インターンシップの書類選考で成功するためのポイントとは?書類選考を突破するためのコツも解説

インターンシップの書類選考で成功するためのポイントとは?書類選考を突破するためのコツも解説

2024/06/03更新

はじめに

インターンシップの書類選考は、学生にとって重要なステップです。

企業はエントリーシートや履歴書を通じて、応募者の適性や熱意を評価します。

 

「インターンシップの書類の書き方がわからない」

「インターンシップで見られるポイントは?」

 

と考える方にも、わかりやすく解説します。

さらに本記事では、インターンシップの書類選考で成功するためのポイントや通過率をアップさせる具体的なコツを詳しく解説します。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

インターンシップ書類選考とは

インターンシップ書類選考とは

インターンシップの書類選考とは、学生が企業のインターンシッププログラムに参加するために必要なエントリーシートや履歴書を提出し、その内容を基に企業が応募者の適性や熱意を評価するプロセスです。

企業はインターンシップの書類選考で以下の点を重点的に確認します。

ポイント
  • 学歴と職務経験
    応募者の学歴やこれまでの職務経験が、インターンシップの内容にどれほど関連しているかを見ます。
  • 自己PR
    応募者が自分の強みやスキルをどのように表現しているかを評価し、その内容が企業の求める人物像と一致しているかを確認します。
  • 志望動機
    なぜその企業のインターンシップに参加したいのか、応募者の熱意や具体的な理由を重視します。

書類選考を通じて、企業は応募者の意欲や企業との適合性を判断し、次の選考ステップに進む候補者を選びます。

書類選考の準備が合否を大きく左右するため、応募者は自分をしっかりとアピールすることが重要です。

インターンシップ書類選考で見られるポイント

インターンシップ書類選考で企業が重視するポイントは多岐にわたります。

とくに以下の三つの点が重要です。

インターンへの意欲や熱意

企業は学生のインターンシップに対する意欲や熱意を最も重視します。

具体的なエピソードや目標を明確に示すことで、企業に対する強い興味と参加意欲をアピールしましょう。

エントリーシートや履歴書には、インターンシップに参加する理由や企業を選んだ背景を具体的に記載することが求められます。

具体的なアピール方法
  • 「なぜその企業を選んだのか」を明確にする
  • インターンシップを通じて学びたいことや目標を具体的に書く
  • 自分の経験を通じて意欲を示す

企業の価値観との一致

企業は学生の価値観が自社の文化やビジョンと一致しているかを確認します。

価値観が合わないと、インターンシップの期間中にミスマッチが生じる可能性が高いです。

企業研究を徹底し、企業のビジョンに共感できる点を明確に伝えることが重要になります。

企業研究のポイント
  • 企業の公式ウェブサイトを詳しく読む
  • 採用情報や企業理念などを理解する
  • 企業に関するニュースやプレスリリースをチェックする

社会人としてのマナーや常識

インターンシップ書類選考では、学生の常識やマナーも評価されます。

書類の書き方やメールの対応、面接での挨拶など、社会人としての基本的なマナーが身についているかどうかが見られます。

基本的なマナーは企業の第一印象に大きな影響を与えるでしょう。

基本的なマナーのチェックポイント
  • 書類には誤字脱字がないようにする
  • メールの文面を丁寧に仕上げる
  • 面接前には必ず挨拶や礼儀を守る

インターンシップ書類選考に落ちる主な原因

書類選考に落ちる主な原因は以下の通りです。

志望動機が不明確

応募者がなぜその企業やインターンシップに応募したのかが明確でない場合、採用担当者に熱意が伝わりにくいです。

志望動機が曖昧だと、企業側に「他の企業でも同じことを言っているのではないか」と感じさせてしまうことがあります。

また、具体的な理由やエピソードが欠けていると、応募者が企業や業界についてどれほど理解しているかがわかりません。

自己PRの具体性不足

自己PRが漠然としていて、具体的なエピソードや実績が欠けていると、応募者の能力や特徴が伝わりにくいです。

たとえば、「リーダーシップがあります」とだけ書かれていても、その具体的な場面や結果が記載されていないと説得力がありません。

採用担当者は、応募者がどのような状況でどのように行動し、どのような成果を上げたのかを知りたいのです。

書類の誤字脱字や不備

誤字脱字や不備があると、細かい点に注意が払われていない印象を与え、信頼性が損なわれます。

誤字脱字はもちろんのこと、フォーマットが整っていない、提出期限を守っていないなどの不備も致命的です。

企業は応募書類を通じて、応募者の基礎的なビジネスマナーや注意力を評価します。

誤字脱字が多い書類は、基本的なスキルが不足していると判断されかねません。

書類選考の通過率をアップさせる具体的なコツ

書類選考を通過するためには、他の応募者との差別化が重要です。

以下に具体的なコツを紹介します。

書き出しと締めを工夫する

書類の最初と最後に工夫を凝らすことで、採用担当者に強い印象を与えられます。

印象に残る具体的なエピソードの活用

書き出し部分は、採用担当者の興味を引くために非常に重要です。

たとえば、「学生時代に100人規模のイベントを成功させた経験があります」といった具体的なエピソードを冒頭に持ってくることで、読む側の興味を引きつけます。

具体的なエピソードを使うことで、自分の実績や能力をアピールできるはずです。

また、エピソードの中で自身の役割や成果を明確に示すことで、採用担当者に自分の強みを伝えられるでしょう。

強い意志を示す締めの言葉

締めの部分では、自己の志望理由や将来のビジョンを簡潔にまとめ、強い意志を伝えます。

たとえば、「御社の一員として、社会に貢献しながら自身のスキルを磨いていきたいと考えています」といった具体的な抱負を述べると効果的です。

これにより、志望の熱意と将来のビジョンを明確に伝えられます。

さらに、具体的な目標や計画を述べることで、自己の決意をより強調できるでしょう。

オリジナリティを持たせる

自分ならではの表現を用いて、他の応募者との差別化を図ります。

自分ならではの経験を具体的に表現

エントリーシートや履歴書には、自分の経験や考えを具体的に表現することが重要です。

たとえば、「大学のサークル活動でリーダーを務め、メンバー間の意見調整を行い、プロジェクトを成功させました」と述べることで、具体的な状況が浮かび上がります。

自身の経験を具体的に表現することで、採用担当者に自分の強みを伝えられるでしょう。

具体的なエピソードを交えることで、読み手に実際の状況がイメージしやすくなり、記憶に残りやすくなります。

定型文を避け、個性を出す

「学生時代に培った挑戦心で、未知の領域にも果敢に挑戦し続けます」というような独自の表現を用いると、自分の個性や意欲が伝わりやすくなります。

定型文ではなく、個性を出すことで他の応募者と差別化を図りましょう。

自身の経験や価値観に基づいたオリジナルの表現を用いることで、読み手に強い印象を与え、自分自身をアピールできるでしょう。

早めの応募

応募のタイミングも書類選考の通過率に影響します。

一次締め切りでの応募のメリット

複数の応募締め切りがある場合、できるだけ早めの一次締め切りで応募することを心掛けましょう。

早期に応募することで、競争が少なくなる可能性が高まります。

早めに応募することで、企業の第一印象を良くすることができ、選考の際に有利に働くことがあります。

早期応募での熱意と計画性のアピール

早めに応募することで、企業側に対する熱意や積極性をアピールすることができるでしょう。

たとえば、締め切りが3段階に分かれている場合、最初の締め切りで応募することで、企業側の印象が良くなります。

また、早い段階での応募は、計画性や行動力を示す機会にもなるはずです。

早めの応募は、企業に対する真剣さや意欲を伝えるだけでなく、競争の激しい後半の応募よりも有利な立場を得られます。

郵送の場合は挨拶状を添える

書類を郵送する際には、挨拶状を添えることで、丁寧な印象を与えられます。

丁寧な印象を与える挨拶状の書き方

挨拶状には、自分の応募に対する意気込みや感謝の気持ちを簡潔に書き添えましょう。

たとえば、「この度は応募の機会をいただき、誠にありがとうございます。御社で働くことを心より希望しております」といった内容を挨拶状に記載すると、採用担当者に対する礼儀や誠実さを示せます。

挨拶状を添えることで、書類全体の印象が良くなり、丁寧さや細やかな気配りが伝わります。

感謝の気持ちを伝える具体例

挨拶状を添えることで、書類全体の印象が良くなり、丁寧さや細やかな気配りが伝わります。

たとえば、「この度は貴重な機会をいただき、心より感謝申し上げます。書類をご確認いただければ幸いです」と書くことで、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

また、手書きのメッセージを加えることで、さらに温かみが伝わり、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。

挨拶状を添えることで、他の応募者との差別化を図り、選考を有利に進められるではずです。

インターンシップ書類選考に通るための事前準備

インターンシップ事前準備の光景

インターンシップ書類選考に通過するためには、しっかりとした事前準備が重要です。

以下が具体的な準備方法になります。

自己分析

自己分析は、自己PRや志望動機を作成するための基礎となります。

過去の経験を振り返る

自己分析では、自分の過去の経験を振り返り、強みや弱みを明確にします。

たとえば、学生時代に取り組んだプロジェクトアルバイト経験を通じて学んだことや、自分がどのような場面で力を発揮できたかを整理しましょう。

自己分析で、自分自身を深く理解し、自己PRや志望動機に具体的なエピソードを盛り込めます。

自分の価値観を把握する

自己分析では、自分の価値観や大切にしていることを明確にすることも重要です。

自分の価値観を把握すると、企業との相性や、自分がどのような職場環境で働きたいかを理解できるでしょう。

たとえば、「チームワークを大切にする」や「チャレンジ精神が強い」など、自分の価値観を具体的に言語化しましょう。

自己PRの作成

自己PRは、採用担当者に自分の強みを伝えるための重要な要素です。

具体的なエピソードを盛り込む

自己PRでは、具体的なエピソードを用いて自分の強みをアピールします。

たとえば、「大学のサークル活動でリーダーを務め、メンバー間の意見調整を行い、プロジェクトを成功させました」というように、具体的な状況や成果を明示します。

具体性を持たせることで、採用担当者に自分の能力を伝えやすくなります。

自分の強みを強調する

自己PRでは、自分の強みを明確に強調します。

問題解決能力が高い」や「コミュニケーション能力に優れている」といった強みを具体的なエピソードとともに述べることで、説得力が増します。

また、自分の強みが応募する企業や職種にどのように役立つかを説明することも重要です。

志望動機の作成

志望動機は、なぜその企業や職種を選んだのかを明確に伝えるための要素です。

企業研究を徹底する

志望動機を作成する際には、企業研究が欠かせません。

企業のホームページやニュース記事、採用情報などを通じて、企業の価値観やビジョンを理解します。

「御社のチームワークを重視する文化に共感し、自分のコミュニケーション能力を活かして貢献したいと考えています」といった具体的な志望理由を述べると効果的です。

自分の目標と結びつける

志望動機では、自分の目標やビジョンと企業の方向性を結びつけることが重要です。

たとえば、「御社でのインターンシップを通じて、マーケティングの実践的なスキルを身につけ、将来的には企業のブランド戦略に貢献したいと考えています」といった具体的な目標を述べることで、採用担当者に強い印象を与えられます。

適性検査の対策

適性検査は、書類選考の次に行われることが多く、しっかりと対策する必要があります。

試験内容を把握する

まずは、志望する企業が導入している適性検査の内容を把握します。

多くの企業ではSPIやWebテストを採用しており、それぞれの形式に合わせた対策が必要です。

たとえば、SPI対策用の問題集やオンライン模擬試験を活用して、出題傾向を掴みましょう。

計画的な学習

適性検査の対策は一朝一夕ではいけません。

計画的に学習を進めることで、試験当日に自信を持って臨むことができるはずです。

たとえば、毎日一定時間を使って問題集を解く、模擬試験を定期的に受けるなど、計画的に対策を進めましょう。

学習の進捗を確認しながら、苦手分野を重点的に復習することも重要です。

面接対策

面接は書類選考を通過した後の最終段階です。しっかりと準備しましょう。

模擬面接の実施

面接対策として、模擬面接を実施することが有効です。

大学の就職課やキャリアセンターで模擬面接を受けられます。

また、家族や友人に協力してもらい、実際の面接を想定した練習を行うこともおすすめです。

模擬面接では、自分の話し方や表情、姿勢などを確認し、改善点を見つけることができるでしょう。

質問の準備

面接では、よく聞かれる質問に対する準備をしておくことが重要です。

「自己紹介をお願いします」「なぜこの企業を志望したのですか」「あなたの強みと弱みは何ですか」などの質問に対する答えを事前に考えておきましょう。

また、自分のエピソードを交えて具体的に答えることで、説得力が増します。

身だしなみの確認

面接当日の第一印象を良くするために、身だしなみを整えましょう。

清潔感のある服装や髪型、靴の手入れなどを確認してください。

面接前には鏡で最終チェックを行い、面接官に好印象を与える準備を整えましょう。

インターンシップ選考に落ちた時の影響と次への活かし方

もしインターンシップ選考に落ちた場合でも、その影響と次にどう活かすかを考えることが重要です。

ここでは、選考に落ちた際の影響と、それを次のチャンスにどう活かすかについて解説します。

落ちた時の影響

インターンシップ選考に落ちることは、初めての挫折と感じるかもしれません。

しかし、落ちてしまった経験は今後の就職活動において重要な教訓となります。

自己評価の見直し

インターンシップ選考に落ちた理由を振り返ることで、自己評価の見直しができるはずです。

志望動機が曖昧であったり、自己PRが具体性に欠けていた場合、それを次にどう改善するかを考えるきっかけとなります。

モチベーションの低下

落選は一時的にモチベーションを下げることがあります。

しかし、この経験を乗り越えることで、自己成長の機会と捉え、より強い意志で次の挑戦に臨めます。

選考対策の強化

インターンシップ選考に落ちたことをきっかけに、選考対策の強化が求められます。

具体的な対策方法を見直し、次の選考に備えましょう。

次への活かし方

インターンシップ選考に落ちた経験を次に活かすための具体的な方法を紹介します。

自己分析の再評価

自己分析を再度行い、自分の強みや弱みを明確にします。

過去の経験を振り返り、自分がどのような場面で力を発揮できるかを整理します。

たとえば、学生時代のプロジェクトやアルバイト経験から学んだことを具体的に言語化しましょう。

企業研究の徹底

志望する企業の価値観やビジョンを深く理解するために、企業研究を徹底します。

企業のホームページやニュース記事、採用情報などを通じて、企業が求める人物像を把握し、それに基づいた志望動機を作成しましょう。

フィードバックの活用

過去の応募書類や面接で受けたフィードバックを活用し、改善点を具体的に反映させます。

書類の誤字脱字をチェックし、自己PRや志望動機の内容をより具体的にすることで、次の選考での合格率を高められます。

模擬面接の実施

面接対策として、模擬面接を実施します。

大学の就職課やキャリアセンターで模擬面接を受けることができ、実際の面接を想定した練習を行うことで、面接本番に向けた準備が整います。

積極的な応募

インターンシップに再挑戦するために、積極的に応募を続けます。

複数の企業に応募することで、選考の経験を積み、自信を持って選考に臨むことができるはずです。

とくに興味のある業界や企業には積極的に応募し、チャンスを広げましょう。

まとめ

インターンシップの書類選考を突破するためには、しっかりとした準備と工夫が欠かせません。

自己分析を通じて強みを明確にし、具体的なエピソードで自己PRの独自化が大切です。

また、企業研究を徹底し、志望動機を明確に伝えることで、企業の求める人物像に近づけます。

さらに応募のタイミングや郵送の際の丁寧な対応もポイントとなります。

今回の記事のコツを活かして、次のインターンシップ選考に向けて準備を進めましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!