就職氷河期の原因は?そして就活にどう影響していくのか?

おすすめ記事

就職氷河期の原因は?そして就活にどう影響していくのか?

はじめに

 

「2020年卒の採用活動は空前の売り手市場です!!」

 

こんなセリフを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

売り手市場とは、大学生の数に対して求人数が多く大学生側が有利な就活市場のことを指します。

まさに引く手あまたってやつです。

 

では、逆に就職氷河期と聞いたことはありますでしょうか?

「なんとなく聞いたことがある」

「就活めちゃめちゃ大変だったんだろうな」

そんなイメージだと思います。

 

また、2020年のオリンピック以降の就活市場を気にする方もいると思います。

 

そこで今回は就職氷河期とは何かについて掘り下げていきます。

 

就職氷河期の原因や問題点、今の状況とはどう違っていたのかを知りたい人には必見の記事です。

 

 

1.就職氷河期とは

 

就職氷河期とはなんなのでしょうか?

3つのセクションに分けて解説します。

 

 

1-1.就職氷河期とは

 

就職氷河期とは、バブル崩壊後に企業が採用を控え始めたため正社員になることが難しかった時期とされています。

 

また、バブル期と比較して新卒者が困難な就職活動をする必要があり、フリーターや派遣労働といった非正規雇用で働く者が増加しました。

 

厚生労働省によると、就職氷河期を経験した人たちは現在(2019年)33~48歳であり、この世代は失われた世代「ロストジェネレーション」と呼ばれています。

 

1-2.就職氷河期と売り手市場の比較

 

本節では就職氷河期と売り手市場の比較を行うことで、就職氷河期はどのような時代であったのかを解説していきます。

 

1番比較しやすいデータは大学求人倍率です。

 

例えば、就職氷河期中であり倍率が1を下回った2000卒の求人倍率が0.99、2020年卒の求人倍率が1.83です。

 

大学求人倍率とは、求人総数を民間企業就職希望者数で割った数なので、求人数と就職希望者数の割合に3倍以上の差があることがわかります。

 

そして2000年卒に関しては歴代で唯一1.0を割っているので、求人総数よりも就職希望者の数がの方が多かったことを示しています。

 

 

求人数が就職希望者よりも少ない状況をイメージできるでしょうか? 

 

求人数の中には当然ブラック企業のような「入りたくない企業」も含まれているはずです。

 

しかし、2000年卒に関してはそのような今だと「絶対に入らないだろうな」と思う企業の枠が埋まっても就職できない学生が存在していたことになります。

 

 

1-3.売り手市場の方が倍率が高い業界も

 

このように希望する会社への就職が厳しいと考えられる就職氷河期ですが、中には売り手市場である現在の方が求人倍率が低いという業界もあります。

 

その業界とは「金融と保険」です。

 

金融業界と保険業界に関しては2018年卒の倍率が0.19倍となっており、金融・保険業界に就職したい人は10人に2人しか就職できないような状況となっています。

 

先述した2000年卒の金融・保険業界の求人倍率は0.33です。

 

なお、そのような就職氷河期と売り手市場が逆転する原因としては、企業数に対応して求人数が減少する一方、就活生には依然として人気の高い業界であることが挙げられます。

 

このように、業界によっては売り手市場といわれる現在の方が厳しい競争に晒される場合もあります。

 

 

2.就職氷河期の原因とは

本章では就職氷河期の原因について解説します。

 

結論、就職氷河期を引き起こした原因はバブルの崩壊による不景気です。

その結果、企業が採用人数を減らしたための就職氷河期は発生しました。

 

バブル崩壊後、企業は銀行から十分な融資を受けることが難しくなり、社会的に大きな不景気に陥りました。

 

となるとコストを下げる必要が出てきます。しかし、終身雇用制度を採用している日系企業では極力リストラを避けたいです。

 

そしてリストラを行わずに現在の社員を守ることによるしわ寄せが新卒採用にきたといっても良いでしょう。

 

つまり、既存の社員を守るため代わりに新卒採用の削減・中止を実施することで企業は人件費というコストを抑えました。

 

また、ただでさえ人件費を抑えようとしているのにも関わらず、団塊ジュニア世代の大学卒業と不景気が重なることで、就職氷河期に拍車がかかったといえます。

 

 

3.就職氷河期の問題点とは

本章では就職氷河期の問題点について解説します。

 

就職氷河期における最も大きな問題は、新卒で正社員になることができなかった人がフリーターや非正規労働者として働くパターンが増えたことです。

 

その上、2000年代前半には小泉政権による労働者派遣法の規制緩和により非正規雇用が増加したことも非常に大きな影響を与えたといってもいいでしょう。

 

この就職氷河期と労働者派遣法の規制緩和が重なったことで、正社員として働くことがより一層困難になりました。

 

もちろん、そのような正社員として働くことが困難である状況の中で、正規雇用を目指して転職活動をする者も多くいました。

 

しかし、実態として「正社員としての経歴がない」などの理由で非正規雇用からなかなか抜け出せない現実がありました。

 

 

このように非正規雇用で働くことは生活や将来への不安をかきたてることになります。

その結果、就職氷河期を経験している世代の未婚率は高く、結婚しても子供作らないケースも珍しくありません。

 

すなわち就職氷河期の影響は、現代の日本社会においても大きな問題である少子化の要因の1つである側面も合わせもっています。

 

このように様々な社会的な背景が就職氷河期の問題に拍車をかけていることがわかります。

 

4.オリンピック後の2021年卒就活は就職氷河期に突入するの?

 

本章では2021卒の就活とオリンピックの関係について解説していきます。

 

オリンピック後は就職氷河期が再来するのでしょうか。

気になる方も多いとおもいます。

 

ただ前提として、オリンピックよって景気がどう変動するか誰にもわかりません。

沢山の専門家があーでもないこーでもないと数値予測をこねくり回している状態です。

 

そのためそれらの予測や可能性を完全に信じるのではなく「知識」として持っておくことをオススメします。

 

まず、現在の経済状況としてはオリンピック景気などといわれており、むしろ人手不足なほどに雇用の動きは活発です。

 

 

とはいえ、一般的には「オリンピック後には景気が悪くなる」といわれていますよね。

実際、開催国のオリンピック前後のGDPの推移をみてみると、オリンピック後にはGDPが下がっています。

 

つまり、オリンピック後の景気が悪くなることで雇用の数が必然的に少なくなり、再び就職氷河期が訪れるのではないかといわれるわけです。

 

その上、就活ルールの廃止など就活に関する様々な動きも確認できます。

 

もはや変数が非常に多く、仮に不景気になったとしてもオリンピックの影響なのかどうかもわからないかもしれません。

 

まとめ 就職氷河期でもできることは限られている

 

本記事では就職氷河期を解説してきました。

 

現在と一昔前の就職活動は大きく異なっていますし、これからも就職活動の形は社会の動きと共に変化していくことを理解していただけたのではないでしょうか?

 

とはいえ、景気は自分の力でコントロールすることはできませんし、就職氷河期を経験するかどうかについても自分で決めることができません。

 

正直なところ運の要素が非常に大きく、就職氷河期に関しては自分ではどうにもしようがありません。

 

しかも、オリンピック後の不景気によって就職氷河期の再来もささやかれています。

 

そのような不安定な社会情勢の中でも、就活生ができることは限られています。

経済状況や就活市場に敏感になることは大事ですが、まずは自分を価値を上げることが必要なのではないでしょうか?

 

自分の価値を上げることで、オリンピック後に不景気になったとしても企業から重宝される人材になれるように、早いうちから自己研磨をしていくようにしましょう。

 

本記事が就職氷河期の原因や問題点、今の状況とはどう違っていたのかを知りたい人の参考になれば幸いです。

 

 

就職氷河期が始まったら?

そんな不安もジョーカツに相談!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

自分に会った答えが導き出せるかも?

都内8箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 「就活のお金がない、どうしよう」に答えます!
  • 【2020年1月版】就活と景気の関係について解説します
  • 就活における「お礼メール」の必要性とマナー

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー