他己分析って何?メリットと注意点を紹介!

おすすめ記事

他己分析って何?メリットと注意点を紹介!

はじめに

就活の準備として大切なことは「自己分析、他己分析、業界分析」などがありますよね。その中でも全ての就活の軸となるのが自己分析です。

「自分はどういう人間で今後どうやって生きて行きたいか?」を突き詰めて理解することで満足感の高い就活をすることができます。

ただ自己分析にはある程度限界があったり、客観性にかけてしまったりします。

そんな時に自己分析以外の方法に自分を知る手段として抑えておきたいのが他己分析です。

 

本記事では就活生に向けて他己分析とはそもそもどんなものなのか?メリット、仕方までを解説していきます。

自己分析で行き詰まってしまった就活生や、自己分析に客観性のほしい就活生はぜひ参考にしてみてください。

1.他己分析とは?

では他己分析とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

文字通り自分ではなく他の人から自分がどう見えているのか、どういう人間なのかを教えてもらう分析手法の1つです。

自己分析の大きな問題は「自分の知る自分しかわからない」ということが挙げられます。と言うのも自己分析では自分の過去を自分の記憶の中で振り返って「自分はこうだった」「自分はこう人にみられていた」と主観的にしか分析できません。一方で他己分析では人から見えている自分のことを教えてもらうのでより客観性を持った分析をすることができます。

 

ではここからは他己分析を行う具体的なメリットに関して解説していきます。

2.他己分析のメリットは?

他己分析のメリットはどのような所にあるのでしょうか?ただ単に他己分析がいいと言われてやるのと、しっかりとメリットを理解して行うのでは雲泥の差なので、なんのために行うのかを自分の中に落とし込んでおくといいです。

3点、解説していきます。

 

1.客観的な意見を得られる

 

まず他己分析では客観的な意見を得ることができます。自己分析では先ほども解説したように自分のことを自分の覚えている記憶で自分の言葉で綴る必要があります。またその時の気分やテンションによっても記憶の中の自分とその時の自分が異なってしまっていることがあります。そうすると非常に主観的で的外れな自己分析になってしまいかねません。

ただ他己分析では他人から自分のことを分析してもらうので、自分の主観性はなく、あくまでも人からみて自分がどう見えているのかと言う評価を得ることができるのです。

するとより正確で客観的な自己分析をすることがます。

 

2.自分の知らない自分を知ることができる

 

他己分析の醍醐味といえば自分から見える自分と他者から見える自分との違いから分析をすることで新しい「自分の知らない自分を知ることができる」という点です。筆者も自己分析に行き詰まった時に他己分析を行ってもらいました。すると「あれ俺ってそう見えてたの?全然知らなかった」というような弱みと強みを理解することができました。それを元に自己分析を進めることでより新しい観点から自分を見つめ直すことができます。

 

3.面接の対策にも使うことができる

 

他己分析は面接の対策にも使うことができます。というのも面接の場面では自分の強みを言った際に「それはどういう経験や価値観に基づいていますか?」という質問で根ほり葉ほり聞いてくることがあります。その時に自分が見えている自分と、面接官から見えている自分が異なっていると「この就活生はしっかりと自己分析ができているのかな?」という評価を受けてしまいます。

ただ自己分析だけではなく、他己分析を行っておくことで面接の際に面接官からみられる自分をあらかじめ想定しておくことができるので面接の時に自分の認識している自分との齟齬が少なくなります。

 

ではここから実際に他己分析を行う際のポイントを解説して行きます。

3.他己分析を行う上でのポイント

他己分析を効果的に行うためにはいくつかのポイントを押さえておくといいです。やり方が分からず、適当にやってしまうと、のちにそれほど大きな価値観じゃなかったということに気がつくこともあり得るのでしっかりと他己分析を行う上でのポイントを理解しておくことが大切です。以下で解説をしていきますので参考にしてみてください。

 

1.できるだけ多くの人に頼む

 

まず他己分析を行う時には出来るだけ多くの人に頼むことが大切です。というのも強烈な一時的な思い出がその人が自分にもつ印象の全てを形作ってしまうことがあり、それを頼りにしてしまうと自分とは違う自分の評価をされてしまうからです。例えばAという友人といた時に偶然にすごくいいことがあって、テンションが高く何かをしたという思い出を共有したとします。その時の印象で他己分析をされてしまうと本当は感情の起伏がない人間なのにテンションが常に高い人間だという分析をされてしまいかねません。それを防ぐためにもなるべく多くの人からサンプルを集めて共通の自分を探し出した方がより正確な他己分析を行うことができます。

 

2.面識の浅い人から親友まで頼む

 

出来るだけ多くの人に頼むことと同時に「面識の浅い人から親友まで頼む」ことも大切です。長くいる友人は自分のことをよく知っているかもしれませんが、新しい人に対する接し方に関しては知りません。逆も然りで初めましての人に接する時には長く付き合っている友人と同じような感覚でコミュニケーションをとる人も少ないでしょう。

なので面識の浅い人から古くからの親友、家族など色々な幅の人に他己分析をお願いすることでいい分析の結果を得られるでしょう。

 

3.質問は具体的に行う

 

質問は具体的にしましょう。下記でより具体的な質問集に関して解説して行きますが、抽象的な質問をしてしまうと抽象的な答えしか返ってきません。逆に具体的に質問をしてあげると相手もイメージをしやすくなり、具体的な回答が返ってくることが多いです。

 

4.自己分析と見比べる

 

他己分析ができたらそれだけで終わらないようにしましょう。他己分析はたくさんのメリットを受けることができますが、他己分析だけで自己分析を完璧することはできません。他己分析は自己分析のあくまでも補助の役割で客観性を持たせたり、自分の知らなかった自分を知ることができたり、面接の対策になったりするだけです。大切なことは他己分析ができたらそれを元により自分のことを深掘りしてみたり、これまでしてきた自己分析が人から見たときと一致しているのかという比較材料として使うことです。

 

ではここから具体的な質問の例をいくつか挙げて行きたいと思います。

 

具体的な質問の例文を紹介!

 

下記がある程度一般的な他己分析の際の質問の例文です。これをそのまま友人などに投げかけてもいいですし、アレンジしてみてもいいでしょう。

 

・自分の第一印象は?

・自分の特徴は?

・長所は?短所は?

・自分との思い出は?

・どんな会社が向いていると思う?

・どんな職種が向いていると思う?

・直したらいいと思うところは?

まとめ

他己分析は自己分析を進めていく上での過程

 

いかがだったでしょうか?他己分析に対してぼんやりとしたイメージしか持っていなかった就活生はかなり具体的に想像できたのではないでしょうか。

他己分析は解説しているようにそれだけでは完璧に自己分析をしたことにはなりません。自己分析と併用して使うと行き詰まっていた自己分析が進むようになりますし、意外な発見も多くあるので、やってみる価値はすごくあります。

 

他己分析ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 新卒でベンチャー企業に入社するって実際どうなの?
  • 学歴が就活に与える影響とは
  • 新卒で入社した会社だけどもう仕事辞めたい!どうしたらいい?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活におすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー