新卒の下請けプログラマーはなぜきつい?未経験でプログラマーになる方法!

新卒の下請けプログラマーはなぜきつい?未経験でプログラマーになる方法!

2024/4/19更新

はじめに

新卒の下請けプログラマーとしてのスタートは、未経験者にとって厳しいものです。

新しい環境に飛び込み、プログラミングの世界に足を踏み入れるとき、多くの人が同じような悩みを抱えます。

新卒であることに加え、未経験という状況は自信を喪失させ、不安を抱かせるかもしれません。

しかし、そのような状況下でも、成功するための方法があります。

 

まず、未経験者がプログラマーになる方法について考えておきましょう。

プログラミングは専門知識が必要ですが、それを学ぶ方法はいくつかあります。

この記事では、新卒の下請けプログラマーに向けて、未経験者が成功するための方法やアドバイスを提供します。

プログラミングの世界への第一歩を踏み出す勇気を持って、一歩ずつ前進していきましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

新卒の下請けプログラマーはなぜきつい

スーツ姿の就活生 男性

IT業界における下請けプログラマーの仕事は、厳しい現実に直面しています。

まず、業界全体で深刻な人手不足が慢性化しており、その中でプロジェクトごとの納期が非常に厳しいことが挙げられます。

このため、限られた人員で大量の仕事をこなさなければならず、結果として休日出勤や過剰な残業が日常化しています。

残業の連続

プログラマーが直面する最も大きな問題の一つが、納期に追われて発生する残業です。

厚生労働省の調査によれば、プログラマーの残業時間が月80時間を超えたことがある回数が平均で1.41回というデータが示されています。

これは、1か月の稼働日が20日だと仮定した場合、1日平均4時間の残業をしていることになります。

プロジェクトの納期を守るためには、残業が避けられない状況にあり、これが下請けプログラマーの業務の一部となっています。

出典元・参照ページ:

平成29年度業界団体等と連携した IT業界の長時間労働対策事業 事業報告書|厚生労働省

 

このような状況下で働く新卒プログラマーたちは、常にプレッシャーと負担の中で仕事をこなさなければなりません。

業界の競争が激しく、優秀な成果を求められる一方で、人手不足や厳しい納期によって、彼らの肩にかかる負担はますます大きくなっています。

その結果、精神的なストレスや身体的な疲労が蓄積し、長期的な健康への影響が懸念されます。

この状況が改善されない限り、労働環境や健康に対する懸念は解消されないでしょう。

給料が仕事に見合わない

新卒の下請けプログラマーにとって、給料がきついと感じる理由は様々ですが、その中でも特に大きな問題の一つが労働時間と給料の不釣り合いです。

大規模なプロジェクトに携わる場合、多くの場合、残業が発生します。

しかし、その残業時間が給料に反映されないことがしばしばあります。

 

IT業界では、建設業界と同様に多重請けの構造が一般的です。

元請けの上流工程のプログラマーは、潤沢な資金や手当てを受けることができる一方で、下請けのプログラマーはそうとは限りません。

特に新卒の場合、その影響を強く受けることがあります。

下請けであるために、給料や福利厚生が不十分な場合があり、これが給料がきついと感じられる要因となります。

 

新卒の下請けプログラマーにとって、給料がきついと感じるのは、単に金銭的な面だけでなく、労働時間ややりがいとのバランスが取れていないことも大きな要因です。

給料体系や労働環境の改善が求められる中、新卒プログラマーがより充実したキャリアを築いていくためには、業界全体の見直しが必要でしょう。

広範な業務を担当する

新卒のプログラマーが下請け企業で働くことは、技術的な挑戦だけでなく、広範な業務を担当することが求められるため、しばしば過酷な状況に直面します。

 

IT業界は常に新しい技術や手法が登場し、瞬く間に普及します。

これに追いつくために、プログラマーは勤勉でなければなりません。

日々の業務に加えて、退勤後や休日にも勉強を重ねることが必要です。

プログラマーの仕事はプログラミングに限らず、プロジェクトのさまざまな段階で様々な業務をこなす必要があります。

プロジェクトの初期段階では、幾度もの打ち合わせに参加する必要があります。

これは単なるコーディングではなく、システムの設計や要件定義にも関わる重要な作業です。

プロジェクト中期では、できあがったシステムの動作テストを行い、不具合を見つけて修正する作業が加わります。

これには時間と忍耐が求められます。

最後に、完成したシステムの仕様書やマニュアルを作成する必要があります。

これはプログラミングスキルだけでなく、コミュニケーション能力や表現力も問われる作業です。

 

これらの業務量は新卒のプログラマーにとっては特に厳しいものです。

しかし、経験を積み重ねることで効率化やスキルの向上が図れます。

また、チームとの協力や適切な時間管理も重要です。

新卒のうちはきついかもしれませんが、それを乗り越えることで成長する貴重な経験となるでしょう。

新卒の下請けプログラマーの年収

新卒プログラマーが下請け企業で働く場合、年収は彼らのキャリアにとって重要なポイントです。

しかし、その現実は複雑であり、いくつかの要因によって決定されます。

仕事の流れと年収の関係

顧客企業からの仕事の流れは、新卒プログラマーの年収に直結します。

一般的に、仕事が下請け企業によって受けられるほど、年収は低くなります。

リクナビNEXTが行なった、22~44歳のIT系企業に勤務するソフト系エンジニア1000人を対象とした調査では以下の結果が出ました。

客先・発注先と比べて給与格差はどのくらい?

プログラマー 客先・発注先給与格差グラフ

出典元:リクナビNEXT

 

顧客企業の平均年収が603万円であるのに対し、1次下請けは577万円、2次下請けは518万円、3次下請けは496万円という結果になりました。

下請けの階層が上がるにつれて年収も減少します。

企業規模の影響

下請けプログラマーの年収は、企業の規模によっても異なります。

大企業では平均年収が高く、また平均年齢も高い傾向があります。

一方、零細企業では若手が多く、その結果として平均年収も低くなります。

正社員の年収との比較

正社員で働くプログラマーの平均年収は413万円であり、年齢層によっても異なります。

この数字を踏まえると、新卒プログラマーが下請け企業で働く場合、正社員と比較して年収が低いことがわかります。

下請けプログラマーが年収を向上させるには、スキルの向上やキャリアの戦略的な計画が必要です。

新卒の下請けプログラマーにふさわしい人

並んで立つ10人の男女

下請けプログラマーにふさわしい人の特徴をご紹介します。自分が下請けプログラマーにふさわしいのか、参考にして下さい。

プログラマーに必要な特徴

プログラマーに向いている人は、論理的思考力や根気強さ、そして柔軟な対応力を持っています。

彼らはチームやクライアントの要望に対応でき、協調性と柔軟性を発揮します。さらに、モノづくりが好きで常に最新の情報やスキルを身につけ、臨機応変に対応できる人物です。

彼らは地道な作業をコツコツと行い、問題解決能力に優れています。

効率的な作業と知識の追求

プログラマーは長時間のデスクワークが必要ですが、彼らは集中力を持ち、手順を正確に組み立てる能力を発揮します。

物事を筋道立てて論理的に考え、効率的かつ質の高い仕事を行います。

また、プログラミングの世界は常に変化しており、彼らは常に最新の技術や知識を習得するため、日々の学習と情報収集を怠りません。

柔軟性とチームワーク

プログラマーは単独で作業することもありますが、チームでの作業も欠かせません。

彼らは高い協調性を持ち、チームでの物事の進行を円滑に行います。

また、他のメンバーとのコミュニケーションを通じて、より良いソリューションを生み出します。

持続可能な働き方

プログラマーは長時間パソコンと向き合う必要がありますが、彼らは体力を持ち、長時間の作業に耐えることができます。

また、好奇心や向上心を持ち、常に自己成長を追求します。

これらの特徴を持つ人物が新卒の下請けプログラマーにとって理想的な存在です。

高い学習意欲と解決力

新卒の下請けプログラマーに求められるのは、高い学習意欲と解決力です。

彼らは自らのスキルを向上させるために積極的に学習し、新しい技術やツールを取り入れる努力を惜しまない人物です。

また、プログラム上の問題に対して冷静かつ迅速に解決策を見つけ出し、実装する能力も必要です。

柔軟な発想力と効率化能力

プログラミングの世界では、創造性と柔軟性が重要です。

新卒の下請けプログラマーは、問題に対する新しい視点やアプローチを持ち、創造的な解決策を提案します。

また、効率化が重要視されるため、彼らは既存のプロセスやコードを改善し、効率化する能力も持っています。

チームワークの重要性

長時間のデスクワークに耐える体力や、協調性の高さも重要です。

新卒の下請けプログラマーは、チームの一員として円滑なコミュニケーションを図り、協力してプロジェクトを推進します。

彼らは自己主張を抑えつつ、チーム全体の目標達成に貢献します。

新卒の下請けプログラマーに求められる特徴は多岐にわたりますが、高い学習意欲、解決力、柔軟な発想力、効率化能力、持続可能な働き方、そしてチームワークが挙げられます。

これらの特性を兼ね備えた人こそ、現代のプログラミング業界で成功を収めることができるでしょう。

新卒の下請けプログラマーは未経験でもOK

未経験のプログラマーが通用するのは一般的に30歳までと言われていますが、現在のテクノロジーの進歩と需要の高まりにより、その傾向は変化しています。

新卒の下請けプログラマーとして、未経験からでもチャンスが広がっています。

仕事の範囲は多岐にわたる

未経験のプログラマーは、テストやヘルプデスクなど、あまりスキルが必要ではない作業をやらされることがありますが、それがスタートラインです。

上流フェーズやプログラミングなどの質の高い作業は、すでに1次請けや2次請けの企業で席が埋まっていることがありますが、下請けプログラマーとしての経験を積むことでスキルを磨き、キャリアを築くことができます。

独学での経験も重要

未経験とは、プログラマやエンジニアとしての就業経験がない人のことであり、プログラムが書けないということではありません。

つまり、就業経験はないものの、独学でWebサイトやアプリを作成したことがある必要があります。

自己学習の積み重ねは、実務でのスキル獲得に大きく貢献します。

挑戦する姿勢が重要

新卒の下請けプログラマーとして未経験からスタートする場合、挑戦する姿勢が重要です。

自ら積極的に学び、成長する意欲を持ち続けることが、プログラミングキャリアを成功させる鍵となります。

また、メンターからのアドバイスやフィードバックを積極的に受け入れることも大切です。

経験とスキルを積み重ねながら、自身の成長を目指し、プログラミングの世界で活躍していきましょう。

未経験でプログラマーになるには?

プログラミングスクールへの参加

未経験者がプログラマーを目指す一つの道は、専門のプログラミングスクールに参加することです。

プロが組んだカリキュラムで効率的に基礎知識を身につけ、講師に疑問点を質問することができます。

オンライン学習や独学

自己学習も有効な方法です。

オンラインスクールや参考書を利用し、自分のペースで学ぶことができます。

しかし、独学では自己学習スキルの向上が必要であり、適性を見極めることも重要です。

資格取得の検討

プログラマーになるための特別な資格はありませんが、資格取得はスキル証明や自己成長に役立ちます。

プログラミングの世界では、資格はある程度の技術力や知識を保証するものとして重視されます。

関連する資格を取得することで、就職やスキルアップの道が広がるでしょう。

未経験者が取得すべき資格には、以下のようなものがあります。

  • ITパスポート試験

この試験は、経済産業省が認定する国家試験であり、ITに関する基礎知識を証明するものです。

プログラマーだけでなく、事務職や営業職など幅広い職種の社会人や学生が受験しています。

試験内容は、新しい技術や手法の概要から経営全般、IT、プロジェクトマネジメントまで幅広い分野の知識を問うものです。

CBT方式で行われ、受験者は試験会場で用意されたPCを使用します。
合格基準は総合評価600点以上であり、さらに分野ごとに300点以上を取得する必要があります。

合格率は例年50%以上とされていますが、合格には適切な対策と勉強が欠かせません。
標準的な勉強時間は100時間とされていますが、受験者のレベルや学習スタイルによって異なります。

ITパスポート試験の合格は、プログラマーになるための第一歩として価値があります。基礎知識の習得を通じて、より高度なスキルを身につけるための土台を築くことができます。

  • C言語プログラミング能力認定試験

この試験は、1992年から株式会社サーティファイによって実施され、C言語を使ったプログラミングスキルを評価します。

この試験は1級から3級までの3段階があり、受験者のスキルレベルに応じてC言語の知識とプログラミングのスキルを測定します。

初学者は3級から始めることができ、1級は上級コースで、実務経験に近いスキルが求められます。

合格率は2020年度平均で64.0%と公表されており、比較的高い合格率とされますが、自身のスキルレベルによって変動します。

初心者が3級に合格するための目安は110時間の学習であり、1級を目指す場合は2級取得者が70時間の学習後が合格の目安とされています。

このような目安を元に、効果的な学習計画を立てることが重要です。

C言語プログラミング能力認定試験は、プログラマーとしてのキャリアを築く上で有益な資格であり、熱心な学習と実践を通じて、自身のスキルを向上させるための貴重な機会です。

これらの資格は、履歴書や面接でのアピールポイントとなり、未経験者でもプログラマーとしてのキャリアをスタートさせる上で有利に働きます。

ポートフォリオの構築

資格取得だけでなく、実践的な経験も重要です。

学んだスキルを活かし、個人プロジェクトやオープンソースへの貢献など、自身のポートフォリオを充実させることで、雇用主に自身の能力をアピールすることができます。

コミュニティへの参加

プログラミングコミュニティへの参加は、学びを加速させるための効果的な手段です。

オンラインフォーラムやイベントへの参加を通じて、他の開発者との交流やアドバイスの受け取りが可能です。

継続的な学習と成長

プログラミングは日々進化しており、技術の更新は早いものです。

未経験者がプログラマーとして成功するためには、継続的な学習と自己成長が欠かせません。

新しい技術やツールに対する好奇心を持ち、常にスキルを向上させる姿勢を持つことが重要です。

日々の勉強意欲を持ち、IT技術全般に関する知識を広げていくことが求められます。

目標を持って学習を進める

プログラマーになるためには、プログラミングの基礎をしっかり理解し、自分が開発したいものを明確にすることが重要です。

また、一つの分野に絞って深く学ぶことで、専門性を高めることができます。

未経験からのプログラマー転身は挑戦的ですが、継続的な努力と学習によって実現可能です。

自らの目標を見据え、適切な学習方法を選択し、着実にスキルを磨いていきましょう。

まとめ

新卒の下請けプログラマーとしての仕事は、未経験者にとって厳しいものとされています。

新卒の下請けプログラマーはなぜきついのか、具体的に解説しました。

プロジェクトの細部にまで関わり、高い技術力が要求される一方で、自己の経験やスキルが不足しているため、プレッシャーやストレスが常につきまといます。

しかし、未経験者でもプログラマーになる方法はあります。

適切な学習と資格取得、実践的な経験の積み重ね、そしてコミュニティへの積極的な参加が重要です。

継続的な学習と成長を忘れずに、自身のスキルを着実に高めていくことが、未経験からプログラマーへの道を歩む鍵となります。

 

テクノロジーの進化は加速し、需要はますます高まっています。

新しいアプリケーションやシステムの開発において、若い才能は重要な役割を果たします。

学び、成長し、挑戦することで、技術の最前線で活躍し、革新的なソリューションを生み出すでしょう。

柔軟性と創造性が求められるこの分野では、新卒のエネルギーと情熱が大きな価値を持ちます。

自分の能力を信じ、チームと協力して、素晴らしい成果を目指しましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!