就活の面接でどう自己紹介したらいい?ポイントは?

おすすめ記事

就活の面接でどう自己紹介したらいい?ポイントは?

はじめに

どこの面接でもまず聞かれるのが「自己紹介」ではないでしょうか?

でも実際、自己紹介ってこれまでの大学生活でそれほどする機会もなかったし、特に考えてもこなくて、就活の時に聞かれてどうしよう、何を言えばいいのだろうと迷っている人も多いはずです。

 

はたまた自己紹介ってただ「自分のことを伝えればいいだけでしょ?」って思っている人もいると思いますが、聞かれ方によっても答え方は異なってきますし、何より第一印象を決める大切な役割があります。

 

なので本記事では自己紹介を行う意味から、伝える内容、伝え方のポイント、注意点まで解説していきますので就活生の方は参考にしてみてください。

1.就活の場面での自己紹介とは?

では就活の場合の自己紹介とはどのような意味を持っているのでしょうか?

 

大きく下記の3つがあります。

 

1.自分が誰なのかを伝える役割

2.第一印象を決める役割

3.相手に質問のポイントを与える役割

です。

 

「1.自分が誰なのかを伝える役割」はわかりやすくて、面接などで初めて会ったり、普通のイベントなどでも「自分はこんな人ですよ〜、どうぞよろしく」と挨拶としての役割を持っています。これがないとそもそもの人間関係は作られませんからね。

 

「2.第一印象を決める役割」就活の場面ではより大切になってきますが、自己紹介次第でその人の印象が決まります。これから詳しく解説しますが、話す内容、スピード、表情などで「この人いいかも」と思わせることができるので就活では大切な武器になります。

逆にこの第一印象でつまずいてしまうと後々挽回するのが大変になってしまいます。

 

「3.相手に質問のポイントを与える役割」は聞かれ方にもよるのですが、自己PRを言うために質問してほしいポイントを盛り込むことである意味「餌を巻くこと」ができます。少しわかりにくいと思うので具体的な例をあげてみると、、、

「私は〜大学の〜と申します。大学では〜という研究を行なっていました。」と言う風にいえば面接官は「〜という研究をしていたんだな」という情報を得られるのでそれに関しての質問をしてくる可能性が高くなります。

 

このように単に就活の自己紹介といっても様々な意味があるのでしっかりと事前に考えて、準備をしておかなければなりません。

2.就活の場面での自己紹介の内容は?

では就活の場面での自己紹介ではどのような自分に関する内容を伝えればいいのでしょうか?これから解説していきます。

 

2-1.必ずしも自己紹介=自己PRの場ではない

 

まず本題に入る前に少し注意が必要なのが「どのように面接官に聞かれているのか」によってその答え方が異なってくると言うことです。

 

では先にその注意点を確認しておきましょう。

 

もし「お名前と大学名を教えてください」と言われた時にあなたならどのように答えますか?

就活生の中にはこの質問に対して「私は〜大学の〜で、〜を専攻してきました。大学時代に特に力を入れたことは〜で・・・」と答えてしまう方がいます。

 

これの何がいけないかというと「聞かれていることと、答えていることが一致していない」と言うことです。面接官は「名前と大学名」だけを知りたいのであってこの時点で自己PRを求めてはいません。

 

また「簡単に自己紹介をしてください」と言われて「私の強みは〜で、〜と言うことから御社に入社したいと考えています」と全てを答えてしまう就活生もいます。

 

ただここでの自己紹介も「”簡単”にポイントを伝えてほしい」と言うことを面接官は求めていますのでそれを履き違えてしまい、余計なことまで多く言ってしまうと「こいつわからないやつだな」と言う風に思われてしまい、最悪の場合はそこで面接の結果は決まってしまいます。

 

これは面接官から質問される言葉のニュアンスやその場の雰囲気によっても変わってくるので少し慣れが必要です。

 

なので面接を受ける際には毎回意識しておくと良いでしょう。

 

2-2.自己紹介で盛り込むべき基本的なこととは?

 

では就活の自己紹介で盛り込んでおくべき情報とはなんなのでしょうか?

下記に箇条書きにしてみましたので確認してみてください。

 

1.大学、学部

2.名前

3.大学で学習したこと

4.課外で学んだこと

5.企業に対して魅力に感じるポイント

6.挨拶

 

これらで必要十分です。

 

1と2はそのまま問題なく答えられるでしょう。

もし「大学名と名前を教えてください」と言う風に聞かれた場合は1と2だけつたえてください。

 

3と4は大学の期間中もし何かを頑張ったようであれば「何を学習してそれが今どのように自分の力になっているのか」を伝えるといいでしょう。

 

5は面接官が求めていそうな感じ、もしくは「1分間ほどで自己紹介してください」のようにボリュームが求められている際には伝えるといいです。

 

6の挨拶は「ありがとうございました」「よろしくお願いいたします」のように時間を取ってくださったことへの感謝を述べると印象がいいです。

 

何回もお伝えしているようにこれは基本であってその場の空気感や聞かれていることに対して答えることが大切なので無理して全て言おうとしなくても大丈夫です。

 

2-3.自己紹介の例文

 

では上記の要素を含めた例文を紹介していきます。

 

〇〇大学の〇〇学部4年の〇〇と申します。(1.大学、学部・2.名前)

大学時代にはゼミでマーケティングを専攻し、「ものが売れる仕組み」に関しての研究を行なっておりました。(3.大学で学習したこと)

またアルバイトでは飲食店のアルバイトを3年間続け、持ち前の明るさとコミュニケーション能力でアルバイトリーダーを勤めていました。(4.課外で学んだこと)

大学で自分が座学と実務を通して学んできた「マーケティング」が活かせるのではないかと思い御社に魅力を感じております。(5.企業に対して魅力に感じるポイント)

本日はよろしくお願いいたします。(6.挨拶)

3.就活だけじゃない。自己紹介テクニックは?

最初の方にもお伝えしましたが自己紹介は第一印象を決める大切な要素です。うまく伝えることができれば初めの段階から「いいな」と思ってもらうことができます。

自己紹介でいい印象を持たれるにはもちろん先ほど紹介した内容の他にもテクニックがありますのでそのテクニックを確認していきましょう。

 

1.表情

2.話すスピード

3.目を見て話す

4.姿勢をよく

5.台本を読んでいる感じを出さない

 

これらの5つを押さえておくだけでも印象はかなり変わってきます。

 

1.表情

 

口角をあげ、はにかんだ表情を心がけましょう。ただ笑顔が過剰だったり、ぎこちないと不自然で印象はよくないので面接の前に鏡で自己紹介を読み上げる練習をして、自然な笑顔が出るようにしておきましょう。

 

2.話すスピード

 

話すスピードは「早すぎても、遅すぎてもダメ」です。相手がどういうタイプ(早口なのか、比較的遅い口調なのか)によってもペースを変えられるといいのですが、自分の伝えたいことを落ち着いて話していくと雰囲気が出て、印象がよくなります。

ボイスレコーダーを使って自分が聞いていて、聞き取りやすいか、友人に聞かせてみて聞き取れるかを確認しておくといいですね。

 

3.目を見て話す

 

中には人の目を見て話せないという人がいると思います。ただそれだと誠実さが出ません。面接官の目を見て話すことで真剣度が伝わりますし、コミュニケーションの基本なので面接での評価も高くなります。

もし目を見て話せないという人は目と目の間を見たり、鼻を見てあげると相手は目を見られていると感じますのでそういう方法でも、話せることができるように心がけておきましょう。

 

4.姿勢をよく

 

猫背だったり、手がぷらぷらしていたりするとスマートな印象を与えることができません。しっかりと背筋を伸ばして胸をはり、手は所定の位置においておくことで信頼できる人として見られることができます。

姿鏡などを使って自分がどのように見られているかをチェックしておくべきです。

 

5.台本を読んでいる感じを出さない

 

もちろん何をいうのかという台本はあっていいし、あった方が思考がまとまり、論理的に伝えられると思うのでそれでいいのですが、あたかも暗記して読んでしまっている感が出てしまうと非常に残念です。

これもボイスレコーダーで録音したり、友人や家族にチェックしてもらったりしてなるべく自然に話せるように練習をしておくといでしょう。

まとめ

就活の面接の自己紹介は準備と練習あるのみ!

 

いかがだったでしょうか?

「自己紹介どうしよう・・・」と悩んでいた就活生はイメージがついたのではないでしょうか?

 

やはり一番大切なのはしっかりと「自分の中で何を伝えたくて」という部分を整理しておき、的確に伝えるために練習をしておくことです。

 

どんなに自己紹介や面接が上手い人でも最初からうまかったわけではありません。姿鏡やボイスレコーダーを使って練習したり、友人の協力などがあって初めて上手くなっていっているのです。

 

逆をいえば準備と練習をしっかりと行なっていればいい印象を持たれやすくなり、内定まで近づくことができるので自己紹介は大切な要素ですね。

 

今回紹介したポイントを押さえて納得のできる自己紹介ができるようにしておきましょう。

 

就活生のみなさんが納得のいく就活をできることを願っております。

 

自己PR対策ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 新卒でベンチャー企業に入社するって実際どうなの?
  • 学歴が就活に与える影響とは
  • 新卒で入社した会社だけどもう仕事辞めたい!どうしたらいい?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活におすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー