薬剤師が新卒で食っていくためには!特徴や向き不向きは?選考に役立つ情報を徹底解説!

薬剤師が新卒で食っていくためには!特徴や向き不向きは?選考に役立つ情報を徹底解説!

2024/4/19更新

はじめに

新卒薬剤師として安定した職を見つけるためには、市場のリアルを理解する必要があります。

薬剤師としての業務は広範にわたり、業界特有の動向や特徴を把握しなければ、入社後に期待とのギャップを感じ、長期的なキャリア構築が難しいでしょう。

また、将来的な視点から業界全体を考察することは、持続可能な職業人生を送る上で不可欠です。

この記事では、薬剤師としての新卒が直面する現実、「食えない」とされる事情、および業界動向について、基本から詳細まで解説します。

ここでは、以下の疑問に答えます。

  • 薬剤師として新卒が直面する実際の仕事内容とは?
  • 新卒薬剤師の就職市場は厳しいのか?
  • 薬剤師業界での選考対策について

薬剤師としてのキャリアに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

また、他の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

【業界研究ガイド】業界一覧

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

新卒薬剤師の就職難易度は厳しいと言えます。

その理由の一つとして、医薬品に関する専門知識や技術の高い要求が挙げられます。

医療業界は日々進化しており、最新の医療情報や治療法に迅速に対応できる能力が必要です。

また、大手薬局や医療施設が優秀な人材を求めており、一般的には偏差値が高い大学の卒業生が多く採用される傾向にあるため、就職市場では激しい競争があります。

効果的な選考対策としては、業界の深い理解を得ること、自己分析を丁寧に行いエントリーシートに反映させること、そして面接での頻出質問に対応できるよう準備することが重要です。

後ほど具体的な選考対策方法を詳しく紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

新卒の薬剤師が食えない理由とは?

街路樹の下に立つ女性 就活生イメージ

新卒薬剤師が経済的な困難に直面する一因として、教育費の負担が挙げられます。

薬剤師を目指す学生向けには、最大120万円の奨学金制度が設けられており、通常は月額5万円の支給ですが、一部の医療機関では月額15万円を最大6年間借り入れ可能です。

入社後に一定期間勤務することで返済が免除される場合もありますが、奨学金の返済負担は新卒薬剤師にとって大きな経済的圧力となるでしょう。

また、日本学生支援機構を含むいくつかの組織が返還の減額や期限猶予などの救済措置を提供していますが、奨学金返済のための補助金制度が整っている場合でもこれらの財政的負担は新卒薬剤師が「食えない」状況に陥る理由の一つです。

 

参照ページ

薬剤師の奨学金制度やサポート制度を活用して安心して働こう

薬剤師の奨学金利用の現状は?

トピック1:高額な奨学金返済

薬学5・6年生の約35%が奨学金を利用しており、これらの学生の平均返済予定総額は650万円にのぼります。

特に、1千万円以上を返済する必要がある学生は全体の26.2%を占めているのが実情です。

返済期間は長く、14年から20年が一般的ですが、多額の返済負担により自己破産に至るケースも報じられており、奨学金返済は薬剤師にとって重大な負担となっています。

 

参照ページ

薬科大学・薬学部アンケート及び薬学 5・6 年生 Web アンケート調査結果まとめ

トピック2:奨学金の返済負担が就職先選択にも影響

奨学金の返済負担は就職先選択にも影響を与えています。

多くの場合、企業や病院からの奨学金借入には、卒業後に特定の期間、その機関で勤務することが条件です。

約束を破り、予定された期間より早く退職すると、未払いの奨学金を一括で返済する必要が生じる場合があります。

契約条件は、薬剤師としてのキャリアパスを制限する要因にもなっています。

 

参照ページ

奨学金を借りた薬剤師とこれから借りる薬学生が知っておきたいこと

新卒薬剤師の未来は?

トピック1:新卒薬剤師の雇用状況と市場動向

2021年の薬剤師の有効求人倍率は2.90倍で、2020年2月の4.51倍から減少しています。

薬剤師の総数が年々増加していることと関連しており、薬剤師の需要が全体的に減少傾向です。

新卒薬剤師にとって、特に病院やクリニックなど従来の職場での雇用機会が減少していることを意味しています。

 

参照ページ

薬剤師の将来性は縮小している

トピック2:ドラッグストア業界と在宅医療での薬剤師需要

ドラッグストア業界では、店舗数の増加と新型コロナウイルスの影響により、予防意識の高まりと共にセルフメディケーションの需要が増加しています。

調剤併設型の店舗での薬剤師の需要は高まっている状況です。

また、社会の高齢化進行に伴い、在宅医療分野での薬剤師需要も増加する見込みです。

新卒薬剤師にとって、従来とは異なる分野での職機会が拡大していることを示しており、特に高度な専門知識や臨床経験を持つ薬剤師にはさらに大きな需要が見込まれます。

 

参照ページ

【2024年版】薬剤師に将来性はあるの?今後の需要と薬剤師の未来

薬剤師の職場

職場内容①:調剤薬局

調剤薬局での薬剤師の主要な役割は、医師が出した処方箋に従って薬を調剤することです。

患者さんにとって適切な医薬品を提供するための基本的な業務であり、薬剤師は専門性を活かして正確な調剤を行います。

また、調剤薬局の薬剤師は監査業務や服薬指導を通じて、患者の適切な薬の使用を支援します。

商品の販売や管理もおこなうため、薬局運営の重要な部分を担っていると言えるでしょう。

調剤薬局は調剤室を備えており、薬剤師の常駐で医療としての調剤を提供する専門施設として機能しています。

 

参照ページ

調剤薬局での薬剤師の仕事内容とは?求められるスキルや転職のポイントについて

職場内容②:ドラッグストア

ドラッグストアに勤める薬剤師は、処方箋を持たない顧客への医薬品販売が主な業務です。

顧客の健康状態や悩みを聞き出し、適切なOTC医薬品を選び提案することが一般的ですが、サプリメントや衛生用品のアドバイスも行う場合があります。

ドラッグストアでは多様な商品を扱うため、薬剤師の役割は幅広いと言えるでしょう。

ドラッグストアでの勤務内容は、医薬品販売だけに留まらず、接客、レジ操作、商品補充、売場づくりのためのPOP作成など多岐にわたります。

勤務年数が長くなると、商品発注や店舗管理などの店舗運営業務を担うこともあります。

 

参照ページ

ドラッグストアで働く薬剤師とは?仕事内容や年収、薬局との違いについても解説

職種内容③:製薬会社

製薬会社に勤務する薬剤師は、医療従事者への医薬品情報提供やセールスを担う営業職(MR)、新薬開発のための実験を行う研究職など、さまざまな役割を果たしています。

医薬品を扱う各拠点には必ず管理薬剤師が配置され、品質管理、情報管理、在庫管理の責任を担います。

また、薬事関連業務、すなわち医薬品の承認申請を担当するのも大事な仕事です。

製薬会社の薬剤師は、論文作成や臨床現場からの生の声を聞くことが多く、経験によって専門的スキルの向上が期待できるでしょう。

 

参照ページ

【薬学部の就活】製薬会社における薬剤師の仕事と働き方

職種内容④:病院

病院で働く薬剤師は、薬学に基づく広範な知識を活用し、薬の開発や患者さんの薬物療法に専門的に関与します。

勤務形態は病院によってさまざまですが、一般的には4週8休制とする場合が多いでしょう。

救急医療を提供する病院では、薬剤師も夜勤や当直、休日出勤を含むシフト制で対応することが求められる場合があります。

 

参照ページ

病院薬剤師は大変?病院勤務に向いている人や魅力とは

職種内容⑤:在宅医療

在宅医療における薬剤師の主な責務は、患者に対して最適で効果的かつ安全な薬物療法を提供することです。

通常、薬剤師は薬局や病院で勤務しますが、在宅医療では患者の自宅やその他居住施設を訪問し、薬剤の提供や服薬指導、薬剤管理などを行います。

医師や他の医療関係者とのチーム連携が重要となり、薬剤師は薬物療法の専門家として、患者さんの適切な服薬を支援するための重要な役割を担います。

 

参照ページ

在宅医療での薬剤師の役割とは?在宅医療についても確認

薬剤師の市場規模・推移

薬剤師の勤務先の割合グラフ

出典元:薬剤師の就職先ごとの仕事内容や年収、割合を紹介!一番人気なのは?

 

薬局業界は絶えず変化し、市場規模は大きくなっています。

2023年の時点で、薬局業界とドラッグストア業界の市場規模はそれぞれ8兆3449億円に達し、前年比で8.3%の増加を示しています。

薬局の数も増加傾向にあり、2020年度には6万軒を超え、そのうち約8割が診療所や病院の近くに位置する門前薬局です。

これは地域医療との連携の重要性が高まっていることを反映しています。

 

経済的な面では、調剤医療費は約7兆7,025億円となっており、薬局数は6万171件に上ります。

一方、調剤薬局売上高ランキング上位10社の合計売上高は1兆720億円、店舗数は4,748店舗となっており、大手薬局チェーンの市場占有率は高いと言えるでしょう。

以上のことから、薬剤師業界は引き続き成長を続ける一方で、大手企業の影響力が増している現状は明らかです。

薬剤師市場では競争が激しくなるだろうと考えられます。

 

参照ページ

ドラッグストアの業界概要

ドラッグストア業界の売上高ランキング

ドラッグストア売上高ランキング表

出典元:【2023年最新】ドラッグストア売上高ランキング|業界動向や平均年収、店舗数も徹底解説

 

ドラッグストア業界の売上高ランキングでは、ウエルシアホールディングスが頂点に立っています。

2021年度には業界初となる1兆円の売上高を達成し、その強みを医薬品や食品の販売に見出しています。

続いてツルハホールディングス、コスモス薬品、サンドラッグ、マツキヨココカラ&カンパニーが上位です。

売上ランキングはドラッグストア業界の競争力と、健康への関心の高まりが反映されていることを示しており、薬剤師を含む業界関係者にとって重要な指標となっています。

 

参照ページ

【2023年最新】大手ドラッグストアの売上と店舗数ランキング

ドラッグストア業界の大手企業紹介

売上高ランキング上位5つの会社をご紹介します。

  1. ウエルシアホールディングス
  2. ツルハホールディングス
  3. コスモス薬品
  4. サンドラッグ
  5. マツキヨココカラ&カンパニー

企業①ウエルシアホールディングス

ウエルシアホールディングス 企業ロゴ

出典元:ウエルシアホールディングス 公式HP

 

ウエルシアホールディングスは、調剤併設型ドラッグストアチェーンを主軸に事業を展開する会社です。

調剤薬局の併設が約7割の店舗に及び、月間約160万枚の処方せんを受け付けているのが特徴です。

全国の医療機関から発行される処方せんを取り扱うほか、在宅での服薬指導にも力を入れています。

「ウエルシアモデル」と呼ばれる経営戦略は、調剤、利便性(特に深夜営業)、カウンセリング、介護が4つの柱です。

専門性と利便性を追求することで、消費者にとって利用しやすいドラッグストアの形態を目指しています。

 

参照ページ

ウエルシアホールディングス 公式HP

企業②ツルハホールディングス

ツルハドラッグ 企業ロゴ

出典元:ツルハドラッグ 公式HP

 

ツルハホールディングスは、医薬品、サプリメント、健康・美容・ダイエット用品の販売を主軸に、調剤や通信販売事業も手掛ける企業です。

ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス、ウォンツ、レデイ薬局など、多くの小売店舗がグループに属しています。

グループでは、OTC医薬品や調剤薬剤師、登録販売者など、様々な職種での募集を行なっており、扶養範囲内短時間勤務からフルタイムまで、未経験者も含めて多くの人材を受け入れています。

ツルハホールディングスは、顧客の健康と美容に関するニーズに応える幅広い商品とサービスを提供し、地域社会の健康サポートを目指している企業です。

 

参照ページ

ツルハホールディングス 公式HP

企業③コスモス薬品

コスモス薬品 企業ロゴ

出典元:コスモス薬品 公式HP

 

コスモス薬品は、顧客満足度の高さで知られる薬品小売業者です。

日本最大の顧客満足度調査であるJCSIで、2011年度から13年連続で業界1位を獲得しており、その顧客サービスの質の高さが評価されています。

薬剤師の専門知識を活かした「OCT販売」や顧客コンサルティングサービスを提供しています。

調剤薬局で働く薬剤師を支える調剤事務スタッフが、受付やレセプト業務を含むサポートを行い、薬剤師が調剤業務に集中できる環境を整えられているのが特徴です。

 

参照ページ

コスモス薬品 公式HP

企業④サンドラッグ

サンドラッグ 企業ロゴ

出典元:サンドラッグ 公式HP

 

サンドラッグは薬剤師が医薬品や健康食品、サプリメントの管理と相談業務に特化しているドラッグストアです。

医薬品の効果的な店舗配置を通じて売上の向上に貢献することも、薬剤師の役割としていますが、店舗管理や品出しの業務は薬剤師が担当することはないでしょう。

サンドラッグが採用している「1店舗2ライン制」により、店舗運営スタッフ(一般職)と調剤・OTCカウンセリングスタッフ(薬剤師)の役割は明確に分けられています。

薬剤師は医療用医薬品の知識に加え、市販薬や健康食品に関する広範な知識も必要とされます。

調剤では処方内容の正確な提供が、OTCでは顧客の症状に応じた製品の選択と提案が求められるでしょう。

 

参照ページ

サンドラッグの薬剤師求人へ新卒・中途採用で転職する評判・口コミ

企業⑤マツキヨココカラ&カンパニー

マツキヨココカラ&カンパニー 企業ロゴ

出典元:マツキヨココカラ&カンパニー 公式HP

 

マツキヨココカラ&カンパニーの薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアで活躍しています。

主な仕事内容には、処方箋に基づく薬のピッキング、薬局の在庫管理システムのチェック、薬局全体の在庫コントロールの提案が含まれます。

患者さんの症状やニーズを詳細に聞き取り、OTC医薬品や化粧品に関する相談に応じるのも重要な業務の一部です。

マツキヨココカラ&カンパニーでは薬剤師がその専門知識とスキルを活かし、地域の健康支援と美容アドバイスを提供することで、顧客の信頼を築いています。

 

参照ページ

マツキヨココカラ&カンパニー 公式HP

薬剤師として働くメリット

薬剤師として働く人イメージ 女性

薬剤師として働くと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは代表的な2つのメリットについて確認してみましょう。

メリット①専門的な成長と社会貢献の実現

薬剤師として働くことは、専門的な成長と社会貢献を実現できる点が大きな魅力です。

患者さんとの直接的な関わりを通じて薬の効能や副作用についてのアドバイスを提供し、数多く感謝されます。

また、多様な医療機関の処方箋を扱うことで専門知識が深まり、継続的に学習ができるでしょう。

薬剤師としての専門性が高まるだけでなく、地域医療への貢献にも繋がり、社会的な意義を実感できる仕事です。

メリット②働きやすい環境とキャリアの多様性

薬剤師は働きやすい環境とキャリアの多様性が特徴です。

多くの職場で休みが取りやすく、夜勤が少ないため、プライベートとのバランスを保ちやすくなります。

経済面では管理薬剤師として高収入を目指せるほか、転職市場も活発で多様なキャリアパスがあります。

職場の福利厚生が充実している点も魅力の一つです。

地方で働く場合には、生活費の負担が軽減されることや、移住支援金の制度を利用できる場合もあります。

人間関係も築きやすく、自然に触れながらゆとりを持って働ける環境が多いことも、薬剤師のメリットです。

 

参照ページ

薬剤師として働くメリットは?職場ごとのメリットも紹介

薬剤師として働くデメリット

スーツ姿の女性就活生 後ろ姿

薬剤として働くことはメリットだけではありません。

薬剤師として求められることが人によってはとてもつらい場合もあります。

メリットだけで決めるのではなく、自分の適性も確認したうえで進むべきかどうかを判断していきましょう。

薬剤師として働くデメリットには下記のようなものがあります。

デメリット①労働環境と仕事の圧力

薬剤師としての労働環境は残業やサービス残業が多く、忙しさのために休憩や有給休暇が取りづらい場合があります。

また、営業時間は長く、土日も休めない可能性があるため、ワークライフバランスを維持するのが困難な時があります。

人間関係の問題や、一人薬剤師の時間帯が発生することによる仕事の負担もあります。

ミスが許されない緊張感の中での業務はストレスを伴うでしょう。

デメリット②専門性と仕事内容の課題

薬剤師としての専門性を維持するためには、新薬に関する継続的な勉強が必要であり、これが負担となる場合があります。

調剤と服薬指導の業務が単調に感じたり、医師の意見を優先しなければならなかったりで不満が溜まることも考えられるでしょう。

 

参照ページ

薬剤師のメリット・デメリットとは?

薬剤師になるための就活を成功させるためには

笑顔の男性

就活では、業界に関わらず基本的な対策が重要です。

新卒薬剤師でも、エントリーシートのブラッシュアップや面接対策を徹底的に行うことが求められます。

特に、業界に合わせた志望動機の作成に注意を払う必要があるでしょう。

よくある志望動機をまとめておくことで、より効果的な対策ができるはずです。

その上で、志望動機を作る際に重要なポイントが4つあります。

それぞれの特徴を理解し、薬剤師としての仕事における挑戦や期待を具体的に反映させた動機を述べることが大切です。

薬剤師業界の状況を踏まえ、なぜこの職を選び、どのようなキャリアを目指しているのかを明確にするのが、理想的な就活のアプローチです。

なぜこの業界なのか

  • なぜ数ある中からこの業界なのか
  • それは他の業界ではできないのか

なぜその企業なのか

  • 数ある中でなぜその会社を選んだのか
  • それは競合他社では達成できないことなのか

なぜその職種なのか

  • 5つのジョブがある中でなぜそのジョブを応募したのか
  • 果たして他のジョブや全く関係ない業務でそれは達成できないか

以上の3つが自分のやりたいことや方向性とどうマッチするのか

  • まず以上の3つ内容に相違はないか、論理的に破綻していないか
  • そのうえで、自分が将来目指したいことや達成したいことにマッチするか

エントリーシート・面接頻出質問をご紹介

  • なぜこの業界を志望しているのですか?

私が薬剤師としての道を選ぶ理由は、学生時代のインターン経験にあります。

そこでの活動を通じて、薬剤の調剤、薬品管理、患者さんへの服薬指導などの実務知識を深めました。

この経験から、医療現場における薬剤師の重要性とやりがいを感じ、この職業に強く惹かれるようになりました。

今後は、これまでの経験を生かして、医療現場での更なる知識とスキルの向上を目指し、多くの人々の健康維持に貢献したいと考えています。

具体的には、患者さん一人ひとりに合わせた適切な薬剤管理とアドバイスを提供し、チームでのプロジェクト運営にも関わり、組織内でリーダーシップを発揮していきたいと思っています。

  • なぜ弊社にご応募いただいたのですか?

プロジェクト責任者へと成長できるチャンスがあると伺ったからです。

学生時代には薬学関連のインターンシップに2年間参加し、医薬品の適正使用や薬剤管理についての実務経験を積みました。

この経験を通じて、薬剤師としての専門知識とスキルを磨くことができました。

私は将来的にリーダーシップを発揮する立場を目指しており、貴社でその可能性を広げたいと考えています。

入社後は、これまでの経験と学んだ知識を活かして、即戦力として貢献することができると信じています。

 

この質問返答を4つのフレームワークに当てはめて回答すると以下のようになります。

なぜこの業界なのか

  • この業界を選んだのは、薬剤師としての専門性を活かし、人々の健康と生活の質の向上に直接貢献したいという強い思いがあるからです。

学生時代に薬学を学び、さまざまな薬剤知識や医療現場でのインターンシップ経験を通して、薬剤師としての責任と役割について深く理解しました。

また、高齢化社会の進行に伴い、医薬品の適切な使用と健康管理の重要性が高まっており、この需要に応えられる専門職であることに大きな魅力を感じています。

私は自分の知識とスキルを活用して、患者さん一人ひとりに寄り添った服薬指導や健康支援を行いたいと考えており、そのためにはこの業界で働くことが最適だと確信しています。

なぜその企業なのか

  • 貴社を選んだ理由は、社内での継続的な教育と成長の機会が豊富にあること、そして地域社会への強い貢献という企業理念に共感したからです。

貴社は薬剤師の専門性を深めるための研修制度が整っており、最新の医薬知識を継続的に学べる環境が整っていることが魅力的です。

また、地域医療への貢献に力を入れており、薬局を通じて地域の方々の健康支援に尽力している点に強い共感を覚えました。

私は専門知識を深めながら社会に貢献したいという強い願望があり、その実現のために貴社で働くことを強く望んでいます。

なぜそのジョブなのか

  • 薬剤師を目指した理由は、人々の健康と直接関わり、その生活の質を向上させることができる専門職であるからです。

学生時代に薬学を学んでいる間、薬剤の知識だけでなく、それを通じて人々の健康を支える重要性を深く理解しました。

薬剤師は医薬品の専門家として、適切な薬物療法の提供、副作用の管理、そして患者さん一人ひとりに合わせた服薬指導を行います。

薬剤師は医療チームの一員として患者さんの健康を守り、改善するために欠かせない役割を担っています。

そうした責任感とやりがいを感じられる職業に魅力を感じ、薬剤師という職を選びました。

以上の3つが自分のやりたいことや方向性とどうマッチするのか

  • 私が薬剤師として働きたいと考える理由、特定の企業を志望する動機、そして薬剤師という職業を選んだ根拠は、私のキャリアの方向性ややりたいことと深くマッチしています。

薬剤師としての役割を通じて、人々の健康を支えることに深い関心を持っており、そのための専門知識とスキルを持続的に習得し、活用したいと考えています。

貴社が提供する教育機会と地域への貢献は、私の専門性を深め、社会的意義を感じながらキャリアを築くという目標に合致しています。

また、プロジェクトの責任者になるチャンスがあるという点は、私がキャリアでリーダーシップを発揮したいという願望とも一致しています。

 

このように、自分のやりたいことや将来像に対して、なぜ貴社を志望するのかといったロジックも一つの方法です。

具体的な面接対策を紹介している記事が他にもありますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

 

【面接対策】就活で抑えたい時事問題の出題傾向と対策方法とは

ジョーカツ 面接対策

まとめ

本記事では薬剤師業界について解説しました。

薬剤師業界は、人々の健康を守るために欠かせない重要な役割を担っています。

高い専門性が求められるため、やりがいを感じられると同時に、専門職としての地位が確立され、転職市場でも有利に働く場合があります。

新卒で薬剤師を目指している方はさまざまな薬局や医療機関の説明会に参加し、実際の職場環境を理解することが重要です。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!