【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

おすすめ記事

【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

1.自己診断ツールって何?-自己分析のために-

「就活では自己分析が大切だ!」ってたくさん言われますよね。

自己分析は、「自分の価値観や性格を知って、将来や自分に合ったいい会社を考えるため」「人事や会社にアピール出来る自分の武器を把握して、上手に伝えるため」という2つの理由で重要です。

そのために自分年表だったり、モチベーショングラフを使ったりして分析していきます。それでも、「これって、自分で考えただけだなぁ。。。」なんて思ったことはありませんか?

そんな人が使って欲しいのが「自己分析」ツール。数十個~百数個の質問に答えることで、データから自分の特徴や性格を診断してくれるため、客観性をもたらしたり、新たな自分に気付くことが出来たりするのです。

2.強みを診断するストレングスファインダーのメリット

関連画像

その中でも特に有名な自己診断ツールが「ストレングスファインダー」です。(リンクは、ストレングスファインダーを活用したサービスを経営する、「株式会社ハート・ラボ・ジャパン」のものです。)

これは、アメリカのコンサルティング会社Gallup社が開発したもので、34の資質から5つの強みについて診断されるツールです。

強みにフォーカスすることで、生産性や生活の質をより高めることが出来るということで開発され、診断を受けると結果とともにレポートなどを受け取ることが出来ます。

ストレングスファインダーの良さとして、5つの自分の特徴が分かるのはキャッチーで伝えやすいですし、どう伸ばすのが良いかということもレポートされるので診断から行動を起こしやすいです。また信頼性も高く、活用している企業も多いので、自分の診断結果を人に伝えたりもしやすいため、非常に便利なツールだと思います。

しかし、診断には書籍を購入する必要があります。(1冊につき1コードで、古本なども利用できません。)そのような点で、「今すぐ自己分析したいけどお金がない」「自己分析にわざわざお金なんかかけたくない」と考える人にとっては少し厳しいところがあると思います。

なので、今回はストレングスファインダーの代わりになる、便利な自己診断ツールを紹介します!

3.ストレングスファインダーの代わりになる無料ツール、VIA!

関連画像

正式名称は「VIA―IS」。(このサイトの入り口は英語ですが、日本語でも受講できます。方法はコチラ)

ポジティブ心理学で有名なクリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士が開発したツールで、24種類の強みが順位別に診断され、特に上位5つが自分を特徴づける強みとされます。

このVIAの大きな特徴は24種類全てが表示されること。自分の弱みも把握できるというところですね。

とはいえ、表示結果はストレングスファインダーほど具体的ではなく、項目ごとの定義が若干異なるのかなと思います。全く一緒の結果が出てくるわけではありません。

とはいえ、無料で多くの情報が把握できるツールです。また、出てきた結果をもとに古本のストレングスファインダー(どちらかといえば「ストレングスリーダーシップ」の方がオススメです。)を活用して、自分の強みの活かし方を考えていくのも良いかもしれませんね。

4.他の無料の自己診断ツールをご紹介!

ストレングスファインダーや、VIAは自己分析の結果を伝えて強みや弱みを明確にしてくれるツールです。ですが、その細かい分析や、仕事の中でどのように生きてくるかということを把握するには少し使いにくいところがあります。

そこで、「他者との相性も分かるツール」「自分の性格がよく分かるツール」「分析が細かいツール」「仕事へイメージをつけやすいツール」などなど、ストレングスファインダーだけでは補えないような特徴を持った自己診断ツールを紹介します!

 

9種類の特性と、相性が分かるエニアグラム

「エニアグラム 診断」の画像検索結果

エニアグラムは、人間を9つの性格に分ける診断です。実はこの9つの分け方は2000年前から存在していたと言われていて、日本でもエニアグラム学会などが存在したり、企業研修に用いられたりなど、信用性は高いです。あのビリギャルの坪田先生もエニアグラムを使って生徒の性格に合った指導をしていたそうです。

また、エニアグラムの良い点として、自分がどの人から学びを得やすいか(ロールモデルとしやすいか)などを知ることが出来ます。私は考えるのが得意で専門的になりがちな「研究者」タイプですが、勇敢で正義感が強いものの怒りっぽい「統率者」から学ぶことで、自分の考えを表現することや、他人を巻き込むことを恐れないようになりましょう。 といったような具合です。実は、奥深いので興味があれば調べてみてください! 

 

心理学に基づいた性格診断16Personalites

関連画像

16Personalites」は16種類のタイプで性格が診断されます。人と人との違いを知ってお互いに尊重し合うことを目的とされているそうです。素敵ですね。

別名MBTI診断と言い、「外向」と「内向」、「感覚」と「本質」、「論理」と「感情」、「計画」と「柔軟」といった4つの項目で対立するタイプがあるので2の4乗で16種類となります。

16Perosanalitiesの優れた点は、スコア化されて結果が出るのでどの程度内向的かなどを確認出来ることと、個人的に良いと思うのが「このタイプの有名人」というのがあり、自分の性格すごいじゃん!となることです。ちなみに私は論理学者タイプで、アインシュタインなどが有名人にいます。

 

Twitterでも流行った9マスのアレ、Mgram

「Mgram」の画像検索結果

Mgramは、見たこと/診断したことがある人も多いのではないでしょうか。自分を構成する性格の要素を8つハッシュタグ化して抽出してくれる性格診断です。Twitterとかでも結構見かけたイメージがあります。Mgramは、自分の性格を簡単にわかりやすく相手に伝えるための手段として、また自分と性格の合う相手を見つけるための手段として作られたらしいです。

Mgramが良いと思うは、特徴的な性格を8つ出してくれることが、他の診断ツールの結果がどうして出たのか ということを分析することに役立つと思うので良いと思います。あとは、好きになってくれる人も見つけてくれますしね。。。笑

 

データからも分かりやすい新サービスZelfium

「Zelfium」の画像検索結果

Zelfiumは他の性格診断サービスのように、人格特性を診断してくれます。ですが、それ以上にコミュニケーションスタイルやその改善点、ストレスの要因と解消法、リーダーシップスタイルや学習スタイルなどなど多くの観点から分析してくれます。

「世界で最も科学的なパーソナリティ診断」と豪語していますが、あながち嘘ではないでしょう。

分析結果も16Personalitesよりも詳細な印象を受けます。例えば、外向性と内向性を測るものも、16Personalitiesなら外向と内向が合計100になるように、どちらに点数が大きいかを測るだけですが、Zelfiumなら「外向型」「内向型」「友好性」「社交性」「刺激探求性」「積極性」「活力性」というところを踏まええて、人との態度を判断します。

唯一悪い点はまだまだ使用者が少なくて、共通の話題にはなりにくいことぐらいかと思いますが、本当に自分のことを深く知れる診断だと思うのでオススメです!

 

自分の強みがどの業務や会社で活かせるのか分析できるBRIDGE-i

「BRIDGE-i」の画像検索結果

BRIDGE-iはリンクアンドモチベーションの子会社、リンク・アイによる自己診断ツールです。特徴として、ここまで紹介したツールは抽象的な能力の面が多かったですが、このツールはよりどのように仕事で活躍できるかの分析に長けています。例えば考える力や仕事の取り組み方としての「対課題力」は「試行力」「変革力」「分析力」などなどの8つの項目で計測されます。また、モチベーションタイプも診断してくれて、どんな組織に属したいかというところも数字として出してくれますし、人から頼まれるのが好きか、自分が巻き込むのが好きか などなどの診断をしてくれます。

そこからステップアップの方向性なども示してくれるので、就活中に使うべきツールだと思います。

 

RPG風の結果にワクワク?自己PRのヒントになるCIY

「CIY」の画像検索結果

COLOR INSIDE YOURSELFは108個の質問に答えることで、分析結果に合わせて自分なりのキャラクター(トークン)というものを生成してくれます。最初は生年月日で登録します。筆者は「草原の勇者」というジョブになりました。他には知的好奇心を大切にしたいということで「ちせいのマント」などの装備をしたキャラクターになりました。

単純に、分析結果も納得出来ますし、それ以上にRPG風に武器や防具やスキルを持つというのが、自己PRに活かせたりしそうで面白いです。友達と一緒にやっても楽しいと思います!

5.まとめ

今回は自己分析のためにストレングスファインダーをはじめとして、その他のものは全て無料の自己診断ツールを紹介しました。

まずは自分をちゃんと見つめ直すことが就職活動や、将来を考える上で大事な一歩だと思います。また、多くのツールでは「この結果は時が経っても変わりません。あなたの特性です。」といったメッセージをよく見ます。

しかし、それは「自分の特性」に自信を持ちたい人向けだと思っていて、まだまだ若い人々は経験によって大きく変わっていくと信じています。

なので、結果はあくまで「今の自分」を表しているものだとして、目指したい自分になれるように頑張っていくのが良いと思います。

ぜひ、まずはご診断を!

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 就活面接の逆質問への対策と考え方を解説!
  • 新卒でフリーランスになるのは無謀なのか?メリットとデメリットを比較!
  • フェルミ推定とは?解き方のコツや例題を紹介!

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年10月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活動おすすめな5つの理由

  3. 3

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    スーツケースを持って就活ってアリ?ナシ?東京で就活時に知っておきたい荷物の預け先!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー