キーエンスが行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

キーエンスが行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

2024/5/9更新

はじめに

キーエンスのインターンシップは、将来のキャリアを考える理系学生や、実務経験を積みたいビジネス志向の学生にとって、実践的な業務体験と自身のキャリアパスを探求する絶好の機会といえます。

この記事では、キーエンスが提供するインターンシップの内容、そのメリット、そして26卒向けの選考対策について詳しく解説します。

キーエンスの革新的な環境でどのようにスキルを磨き、専門知識を深めるかを理解しましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

キーエンスの基本情報

キーエンス 企業ビル外観

出典元:会社情報 | キーエンス

 

キーエンスは1974年に設立されたファクトリー・オートメーション技術の総合メーカーで、産業界全般に革新的な商品と解決策を提供している企業です。

キーエンスは企業の存在意義を付加価値の創造に見いだし、それを通じて社会へ貢献することを目指しています。

とくに、新商品の約70%が世界初または業界初のものであり、世界中のさまざまな業界で高い評価を得ています。

経営理念には、目的意識を持ち続けることを重視し、「経営にとって当たり前のことを当たり前に実践する」を実践。

経営の課題としては、革新的な商品の持続的な開発と、まだ成長の余地が大きい海外市場での販売比率の向上があります。

現在、国内外に240の拠点を持ち、世界46カ国で事業を展開しており、ダイレクトセールスモデルを活用しています。

東京証券取引所プライム市場に上場しており、資本金は306億3,754万円、連結従業員数は10,580名です。

本社は大阪市にあり、東京や高槻にも主要な研究施設を構えています。

会社設立以来、製品を通じて顧客の課題解決に貢献することで、業界に新たな価値をもたらしてきました。

 

キーエンスに必要とされる人材像

キーエンスに必要とされる人材像は、革新的なモノづくりを通じて社会に貢献する意欲にあふれる人々です。

本質を追求し、常に最高の成果を目指す人々が、キーエンスでは求められています。

以下では、キーエンスが期待する人材の特性とその働きがいについて掘り下げます。

キーエンスに求められる人材の特徴

キーエンスは、各個人の「夢中」による努力と創造を、企業の成長と直結すると位置付けています。

とくに、次のような特性を持つ人材が求められています。

 

本質を理解する思考力

真の課題を見極め、根本から解決策を考える能力が必要です。

表面的な解ではなく、深い洞察にもとづく提案が求められます。

 

主体性と行動力

自らの手で課題に立ち向かい、解決に導く行動力

困難に直面しても諦めず、結果を出すまで追求する姿勢が重要です。

 

革新的な発想

既存の枠を超えたアイデアで、「世界初」「業界初」の製品を創出すること。

技術革新を恐れず、新しい価値を生み出す勇気が重要です。

 

協調性とコミュニケーション能力

チーム内外の人々と協力し、プロジェクトを前進させる能力。

キーエンスでは異なる意見を尊重し、共有する文化が根付いています。

 

グローバルな視野

世界各地で事業を展開するキーエンスでは、国際的な視野を持ち、異文化理解が求められます。

世界各国の市場と顧客のニーズに対応できる知識と経験がカギを握ります。

 

キーエンスでのキャリアが提供するもの

キーエンスでの仕事は、ただの職務を超えた成長と達成感を得られます。

以下のような環境がそれを支えます。

 

革新的なプロジェクト

常に業界をリードするプロジェクトに挑戦し、自らの能力を最大限に活かす機会

 

継続的な学び

技術や市場に関する知識を更新し続けるための教育プログラムとリソース

 

評価と報酬

成果にもとづく公正な評価システムと、それに見合った報酬

 

キーエンスでは、自らが主体となり、高い目標に挑戦し続ける人材を求めています。

キーエンスで働くことで、個人はもちろん、社会全体に対しても価値ある貢献を行えるでしょう。

 

キーエンスのインターンに参加するメリット

キーエンスのインターンシップに参加することは、将来的なキャリアの選択に大きな影響を与える多くのメリットが得られます。

ここでは、インターン参加の利点を詳細に解説します。

実務経験の体験

キーエンスのインターンシップ最大のメリットの一つは、実際の業務を体験できることです。

営業、エンジニアリング、事務職など、多岐にわたる職種でのインターンが可能で、実際のプロジェクトに携わることで仕事の現場を肌で感じられます。

これにより、理論的な知識だけでなく、実践的なスキルや職場での振る舞い方を学ぶことが可能です。

先進技術へのアクセス

キーエンスは、革新的な製品開発で知られており、インターンシップ中にはこれらの技術に直接触れる機会を得られます。

インターン生は新しい技術トレンドとそのビジネスへの応用を学ぶことができ、将来的に技術革新の波に乗る準備をすることが可能となるでしょう。

企業文化との適合性の確認

インターンシップはまた、キーエンス特有の企業文化に触れ、自身がその環境に合っているかどうかを評価する絶好の機会となります。

企業文化は職場の雰囲気やチームワーク、倫理観に大きく影響し、自身の価値観との合致を見極められるでしょう。

人脈の形成

インターン生は、キーエンスの現役社員や他のインターン生とのネットワーキングを通じて、貴重な人脈を築けます

これは、将来的なキャリア形成において大きなアドバンテージとなり得ます。

専門的なアドバイスや業界の洞察を得ることができ、キャリアの進路を定める上で有益な情報を得られるでしょう。

自己理解の深化

インターンシップは、自分自身の適性や興味を理解するための反射鏡ともなります。

さまざまな業務を経験することで、自分に合った職種や業界、働き方を探る手がかりを得られます。

また、実際の職場での経験を通じて、自己分析を深め、長期的なキャリアプランを立てる上での自己認識を確実なものにできるでしょう。

キャリア形成への影響

インターンシップは、単なる職業体験を超えて、将来のキャリア形成に直接的な影響を与える可能性を持っています。

キーエンスでは、業界をリードする革新的なプロジェクトに携わることができるため、インターンに参加すること自体が、職歴としても高く評価される経験となります。

インターン期間中に示したパフォーマンスは、将来的な雇用機会に直結することも少なくありません。

学びの環境としてのキーエンス

キーエンスのインターンシップは、教育的な側面も強く、参加者には専門知識や業界知識の習得に必要なリソースが提供されます。

また、定期的なフィードバックや評価を通じて、自身の成長を客観的に測ることができます。

これにより、専門スキルだけでなく、ビジネスコミュニケーションや問題解決能力など、実務で求められる多岐にわたるスキルを体系的に身につけられるでしょう。

長期的視野でのキャリア計画の支援

キーエンスのインターンシップでは、参加者のキャリア志向に合わせた指導が行われます。

このため、長期的なキャリアプランに対して具体的な道筋を立てることが可能となり、学生自身が将来的にどのような職業を望んでいるのか、どの技術分野に進みたいのかといった点についても、明確なビジョンを描く手助けをしてくれます。

インターンシップが終了したのちの道

キーエンスのインターンシップを経たのち、多くの参加者が自分のキャリアパスをより確実なものとしています。

実際に職場環境を体験し、そこで得られた知識とスキルは、就職活動はもちろんのこと、その後の職業生活においてもおおいに役立ちます。

また、インターン中に築いた人脈は、業界内での情報共有や将来のキャリアの選択肢を広げる上で重要な資源となり得ます。

インターンシップは、単に職場体験を超えて、自己成長、専門スキルの獲得、そして将来のキャリア形成に向けた重要なステップです。

キーエンスでは、これらの経験を最大限に活かし、各参加者がそのポテンシャルを完全に引き出せるような環境を提供しています。

キーエンスが行っているインターン内容

キーエンスは、創造性と熱意を持つ人材を求めており、そのためのインターンシップを提供しています。

本項では、キーエンスで行われるインターンシップの内容とその目的について説明します。

キーエンスのインターンシップ内容

キーエンスのインターンシップは、実際の業務体験を通じて、企業の文化や仕事の現実を深く理解する機会を提供します。

参加者は以下のようなプログラムに参加できます。

ビジネス職体験

営業職の日常に密着し、キーエンス独自の付加価値を創出するプロセスを学びます。

営業戦略の立案から実行まで、実際の業務を体験可能です。

エンジニア職体験(理系限定)

夏季に開催されるこのプログラムでは、製品開発の現場を体験し、技術者としてのキャリアを深く掘り下げます。

製品設計や開発プロセスに直接参加し、問題解決の手法を学びます。

S職(事務職)体験

事務職の実務を通じて、高収益を支える業務の裏側を体験します。

文書管理からプロジェクトサポートまで、多岐にわたる業務を通じて事務職の重要性を学べます。

 

キーエンスのインターン選考対策

キーエンスのインターン選考対策

キーエンスのインターンシップ選考対策には、具体的な準備と戦術が必要です。

ここでは、効果的な準備方法と選考プロセスを成功に導くポイントを紹介します。

エントリーシートの重要性

キーエンスのインターンシップ選考では、エントリーシートが非常に重要です。

エントリーシートでは、自己PRや志望動機、過去の経験がどのように現在のキャリア目標につながるかを詳細に説明します。

具体的な例を用いて、どのようにしてキーエンスで学びたいかを明確にしましょう。

面接対策

キーエンスの面接では、応募者の思考力と問題解決能力が試されます。

面接前には、業界の動向や会社の最新技術について調査し、具体的な質問ができるように準備しましょう。

また、行動指向の質問に対しては、STAR法(状況、課題、行動、結果の順に答える方法)を用いて答えると効果的です。

業界知識の学習

キーエンスが取り扱う製品や技術に関する知識も、選考過程で非常に役立ちます。とくに新製品や業界での革新に関連する情報は、選考官に対して高い関心と情熱を示すための材料となります。

事前にキーエンスの公式サイトや関連する業界ニュースを確認し、技術トレンドに精通しておくことが重要です。

ネットワーキングの活用

キーエンスの現役社員やインターン経験者とのネットワーキングを積極的に行い、インターンシップの日常や文化、求められるスキルセットについて理解を深めましょう。

これにより、実際の面接やエントリーシートで具体的な例や体験の引用が可能になります。

キーエンスのインターン選考対策には、自己分析の徹底、業界研究、対話型の準備が必須です。

これらを実践することで、選考プロセスを乗り越え、キーエンスでのインターンシップ機会を最大限に活かすことができるでしょう。

キーエンスのインターン選考の流れ

キーエンスのインターンシッププログラムへの参加を考える学生にとって、選考プロセスの理解は非常に重要です。

キーエンスでは、個々の学生が持つ潜在能力や適性を見極めるため、緻密に設計された選考フローを用意しています。

以下では、キーエンスのインターン選考のステップを詳細に説明します。

エントリーフェーズ

キーエンスのインターンシッププログラムへの第一歩は、オンラインでのエントリーから始まります。

リクナビなどのキャリアサービスを通じて、プレエントリーを行いましょう。

この段階で、基本的な情報の入力や、キーエンスへの興味や意気込みを簡潔に記述します。

書類選考

エントリーが完了すると、提出された情報は書類選考の対象となります。

ここでキーエンスは、学生の学歴、活動歴、インターンシップに対する動機などを評価し、次の選考ステップに進む候補者を選定します。

WEBテスト

書類選考を通過した学生は、WEBテストを受験することになります。

このテストでは、一般的な能力試験のほかに、専門性を測る問題も含まれることがあります。

テストは、候補者の論理的思考能力や問題解決スキルを評価するためのものです。

面接

WEBテストをクリアした候補者は、次に面接の段階に進みます。

面接は通常、複数回にわたって実施され、候補者の人物像や職務遂行能力、キーエンスでのポテンシャルを評価します。

面接では、グループディスカッションや個別の面談が含まれることがあります。

インターンシップオファー

最終的にキーエンスの採用基準を満たした学生には、インターンシップ参加のオファーが送られます。

このオファーを受諾することで、学生はキーエンスのインターンとして活動することが決定します。

プログラム参加

オファーを受けた学生は、事前に設定された日程でインターンシップに参加します。

インターンシップ期間中、学生は実際のプロジェクトに参加したり、専門的なトレーニングを受けたりすることで、実務経験を積むことができます。

 

キーエンスのインターン選考プロセスは、学生が実務環境での対応能力を評価し、キャリアを積極的に形成していくための貴重な機会となります。

エントリーから選考、参加まで一貫したプロセスを通じて、学生は自らの可能性を最大限に引き出す経験を得られるでしょう。

インターンシップはただの就業体験ではなく、自分自身の適性や職業に対する理解を深めるための重要なステップとなります。

 

キーエンスのインターン選考で実際にあった質問

キーエンスのインターン選考で実際にあった質問をまとめました。

【質問1】

研究の目的、概要を教えてください。

【回答例】

私の研究は、再生可能エネルギーの効率化に焦点を当てています。具体的には、太陽光発電のエネルギー変換効率を向上させる新しい材料を開発しています。この研究を通じて、持続可能なエネルギー源の普及とコスト削減を目指しています。

【ポイント】

この回答は専門性をアピールすると同時に、研究がどのように社会や産業に役立つかを明確にしています。

専門知識を活かし、将来の技術革新に貢献する可能性を示すことで、技術志向の企業に適した候補者であることを強調できます。

 

【質問2】

研究以外で熱中したことを教えてください。

【回答例】

大学時代、私は学生団体でのプロジェクト管理を担当し、地域社会向けの環境保護活動を主導しました。この経験から、効果的なチームリーダーシップとプロジェクトの目標設定、達成の技術を磨くことができました。

【ポイント】

この回答では、専門の学問領域外でのリーダーシップと成果を示しています。

多面的な能力と実践的なスキルが身についていることをアピールし、どのようにしてこれらの経験が将来の職務に役立つかを連想させます。

【質問3】

ボランティア経験について教えてください。

【回答例】

私は地域のフードバンクでボランティアとして活動してきました。そこで、食品の収集と配布を管理し、困難な状況にある家庭に対して積極的に支援を提供する方法を学びました。

【ポイント】

ボランティア活動を通じて得た経験を強調し、社会的責任感と協働スキルを示すことができます。

このような活動は、個人のコミュニケーション能力や組織での貢献度を高める素地を示すため、選考官に良い印象を与える要素となります。

 

【質問4】

自慢できることや趣味や特技を教えてください。

【回答例】

趣味で始めたウェブデザインが得意で、複数の非営利団体のウェブサイトをボランティアで作成しました。これにより、クリエイティブな問題解決スキルとテクニカルなスキルを磨くことができました。

【ポイント】

趣味を通じて身につけた技術やスキルが、職業生活にどのように活かせるかを具体的に説明しています。

この回答は、個人の情熱を仕事に活かす構えを示し、面接官にポジティブな印象を与えます。

また、技術的なスキルが趣味を通じて自然に磨かれたことを強調することで、自主的な学習意欲と実践能力をアピールしています。

さいごに

キーエンスのインターンシップは、技術革新の最前線で学び、実務経験を積む絶好のチャンスです。

インターン参加者は専門的な知識を深めるだけでなく、企業文化を体験し、プロフェッショナルなネットワークを築けるでしょう。

キーエンスの環境で挑戦し、成長することで、将来のキャリアに向けて確かな一歩を踏み出しましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!