面接で好印象を残す方法!印象アップの秘訣と実践のコツを解説

面接で好印象を残す方法!印象アップの秘訣と実践のコツを解説

2024/06/03更新

はじめに

就活生にとって面接は重要なステップであり、第一印象がその後の評価に大きく影響します。

たとえば、初めての就職活動に挑む新卒の学生や、転職を考えている社会人など、多くの人が面接での印象を気にしています。

本記事では、面接で好印象を残すための具体的な方法とポイントを詳しく紹介します。

面接官に対して自分の魅力を最大限にアピールし、成功に近づきましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

面接で好印象を残すには

面接待ちの就活生

面接は就活の重要なステップであり、第一印象がその後の評価に大きく影響します。

以下では、面接で好印象を残すための具体的な方法とポイントを紹介します。

面接で好印象を残すための第一歩

面接の第一印象は入室から数秒で決まります。

見た目や話し方といった情報が、合否を左右する重要な要素となります。

面接で好印象を残すためには、入室の際の態度や身だしなみが重要です。

とくに、入室時の挨拶や姿勢、初めて目が合った瞬間の表情が大きなポイントとなります。

ドアをノックし、入室してから座るまでの一連の動作で、面接官に好印象を与えることが求められます。

入室の仕方

ドアをノックし、返事を待ってから静かに入室します。

入室後は一礼して、「失礼いたします」と丁寧に挨拶をします。

短い時間でも、面接官は求職者の態度や礼儀を見ています。

姿勢

面接室に入ったら、背筋を伸ばして姿勢良く歩きましょう。

椅子に座るときも、背もたれに寄りかからず、姿勢を正します。

表情

入室して面接官と初めて目が合う瞬間に、自然な笑顔を見せることが大切です。

明るい表情は、親しみやすさや自信をアピールします。

メラビアンの法則

メラビアンの法則によると、面接の第一印象は言語情報(話す内容)が7%、聴覚情報(声のトーンや話し方)が38%、視覚情報(表情や身だしなみ)が55%を占めます。

とくに、視覚情報と聴覚情報に気を配ることが重要です。

さらに、メラビアンの法則を知ることで、見た目や声のトーン、話し方の重要性が理解できるでしょう。

視覚情報と聴覚情報を磨くことで、面接官に対して好印象を与える準備を整えましょう。

メラビアンの法則3要素

視覚情報

服装や髪型、表情が重要です。

スーツは清潔感のある色合いを選び、髪型は整えます。

表情は明るく、目をしっかりと合わせることで、好印象を与えます。

聴覚情報

声のトーンや話し方も大切です。

話す際には、ゆっくりとハキハキと話すことを意識しましょう。

声のトーンは明るく、親しみやすさを感じさせるものが好まれます。

言語情報

話の内容は全体の7%ですが、それでも重要です。

自己紹介や志望動機、強みや弱みをしっかりと準備し、自信を持って話すことが大切になります。

このように、メラビアンの法則を理解し、視覚情報と聴覚情報に気を配ることで、面接官に好印象を与えることができるでしょう。

第一印象は、面接の成功に直結する要素ですので、しっかりと対策を講じることが重要です。

面接の第一印象を良くするポイント

好印象を残すためには、いくつかの基本的なポイントに注意する必要があります。

以下のポイントを押さえておくことで、面接官に対して良い印象を与え、合否に影響を与えることができるでしょう。

身だしなみを整える

身だしなみは、第一印象を左右する非常に重要な要素です。

適切な服装や髪型は、プロフェッショナルであることをアピールするだけでなく、面接官に対して誠実さや真剣さを伝えられます。

男性

清潔感のある髪型

髪は短めに整え、前髪が目にかからないようにしましょう。

髪が乱れているとだらしない印象を与えてしまいます。

ひげの手入れ

ひげはきれいに剃るか、整えることが必要です。
ただ何か事情がない限り、ひげは無いほうが好印象とされています。

無精ひげは避け、清潔感を保ちましょう。

しわのないスーツ

スーツはビジネスシーンに適した落ち着いた色を選び、しわがないようにアイロンをかけておきます。

シャツも同様に、清潔でしわのないものを選びましょう。

女性

ナチュラルメイク

濃すぎない自然なメイクが理想です。

健康的で清潔感のある印象を与えられるように心掛けましょう。

清潔感のある服装

スーツは落ち着いた色合いのものを選び、パンツスタイルやスカートスタイルを好みに合わせて選びます。

服装全体が清潔であることが重要です。

表情・姿勢を意識する

表情と姿勢は、非言語コミュニケーションの重要な部分です。

これらを意識することで、面接官に対して自信や誠実さを伝えられます。

笑顔を忘れずに

笑顔は親しみやすさと自信を表します。

自然な笑顔を意識し、リラックスした表情を保つことが大切です。

背筋を伸ばして姿勢を正す

良い姿勢は自信と礼儀を示します。

背筋を伸ばし、肩の力を抜いてリラックスした姿勢を心掛けましょう。

アイコンタクトを意識する

アイコンタクトは、相手に対して真剣さと誠実さを伝える重要な手段です。

話すときは面接官の目をしっかりと見て、自信を持って話しましょう。

話し方に気を付ける

話し方は、面接でのコミュニケーションの質を左右する重要な要素です。

明瞭で自信に満ちた話し方を意識することで、面接官に良い印象を与えられます。

はっきりとした発声

自分の声が面接官にしっかりと届くように、はっきりと話します。

声が小さいと自信がないように見えることがあります。

適度な抑揚をつける

単調な話し方は退屈な印象を与えてしまいます。

抑揚をつけて話すことで、話の内容に興味を持たせることができるはずです。

ゆっくり話し、結論を先に述べる

緊張すると早口になりがちですが、意識してゆっくりと話すことが大切です。

結論を先に述べ、その後に具体的な内容を説明することで、面接官に理解されやすい話し方ができるでしょう。

【状況別】面接で第一印象を良くするポイント

面接の状況に応じて、第一印象を良くするための具体的な対策を紹介します。

対面面接だけでなく、マスクを着用する場合やオンライン面接にも対応する方法を学びましょう。

マスクをつけている場合

マスクをつけた状態での面接は、顔の表情が見えにくくなるため、とくに注意が必要です。

以下のポイントを意識して、好印象を与えましょう。

目元の表情に注意し、笑顔を意識する

マスクで口元が隠れているため、目元の表情が重要になります。

目を少し細めて、笑顔を意識すると良いでしょう。

声のトーンを明るくし、聞き取りやすくする

マスクをしていると声がこもりやすくなるため、普段よりも大きな声で明るく話します。

はっきりとした発声を心がけましょう。

オンライン面接の場合

オンライン面接は、対面面接とは異なる準備が必要です。

以下のポイントを意識して、スムーズに面接を進めましょう。

カメラ目線を意識し、背景の整理整頓を行う

カメラを見ることで、面接官と目が合っているような効果があります。

また、背景に余計なものが映らないように整理整頓し、シンプルな背景を心掛けます。

音声のクリアさを確認し、適度な身振り手振りを加える

マイクの音声がクリアであることを事前に確認し、音声チェックを行いましょう。

話す際には、適度な身振り手振りを加えることで、面接官に対して自然な印象を与えます。

面接の第一印象を良くするためには、状況に応じた適切な対策が求められます。

これらのポイントを実践することで、どのような面接でも好印象を残すことができるでしょう。

面接での受け答えの重要性

面接では、第一印象に加えて受け答えも非常に重要です。

面接官に対して自分を効果的にアピールするためのポイントを見ていきましょう。

面接で好印象を与える話し方

面接で好印象を与えるためには、話し方にも注意を払う必要があります。

まず、面接では結論から話すことが大切です。

たとえば、「私は貴社でのマーケティング戦略に貢献したいと考えています」と述べ、その後に具体的な理由や背景を説明します。

このアプローチにより、面接官に対して話の要点が明確に伝わり、理解しやすくなります。

次に、話すスピードにも気を付けましょう。

緊張すると早口になりがちですが、意識してゆっくり話すことで、面接官があなたの言葉をしっかりと聞き取れます。

これにより、落ち着いた印象を与えることができるでしょう。

さらに、話し方に抑揚をつけることも重要です。

単調な話し方は退屈に感じられるため、重要なポイントや感情を込めたい部分では声のトーンを変えるなどして、面接官の興味を引きつけましょう。

最後に、語尾までしっかりと発音し、言葉の終わりが曖昧にならないように気を付けます。

これにより、内容がはっきりと伝わり、自信のある印象を与えることができます。

面接で印象が悪くなる話し方

逆に、面接で印象が悪くなる話し方も存在します。

たとえば、語尾の言葉が不明瞭だと、自信がないように見えることがあります。

語尾をしっかりと発音し、丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。

また、相槌のタイミングにも注意が必要です。

適切な相槌を打つことで、相手に対する関心を示すことができますが、過度な相槌や不自然な相槌は逆効果となるため、自然なタイミングで行うことが大切です。

さらに、話し始める前に「えーっと」や「うーん」といった口癖を多用するのは避けましょう。

これらの口癖は、話の流れを妨げ、面接官に不安な印象を与えることがあります。

面接での話し方の例を紹介

具体的な自己PRや志望動機の話し方の例文を紹介します。

これを参考に、自分の話し方を練習しましょう。

【自己PRの例】

私は学生時代にリーダーシップを発揮し、学内のプロジェクトを成功させました。

とくに、チームメンバーとのコミュニケーションを大切にし、目標を達成するための計画を立てました。

これらの経験から得たリーダーシップとチームワークのスキルを、貴社で活かしたいと考えています。

【志望動機の例】

貴社の企業理念である『お客様第一主義』に共感し、自分の顧客対応スキルを活かせると考え志望しました。

これまでのアルバイト経験で培った顧客対応のスキルを、貴社でさらに発展させたいと考えています。

面接の話し方のコツをつかむための練習方法

面接の話し方のコツをつかむためには、練習が欠かせません。

まず、誰かに協力してもらい、本番に近い形で練習することが有効です。

友人や家族に面接官役を頼み、リアルな面接環境を再現します。

これにより、実際の面接に近い状況で練習でき、緊張感を持ちながら話すことができるでしょう。

また、自分の話し方を録音し、後で聞き返すことで、改善点を見つけることができるはずです。

話すスピードや抑揚、言葉の使い方などを客観的に確認しましょう。

さらに、事前に想定される質問をリストアップし、それに対する答えを準備しておくことも重要です。

何度も練習することで、自信を持ってスムーズに答えられるようになります。

面接前の準備が成功の鍵

面接に向かう就活生

面接の成功は、事前の準備にかかっています。

しっかりとした準備を行うことで、面接当日に自信を持って臨むことができるでしょう。

企業研究の重要性

面接前に企業研究を行い、企業の理念や事業内容の理解が重要です。

これにより、面接官との対話がスムーズになり、志望動機も具体的に伝えることができるでしょう。

まずは企業の公式ウェブサイトを訪れ、企業理念やミッション、ビジョン、事業内容などを詳しく調べましょう。

自己分析を徹底する

自己分析を徹底し、自分の強みや弱みの明確化が大切です。

これにより、面接官に対して自信を持って自分をアピールできるでしょう。

まずは過去の経験を振り返り、学生時代の活動やアルバイト、インターンシップなどの経験を整理しましょう。

それぞれの経験から学んだことや達成したことを明確にすることで、自分の強みやスキルを具体的に把握可能です。

次に、自分の強みやスキルを基に、自己PRを準備します。

具体的なエピソードを交えて話すことで、面接官に対してリアルな印象を与えることができるでしょう。

面接のリハーサルを行う

実際の面接を想定してリハーサルを行うことで、緊張を緩和し、スムーズに受け答えができるようになります。

まずは模擬面接を行いましょう。友人や家族に面接官役を頼み、リアルな面接環境を再現します。

リハーサルを行えば、面接本番に向けた練習が効果的になるでしょう。

さらに、模擬面接の後には、友人や家族からフィードバックを受けましょう。

話し方や内容、表情など、改善点を具体的に指摘してもらうことで、自分の弱点を克服できるはずです。

面接当日のポイント

面接当日は、細かなポイントに注意することで、さらに好印象を与えられます。

ここでは、具体的な当日の行動とその重要性について詳しく説明します。

入室時のマナー

入室時のマナーは、面接の第一印象を左右する重要な要素です。

まず、面接室に入る前に必ずドアをノックし、面接官の許可を得てから入室します。

ノックは3回が基本です。

ドアを開ける際には静かに開け閉めし、面接官に向かって軽くお辞儀をしてから「失礼いたします」と挨拶します。

この時、笑顔を忘れずに、はっきりとした声で挨拶することが大切です。

入室後は、面接官の指示があるまで立ったまま待ち、着席を促されたら「ありがとうございます」と一言述べてから座りましょう。

姿勢を正し、背筋を伸ばして座ることで、自信と礼儀正しさを示すことができます。

質問への適切な対応

面接官からの質問には、具体的かつ簡潔に答えることが求められます。

たとえば、「学生時代に力を入れたことは何ですか?」という質問に対しては、具体的なエピソードを交えて答えましょう。

「大学のサークル活動で、イベントの企画運営を担当し、予算管理やスポンサー交渉を行いました。その結果、過去最高の来場者数を達成しました」

といった具体例を挙げることで、自分の経験やスキルを明確に伝えることができるでしょう。

また、質問に答える際には、あらかじめ用意していた答えを繰り返すだけでなく、その場で考えたことや感じたことも加えて話すと、より自然で誠実な印象を与えるられます。

曖昧な回答を避け、具体的な事例を用いることが重要です。

面接終了後の礼儀

面接終了後には、感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

面接が終わったら、立ち上がって椅子を元の位置に戻し、面接官に向かって「本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました」とお辞儀をしながら感謝の意を示します。

この一連の行動が、礼儀正しさを強調し、面接官に好印象を与えます。

退室時も丁寧にドアを閉め、最後まで礼儀を守ることが大切です。

退室後に受付スタッフに対しても「ありがとうございました」と挨拶することで、会社全体に対する礼儀正しい態度を示すことができるでしょう。

面接後のフォローアップ

面接後のフォローアップも重要なステップです。

ここでは、面接後に行うべき具体的な行動について解説します。

お礼メールの送信

面接後には、お礼メールを送ることが大切です。

面接の当日に、できるだけ早く送るのが理想でしょう。

メールの内容は簡潔で構いませんが、誠実なお礼の言葉を伝えることが重要です。

たとえば、「本日はお忙しい中、面接のお時間をいただき、誠にありがとうございました。貴社の○○な取り組みに共感し、ぜひお力添えできることを楽しみにしております」といった内容を盛り込みましょう。


これにより、面接官に対する感謝の気持ちが伝わり、好印象を持続できるでしょう。

フィードバックを求める

面接の結果にかかわらず、フィードバックを求めることで、自分の改善点を把握し、次回の面接に活かせます。

面接後に、「今後の参考にさせていただきたく、もし可能であればフィードバックをお願いできないでしょうか」といった一言を添えることで、自分の成長意欲をアピールすることができるでしょう。

企業側も真摯に対応してくれる場合が多く、有益なアドバイスを得ることができるはずです。

再度の連絡

もし面接結果が長引く場合、再度の連絡を入れることで、企業に対する関心を示せます。

ただし、頻繁に連絡を取るとしつこい印象を与えてしまうため、適度なタイミングで行うことが大切です。

たとえば、面接から1週間が経過しても連絡がない場合は、「先日の面接について、結果をお伺いしたくご連絡いたしました。お忙しいところ恐縮ですが、ご確認のほどよろしくお願いいたします」といった内容で連絡を取ると良いでしょう。

まとめ

面接で好印象を残すためには、身だしなみを整え、表情や姿勢を意識し、話し方に気を付けることが重要です。

また、企業研究を徹底し、自己分析を行い、面接のリハーサルを通じて準備を整えることも大切になります。

今回の記事で解説したような、基本的な面接マナーを守ることで、自分の強みを最大限にアピールし、自信を持って面接に臨めるでしょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!