湖池屋が行っているインターン内容とは?参加メリットや選考対策も紹介

湖池屋が行っているインターン内容とは?参加メリットや選考対策も紹介

2024/6/25更新

はじめに

本記事では、湖池屋のインターンシップや、選考対策のポイントなどを詳細に解説しています。

結論から言うと、湖池屋はインターンシップの選考であっても本選考で内定がでるレベルまで対策を進める必要があります。
勿論インターンシップのほうが合格者数の枠も多いですが、非常に人気が高く、エントリーする就活生もレベルが高いです。
確実にインターンに参加したいと考えているのであれば、対策は必須です。

特に以下のような就活生に向けて記事を執筆しています。

対象
  • 湖池屋の選考に参加したいけど、なにから初めていいか分からない
  • 湖池屋はインターンシップの選考対策を知りたい

そんな就活生に向けて執筆しているので、ぜひ最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

株式会社湖池屋の基本情報

株式会社湖池屋とは

出典元:湖池屋

社名株式会社湖池屋
本社所在地東京都板橋区
主な事業内容スナック菓子や機能性食品等の開発・製造および販売
主要取引先国内:10営業拠点
海外:台湾・香港・タイ・ベトナム 欧米

 

湖池屋(コイケヤ)は、日本を代表するポテトチップスの老舗メーカーであり、総合スナック菓子メーカーです。
1953年に創業された湖池屋は、日本産のじゃがいも100%を使用してポテトチップスを製造し続けています。
特に1962年に発売された「ポテトチップス のり塩」は、青のりとアオサの風味が特徴で、多くの人々に愛されています。

この商品は、1967年に日本で初めてポテトチップスの量産化に成功し、2022年には発売から60周年を迎えました。
社名の「湖池屋」は、創業者である小池和夫氏が、長野県諏訪地方の出身であることが由来です。
彼は会社を諏訪湖のように大きく成長させたいとの願いを込めて、自身の名前の「小」を諏訪湖の「湖」に変えました。

湖池屋は台湾、ベトナム、タイをはじめとする現地法人を中心に、欧米を含む世界各国で独自の事業展開を行っています。
これにより、湖池屋は日本国内だけでなく、グローバルな視点でも多くの人々に愛されるブランドとなっているのです。

湖池屋に必要とされる人材像

湖池屋に必要とされる人材像

未常識を形にする力を持つ人材

湖池屋が求めるのは、「未常識を形にする」力を持つ人材です。

既存の枠にとらわれず、新たな価値を見出し、それを形にする情熱と能力が求められるでしょう。

誇りとこだわり

湖池屋の社員は、自分の仕事に誇りを持ち、細部にこだわることを忘れません。

例えば、ポテトチップスを作る過程では、じゃがいもの状態を見極めながら最適な温度で揚げるといった職人技が必要です。

このような細やかな配慮が、湖池屋の高品質を支えています。

幅広い好奇心

湖池屋の社員は、未知の分野にも積極的に飛び込みます。

この幅広い好奇心が、新商品のアイデアを生む源となっているのです。

日々の経験や学びを蓄積し、それを商品企画に活かす姿勢が求められるでしょう。

野望と挑戦

湖池屋の社員は、大きな野望を持っています。

創業者の「ポテトチップスの美味しさを日本中に届けたい」という思いを引き継ぎ、今では世界中に湖池屋の商品を届けることを目指しています。

この野望を持ち続け、新しい市場を開拓する意欲が重要です。

人間味と情熱

湖池屋の社員は、人間味あふれる存在です。

仕事や商品に対する情熱が強く、一人ひとりが強い意志を持って取り組んでいます。

意見をぶつけ合い、より良いものを生み出すために努力を惜しまない姿勢が求められるでしょう。

 

必要とされる人物像
  • 未常識を形にする力
  • 自分の仕事に誇りを持ち、細部にこだわる
  • 幅広い好奇心を持ち、新しいアイデアを生み出す
  • 大きな野望を持ち、新しい市場を開拓する意欲
  • 人間味あふれる情熱と協力の精神

他にも調べればもっと出てくるはずですので、ぜひ読み込んで自分なりに箇条書きにしてください。

最終面接では役員や社長が面接官になる場合が増えますが、彼らは一緒に働くわけではなく、未来のために企業の方針を決めていく人たちです。

そうした方々に自身をアピールする際は、自分がこの会社に入ることで未来に変化を与えられるとイメージさせることが大事です。

ですので、終盤の面接では、この学生と一緒に働きたいかではなく、「この学生は未来の企業にとって必要か」で判断されることがあると思っておきましょう。

 

湖池屋のインターンに参加するメリット

湖池屋のインターンに参加するメリット

湖池屋のインターンに参加することで得られるメリットは、「未常識を形にする」という湖池屋の独自の企業文化を体験できる点です。
この経験を通じて、新しい価値を創造する力を身につけることができます。

新しい価値を創造する力を養う

湖池屋は、これまでにない価値を生み出すことを企業理念としています。
インターンシップではこの理念に基づいた実務を経験することで、自分自身の創造力を高めることができるでしょう。
湖池屋の成功事例である「コイケヤポテトチップスのり塩味」や「カラムーチョ」は、未常識を形にした成果の一例です。

実務経験を通じて成長できる

湖池屋のインターンでは若手にも裁量権が与えられ、実際の現場で課題解決に取り組む機会があります。
このような環境での実務経験は、迅速な成長につながるでしょう。
また、先輩社員からのフィードバックを受けることで、自己成長に繋がる貴重な学びを得ることができます。

チームワークを学ぶ

湖池屋のインターンでは、チームでのプロジェクトが多いです。
これによりチームワークの重要性を理解し、協力して目標を達成する方法を学ぶことができます。
湖池屋が大切にする「湖池屋らしさ」を体感しながら、自分自身の役割を見つけ出すことができるのです。

キャリアの方向性を見極める

インターンシップを通じて、湖池屋が提供する価値や企業文化を深く理解できます。
自分のキャリアの方向性を見極めるための、有益な判断材料が得られるでしょう。

新しいことに挑戦する姿勢や、成長意欲のある人にとって、湖池屋のインターンは理想的な環境です。

内定に直結しやすくなる

湖池屋のインターンシップは、内定に直結しています。

インターンシップ参加者の中で、特に優秀だと判断された場合、最終面談に呼ばれて内定が出るという流れです。

しかし、そもそもの目的は自社や業務内容の理解を深めてもらうことですので、ここですぐ内定が出なくとも、参加すること自体が採用担当者へのアピールになるでしょう。

ここでインターンに参加してない学生より業界理解・企業理解を深め、志望動機や自己PRの質を高めることで十分に内定率は高まります。

湖池屋が行っているインターン内容

湖池屋で過去に実施されていたインターンについて、概要を紹介します。

インターン内容

湖池屋のインターンシップは、参加者に企業理解を深めると共に、実務体験を通じて成長する機会を提供します。

以下に、その内容を詳しく説明します。

企業説明

湖池屋のインターンは、まず企業説明から始まります。
このセッションでは、食品およびスナック業界における湖池屋の立ち位置や独自のブランド戦略、社会貢献活動、そして組織文化について学ぶことができます。
湖池屋の強みや市場での役割を理解することで、企業全体のビジョンを掴むことができるでしょう。

若手社員とのグループワーク

若手社員とのグループワークです。
このセッションでは、湖池屋の社員が直面している「新しいユーザー層の獲得」という課題に取り組みます。
参加者はグループディスカッションを通じて、湖池屋ブランドの世界観を維持しつつ、新規顧客を引き付ける方法を考案することになるでしょう。
情報収集から始め、実際の企画案を作成するまでのプロセスを体験できるのです。

プレゼンテーションとフィードバック

グループワークの成果は、プレゼンテーションとして発表されます。
プレゼンテーション後には、マネージャー級の社員からビジネス視点での丁寧なフィードバックが行われます。
このフィードバックを通じて、参加者は具体的な改善点やマーケティングの考え方、資料作成のポイントなどを学ぶことができるでしょう。

湖池屋のインターンシップは、BtoC商品提案の面白さや、部門を超えた意見交換、そしてアイデアを形にする企業文化を体感する絶好の機会です。
実際の業務を通じて、湖池屋の魅力が肌で感じられます。
湖池屋のインターンシップは、プログラムの変更が生じる可能性があるため、予めご了承ください。

 

開催時期12月予定
実働日数1日、2~4日
場所東京
人数10 ~ 30人未満
会える人物部長・課長など管理職、若手社員・新入社員
交通費・宿泊費支給なし
応募締め切り11月30日

湖池屋のインターン選考対策

湖池屋のインターン選考対策

概要

湖池屋のインターンシップは、学生が実践的なビジネススキルを身につける絶好の機会です。

インターン生はさまざまな職種での経験を通じて、湖池屋のビジネスに直接関与することができます。

体験できる職種

インターンシップでは、以下のような職種での体験が可能です。

調査研究・マーケティング

市場調査や消費者動向の分析を通じて、マーケティング戦略の立案に携わります。

経営企画  

経営戦略の策定や実行をサポートし、企業全体の方向性を学びます。

企画・商品開発  

新商品のアイデアを考え出し、製品化までのプロセスを経験します。

営業(法人向け既存顧客メイン)  

既存顧客との関係を維持しながら、新たなビジネスチャンスを見つける営業活動を行います。

営業推進・販売促進  

販売戦略の立案や実施を通じて、商品が消費者にどのように受け入れられるかを学びます。

湖池屋のインターンシップは実務経験を積むだけでなく、自身のキャリアビジョンを明確にするための貴重なステップです。

さらに、インターンシップを通じて得た知識やスキルは、内定獲得への大きなアドバンテージとなります。

実際の業務に取り組むことで、自分の強みや弱みを理解し、自己成長を促すことができるのです。

また、企業文化に触れることで、将来の職場環境への適応力も養われるでしょう。

湖池屋のインターンシップは、内定に向けた一歩を踏み出す絶好の機会です。

部長や課長などの管理職とも直接会う機会もあります。

この貴重な接触を通じて、自分をアピールし、キャリアの方向性を具体化できます。

 

選考フローごとの選考対策

自己分析

自己分析は、インターンシップ内定において非常に重要なステップです。

自己分析を行うことで、自分自身の長所や短所、得意なことや不得意なことを客観的に把握することができます。

これにより、自分がどのような環境で最も力を発揮できるか、どのような役割が適しているかを明確にできるのです。

自己分析を通じて得た自分自身の特徴を理解することで、面接やエントリーシートでの自己アピールが効果的になります。

特に、湖池屋のような企業が求める人物像に自分がどのようにマッチするかを意識することが重要です。

例えば、湖池屋が求めるのは、創造力に富み、新しいアイデアを積極的に提案できる人材です。

このため、自分のクリエイティブな側面や独自の視点をアピールすることをおすすめします。

また、志望動機を具体的に考える際、定番の志望動機や学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)だけでなく、「他の食料品メーカーではなく、なぜ湖池屋なのか」を深く考えることが重要です。

湖池屋が持つ独自の企業文化や商品開発の姿勢に共感し、自分の価値観やビジョンがそれにどのように合致するかを明確に伝えることで、説得力のある志望動機を示すことができます。

自己分析をしっかり行うことで、自分自身の強みを最大限にアピールし、湖池屋の求める人物像にマッチすることを意識してください。

採用担当者に対して強い印象を残し、内定獲得への道を切り開くことができるでしょう。

 

業界研究・企業分析

インターンシップに参加する際、業界研究や企業分析は非常に重要です。

特に食料品メーカー業界を目指す場合、湖池屋が業界内でどのような立ち位置にあるのか、競合他社とどのように差別化を図っているのかを理解することが求められます。

例えば、湖池屋が独自の製品開発やマーケティング戦略で市場をリードしている点を知ることで、具体的な志望動機を形成できるでしょう。

さらに、食料品メーカー業界だけでなく、他の業界も研究することが重要です。

これにより、食料品メーカー業界を客観的に見ることができ、他業界との比較から新たな視点を得られます。

例えば、IT業界や製造業など、異なる業界の動向やトレンドを分析することで、食料品メーカーの強みや課題を浮き彫りにできるでしょう。

このような広範な業界研究は、エントリーシートや面接での受け答えにおいて大いに役立ちます。

自分の志望動機や自己PRを明確かつ説得力のあるものにするためには、深い業界理解が不可欠です。

例えば、「湖池屋のマーケティング戦略に魅力を感じ、貴社での経験を通じてさらに深めたい」という具体的な動機を述べることができます。

また、他業界の事例を引き合いに出すことで、自分の視野の広さや分析力をアピールできるでしょう。

業界研究と企業分析を徹底的に行うことで、単なる知識の習得にとどまらず、自分のキャリアビジョンを明確にし、面接やエントリーシートでの回答の質を向上させることができます。

湖池屋のような食料品メーカーでのインターンシップを成功させるためには、このような準備が不可欠です。

これにより、自信を持って志望動機や自己PRを伝えることができ、内定獲得への道を切り開くことができるでしょう。

 

エントリーシート作成

自己分析や企業分析がある程度進んだら、次はエントリーシートの作成に取り組みましょう。

過去に出題されたエントリーシートを参考にするために、ネットのサイトを活用すると効果的です。

これらのサイトで実際のESを見つけ、練習として書いてみましょう。

エントリーシートが完成したら、OB・OGや身近な社会人に見てもらうことを強くおすすめします。

第三者の視点からのフィードバックは非常に貴重です。

彼らは、自分では気づきにくいミスや分かりにくい表現を指摘してくれるため、エントリーシートの質を大幅に向上させることができます。

また、フィードバックを受けることで、自分のアピールポイントや書き方の改善点も明確になります。

複数回の修正を経て、より完成度の高いエントリーシートを仕上げることができます。

内定を目指すためにも、時間をかけて丁寧に取り組みましょう。

 

面接・GD対策

湖池屋のインターンシップでは、エントリーシートを突破した後、面接やグループディスカッション(GD)が行われます。

これらの選考プロセスをクリアするためには、入念な対策が必要です。

面接では、エントリーシートで記載した内容と一貫性を持たせることが重要です。

面接官は、あなたの志望動機や自己PRに関して具体的なエピソードを求めることが多いです。

企業側は、あなたがどのように企業に貢献できるかを知りたがっていますので、企業のミッションやビジョンに自分のスキルや経験がどのようにマッチするかを強調しましょう。

グループディスカッションでは、他の参加者と協力しながらディスカッションを進める能力が試されます。

ここでは、自分の意見を明確に述べるだけでなく、他のメンバーの意見を尊重し、議論を円滑に進めることが求められるのです。

リーダーシップを発揮する場合もあれば、サポート役に回る場合もあります。

柔軟に役割を変えられることが評価されるでしょう。

面接やグループディスカッションの対策を入念に行うことで、自信を持って選考に臨むことができます。

湖池屋のインターンシップを成功させるために、しっかりと準備を進めましょう。

湖池屋のインターン選考の流れ

湖池屋のインターン選考の流れは以下の通りです。

コースによって、内容が若干異なる可能性もあるため、参加したいコースの選考フローは事前に確認しておきましょう。

選考の流れ
  • プレエントリー(マイページ登録)
  • エントリー(エントリーシート提出・Web適性検査)
  • 書類選考
  • グループディスカッション
  • 個人面接
  • インターンシップ合否通知

さいごに

近年、早期から就活情報を取りに行く学生が増えており、その中でインターンの重要性は高まってきています。

また、インターンを学生の適性把握や優秀層の早期取り込みの手段として活用する会社が増えており、本来のインターンの目的とは少し趣が変わってきています。

従来にも増して、企業側は採用選考のためのツールとして利用することが当たり前の世界になってくるでしょう。

「所詮インターンだ」という軽い気持ちで臨むのではなく、本番さながらの臨戦態勢でシッカリと準備して参加することが重要です。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!