インターンと授業どっち優先? 学生が知っておくべきポイントを解説

インターンと授業どっち優先? 学生が知っておくべきポイントを解説

2024/6/21更新

はじめに

インターンシップと授業、どちらを優先すべきか迷う学生は少なくありません。

インターンは実務経験を積む絶好の機会であり、就職活動に有利になる一方で、授業は学業の基盤を築く重要な要素です。

双方のバランスをどのように取るかは、将来のキャリアに大きな影響を与えるでしょう。

この記事では、「インターンと授業の優先度がわからない」、「インターンを断るポイントを知りたい」といった方に向けて、インターンと授業の優先順位を決めるためのポイントを解説します。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

企業が平日にインターンを開催する理由

企業が平日にインターンを開催する理由

インターンシップに参加しようとすると、平日に開催されることが多いことに気付くでしょう。

なぜ企業は平日にインターンを開催するのでしょうか。

以下では、企業が平日にインターンを開催する理由を解説します。

企業側のメリット

企業がインターンを平日に開催することには、さまざまなメリットがあります。

以下が企業側のメリットです。

企業側のメリット
  • インターン生のスキルや適性を見極められる
    インターン生にとって、実際の業務環境を体験する絶好の機会になります。これにより、企業はインターン生のスキルや適性を正確に評価できるでしょう。
  • 企業文化の理解
    社員の働く姿や企業文化を直接見せることで、インターン生に企業の魅力を効果的に伝えられます。
    したがって、企業は自社の魅力を広く伝えることができるでしょう。
  • PR活動としての活用
    インターンシップは優秀な人材を発掘する手段であると同時に、自社の魅力をPRするための重要な機会です。
  • 業務への参加
    インターン生が実際のプロジェクトに参加することで、企業は新しい視点やアイデアを取り入れることができるでしょう。

上記のメリットにより、企業は平日にインターンを開催することを選びます。

インターン生にとっても、企業にとっても、平日のインターンシップは有益なものになります。

学生との接点

平日にインターンを開催することで、インターン生が社員と接点を持つ機会が増えます。

平日は多くの社員が出勤しており、インターン生はさまざまな部署や職種の社員と交流する機会を得られます。

したがって、インターン生は企業の実際の業務をより深く理解し、企業文化や働き方について具体的なイメージを持てます。

また、平日にインターンを開催することで、インターン生は実際の業務プロセスに参加でき、貴重な実務経験を積めます。

インターン生は自身のキャリア形成に役立つスキルや知識を身につけることができ、企業にとっても有望な人材を早期に発見するチャンスとなるでしょう。

さらに、平日のインターンシップでは、インターン生は社員のリアルな業務環境を目の当たりにできるでしょう。

学生は企業の働き方や社風をリアルに感じ取れ、自分に合った職場かどうかを見極めることができるのです。

インターンに参加しないと就活時に不利になる?

インターンに参加しないことで、就職活動にどのような影響があるのか心配する学生も多いでしょう。

ここでは、インターンに参加しない場合の影響と面接時の対応について解説します。

インターンのメリット

インターンに参加すると、学生は実務経験を積むことができ、履歴書や面接で強力なアピールポイントとなります。

インターンは特定の業界や職種に対する理解を深め、自分の適性や興味を確認する機会です。

さらに、実際の職場環境や企業文化に触れることで、就職先選びの際にミスマッチを防げます。

ネットワーキングの機会も豊富で、人脈を広げることができるため、将来のキャリア形成において有利に働くでしょう。

インターン不参加の影響

インターンに参加しなくても、基本的に新卒選考で不利になることはありません。多くの企業はインターン経験がなくても、新卒採用の際には学業成績やエクストラカリキュラム、アルバイト経験などを総合的に評価します。

企業が重視するのは、学生がどのように自身の経験を活かしてスキルや知識を身につけ、どのように成長してきたかという点です。

たとえインターンに参加しなかったとしても、他の活動で得た経験や学びをしっかりとアピールすることで、就活を有利に進められます。

たとえば、アルバイトでのリーダー経験やボランティア活動での成果など、自分の成長や成果を具体的に示すことが重要です。

また、インターンに参加できなかった理由が学業や他の重要な活動によるものであれば、それらを正直に説明すると、企業側も理解を示してくれるでしょう。

面接時の対応

インターンに参加しなかった理由を面接で聞かれることがありますが、正直な返答が大切です。

授業やゼミのスケジュールが優先されたため参加できなかった場合、その旨をしっかりと説明しましょう。

学生の本分は勉学であり、その理由を正直に伝えることで面接官の理解を得られます。

さらに、インターンに参加しなかった代わりに何をしていたのかの具体的な説明も重要です。

たとえば、アルバイトで得たスキルやボランティア活動で学んだことなど、自身の成長につながる経験をアピールすると、面接官に対して強い印象を与えられます。また、インターンに参加しなかったことをカバーするために自己学習や専門分野の研究に力を入れた場合、その成果の具体的な説明も有効です。

授業とインターンが重なった時の対処法

大学の授業とインターンシップが重なってしまった場合、どちらを優先するか悩むことがよくあるでしょう。

学業とキャリアの両立を図るために、具体的な対処法を以下に紹介します。

授業優先の重要性

学生の本分は勉学であり、授業を優先することが基本です。

大学の授業やゼミは、将来の基盤を作る重要な時間になります。

とくに必修科目や専門分野の授業は、単位取得が卒業に直結するため、これを疎かにすることは避けるべきです。

具体例として、必修科目の試験日がインターンの最終日に重なった場合、試験を優先し、インターン先には事前に相談して日程を調整してもらうようにします。

学業を優先する姿勢は、企業側も理解を示してくれることが多いです。

インターン先への連絡方法

授業とインターンが重なった場合、速やかにインターン先に連絡することが重要です。

以下は具体的な連絡方法とそのポイントです。

電話で連絡

インターン先にまず電話で連絡を入れます。
電話連絡は迅速かつ確実であり、緊急の場合や即時対応が求められる場合にとくに有効です。
電話では、授業の重要性とインターン参加が難しい理由を丁寧に説明します。

メールで連絡

電話が繋がらない場合や詳細な説明が必要な場合は、メールで連絡します。件名は「本日のインターンシップ欠席のご連絡【〇〇大学〇〇】」など、ひと目で内容が分かるように工夫します。
メール本文では、授業との重複理由、授業の重要性、そして別日程でのインターン参加が可能かどうかを尋ねます。
ただ、メールでの連絡の場合でも、あらためて電話の連絡も行いましょう。

連絡内容

連絡内容は具体的で分かりやすくします。
授業の具体的な内容(例:期末試験、ゼミのプレゼンテーション)とその重要性を説明し、インターン先への理解と協力を求めます。
また、事前に授業と重なる可能性がある場合は、インターン開始前にその旨を伝えておくことも効果的です。

スケジュール変更が発生した場合の対応

スケジュール変更が発生した場合も、迅速かつ丁寧な対応が求められます。

以下の点に留意しましょう。

留意点
  • 謝罪の意を示す
    まず第一に、インターン先に迷惑をかけたことに対して、しっかりと謝罪の意を示します。
    謝罪と共に、次回の参加に対する意欲も伝えると、信頼関係を維持できるでしょう。
  • 予定がわかり次第連絡
    変更が判明した時点で速やかにインターン先に連絡します。
    インターン先が代替案を用意する時間を確保できるでしょう。
  • 別日程の確認
    可能であれば、別日程でインターンに参加できるか確認します。
    この際、自分の予定表を事前に確認しておくとスムーズに進行します。

インターンに参加しなくても就活は成功する?

インターンシップに参加しなくても、就職活動で成功することは十分に可能です。インターン未経験者が成功するための具体的な方法と、インターン参加者との差別化のポイントについて詳しく説明します。

インターン未経験でも成功する方法

インターンシップに参加しなくても、他の活動で得た経験を活かして就職活動を成功できるでしょう。

以下に具体的な方法を紹介します。

アルバイト経験の活用

アルバイト経験は、就職活動において非常に有益なアピール材料となります。

以下のポイントを押さえて自己PRに活かしましょう。

アピールポイント
  • リーダー経験
    アルバイト先でチームリーダーとして働いた経験がある場合、そのリーダーシップやチームマネジメント能力を強調します。
    たとえば、「飲食店でアルバイトをしていた際、シフトリーダーとして新しい従業員の教育を担当し、店舗の売上を前年比10%向上させました」と具体的な成果を述べると効果的です。
  • 顧客対応
    顧客対応のスキルはどの業界でも重宝されます。
    顧客のクレーム対応やサービス向上のための取り組みなどを具体的に説明しましょう。
    たとえば、「イベントスタッフとして働いた際、お客様からのフィードバックを元にサービスを改善し、顧客満足度を向上させました」といった具体例を挙げると良いです。
  • チームワーク
    チームとしての協力や協調性をアピールします。
    たとえば、「飲食店でのアルバイトでは、同僚との円滑なコミュニケーションを通じて、忙しい時間帯でも効率的に業務を遂行しました」と具体的なエピソードを交えると説得力が増します。

ボランティア活動の経験

ボランティア活動は、社会貢献意識やプロジェクトマネジメントの経験を示すのに適しています。

ボランティア活動の経験
  • 社会貢献活動
    地域イベントの企画運営やNPOでの活動などを通じて得た経験を具体的に説明します。
    たとえば、「地域の清掃活動を主催し、50人以上のボランティアを組織しました。
    結果として地域の環境が大幅に改善され、住民からの感謝の声が多数寄せられました」といった具体例を述べると効果的です。
  • プロジェクトマネジメント
    プロジェクトの進行管理やチームメンバーの調整などの経験をアピールします。
    たとえば、「NPOでの活動で、資金調達イベントを企画し、目標金額の150%を達成しました」と具体的な成果を示すと良いです。

学業や研究成果

学業や研究での成果は、専門知識や分析能力をアピールする上で重要です。

学業や研究での成果
  • 卒業論文
    卒業論文のテーマやその成果を通じて、問題解決能力やデータ分析力を強調します。
    たとえば、「卒業論文で○○の研究を行い、データ分析を通じて新しい知見を得ました。この経験を活かして、企業のマーケティング戦略に貢献できると考えています」と具体的に述べると良いです。
  • 学業の成果
    成績優秀者としての表彰や、特定の科目での高評価などをアピールします。たとえば、「学業においては、成績優秀者として表彰され、とくにデータサイエンスの分野で高い評価を得ました」と述べると効果的です。

インターン参加者との違い

インターンシップに参加していない場合でも、他の候補者との差別化を図れます。

自己PRの具体化

自分がとくに得意とするスキルや経験を強調し、それが企業にどのように貢献できるかを明確にします。
たとえば、「顧客対応力には自信があり、飲食店でのアルバイトを通じて培った顧客満足度向上の経験を活かして、貴社のカスタマーサポート業務に貢献したいと考えています」と述べると効果的です。

特定のスキルを強調

プログラミングスキルや語学力などを具体的な成果と共に示します。
たとえば、「Pythonを用いたデータ分析のプロジェクトで、効率化を実現し、処理時間を50%削減しました」と具体的な成果を述べると良いでしょう。

柔軟な対応力

短期間で新しいスキルを習得した経験や、多様な環境での適応経験を具体的に説明します。
たとえば、「短期間でデータベース管理のスキルを習得し、プロジェクトのデータ管理を担当しました。また、異なる文化背景を持つチームでのプロジェクトにおいても、円滑なコミュニケーションを図り、目標達成に貢献しました」と具体的に述べると効果的です。

学業とインターンを両立するためのコツ

学業とインターンを両立するためのコツ

学業とインターンを両立するためには、計画的なスケジュール管理と優先事項の明確化が不可欠です。

以下に具体的な方法を詳しく解説します。

優先事項を決める

学業を最優先にしつつ、インターンのスケジュールを調整することが大切です。

週の初めにその週の重要な授業や課題を確認し、それに基づいてインターンの出勤日を調整します。

学業の優先事項を明確にすることで、無理なく両立できます。

たとえば、試験前やレポートの提出が迫っている週には、インターンのシフトを減らし、学業に集中する時間を確保します。

反対に、学業が比較的余裕のある週には、インターンのシフトを増やして実務経験を積むなど、フレキシブルな対応が求められます。

さらに、インターン先とのコミュニケーションも重要です。

事前に学業のスケジュールを共有し、忙しい時期には柔軟に対応してもらえるようお願いしておくと安心です。

自身の健康管理も忘れずに。無理をしすぎず、バランスよく取り組むことが長続きの秘訣です。

スケジュール管理

学業とインターンの予定を一元管理することで、ダブルブッキングを防げます。

その際、カレンダーアプリを活用して予定を管理するのが効果的です。

授業やインターンの予定を色分けすることで、一目で把握できるようにしましょう。

毎週のスケジュールを見直し、必要に応じて調整することが大切です。

たとえば、週末にその週の予定を確認し、予定の重複や変更がないかをチェックします。

急な予定変更にも対応できるよう、スケジュールに余裕を持たせると良いでしょう。

なお、スケジュール管理のポイントは、長期的な視点で計画を立てることです。

たとえば、学期初めに授業のシラバスを確認し、重要な試験やレポートの締め切りを把握しておくことで、インターンとの両立がスムーズになります。

また、定期的な自己チェックを行い、予定の進捗状況を確認する習慣をつけましょう。

全休の日を作る

効率的なスケジュール管理の一環として、全休の日を設けることをおすすめします。

授業をできるだけ集中させて、全休の日を作り、その日をインターンや自主学習に充てます。

たとえば、月曜日と木曜日に授業を集中させ、火曜日と金曜日を全休の日とすることで、計画的にスケジュールを組めます。

全休の日を作ることで、まとまった時間を確保できるため、インターン先でのプロジェクトに集中したり、自主学習に充てたりすることが可能です。

また、計画的に休息を取ることも大切です。リフレッシュする時間を確保することで、長期的に両立を続けるためのエネルギーを保てます。

まとめ

この記事では、企業が平日にインターンを開催する理由や、インターンに参加しないことで就活に与える影響、学業とインターンを両立するための具体的な方法について解説しました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

企業が平日にインターンを開催する理由
  • インターン生のスキルや適性を見極めやすい
  • 企業文化を理解してもらいやすい
  • PR活動として活用できる
  • インターン生が実務に参加することで新しい視点を得られる
  • 社員との接点が増え、企業の魅力を効果的に伝えられる
インターンに参加しないと就活時に不利にはならない
  • インターン未経験でも他の活動でカバー可能
  • アルバイト経験やボランティア活動をアピールする
  • 学業や研究成果を強調する
  • 面接時には正直に理由を説明し、他の経験を具体的に示す
学業とインターンを両立するための方法
  • 優先事項を決める
  • スケジュール管理を徹底する
  • 全休の日を作る

インターンシップに参加するかどうかは個々の状況や目標によりますが、この記事で紹介したポイントを参考にして、自分に最適な選択をしてください。

もし、インターンに参加できない際は、正直に理由を話すことで企業も必ず理解してくれるはずです。

本記事が、学業とインターンの両立を図り、充実した学生生活と成功したキャリアを築くための一助となれば幸いです。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!