【業界研究】ベンチャーキャピタル業界は!特徴や向き不向きは?選考に役立つ情報を徹底解説!

【業界研究】ベンチャーキャピタル業界は!特徴や向き不向きは?選考に役立つ情報を徹底解説!

2024/6/3更新

はじめに

就活を成功させるためには、業界研究をしなければなりません。

業界独自の業務や特徴を知っていなければ、入社後にギャップを感じて長く続かないでしょう。

長く仕事を続けるためには、業界全体の将来も考えることも必要です。

そこでここでは、ベンチャーキャピタル業界について基本概要から業務内容、就活に役立つ情報をご紹介します。

この記事は以下のような点を知りたい就活生を対象にしています。

対象
  • ベンチャーキャピタル業界ってどんな仕事をするの?
  • ベンチャーキャピタル業界の就活難易度は高いか気になる
  • ベンチャーキャピタル業界の選考対策

ベンチャーキャピタル業界に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

また、ベンチャーキャピタル以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

ベンチャーキャピタル業界の就職難易度

ベンチャーキャピタル業界の就職難易度は難しいといえるでしょう。

競争が激しいからです。

需要に比べて供給が少なく、業界内でのポジションは限られています。

また、求められるスキルや経験が高度であり、通常は金融や投資バックグラウンドを持つ人材が求められるでしょう。

しっかり選考対策を行い、他の就活生に遅れを取らないようにしてください。

選考対策として業界理解を深めると同時に、エントリーシートを記載する段階で自己分析をしっかりと行うことと、面接の頻出質問にしっかりと対応できるように練習することが大切です。

後ほど具体的な方法を紹介しますので、是非最後までお付き合いください。

ベンチャーキャピタル業界とは?

ベンチャーキャピタル業界とは

ベンチャーキャピタル(VC)業界は、主にスタートアップ企業や新興企業に対して資金を提供する投資形態です。

ベンチャーキャピタルファンドは機関投資家や富裕層から資金を集め、革新的で成長ポテンシャルの高い企業に投資します。

投資は通常、シードステージ、アーリーステージ、レイターステージの段階に分かれており、それぞれ企業の成長段階に応じた資金を提供しています。

ベンチャーキャピタル投資は高リスク・高リターンで、多くの企業が失敗する一方で、成功した企業からは大きなリターンを得られるのです。

ベンチャーキャピタルファームは資金提供だけでなく、経営のアドバイス、ネットワーキング、次の資金調達ラウンドの支援なども行います。

エグジット戦略としては、IPO、M&A、セカンダリーマーケットセールなどがあり、投資のリターンを確保します。

近年、テクノロジー分野やインパクト投資への関心が高まり、グローバルな投資も増加中です。

ベンチャーキャピタル業界は、イノベーションを促進し、新たなビジネスの成長を支える重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

ベンチャーキャピタル業界の現状は?

ベンチャーキャピタル業界の現状を紹介します。

トピック1:テクノロジー分野への集中と進化

近年、ベンチャーキャピタル(VC)業界は、テクノロジー分野への投資を大幅に増加させています。

特に人工知能(AI)、ブロックチェーン、バイオテクノロジー、フィンテックなどの先端技術分野が注目されています。

これらの技術は、従来のビジネスモデルを破壊し、産業全体を変革する可能性を秘めているため、多くのベンチャーキャピタルファームがこれらの分野に注力しているのです。

例えば、AIはデータ解析や自動化の分野で革新をもたらし、ブロックチェーンは金融取引の透明性と効率性を高めるとされています。

このような技術分野への集中は、企業の競争力を高めるだけでなく、社会全体にも大きな影響を与えるでしょう。

例えば、バイオテクノロジーの進展は医療の進歩を促進し、新薬の開発や治療法の改善に寄与します。

また、フィンテックの発展は金融サービスの普及と効率化をもたらし、特に新興市場において金融包摂の促進に役立つでしょう。

このような技術分野への投資増加は、ベンチャーキャピタル業界が常に最先端の技術と市場動向を注視し、革新を推進するエンジンであることを示しています。

テクノロジーへの投資はリスクが高い一方で、成功した場合のリターンが非常に大きいため、多くのベンチャーキャピタルファームが積極的に取り組んでいるのです。

トピック2:グローバル化と新興市場への進出

ベンチャーキャピタル業界は、従来の主要市場である北米やヨーロッパに加え、アジア、中南米、アフリカなどの新興市場への投資を拡大しています。

このグローバル化の動きは、インターネットの普及やスマートフォンの浸透により、世界中のスタートアップ企業が市場にアクセスしやすくなったことが背景です。

例えば、中国やインドでは、巨大な消費者市場と急速な経済成長を背景に、テクノロジー分野のスタートアップが次々と誕生し、ベンチャーキャピタル投資の重要なターゲットとなっています。

新興市場への進出は、ベンチャーキャピタルファームにとって多様な投資機会を提供し、リスクを分散する手段です。

新興市場は未開拓のビジネスチャンスが豊富であり、特にインフラ、エネルギー、農業、金融サービスなどの分野で大きな成長ポテンシャルを持っています。

また、地元のニーズに特化したソリューションを提供する企業は、高い市場シェアを獲得する可能性があるでしょう。

一方で、新興市場への投資には特有のリスクも伴います。

例えば、政治的・経済的な不安定さ、法的・規制環境の不透明さ、文化的な違いなどが投資リスクを高めるのです。

そのため、ベンチャーキャピタルファームは現地パートナーとの連携や市場調査を徹底し、リスク管理を強化する必要があるでしょう。

グローバル化と新興市場への進出は、ベンチャーキャピタル業界の成長と多様化を促進する一方で、新たな挑戦と機会をもたらしています。

ベンチャーキャピタルファームはこれらの市場での成功を通じて、さらなる成長と影響力の拡大を目指している業界です。

ベンチャーキャピタル業界の未来は?

ベンチャーキャピタル業界の未来

ベンチャーキャピタル業界の未来を紹介します。

トピック1:テクノロジー主導のイノベーション

ベンチャーキャピタル(VC)の未来は、テクノロジー主導のイノベーションに大きく依存していると言えるでしょう。

人工知能(AI)、ブロックチェーン、バイオテクノロジー、量子コンピューティングなど、先端技術分野への投資が引き続き拡大すると予想されます。

これらの技術は従来の産業を変革し、新たな市場を創出する可能性を持っています。

ベンチャーキャピタルファームは、これらの分野でリーダーシップを発揮することが期待されているのです。

トピック2:インクルーシブで持続可能な投資

もう一つの未来の方向性は、インクルーシブで持続可能な投資の増加です。

社会的インパクト投資や環境・社会・ガバナンス(ESG)を重視する投資が増加しています。

ベンチャーキャピタルファームはこれらの価値観を取り入れたスタートアップに対して、積極的に投資を行うことが求められるでしょう。

これにより、社会的・環境的な課題解決に貢献しつつ、持続可能な経済成長を実現することが期待されています。

 

ベンチャーキャピタル業界の職種

ベンチャーキャピタル業界の職種

職種内容①:投資アナリスト

投資アナリストは、スタートアップ企業の評価や市場調査を行う職業です。

彼らは財務データを分析し、企業の成長ポテンシャルを見極めるためのレポートを作成します。

また、経営陣とのミーティングや業界動向の追跡も行い、投資判断をサポートもしています。

職種内容②:セキュリティエンジニア

投資マネージャーは、投資案件の管理と遂行を担当します。

投資アナリストの提供する情報をもとに具体的な投資決定を行い、投資後の企業の進捗をモニタリングするお仕事です。

さらに、エグジット戦略の計画と実行も担っています。

職種内容③:パートナー

パートナーは、ベンチャーキャピタルファンドの経営層であり、資金調達活動や投資戦略の立案を担当する職種です。

主要な投資決定を行い、ポートフォリオ企業の成長を支援するためのリソースを提供します。

また、業界ネットワークを活用して新たな投資機会も探すでしょう。

職種内容④:オペレーションディレクター

オペレーションディレクターは、投資先企業の運営支援を行う職種です。

スタートアップの経営課題を解決するための助言を提供し、事業開発、マーケティング、財務管理などの分野で専門的なサポートを提供します。

職種内容⑤:法務・コンプライアンスオフィサー

法務・コンプライアンスオフィサーは、ベンチャーキャピタルファームが法的規制を遵守し、適正な投資活動を行うためのサポートを提供する職種です。

投資契約の作成・レビュー、デューデリジェンスの実施、企業のガバナンス構造の整備などを担当します。

ベンチャーキャピタル業界の市場規模・推移

スタートアップの資金調達状況

日本におけるスタートアップの資金調達状況を見ていきましょう。

2019年は6000億円でした。

2020年は5554億円、2021年は8508億円、2022年は8774億円と、年々増えていることがわかります。

 

ベンチャーキャピタル業界の売上高ランキング

スタートアップへの投資件数ランキング

ベンチャーキャピタル業界に属する企業の売上高データはありませんでした。

上記は、2021年上半期の国内スタートアップへの投資件数ランキングとなります。

 

ベンチャーキャピタル業界の大手企業紹介

ベンチャーキャピタル業界の大手企業紹介

ベンチャーキャピタル業界の大手企業を紹介します。

  1. 三菱UFJキャピタル
  2. SMBCベンチャーキャピタル
  3. みずほキャピタル
  4. ジャフコ
  5. グロービス・キャピタル・パートナーズ

企業①三菱UFJキャピタル

三菱UFJキャピタル

出典元:三菱UFJキャピタル

 

三菱UFJキャピタル株式会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員としてベンチャーキャピタル業務を専門とする企業です。

1998年に設立され、スタートアップ企業や成長企業への投資を通じて、新興企業の育成と成長を支援しています。

主にIT、バイオテクノロジー、環境・エネルギーなどの分野で活動しており、国内外のベンチャー企業に対して資金提供や経営支援を行うことで、持続的な成長を目指している会社です。

 

企業②SMBCベンチャーキャピタル

SMBCベンチャーキャピタル

出典元:SMBCベンチャーキャピタル

 

SMBCベンチャーキャピタル株式会社は、三井住友フィナンシャルグループの一員としてベンチャーキャピタル業務を専門としている企業です。

2005年に設立され、スタートアップ企業や成長企業に対する投資と支援を行っています。

特に、情報通信技術、バイオテクノロジー、環境・エネルギーなどの分野での革新的な企業に注力しています。

資金提供だけでなく、経営サポートやネットワークの活用を通じて企業の成長と発展を支援し、日本経済の活性化に貢献していると言えるでしょう。

 

企業③みずほキャピタル

みずほキャピタル

出典元:みずほキャピタル

 

みずほキャピタル株式会社は、みずほフィナンシャルグループの一員として、ベンチャーキャピタル業務を行う企業です。

2002年に設立されました。

スタートアップ企業や成長企業に対する投資を通じて、革新的な技術やビジネスモデルを持つ企業の育成を支援しています。

主な投資分野はIT、バイオテクノロジー、環境・エネルギーなどです。

資金提供だけでなく、経営支援や事業戦略の立案、ネットワーキングのサポートも行い、企業の成長を促進します。

 

企業④ジャフコ

ジャフコ

出典元:ジャフコ

 

ジャフコグループ株式会社は、日本最大級のベンチャーキャピタル企業で、1973年に設立されました。

スタートアップ企業や成長企業に対する投資を行い、主にIT、ライフサイエンス、製造業など幅広い分野で活動しています。

国内外に豊富なネットワークを持ち、企業の成長を支援するために資金提供だけでなく、経営アドバイスや事業戦略のサポートも行っています。

ジャフコは新興企業の発展を促進し、持続的な経済成長に貢献することを目指している会社です。

 

企業⑤グロービス・キャピタル・パートナーズ

グロービス・キャピタル・パートナーズ

出典元:グロービス・キャピタル・パートナーズ

 

グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)は、日本を代表するベンチャーキャピタル企業で、1996年に設立されました。

主にインターネット、IT、バイオテクノロジー、エネルギーなどの分野で革新的なスタートアップ企業に投資し、これらの企業の成長を支援している会社です。

GCPは資金提供に加え、経営戦略の策定や人材ネットワークの活用を通じて企業の成長を促進します。

また、国内外の広範なネットワークを活かし、グローバルな視点から企業の発展をサポートしています。

ベンチャーキャピタル業界で働くメリット

ベンチャーキャピタル業界で働くメリット

ベンチャーキャピタル業界で働くと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、代表的な2つのメリットについて確認していきます。

メリット①多様な業界知識とスキルの習得

ベンチャーキャピタル(VC)業界で働くと、多種多様な業界やビジネスモデルについて深く学ぶ機会が得られるでしょう。

投資先企業の業績を評価するためには、IT、バイオテクノロジー、フィンテック、環境技術など、さまざまな分野の知識が必要です。

また、企業の成長戦略や市場動向を分析するため、ファイナンス、マーケティング、経営戦略などの幅広いビジネススキルも身につくでしょう。

これにより、ベンチャーキャピタルでの経験は他のビジネスキャリアにも応用できる高度な専門知識と汎用的なスキルの両方を提供しています。

さらに、起業家との密接な協力を通じて、実際のビジネス運営や問題解決のスキルも磨かれるでしょう。

これらの経験は、将来的に起業を考えている人や、企業の経営層を目指す人にとって非常に有益です。

メリット②ネットワークの構築とキャリアの成長機会

ベンチャーキャピタル業界では、幅広いネットワークを構築する機会が豊富です。

投資先の企業経営者や他の投資家、業界の専門家など、多くの有力なビジネスパーソンと接点を持てるでしょう。

このネットワークは、将来的なキャリアにおいて非常に価値があります。

ベンチャーキャピタル業界で築いた関係は、次のキャリアステップとしての起業や、他の企業への転職、さらには業界全体の動向を知るための重要な情報源です。

投資の成功に伴う報酬体系も魅力的で、成果に応じた報酬が得られるため、やりがいと自己成長の機会が大きいでしょう。

成功した投資案件が多くなると業界内での評価が高まり、より大規模なファンドの運営やトップレベルのポジションに就く機会が増えてきます。

ベンチャーキャピタル業界でのキャリアは経済的な報酬だけでなく、個人としての成長と専門性の向上を提供する点で、非常に魅力的です。

ベンチャーキャピタル業界で働くデメリット

ベンチャーキャピタル業界で働くデメリット

ベンチャーキャピタル業界で働くことはメリットだけではありません。

職業柄求められることが、人によっては耐えられない程辛いこともあります。

メリットだけで決めるのではなく、自分の適性も確認したうえで進むべきかどうかを判断しましょう。

ベンチャーキャピタル業界で働くデメリットには、下記のようなものがあります。

デメリット①リスクと不確実性の高い環境

ベンチャーキャピタル業界は、高いリスクと不確実性がつきものです。

多くのスタートアップ企業は成功しないまま消滅し、投資した資金が失われる可能性があります。

市場の変化や競合の動向など、外部要因によっても企業の成否は左右されるでしょう。

このような環境下で働くことは、常にリスクを抱えながらの作業であり、不確実性に対するストレスやプレッシャーが常についてきます。

失敗や損失を経験することは精神的にも負担が大きく、業務に対するモチベーションに影響を与える可能性があるのです。

デメリット②長時間労働と高い仕事量

ベンチャーキャピタル業界では、企業の成長や投資先の選定に向けて、常に多忙なスケジュールで働くことが求められるでしょう。

投資機会の発掘やデューデリジェンスの実施、投資先の企業との交渉など、業務には多岐にわたる作業があります。

特に投資プロセスの各段階での綿密な分析や意思決定には、時間とエネルギーがかかり、長時間労働が必要です。

また、投資先の企業の成長をサポートするためにも、多くの場合、深夜や週末にわたる仕事が発生するでしょう。

このような長時間の労働や高い仕事量によってワークライフバランスが損なわれ、健康や家庭生活に影響が出る可能性があります。

ベンチャーキャピタル業界への就活を成功させるためには

ベンチャーキャピタル業界への就活を成功させるためには

まずは、就活に関する基本的なことは業界関係なく対策が重要です。

エントリーシートのブラッシュアップ、面接対策は必ず徹底的に行いましょう。

また、この業界に向けて志望動機を書く際の注意点や、よくある志望動機などもまとめるとより理想的です。

その上で、志望動機を作る上で大切なポイントが4つあります。

それぞれの特徴とベンチャーキャピタル業界でよくある志望動機を見ていきましょう。

なぜベンチャーキャピタル業界なのか
  • なぜ数ある中からベンチャーキャピタル業界なのか
  • それは他の業界ではできないのか
なぜその企業なのか
  • 数ある中でなぜその会社を選んだのか
  • それは競合他社では達成できないことなのか
なぜその職種なのか
  • なぜそのジョブを応募したのか
  • 果たして他のジョブや全く関係ない業務でそれは達成できないか
以上の3つが自分のやりたいことや方向性とどうマッチするのか
  • まず以上の3つ内容に相違はないか、論理的に破綻していないか
  • そのうえで、自分が将来目指したいことや達成したいことにマッチするか

エントリーシート・面接頻出質問をご紹介

・なぜこの業界を志望しているのですか?

ベンチャーキャピタル業界に魅力を感じる理由は、新たなイノベーションの創出に貢献し、起業家の夢を支えることができる点です。

スタートアップ企業の成長を促進し、社会にポジティブな影響を与える機会は豊富です。

高いリターンを求めながらも、自身の経験と専門知識を活かしてビジネスに価値を提供できる点に魅力を感じます。

 

・なぜ弊社にご応募いただいたのですか?

グローバルな金融機関としての信頼性と豊富なリソースを活かし、世界中の革新的な企業の成長を支援する機会に魅力を感じるからです。

また、多様な業界や地域での投資先企業への投資とサポートを通じて、持続可能な社会の構築に貢献できることに意義を見出しています。

最先端のテクノロジーやビジネスモデルに触れながら、キャリアを発展させたいと考えています。

 

この質問返答を4つのフレームワークに当てはめて回答すると、以下のようになります。

なぜベンチャーキャピタル業界なのか

ベンチャーキャピタル業界を志望する理由は、革新的なアイデアや技術を持つスタートアップ企業の成長を支援し、社会にポジティブな影響を与えたいからです。

新たなビジネスの創出に貢献し、リスクと挑戦を恐れずに新しい可能性を追求する環境に魅力を感じます。

また、起業家と共に成長し、成功への道を切り拓くことで、自らも成長し、価値を創造する喜びを味わいたいと考えています。

 

なぜその企業なのか

その長い歴史と豊富な経験に裏付けられた信頼性と専門性にあります。

日本を代表するベンチャーキャピタル企業として、革新的な企業の育成と成長を支援し、社会に貢献してきた実績が魅力です。

また、幅広い業界や分野での投資とサポートを通じて、新たなビジネスの可能性を追求し、持続可能な未来を創造するチャンスを得られると期待しています。

経験豊富な専門家と協力しながら、イノベーションと成長に貢献することが、自身のキャリアにとって非常に意義深いと考えています。

 

なぜそのジョブなのか

財務分析や市場動向の研究を通じて企業価値や投資機会を正確に評価し、資産の最適な運用を支援したいからです。

経済やビジネスのトレンドに敏感であり、データと情報を分析することが得意です。

投資アナリストの役割は、的確な意思決定に影響を与えることができるため、自身の分析能力や洞察力を活かし、市場の変化に対応するチャレンジングな仕事に興味があります。

また、投資アナリストとしてのキャリアは、金融市場での専門知識と経験を深め、経済的な成果だけでなく、個人としての成長と専門性の向上をもたらす可能性があります。

 

以上の3つが自分のやりたいことや方向性とどうマッチするのか

ベンチャーキャピタル業界で投資アナリストとして働きたい理由は、革新的な企業の成長を支援し、社会にポジティブな影響を与えたいからです。

財務分析や市場動向の研究を通じて的確な投資判断を行い、新たなビジネスの可能性を追求したいと思っています。

経済的な成果だけでなく、自らの成長と専門性の向上を図り、持続可能な未来を築く貢献をしたいと考えています。

 

このように、自身の目標や将来のビジョンに対する現在の状況とのギャップを認識し、そのギャップを埋めるために貴社を志望するというロジックも一つのアプローチです。

また、具体的な面接対策に関する記事なども参考にしていただければ幸いです。

まとめ

本記事では、ベンチャーキャピタル業界について解説しました。

ベンチャーキャピタル業界では、スタートアップ企業への投資や成長支援、投資先の選定、デューデリジェンス、ビジネス戦略の策定、資金調達、経営支援、成果のモニタリングなどが行われます。

また、業界トレンドの分析や投資先企業との交渉も重要な業務です。

求められるスキルが高い分、やりがいや転職が有利になるため、気になっている方は実際の会社の説明会などに参加していきましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!