就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴と対策

おすすめ記事

就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴と対策

 

就職活動が不安だと感じる人の中には、「自分がコミュ障である」と自覚している人も多いと思います。

実際、コミュニケーション能力は企業が評価する1つの指標ですし、社会人になってからも必要とされる能力です。

 

そこで本記事では、就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴と対策について解説します。

 

自分がコミュ障であると自覚していて、就活に不安にある人には必見の記事です。

 

 

1.就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴

 

就職の際にコミュ障を発揮してしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

簡単にいうと、コミュ障とは「コミュニケーション障害」を発揮した言葉です。

 

でも、どの程度でコミュニケーションに障害があるといえるのかわかりませんよね。自分自身が自分のことをコミュ障だと感じていても、他人からみると全然そんなことないってのは往往にしてあります。

もちろん、その逆も然りです。

 

そこで本章では、就職活動の際にコミュ障を発揮する人の特徴を解説していきます。

おそらく大半の大学生がイメージするコミュ障とは多少違うと思うので、きちんと理解しておく必要があります。

 

 

1-1.会話のキャッチボールができない

 

まず、就職の際にコミュニケーション能力を発揮する人の特徴として会話のキャッチボールができないことが挙げられます。

会話のキャッチボールができない人には、ボールを投げ返せない人とそもそも相手が投げたボールをキャッチしようとしない人がいます。

 

前者は、相手の発言を理解して適切な言葉を返すことが難しい人のことを指します。

例えば、何か話題を振られても「はい」とか「そうですね」だけで会話が終わってしまって話が続きません。

みなさんがイメージするコミュ障に近いのかもしれません。

 

後者は、相手の発言に関係なく自分の喋りたいことだけを話してしまっているパターンです。

この場合は、喋る量は多いので一見コミュ障に見えないかもしれませんが、相手の発言と自分の発言が噛み合っていないことがないので、会話のキャッチボールが成立していません。

 

「そんなことないやろ」と思うかもですが、面接では結構やってしまいがちなので注意が必要です。この種のコミュ障は大学生の考えるコミュニケーション能力とは異なるかもしれませんね。

 

 

1-2.恥を極度に恐れる

 

次の就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴としては、恥を極端に恐れる傾向にあります。

 

というのも、極端に恥を恐れることで、話すこと自体が大きなリスクになってしまいます。

そして、「話さない」という選択肢をとることが多くなります。

当然ながら何も話すことができなければ、会話は成立しません。十分なコミュニケーションが取れているとは言い難いでしょう。

 

 

1-3.激しい人見知り

 

そして最後に解説する就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴は、人見知りが激しいことです。

人見知りであると、初対面の人への警戒心や不安が大きいので、打ち解けるのに時間がかかってしまいます。

初対面の人とコミュニケーションを取ることが難しいというのは、就職活動や働く上で非常に大きな欠陥となることは避けられません。

 

人見知りだからなあ…と避けてしまうのは簡単なので、なるべく自分から一歩踏み出すようにしましょう。

 

2.就職の際にコミュ障を発揮する人の対策

 

もし自分がコミュ障であると感じたとしても、就職しようと思うと就職活動は避けられません。

そこで本章では、自分がコミュ障であると感じた方向けの対策を紹介していきます。

 

2-1.企業が求めるコミュニケーション能力を理解する

 

まず、就職の際にコミュ障を発揮する人が行うべき対策として、企業がコミュニケーション能力について理解する必要があります。

 

企業は喋りが上手い人を欲しているわけではありません。

 

一般的に最低限必要なコミュニケーション能力とは、

 

・会話のキャッチボールができる

・最低限の報告・連絡・相談ができるかどうか

・お客様に迷惑をかけないかどうか

・働いていて不快感がなさそうか

この辺りです。

 

このように喋りが上手いことは、コミュニケーション能力に関して必須条件ではありません。逆に喋りが上手かったとしても、報告・連絡・相談ができない人はたくさんいます。

このように、企業が求めるコミュニケーション能力を理解することで、無理に喋りを上手く見せる必要がないことが理解できます。

 

2-2.面接練習をしっかり行う

 

次の就職の際にコミュ障を発揮する人向けの対策は、面接練習をしっかり行うことです。

 

面接練習のしすぎでテープレコーダーのように発言してしまったり、自分の喋りたいことだけを話してしまうのも問題ですが、ある程度の面接練習は必須といえます。

少なくとも基本的な面接のポイントは抑えておく必要があります。

 

・明るくハキハキと発言する

・わかりやすく論理的に説明する

・敬意を持って面接にいく

最低限この辺りのポイントは意識しておくべきでしょう。

 

「これくらいできてるよ」みたいな人も多いかと思いますが、客観的に見てみる必要があります。面接練習をして他人からのフィードバックをもらうようにしましょう。

もしくは、スマホ等で動画を撮って確認してみるのも効果があるはずです。

 

そこで感じた自分の欠点を1つずつ修正して、本番の面接を迎えましょう。

 

 

2-3.コミュニケーション能力を鍛えられる職に就く

 

次の就職の際にコミュ障を発揮する人向けの対策は、コミュニケーション能力を鍛えられる職に就くことです。

 

難易度は高いですが、「コミュニケーション能力がないから、コミュ力が求められる環境で成長したい」的なことをアピールすれば可能です。

自分のネガティブな特徴を就職活動で押し出すことは勇気がいりますし、伝えること自体も難しいですが、説明できるのであれば十分な志望動機になり得ます。

 

また、就職活動の中で伝え方を工夫することで、コミュニケーション能力が向上する可能性も十分に考えられます。

 

 

2-4. 高度なコミュニケーション能力が求められない職に就く

 

次の就職の際にコミュ障を発揮する人向けの対策は、高度なコミュニケーション能力が求められない職に就くことです。

 

高度な」と表現したのは、コミュニケーション能力が全く求められない職業はないからです。

しかし、コミュニケーション能力よりも「技術力」や「体力」が求められる職業というのは存在します。

そのようなコミュニケーション能力以外が高く評価される職業に就くことで自分の強みを最大限に活かすことができる可能性もアップします。

 

 

3.就職をきっかけにコミュ障を克服する方法

 

前章ではコミュ障向けの対策を紹介しましたが、コミュ障を克服できるのであれば、それが1番です。

そこで本章では、就職をきっかけにコミュ障を克服する方法について解説します。

 

3-1.挨拶をきちんとしよう

 

第一の就職をきっかけにコミュ障を克服する方法として、挨拶をきちんとすることが挙げられます。

挨拶はコミュニケーションの基本中の基本です。

 

特に初対面の人に対しては、第一印象を左右することになるので非常に重要になってきます。しかも、挨拶は定型文なので、内容を考える必要もなく、費用対効果は抜群です。

 

まずは、相手の目を見てきちんと挨拶ができるようになりましょう。

 

 

3-2.他人に反応を過度に気にしない

 

次の就職をきっかけにコミュ障を克服する方法は、他人の反応を過度に気にしないことです。

コミュ障の特徴で「恥を極端に恐れる」というのがありましたが、他人の反応を過度に気にしなければ、恥を掻くことはありません。

 

特に就職活動では、「会うのはこの一度きり!」なんて人も少なくありません。そんな場面では、他人が恥をかいていてもすぐに忘れますよね。

 

良い意味で他人の反応に鈍感になることで、コミュ障を克服できる可能性はアップします。

 

 

3-3.笑顔を心がける

 

3つ目の就職をきっかけにコミュ障を克服する方法は、笑顔を心がけることです。

 

笑顔の効果は絶大です。笑顔なだけでコミュニケーションは円滑になっていきます。

本記事を読んでいるあなたも、不機嫌そうな人と話すよりも、笑顔の人と会話したいですよね。他の人も同様です。

 

もちろん、場面によっては引き締まった表情の方がいい場合もあるかもしれませんが、基本的には穏やかな表情でいることは有利になります。

 

 

3-4.相手の話をきちんと聞く

 

最後の就職をきっかけにコミュ障を克服する方法は、相手の話を聞くことです。

こちらもコミュ障を発揮する人の特徴で解説した通り、相手の発言をしっかり聞いて会話を継続させることは重要です。

 

そして何より、相手の話を聞くことはコミュニケーションの基本です。なんとなく会話が噛み合わないと感じたのであれば、一度立ち止まって相手の話を理解しているかどうか自分自身に聞いてみましょう。

 

何か気になることはあれば、相手に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

まとめ コミュ障でも一歩踏み出せるのであれば就職は問題ない

 

本記事では、就職の際にコミュ障を発揮する人の特徴と対策について解説しました。

 

コミュ障でも就職は十分可能ですし、コミュ障であることを自覚して、対策をしていれば自然と克服できるはずです。

 

むしろ1番怖いのは、自分がコミュ障であると自覚しているがゆえに、就活での失敗に関してコミュ障を言い訳にしてしまうことです。そうならないよう、本記事を読んでいる人には、何かしら一歩を踏み出してもらえたらと思います。

 

本記事が自分がコミュ障であると自覚していて、就活に不安にある人の参考になれば幸いです。

 

 

面接対策も

ジョーカツのキャリアアドバイザーがサポート !

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

コンサル業界についても深掘りできちゃいます!

都内8箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 「就活のお金がない、どうしよう」に答えます!
  • 【2020年1月版】就活と景気の関係について解説します
  • 就活における「お礼メール」の必要性とマナー

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー