。

優しい人は、患者の痛みや苦しみを理解し共感できるので、患者の立場に立つことができます。

また、看護師は患者の体の回復を直接支援できる仕事です。

優しい人は、患者の体の回復に伴う喜びに共感できるため、仕事にやりがいを感じやすいといえるでしょう。

また、優しい看護師であれば、患者も安心して療養に専念することができる点も見逃せません。

とはいえ、看護師の仕事は、体力的にも精神的にも負担が大きいので、優しさだけでなく、強い責任感とストレス耐性も必要不可欠であることを覚えておきましょう。

③保育士

保育士は、優しい人に向いている仕事です。

保育士は、まだ発達途上にある子どもたちを預かり、その成長を支援する仕事です。

子どもたちは、自分の感情をコントロールすることが難しく、ときには思うようにいかないことで泣いたり、怒ったりすることもあるでしょう。

そんな子どもたちに寄り添い、愛情を持って接することが保育士には求められます。

保育士は子どもたちと日々関わる中で、思いやりの心を持ち続けることが大切なので、優しさは保育士という仕事に欠かせない資質だといえます。

④カウンセラー

カウンセラーは、優しい人に向いている職業の一つです。

なぜなら、カウンセリングでは相手の気持ちに寄り添い、共感することが大切だからです。

優しい人は、相手の立場に立って物事を考えることができます。

たとえば、相談者が悩みを打ち明けた際、その気持ちを受け止め、適切な言葉をかけることができるでしょう。

また、相手の表情や声のトーンから、言葉になっていない感情を汲み取ることにも長けています。

さらに、優しい人は相手を受け入れる姿勢を持っているので、相談者も安心して心を開くことができます。

カウンセラーは優しい人の長所が活かせる職業だといえるでしょう。

⑤接客業

接客業は、優しい人に向いている仕事です。

優しい人は、相手の気持ちを考えながら行動することができるからです。

たとえば、お客様が商品選びで迷っているとき、優しい人であれば、お客様の立場に立って適切なアドバイスができるでしょう。

また、クレームを受けた際にも、お客様の気持ちに寄り添いながら、丁寧に対応することができるはずです。

さらに、優しい人は思いやりの心を持っているので、お客様に温かみのある接客を提供できます。

このように、優しさは接客業に欠かせない資質だといえます。

⑥NPO(非営利団体)スタッフ

優しい人に向いている仕事としてNPO(非営利団体)スタッフが挙げられます。

なぜなら、非営利団体は利益のみを求めるのではなく、社会的な課題解決を目的とした組織だからです。

優しい人は、他者の痛みや苦しみを自分のことのように感じ取る力があります。

そのため社会的弱者や支援を必要としている人々の立場に立って考え、行動することができるでしょう。

たとえば、貧困や差別に苦しむ人々を支援する非営利団体で働く場合、優しい人であれば、その人々の抱える問題に深く共感することができるはずです。

そして、心を込めて寄り添い、支援の手を差し伸べられるでしょう。

優しい人は、周りの人を思いやる心を持っているので、チームワークを大切にしながら、使命感を持って働くことができます。

このように、優しさは非営利団体スタッフに欠かせない資質だといえます。

もちろん、専門的なスキルや知識も必要ですが、優しい心があれば、支援を必要とする人々との信頼関係を築きやすくなるものです。

 

優しい人が多い企業の見極め方

優しい人が多い企業の見極め方

優しい人は相手の気持ちを考えすぎて、疲れやすい傾向があります。

そのため自分と同じように優しい人が多い職場を選ぶとよいでしょう。

優しい人が多い職場であれば、お互いに助け合いながら仕事ができるので、ストレスを感じにくいものです。

優しい人が多い企業の見極め方としては企業理念や価値観に「人間性を尊重」している旨が記載されているかをチェックするとよいでしょう。

それだけではなく社員のインタビューや口コミサイトなどで、企業の評判もチェックしておくと安心です。

優しい性格の人はほかの人より、企業選びに注意を払うようにしましょう。

 

優しい人が仕事で強みを発揮する方法

優しい人は「思いやりがある」「他者に好かれやすい」など、たくさんの強みがあります。

ここでは優しい人が仕事で強みを発揮する方法をご紹介します。

優しい人が職場で評価を得る方法

優しさを武器に、同僚や上司、部下との人間関係を良好に保てれば、きっとあなたの強みになるはずです。

優しい人は相手の気持ちを汲み取る力があるので、思いやりを持って接することができます。

こういった長所はチームワークを高め、職場の雰囲気を良くする上で、欠かせない能力です。

上司や同僚から信頼され、責任ある仕事を任せてもらいやすいでしょう。

とはいえ、優しいだけでは社会人として物足りないので、自分ならではの専門性も磨き、仕事の質を上げることも忘れないようにしてください。

優しさとスキルを兼ね備えていれば、周りから頼もしい存在だと思われるものです。

優しい人が職場で評価を得るには、強みを生かしつつ、専門性を磨くことが重要だと覚えておいてください。

職場でのコミュニケーションのとり方

優しい人が職場でスムーズなコミュニケーションをとるためには、自分の強みを活かすことが大切です。

優しい人は、相手の話をじっくり聞くことが得意です。

相手の意見を尊重し、その考えを理解しようとする姿勢は、コミュニケーションを円滑にする上で欠かせません。

たとえば、同僚が仕事の悩みを打ち明けてきたとき、優しい人であればその気持ちに寄り添い、一緒に解決策を考えられるでしょう。

このような姿勢は、チームワークを高めることにつながります。

ただし、優しい人は自分の主張を伝えるのが苦手な傾向にあります。

仕事をする上では、自分の意見を伝えるのが必要なケースもあるので、自分の考えを説明することに慣れておきましょう。

優しい人が職場でコミュニケーションをとるためには、相手の話を聞く姿勢と、自分の意見を伝える力のバランスが重要だといえます。

 

まとめ

この記事では、優しい人に向いてない仕事や向いてる仕事、優しい人が仕事で強みを発揮する方法などを解説しました。

優しい人は相手の立場に立って行動でき、自分より相手を優先できるので、人から好かれやすく信頼されやすいものです。

しかし、人に気を使いすぎてストレスが溜まったり、自分の言いたいことが言えなかったり、という弱点もあります。

この記事を参考に自分の強みと弱みを把握して、自分の能力が発揮できる環境を探すとよいでしょう。

あなたの就活の成功を願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!