【例題あり】「当社の強みは何だと思いますか」と面接で聞かれた際のポイント

【例題あり】「当社の強みは何だと思いますか」と面接で聞かれた際のポイント

2024/5/8更新

はじめに

新卒の採用面接では多くの頻出問題がありますが、その中でも「当社の強みは何だと思いますか」という質問は特に注意すべき質問です。

企業への理解度を確かめるという意図もあるため、その回答の内容次第で採用の合否を決定することもあります。

しかし、就活生の中にはこの質問にどのように回答すればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回の記事は、特に以下のような就活生に向けて記事を執筆しています。

  • 新卒採用の面接対策に自信がない
  • 「当社の強みは何だと思いますか」という質問にどのように答えれば良いのか分からない

今回の記事を参考にして、就活対策の参考にしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

「当社の強みは何だと思いますか」は就活頻出質問のひとつ

新卒採用の面接では、定番化している質問がいくつかあります。

その中でも「当社の強みは何だと思いますか」という質問は特に頻出の内容です。

このような質問は正解があるわけではなく、企業側は就活生が企業についてどのくらい研究して理解を深めつつ、自分の考えをまとめられるのかを見ています。

頻出質問のため事前に対策しやすいですが、一方でほかの学生と差別化するのが難しいというデメリットもあります。

企業研究を徹底して「当社の強みは何だと思いますか」という質問に対して論理性のある回答ができるように準備しておきましょう。

「当社の強みは何だと思いますか」という質問の意図とは

「当社の強みは何だと思いますか」という質問には、以下のような意図があると考えられます。

企業理解ができているか

面接官は、事業内容や企業の方向性を正しく理解できているかどうかを判断するためにこういった質問をしています。

企業理解が浅いと「志望度が低い」と判断され、面接でマイナス評価になる可能性も。

企業の強みを理解するために、より詳しい事業内容や業界内でのポジションを把握しておくとよいでしょう。

企業への興味関心がどのくらいあるのか

学生がその企業のどこに興味を持ってエントリーしたのか、価値観と企業の社風や強みがマッチしているかどうかを知るための質問でもあります。

自社の強みにいかに共感して、それを活かしながら働いてくれる学生を採用したいと考えられます。

論理的な説明ができるか

結論ファーストで端的に分かりやすく話せる能力があるかを見ている場合もあります。

企業研究をした内容や自分の考えをまとめて、相手に論理的に話せる能力を見ています。

論理性は入社後も必要なスキルなので、しっかりアピールして「会社に貢献できる人材」であることを印象づけましょう。

 

会社の強みを知ると就活に有利になる理由

会社の強みを知ることで、就活を有利に進められる理由を2つ解説します。

企業選びに役立つ

企業の強みが分かると同業他社との差別化ができるため、自分に合った企業が選びやすくなります。

「この会社は海外戦略に強みがあるから、自分の語学力を活かせる」など、会社の強みと自分の強みをあわせてアピールすることも可能です。

選考で志望度をアピールできる

企業側は内定後の辞退や早期辞職といった事態を防ぐために、志望度が高い人材を求めています。

会社の強みを上手に伝えられれば同業他社よりも志望度が高いことをアピールしやすく、ほかのライバルと差別化できるでしょう。

 

「当社の強みは何だと思いますか」と面接で聞かれた時のポイント

面接対策「当社の強みは何だと思いますか」

「当社の強みは何だと思いますか」という面接の質問に対して、どのような点に気をつけて回答すべきかをまとめました。

この質問に対する回答方法が分からない学生は、ぜひ参考にしてください。

独自の特徴を見つける

まずは、面接前に当社のウェブサイトやSNS、ニュース記事などをチェックし、その企業ならではの特徴を理解することが大切です。

リサーチしていると、国内製品に力を入れているのか、海外に強い流通パイプがあるのかなど、独自の特徴が見えてきます。

競合他社よりも強いとされるポイントを最低でもひとつは見つけておきましょう。

自分のスキルや価値観とマッチすることをアピール

会社の強みを理解したら、次はその強みと自分のスキル・価値観がどのようにマッチするのかを伝えます。

例えば社会貢献活動に力を入れている企業であれば「自分は誰か困っている人の役に立ちたい」という価値観を提示して企業にマッチすることをアピールします。

具体的な関心事項や価値観を述べると、相手の印象に残りやすいでしょう。

【例題あり】「当社の強みは何だと思いますか」と面接で聞かれた際のOK・NG回答

それではここからは「当社の強みは何だと思いますか」と面接で聞かれた際のOK・NG回答を紹介します。

それぞれのポイントをおさえて、論理的かつ熱意を訴えかける回答ができるように準備しましょう。

OK回答例

OK回答例①

貴社の強みは、顧客に寄り添ったサービスだと考えています。
私は以前に貴社の〇〇サービスを利用したことがありますが、その際にカスタマーサポートの方が分からないことも優しく丁寧に教えていただき、とても嬉しかったです。
ほかにも丁寧なアフターフォローや年齢や幅広い商品のラインナップをみても、徹底的に顧客に寄り添う姿勢が見て取れます。

実際にその企業のサービスを使った経験から見えた強みを記載しており、ほかの学生と差別化できているのが評価ポイントです。

サービスそのものだけでなく、多角的な視点から「顧客に寄り添う真摯さ」が強みであることをアピールできています。

 

OK回答例②

私が考える貴社の強みは画期的な技術力です。
貴社はこれまで多くのヒット商品を生み出し続けていますが、それは他社にはない革新的な技術力があってこそだと思います。
リサーチ力が高いため、日本国内のニーズをいちはやくキャッチしてそのニーズに応えた商品をつくる力があると考えています。
私は常に新しいことに挑戦する性格ですので、開発職として革新的な技術を求めて強みを伸ばせる人材になれます。

画期的な技術力を強みとして、それを自分の強みと絡めて説明できています。

「この学生は入社後にどのような姿勢で働きをしてくれるのか」が想像しやすいですね。

NG回答例

NG回答例①

貴社の強みは、給与や福利厚生などの待遇面です。

強みを伝える際に待遇面を答えるのはNGです。

福利厚生はたしかに企業選びをする上で重要なポイントですが、それでは「会社の事業そのものには興味がない」と判断されてしまいます。

 

NG回答例②

貴社の強みは、競合他社よりも優れた製品を提供していることです。

この回答では自社の製品が優れていると主張していますが、その根拠や具体的な比較が示されていません。

また当社の独自性や他社との差別化要因も説明できていないのでNGです。

 

NG回答例③

この会社の強みは、社長のリーダーシップにあると思います。

会社の強みを社長のリーダーシップ力に関連づけています。

しかし本来「会社の強み」とは、一人の人物だけに左右されるものではありません。

それよりも、組織全体の力やリソース、価値観などを強調する方が適切です。

 

合わせて知りたい!「当社の弱みは何だと思いますか」に対する答え方と例文

企業によっては強みだけでなく「弱み」を聞いてくることもあります。

弱みについて聞かれた際も、強みの時と同様に志望度の高さや企業・業界に対する理解度をチェックされています。

ただ弱みだけを回答しただけでは、プラス評価にはなりません。

回答するときは競合と比べてどういった部分が課題なのか、そしてその課題に対して自分がどのように貢献できるのかを回答するのがポイントです。

「当社の弱みは何だと思いますか」に対する回答例はこちらです。

私が感じた改善の余地がある点は「海外戦略」です。
貴社は現在国内でのブランド力を活かし市場を広げて利益を上げているものの、国外シェアはまだ勢いがないように思います。
国内向けの商品の中で、海外の流行を取り入れた商品だけを輸出し、海外志向を広げていくのが良策なのではないでしょうか。
また、私は語学やコミュニケーションに自信があります。
このスキルを活かして現地調査や海外事情に精通した企業との提携といった海外戦略のパイプを担うチームに関わりたいです。

課題点を挙げつつ「どういった戦略が必要なのか」について自分なりの回答ができています。

また、その学生のスキルを入社後にどのように活かせるかについても論理的にまとめられています。

 

会社の強みを見つけるための方法まとめ

会社の強みをどのように研究すればいいか分からない人は、以下の4つの方法で会社の強みを見つけてみてください。

①コーポレートサイト

会社の強みを知るためには、コーポレートサイトを確認しましょう。

コーポレートサイトの中でも特に見ておくべきページはIR情報です。

IRとは企業が株主や投資家に向けて経営状況や業績を広報する活動で、ここでは特に企業がアピールしたい強みが掲載されています。

②インターン

インターンに参加して、会社のリアルな雰囲気を知ることも大切です。

ホームページやWebサイトでは書かれていない情報や実際の業務内容などが分かるので、より企業への理解が深まるでしょう。

③OB・OG訪問

実際に働いているOB・OGから強みを教えてもらうのもおすすめです。

座談会に参加すれば、その企業のさまざまな部署や立場の社員と話せて多角的な視点から強みを知ることができます。

④業界や企業についてのニュース

最新のニュースを見て会社の強みが見つけられることもあります。

例えば、とある企業が「業界初の新たなサービス」について発表していれば、先進的な技術力が強みであることがわかるでしょう。

ほかにもある! 新卒の面接で聞かれる内容頻出質問まとめ

「当社の強みは何だと思いますか」という質問以外にも、事前に対策しておくことで答えられる質問がいくつもあります。

ここでは、新卒の面接でよく聞かれる頻出質問をまとめました。

面接前の対策にぜひ活用してください。

志望動機に関する質問

  • 志望動機を教えてください
  • なぜ同業他社ではなく当社を志望しているのですか
  • 入社後にどんなことをしたいですか
  • 当社の志望度はどれくらいですか
  • インターンや説明会には参加しましたか
  • OB・OG訪問はしましたか

企業側は学生が内定後すぐに辞退したり入社してもすぐ辞めたりするのを避けたいと考えています。

こういった事態を防ぐためにも、入社への意欲・熱意を見るために志望動機を重要視しているのです。

ガクチカや入社後にしたいことなどを加えて、自分ならではの志望動機を伝えるようにしましょう。

自分の性格や人柄に関する質問

    • 自己紹介をお願いします
    • 自分を一言で表すとどのような人間ですか
    • 家族や友人など親しい人にはどんな人だと言われますか
    • 友人にはどんなタイプが多いですか
    • 苦手な人はいますか
    • 休日はどのように過ごしていますか
    • 趣味は何ですか
    • 最近何かハマっていることはありますか

人柄や性格は面接で特に重視される項目です。

これから一緒に働きたいと思える相手を採用したいため、初対面の相手になるべく自分を知ってもらえるように努力しましょう。

人柄を伝えるためには自分をいかに客観的に見られるかがカギとなります。

事前に家族や友人に自分がどのような人間か聞いてみるのもおすすめです。

ガクチカに関する質問

  • 学生時代に力を入れたことを教えてください
  • 学業以外に頑張ったことは何ですか
  • 大学で学んでいることについて教えてください
  • ゼミを選んだ理由や研究内容について教えてください
  • アルバイトはしていますか
  • アルバイトで頑張ったことは何ですか
  • 部活やサークルには入っていますか
  • 中学・高校はどんな部活動をしていましたか

ガクチカでは、その学生の興味関心や苦難の乗り越え方、これらの経験から得たスキルなどを見ています。

回答する際はただ結果を伝えるだけでなく「なぜ取り組もうと思ったのか」「どんな行動をしたのか」「何を学んだのか」もあわせて考えましょう。

能力やスキルに関する質問

  • 自己PRをお願いします
  • 長所と短所(強みと弱み)を教えてください
  • 得意なことや特技は何ですか
  • 何か資格は持っていますか
  • チームで協力して何かに取り組んだ経験はありますか
  • リーダー経験はありますか

人柄や価値観だけでなく、その学生の能力やスキルに関する質問もよく聞かれます。

自分を過大評価しすぎると仕事でのミスやトラブルにつながることもあるため、あまり話を盛りすぎるのはNGです。

能力やスキルで入社後の配属先を決めることもあるので、話を盛らずにありのままの自分を伝えましょう。

 

ライバルの多い面接を突破するためにやるべき対策

ライバルの多い面接を突破するためにやるべき対策

それでは、新卒におすすめの基本となる就職対策を紹介します。

何からすれば良いのか分からないという人は、ぜひ参考にしてください。

自己分析を徹底する

英語力だけ帰国子女・留学生におすすめの就活ポイントのひとつは「自己分析」です。

自己分析とは自分の特徴や長所・短所、価値観などを把握・分析して自分のアピールポイントを見つける作業です。

自己分析は就活の基本中の基本で、あらゆる選考の場面で役立ちます。

業界・企業選びから選考でのES作成、面接での回答作成など就活の軸とも言える作業となります。

自分がどんな性格や考え方を持っているのか、どのようなことがきっかけで今の性格になったのかをじっくり分析してみましょう。

その上で自分に合った業種や職業を探せば、自分にぴったり合った仕事が見つかるはずです。

入社後に「思っていた仕事と違った」「自分の性格と合わない仕事だ」というミスマッチもなくなるでしょう。

業界・企業研究をする

業界研究とは特定の業界全体に関する情報を収集・分析することで、企業研究は特定の企業に関する情報を調査することを意味します。

業界・企業研究をしておけば業界や企業の特徴がみえて、自分にマッチした企業が見つけやすくなります。

また、業界の動向と展望や課題などの理解も深められるので、より深い志望動機をつくることもできるでしょう。

「当社の強みは何だと思いますか」という質問へ回答するためには必須の対策でもあり、いかに業界研究ができるかどうかが内定のカギにもなります。

何をすればいいか分からない人は、業界団体のホームページや新聞・ニュースを活用してみてください。

業界研究セミナーや合同企業説明会に参加すれば、よりその業界を深く知ることができるでしょう。

模擬面接で練習する

「当社の強みは何だと思いますか」という質問への回答を準備していたとしても、上手に話すことができなければ意味がありません。

「面接になると緊張してうまく話せない」という人は、模擬面接で練習しておきましょう。

模擬面接では面接の流れがつかめるだけでなく、面接と同じような質問をされます。

そのため、面接で何が聞かれるのか分からないという学生にもおすすめです。

「人前で話すのが苦手」「面接経験がない」という人は、模擬面接で事前に面接慣れしておけば本番も緊張せずに自分をアピールできるようになります。

模擬面接はキャリアセンターや就活イベントなどで受けることができます。

また、家族や友人などに練習相手になってもらうのもおすすめです。

 

まとめ

今回は「当社の強みは何だと思いますか」という質問に対して面接でどのように受け答えすべきかについて解説しました。

企業の強みについての質問は、入社への熱意や意欲を見極めるための質問です。

そのため、徹底的な自己分析や業界・企業研究をして回答にブレがないように軸を持って答える必要があります。

改めて「この企業の強みがなぜ魅力に感じたのか」について考え、入社への熱意や意欲の伝わる回答を準備しておきましょう。

回答例を参考にして、希望する企業の面接対策に役立ててください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!