手書きで履歴書を作成するときのマナーを徹底解説!丁寧に書いて志望度の高さをアピールしよう

手書きで履歴書を作成するときのマナーを徹底解説!丁寧に書いて志望度の高さをアピールしよう

2024/5/24更新

はじめに

最近は履歴書をパソコンで作成することが一般的になっていますが、企業によっては手書きの履歴書を求められることもあります。

また、手書きで履歴書を作成することは、自分の熱意をアピールするためにも効果的な気がしますよね。

実際、採用担当者のなかにはパソコンで作成された履歴書よりも、手書きの履歴書の方が人柄がわかって良いとする人もいます。

そこで本記事では、手書きで履歴書を作成する際のマナーについて解説します。

 

この記事は特に以下のような疑問を持つ就活生に向けて書かれています。

対象
  • 履歴書は手書きしても良いのか気になる
  • 手書きで履歴書を作成する場合、どのようなことに気を付けるべき?
  • 手書きの履歴書で熱意をアピールするにはどうすればいい?

これらの疑問を持つ就活生の皆さんは、ぜひ最後までご覧ください!

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

履歴書は手書きでもいい?

履歴書は手書きでもいいか

結論:指定がなければ履歴書は手書きでもいい

履歴書はパソコンで作成するのが一般的になりつつある昨今ですが、企業から特に指定がない場合は手書きでの提出も全く問題ありません。

実際に、手書き履歴書を求める業界や企業も存在します。

例えば人と接することが多い業種や、地方の中小企業などにおいて手書きの履歴書が好まれる傾向にあります。

飲食業界や美容業界では対人スキルが非常に重視されるため、手書きの履歴書からその人の丁寧さや人柄を判断されることがあります。

他にも「手書きでの履歴書は、その人の細やかな気配りや熱意が伝わる」と評価する企業も少なくありません。

一方で、パソコン作成の履歴書が好まれるケースも確かにあります。

これは、特にITスキルが求められる業界や若年層が多い企業では、パソコンで効率良く、かつ一定のフォーマットで情報を整理して提出することが求められることが理由です。

しかし、これに対しても「企業によって好みが分かれる」というのが現状です。

 

従って、応募先の企業から明確な指示がない限りは、自分が最も自信を持って、また情熱を込めて作成できる方法を選択することが大切です。

手書きであれば、その丁寧な筆致が熱意を伝え、パソコン作成であれば、そのクリアな構成が企業への適性を示すことになります。

履歴書の作成方法に正解はなく、それぞれのスタイルがその人の個性や志望動機を如実に表現する手段となり得るのです。

採用担当者は手書きの履歴書をどう評価するか

採用担当者は手書きの履歴書をどう評価するか

採用担当者は手書きとパソコン作成のどちらを好むか

履歴書の作成方法について、手書きとパソコン作成、どちらが採用担当者にとって望ましいのでしょうか?

この問いに対する答えは意外にも「どちらでもかまわない」というものが多いです。

近年の調査によると、採用担当者の中で最も一般的な意見は、履歴書の形式よりも内容が重要だという考え方です。

「doda」による調査結果では、回答者の約43%が「どちらでもかまわない」と答えており、履歴書を選考する際に最も重視するのは「履歴書の清潔感や整理された内容、具体的な経歴やスキルが正確に記載されているか」という点です。

つまり、手書きの履歴書でもパソコンで作成した履歴書でも、内容が適切に整理されていて情報が正確であれば、それで良いとされています。

 

採用担当者は手書きの履歴書のどこを見る?

手書きの履歴書が持つ独特の価値は、その中から応募者の人柄や性格が伺える点にあります。

採用担当者が手書きの履歴書を評価する際に特に注目するのは、以下の要素です。

 

字の丁寧さ

手書きの履歴書では、まず字の丁寧さが目につきます。

きれいで均一な字からは、その人が細部に注意を払い、物事を丁寧に行う性格であることがわかります。

逆に乱雑な字は、準備不足や慌てる傾向があると捉えられがちです。

字が丁寧であることは、基本的なビジネスマナーを重んじる企業にとって好印象を与えるかもしれません。

 

バランス

履歴書全体のレイアウトや構成も重要です。

文章の配置が適切に整理され、必要な情報が簡潔にまとめられているかどうかも、その人のバランス感覚を反映します。

採用担当者はこの全体のバランスを見て、学生がどれだけその職務に適しているかの判断材料とします。

 

手書きの履歴書は、ただ情報を伝えるだけでなく、就活生の性格や仕事に対する姿勢を採用担当者に伝える重要な手段です。

このため、手書きで履歴書を提出する際には、上記のポイントを意識して、一層の丁寧さと工夫をこめることが求められるのです。

手書きの履歴書のメリット・デメリット

手書きの履歴書のメリット・デメリット

以上のように手書きの履歴書は、パソコンで作成された履歴書とは異なる観点で評価されることもあり、上手く活用できれば企業に対する効果的なアピールとなります。

しかし一方で手書きの履歴書ならではのデメリットがあることも否定できません。

そこで本項目では、手書きの履歴書のメリット・デメリットをご紹介します。

手書きの履歴書のメリット

丁寧に書けば志望度の高さをアピールできる

手書きで履歴書を作成することは、多くの努力と時間を必要とします。

このプロセス自体が、学生が志望する企業への熱意や意欲をはっきりと表していると言えるでしょう。

手書きの履歴書は、その丁寧な文字から応募者の人柄や態度が読み取れるため、単なる経歴やスキルの羅列以上の情報を伝えることができます。

例えば、きれいで整った文字は応募者が細部にまで注意を払い、責任を持って仕事に臨むタイプであることが読み取れます。

このように、履歴書を丁寧に書くことは、採用担当者に対して非常に強い志望度をアピールする手段となり得るのです。

 

パソコンがなくても作成できる

また、履歴書を作成するためには、基本的には筆記用具と履歴書用紙さえあれば十分です。

これは、特にパソコンやプリンターなどの機器を持たない人にとって助けとなります。

履歴書用紙は日本国内のほとんどのコンビニエンスストアや文具店で容易に入手可能です。

この手軽さは、急な応募や移動中でも履歴書を準備できるという点で、非常に便利と言えるでしょう。

 

手書きの履歴書は、デジタル化が進む現代でもなお、その独特の価値を持っています。

紙に直接筆を走らせることは、学生の人柄を伝えるために有効な手段のひとつとなります。

採用担当者にとって、これらの細かな点が学生の人となりを理解するための重要な手がかりとなるため、手書きの履歴書は特に人柄を重視する職種において重宝されることが多いのです。

手書きの履歴書のデメリット

パソコンで作成するよりも時間がかかる

手書きの履歴書作成には、パソコンで作成する場合に比べてかなりの時間と労力が必要です。

特に誤字や脱字のないように一文字一文字を丁寧に書く必要があるため、履歴書一枚を完成させるのに相当な時間がかかることがあります。

また、ミスをしてしまった場合、修正液や修正テープを使って書き直すことはできないため、全てを一から書き直す必要があるのです。

これは特に多くの企業に応募する就職活動中には、大きな負担となるでしょう。

 

内容だけでなく文字も選考対象になる

さらに手書きの履歴書は、履歴書に書いてある内容だけでなく文字自体も評価の対象となります。

手書きの文字が汚いと、「集中力が散漫だ」「丁寧さに欠ける」といったネガティブな印象を与えかねません。

履歴書はその人の第一印象を形づくる重要な書類です。

そのため、文字が汚かったり、不均一だったりすると、内容が優れていても正当に評価されない可能性もあります。

きれいな字や配置バランスの良い文章を書くことが苦手な人にとっては、この点が大きな壁となることもあるのです。

 

これらのデメリットを理解した上で、履歴書を手書きする場合は十分な準備と練習を重ねることが重要です。

一方で、これらのリスクを避けつつ効率的に多くの企業へ応募する場合は、パソコンで履歴書を作成することの方が適しているかもしれません。

手書きの履歴書を作成するときのマナー

手書きの履歴書を作成するときのマナー

これまでアルバイトなどで履歴書を書いたことがあっても、就職活動での履歴書にはまた別のマナーがあります。

そこで、本項では就職活動の際に書く履歴書のマナーを解説します。

まずは履歴書を書く前に準備を整える

履歴書を書くにあたり、必要な物を前もって準備しておきましょう。

履歴書を書く前に準備しておくべきものは以下の通りです。

準備しておくべきもの
  • 履歴書
  • ペンと下敷き
  • 証明写真
  • 印鑑・朱肉・印鑑マット
  • 就活用のメールアドレス

履歴書には、市販の履歴書と大学指定の履歴書があります。

大学指定の履歴書には、大学名が印字されていたり、就職活動をする学生がアピールポイントを書きやすいフォーマットになっていたりするためオススメです。

また、手書きで履歴書を作成する場合は、ペンと下敷きの準備が必須となります。

というのも、ペンがかすれてしまったり、文字が滲んでしまったりした場合は、また一から書き直さなければならなくなるからです。

履歴書に記載するメールアドレスについても注意が必要です。

就活用のメールアドレスとして、ローマ字の氏名や誕生日などを組み合わせたシンプルなメールアドレスを作成して使用しましょう。

以上が準備できたら、いよいよ履歴書を書いていきます。

履歴書を作成する際に気を付けたいこと

本項目では履歴書を作成する際に気を付けたい基本的な事柄について解説します。

1.印鑑は押したか

履歴書を作成する際に最も気を付けるべきことのひとつは、印鑑の押印を忘れないようにすることです。

特に手書きの履歴書では、最初に印鑑を押すことがおすすめです。

なぜかというと、もし押印を間違えたり、印がにじんだりした場合、書き直しが必要になるからです。

そんな手間を避けるためにも、履歴書の最初の方で押印を済ませましょう。

また、最後に押すよりも押印忘れが防げることから、やはり履歴書を書く前に印鑑を押すことが賢明です。

 

2.正しい日付が記入してあるか

履歴書に記入する日付は、その書類を提出する日に合わせる必要があります。

提出方法によって、どの日付を書くかが異なるので、その点をしっかりと理解しておくことが大切です。

日付の記入ルールは以下の通りです。

日付の記入ルール
  • メールでの提出:
    送信する日が日付になります。
    メールに添付して送る場合も、その日を記載します。
  • 郵送の場合:
    郵便局に持ち込む日やポストに投函する日が、履歴書の日付となります。
    履歴書を封筒に入れる直前に日付を記入すると良いでしょう。
  • 直接手渡しの場合:
    面接や面談で履歴書を手渡す日が日付になります。
    面接日が変更になった場合でも、事前に通知されている変更なら新たに書き直す必要はありません。

また、履歴書に日付を書く際は和暦(例:令和)または西暦(例:2020年)のどちらを使用しても構いませんが、履歴書全体で統一することが重要です。

日付は算用数字で記入し、自分が書きやすい形式を選ぶと良いでしょう。

 

3.写真を正しく貼り付けたか

履歴書に証明写真を貼る際は、その正確な位置と方法に注意が必要です。

証明写真は、あなたの第一印象を形作る重要な要素であり、適切な写真の選択と貼り付けは、採用担当者に与える影響が大きいからです。

 

証明写真は、撮影から3ヶ月以内のものを使用することが一般的です。

サイズは縦4cm×横3cmが適切で、背景色は白かグレー、ブルーが望ましいです。

良い印象の写真の方が良いため、できれば写真館で撮影することをお勧めします。

 

写真を履歴書に貼る際は、両面テープを使用して端正に固定します。履歴書の指定された場所に、写真の端が曲がらないように注意しながら貼り付けてください。

また、写真の裏面には念のため名前を記入しておくと、もし写真が外れてしまった場合でも、どの履歴書のものか特定しやすくなります。

 

証明写真で、特に意識したいのは「元気そう」「真面目そう」などのポジティブな印象を与えることです。

これには表情管理が大切で、自然な笑顔や凛とした表情が求められます。

服装は、ジャケットやシャツを着用し、男性はネクタイも忘れずに。

前髪が目にかからないように整え、撮影は正面から行いましょう。

 

4.住所は省略せず書いてあるか

履歴書の住所欄は、あなたの丁寧さを示す部分です。

採用担当者はここを見て、応募者がどれだけ真剣に仕事に取り組むかも判断します。

そのため、住所は省略せずにきちんと全て書くことが大切です。

まず、郵便番号を書いて、次に市区町村、町名と続けます。

「2-3-4」と略さず、「2丁目3番地4号」と詳しく書くことがポイントです。

マンション名も正式な名称で書きましょう。

住所が長くなる場合は、2行に分けても構いませんが、ふりがなは通常1行で書くのが普通です。

もし連絡先が現住所と同じであれば、「同上」と書いて省略することができます。

これにより、スペースを有効に使うとともに、情報がすっきりと見えます。

 

5.電話番号やメールアドレスに間違いはないか

履歴書の連絡先欄には、日中連絡が取れる電話番号を記載します。

もし自宅に固定電話がない場合は、携帯電話の番号だけを書いても大丈夫です。

重要なのは、書類選考を通過しても連絡がつかないという事態を避けるため、番号の記入ミスがないようにすることです。

また、メールアドレスについても注意が必要です。

大学のメールアドレスや、社会人としてふさわしい形式のメールアドレスを選んでください。

手書きでメールアドレスを記入する際は、読みやすさを考慮してブロック体で書くようにしましょう。

 

6.学歴は中学校卒業から書いてあるか

履歴書における学歴の記載は、新卒者の場合、中学校卒業から始めることが一般的です。

これは、あなたの教育経歴の全体像をしっかりと伝えるために重要です。

記入は、学歴欄の一番上に「学歴」と明記し、その下から具体的な学校名と経歴を時系列に並べていきます。

例えば、中学校が公立の場合は、「〇〇県〇〇市立〇〇中学校」と市町村名を入れ、私立の場合は「〇〇県 私立〇〇中学校」と表記します。

入学と卒業の年月もしっかりと書き、誤りがないように注意しましょう。

高等学校以降の学歴についても、同様に「高等学校」と正式な名称で記述し、専攻やコースがあればそれも忘れずに加えます。

例えば、「〇〇県立〇〇高等学校 特進コース」などと具体的に記入することで、あなたが学んできたことの方向性が明確に伝わります。

また、記入する際には和暦と西暦のどちらかに統一し、全体の一貫性を保つことが大切です。

西暦のほうが直感的に理解しやすいため、採用担当者にとって読みやすい履歴書となります。

履歴書の学歴欄は、あなたのバックグラウンドを紹介する重要な部分です。

間違いがないように慎重に記入し、自己PRや職歴とともに、あなたの魅力を最大限に伝えるための助けとなるよう心掛けましょう。

手書きの履歴書を作成するときに気を付けたいこと

手書きの履歴書を作成するときに気を付けたいこと

手書きで履歴書を作成する際は、何よりも第一に読みやすさを意識しなければなりません。

きれいな見た目だからこそ、内容に対する採用担当者の興味を惹くことができるのです。

ここでは、手書きで履歴書を作成するときに気を付けたいポイントを解説します。

必ず黒のボールペンで書く

履歴書を手書きで作成する際には、黒のボールペンを使用するのがマナーです。

鉛筆やシャープペンシルは、書き間違えたときに消すことができるため便利に思えますが、摩擦や水濡れにより文字が消えやすいため正式な書類には適していません。

特に履歴書の場合、読みやすさと耐久性が求められます。

インクがにじみにくく、はっきりとした文字が書ける油性インクやゲルインキのボールペンを使って書きましょう。

また、こすって消せるタイプのボールペンも避けましょう。

これらのペンは摩擦熱でインクが消える特性があり、履歴書のコピー時に文字が消えてしまうリスクがあります。

黒のボールペンを選ぶ際には、インクがかすれにくく、一貫してクリアな文字が書けるものを選びましょう。

綺麗で丁寧な字を書く

履歴書を手書きで作成する際には、採用担当者が何百枚もの書類を目にする中であなたの履歴書が際立つように、読みやすく丁寧な字で書くことが非常に重要です。

履歴書の字が綺麗であることは、あなたの性格や仕事に対する真面目さを表現するための重要な要素となります。

まず、字は大きすぎず小さすぎず、均等な間隔で書くことを心がけてください。

また、文字が枠からはみ出さないように、書く前にどのように配置するかを前もって考えることが大切です。

急いで書くと字が雑になることがありますので、時間に余裕を持って一文字一文字を丁寧に書きましょう。

インクが乾く前に文字がこすれてしまわないように、書いた後は少し時間を置いてから次の行に移るなど、細心の注意を払うことも大切です。

手書きの履歴書におけるNG

手書きの履歴書におけるNG

本項目では、手書きで履歴書を作成するうえで絶対にしてはいけないNGをご紹介します。

空欄がある状態で提出

履歴書を提出する際には、空欄を残さないことが大切です。

空欄は準備不足ややる気がないように見えてしまうため、マイナスの印象を与えかねません。

全ての項目は必ず記入し、何も書くことがない場合は「該当なし」や「なし」と明記しましょう。

これによって、きちんと検討した上での回答であることを示すことができます。

履歴書はあなたの意欲を示す重要なツールですので、一つ一つの項目を丁寧に確認して、完全な状態で提出するよう心がけましょう。

誤字脱字がある

履歴書に誤字脱字があると、採用担当者に悪い印象を与えます。

履歴書は、あなたの丁寧さや仕事に対する真剣さを伝える重要なツールです。

誤字脱字は、注意深さや細部への配慮が欠けていると見なされかねません。

履歴書を書く際には、まず鉛筆で下書きをして内容を確認し、その後、黒のボールペンで丁寧に清書しましょう。

特に氏名、住所、学歴などの基本情報は間違いがないように最大限の注意を払うことが大切です。

 

また、書き終わった後は自分自身で何度も見直しを行うことはもちろん、可能であれば家族や友人にもチェックしてもらうとより安心です。

客観的な視点からのフィードバックは、見落としがちな誤字脱字を発見する助けとなります。

修正液や修正テープを使う

手書きの履歴書で修正液や修正テープを使うのは避けましょう。

これらを使用すると、履歴書が雑に見えてしまい、真剣に取り組んでいないと思われるかもしれません。

履歴書を書くときは、先に下書きをしてミスをチェックし、その後で丁寧に清書することが重要です。

誤りがあれば、新しい履歴書に書き直すのが良いでしょう。

これにより、整理されたきれいな履歴書を提出することができ、あなたの丁寧な姿勢を示すことができます。

まとめ

履歴書の手書き作成では、細部にわたる配慮が求められます。

これは単なる履歴書以上の意味を持ち、集中力や丁寧さをアピールする重要な手段となるのです。

本記事では以下のような履歴書を手書きする際の注意点を挙げました。

注意点
  • 正確な情報を書く:
    履歴書の各セクションは、正確に記入することが求められます。
    また、空欄を避けるために「なし」や「該当なし」など明確に状況を示す言葉を使いましょう。
  • 誤字脱字のチェック:
    誤字や脱字は、見直しを通じて最小限に抑えるべきです。
    手書きの場合は特に、一度書いた後に改めて確認することが重要です。
  • 修正液や修正テープを使わない:
    これらを使用すると、作成した履歴書が雑に見えてしまいます。
    間違えた場合は、新しい用紙に書き直すことできれいな印象を保ちましょう。
  • 適切な筆記用具を使う:
    黒のボールペンを使用し、はっきりとした文字で記入してください。

これらを守ることで、履歴書からあなたの丁寧で真剣な態度が伝わり、採用担当者に良い印象を与えることができます。

ぜひこの記事を参考にして手書きの履歴書を作成してください!

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!