ヤマザキビスケットが行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

ヤマザキビスケットが行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

2024/6/25更新

はじめに

本記事ではヤマザキビスケットのインターンシップや、選考対策のポイントなどを詳細に解説しています。

結論から言うと、ヤマザキビスケットはインターンシップの選考であっても本選考で内定がでるレベルまで対策を進める必要があります。
ヤマザキビスケットで現在確認が可能なのは機械・電気エンジニア系のインターンの募集です。

その他のインターンの募集は現在見当たりませんが、その時期になったら情報が出る可能性があります。情報が出る時期には、ヤマザキビスケットの公式ホームページや求人サイトなどで確認が必要です。

機械や電気系のインターンの募集は若干名です。選考はなく、先着順となっています。

特に以下のような就活生に向けて記事を執筆しています。

対象
  • ヤマザキビスケットを受ける新卒の方
  • ヤマザキビスケットのインターンに参加したい
  • ヤマザキビスケットの選考に参加したいけど、なにから初めていいか分からない
  • ヤマザキビスケットの選考対策を知りたい

そんな就活生に向けて執筆しているので、ぜひ最後までご覧ください。

またインターンに参加するメリットなどについて書いた記事もあるので、ぜひ併せて読んでみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

ヤマザキビスケット株式会社の基本情報

ヤマザキビスケット株式会社とは

出典元

ヤマザキビスケット株式会社

社名ヤマザキビスケット株式会社
本社所在地東京都新宿区西新宿
主な事業内容ビスケットやポテトチップスなどの製造販売
主要取引先金融、製造、小売など各種大手企業

 

日本各地に支店や工場があり、従業員数は約1,000名といった、お菓子メーカーとしては大きな規模の企業の一つといえるでしょう。
ヤマザキビスケットの強みは、ロングセラー商品や人気商品が多いということが挙げられます。ヤマザキビスケットの主な商品は次のとおりです。

 

ビスケット→ルヴァンプライム、ルヴァン全粒粉クラッカー、ルヴァンクラシカル、ノアール、レモンパック、スイートシリーズ、ピコラなど

スナック菓子→チップスター、エアリアル、厚切り贅沢ポテト、プチコーンなど

 

ノアールやチップススターなど、知っている商品も多いのではないでしょうか。長年愛されているお菓子も多い印象です。
長年販売されていて、商品のファンも多くなっています。そのためこれからも安定して働ける企業の一つといえるでしょう。

ヤマザキビスケットの開発や製造、販売などの仕事があります。期間限定商品もあり、ヤマザキビスケットの力を入れている部分でもあるでしょう。

 

ヤマザキビスケットで募集されている職種は次のとおりです。

募集されている職種
  • 生産部門:製造(将来的な生産監督者、商品開発者、品質管理者など)
  • 営業部門:営業販売
  • 情報システム部門:情報システムの構築・運用
  • 管理部門:総務、人事、経理他
  • エンジニア部門:機械設備の設計、改良、保守保全

すべて総合職採用です。製造では、工場の作業員や監督者、商品開発者、品質管理などの仕事があります。営業では、ヤマザキビスケットの商品をお店においてもらえるようにするなどの仕事です。

情報システム部門では、PCを用いた情報の仕事です。事務の募集もあり、総務や人事、経理などの仕事があります。エンジニアでは、機械設備の管理などの仕事です。

自身の選考や特技を生かしてヤマザキビスケットで働きたい就活生にとって、魅力的な企業の一つとなっています。

ヤマザキビスケットに必要とされる人材像

ヤマザキビスケットの採用情報では、ヤマザキビスケットに必要な人材像として複数の項目を挙げています。

それらの内容から、「前向きな成長意欲」「柔軟性」「対人能力」など、上昇志向の強い人材を求めてることがわかります。
前向きな成長意欲では、思い通りにいかないことも乗り越えていけ、素直に努力を重ねていけるということが求められていることです。
柔軟性では、様々なことに柔軟に対応していける、価値観の違う人や文化の人にも対応が求められています。
対人能力では、人間関係を良好に築け、周りの人を巻き込んで進んでいく能力のことです。

 

そして次に、「未来のヤマザキビスケット」が求めている人物像を予測しましょう。

これは少し手間ですが、IRや企業が掲げている目標などを確認するのが1番手っ取り早いです。

ヤマザキビスケットの場合は、公式ホームページも参考になるでしょう。
ヤマザキビスケットが今後力を入れていくであろう分野や、配属比重などから考えるとキーワードとなりそうな言葉は以下のようになります。

必要とされる人物像
  • 安心安全な商品の提供
  • 新しいヒット商品の開発
  • 環境維持
  • 持続可能社会
  • テクノロジー
  • 行動心理学
  • IT
  • 環境維持

他にも調べればもっと出てくるはずですので、ぜひ読み込んで自分なりに箇条書きにしてください。

最終面接では役員や社長が面接官になる場合が増えますが、彼らは一緒に働くわけではなく、未来のために企業の方針を決めていく人たちです。

そういった方々に自身をアピールする際には、自分がこの会社に入ることで未来に変化を与えることができるとイメージさせることが大事です。

ですので、終盤の面接では、この学生と一緒に働きたいか、ではなく、「この学生は未来の企業にとって必要か」で判断されることがあると思っておいたほうがいいです。

 

ヤマザキビスケットのインターンに参加するメリット

ヤマザキビスケットのインターンに参加するメリットを紹介します。

仕事内容などが分かる

ヤマザキビスケットのインターンに参加するメリットは、仕事内容が分かるということではないでしょうか。

インターンでは実際の仕事の説明や仕事体験もあると思われます。そのため仕事内容について不安があるという方にもおすすめです。
また実際に社員と話す機会があり、どんなふうに1日を過ごしているかなどが質問ができます。また、どんな社員がいるか、職場の雰囲気なども分かるということがメリットです。
インターンに参加することで自分に合った会社か具体的に判断が可能になってきます。

内定に直結しやすくなる

ヤマザキビスケットのインターンシップは、実際に社員と関わる機会もあり優秀だと思われたら内定も有利に進む可能性があります。しかし基本的にインターンシップでは本格的な選考などは行われません。そのため、安心して参加して良いでしょう。

しかし、そもそもの目的は自社や業務内容の理解を深めてもらうことですので、ここですぐ内定が出なくとも参加すること自体が採用担当者へのアピールになるのです。

ここでインターンに参加してない学生より業界理解・企業理解を深めて、志望動機や自己PRの質を高めることで十分に内定率は高まるでしょう。

企業研究になる

ヤマザキビスケットのインターンに参加するメリットの一つは企業研究になるということです。インターンに参加するとどういった企業なのかという理解が深まり、エントリーシートや面接でさらにどうして志望したかを伝えられるようになってきます。
ヤマザキビスケットのインターンに参加することは企業研究にもなり、実際の選考の際にも活かせるようになることがメリットです。

ヤマザキビスケットが行っているインターン内容

ヤマザキビスケットで過去に実施されていたインターンについて、概要を紹介します。

インターン内容
  • 機械・電気系エンジニア向けインターン

これから、詳しく見ていきましょう。

機械・電気系エンジニア向けインターン

26卒向けに、2025年度に行われる予定の「機械・電気系エンジニア向けインターン」の概要は、以下の通りです。

開催時期2025年1月、2月
1日
応募資格機械・電気系学科の方(大学生、大学院生)
(または、エンジニア部門志望の理系学生の方)
場所オンライン(Zoom)
人数不明
報酬なし
交通費・宿泊費オンライン支給のため、支給なし

機械・電気系専攻または、興味がある、理系学生の方が対象のオンライン座談会です。

インターンの内容は次のとおりです。

インターンの内容
  • 製造設備の開発・改良
  • 製造設備の保守・保全
  • 工場の動力管理

製造設備の開発・改良は、当社製品の生産を実現する仕様を備えた最適な機械を導入するために設計や調整を行う仕事です。

製造設備の保守・保全は、機械をトラブルなく稼働させ、全国へ製品を安定的に供給するために、工場内の機械をメンテナンスする仕事となっています。

工場の動力管理は、数多くの製品を広大な工場で全て生産していて、そのための動力(水、電気、空気等)を全て管理する仕事です。

当日は仕事の内容を実際に業務として想定できるよう、グループワークを通した疑似体験を実施します。

各製造ライン上の機械の問題をテーマとして掲げ、その問題を正確かつスピーディにどのように改善していくのかを考えるワークを行えます。

その後、オンライン座談会もあり参加が可能です。

またインターン終了後には、社員からのフィードバックもあります。

 

 

ヤマザキビスケットでは他のインターン情報は確認できませんでした。現在は機械電気系のインターンの募集のみの情報のみです。しかし他の職種のインターンも開催される可能性があります。

インターンの時期が近くなってきたら、公式ホームページや求人サイトに情報が載ることが考えられます。ですので、インターンの時期が近づいてきたら情報を確認するようにしましょう。

ヤマザキビスケットのインターン選考対策

ヤマザキビスケットのインターン選考対策

概要

ヤマザキビスケットはインターンが内定に響く可能性もあるため、インターンの時期までにある程度準備を進めておく必要があります。

通常のインターンシップは興味本位で体験しにきたという学生も多いですが、ヤマザキビスケットの機械電気系のインターンでは、実際に社員と関わる機会もあります。その為良い印象があれば、選考が有利に進むことも考えられます。そのためマナーなどしっかりし、インターンに望むようにしましょう。

業界理解・企業理解を入念に行った上で、インターンに参加しましょう。

就活の準備にかかる時間は人それぞれですが、余裕をみて大学2年の冬には就活対策を始めておきましょう。

また、ヤマザキビスケットの選考では集団面談もあります。

集団面談は、個人面談とはまた違うので、ある程度学校や友人などと練習しておきましょう。

選考フローごとの選考対策

選考フローごとの選考対策を紹介します。

自己分析

自己分析をすることで、自身の長所・短所、得意・不得意を客観的に把握できます。

それらの自身の特徴を理解した上で、ヤマザキビスケットの求める人物像にマッチするようにアピールすることを意識しましょう。

定番の志望動機やガクチカだけでなく、「他の食品メーカーではなくて、なぜヤマザキビスケットなのか」を考え抜きましょう。

 

業界研究・企業分析

業界研究や企業分析をすることで、食品業界内でのヤマザキビスケットの立ち位置、競合他社との違いが見えてきます。

また食品業界以外の気になる業界も分析することで、食品業界を客観視できるため、その他の業界研究も行いましょう。

そうすることで、志望動機や自己PRなどエントリーシート・面接の受け答えをより一段とレベルアップできます。

 

ES作成

自己分析や企業分析をある程度進めたら、過去に出題されたエントリーシートをワンキャリアやユニスタイルなどで見つけて練習しましょう。

実際に書いたものをOB・OGや身近な社会人に見てもらい、気づきにくいミスや分かりにくい表現を指摘してもらうのがおすすめです。

 

面接・GD対策

エントリーシートを突破したら、面接やグループディスカッション(集団面談)が行なわれるため、その対策も入念に行いましょう。

ここではエントリーシートで記載したことと一貫性をもたせつつ、具体的なエピソードを基に志望動機や自己PRを伝えます。

集団面談では他の参加者と協力しながら、どんな立ち位置で振る舞うべきかを意識しながら取り組みます。

いずれも1人で対策するのではなく、友達同士や面接イベントなどで集団で練習しましょう。

ヤマザキビスケットのインターン選考の流れ

ヤマザキビスケットの機械電気系のインターン選考はありません。

先着順となっています。5~10人未満の募集です。そのためインターンの募集が始まったら早めに応募しましょう。
機械電気系は、専門分野のため、あまりライバルもいないように思えます。しかし余裕を持って、応募してインターンに参加できるようにしましょう。

ヤマザキビスケットの本選考の流れ

ヤマザキビスケットの本選考の流れを紹介します。

【選考の流れ】

  1. エントリー(マイページ登録)
  2. 会社説明会・適性検査
  3. エントリーシート提出
  4. 集団面談
  5. 個人面談
  6. 役員面談
  7. 合否通知

 

まずはヤマザキビスケットにエントリーを行います。エントリーは公式サイトにエントリーのボタンがありますので、そちらからエントリーのページに飛ぶことが可能です。
エントリーが終わったら会社説明会に参加してください。そして適性検査を受けます。エントリーシートも提出しましょう。エントリーシートの内容も大切です。志望動機や質問にもしっかりと答えられるようにしましょう。

書類審査に通ったら集団面談です。他の就活生とともに面談を受けます。集団面談に通ったら個人面談です。一貫性をもたせつつ、しっかりと答えていきましょう。個人面談が通ったら役員面談に進みます。そして内々定の通知が届き企業に就職が可能です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。近年、早期から就活情報を取りに行く学生が増えており、その中でインターンの重要性は高まってきています。

また、インターンを学生の適性把握や優秀層の早期取り込みの手段として活用する会社が増えており、本来のインターンの目的とは少し趣が変わってきています。

従来にも増して、企業側は採用選考のためのツールとして利用することが当たり前の世界になってくると思われます。

「所詮、インターンだ」という軽い気持ちで臨むのではなく、本番さながらの臨戦態勢でシッカリと準備して参加することが重要です。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!