SaaS業界はオワコン?今後の展望と働くメリットを徹底解説!

SaaS業界はオワコン?今後の展望と働くメリットを徹底解説!

2024/4/19更新

はじめに

SaaS(Software as a Service)業界は、近年急速に成長しています。

クラウドコンピューティングの普及やデジタル化の進展により、多くの企業がSaaSを活用して業務を効率化し、競争力を高めています。

その一方で、最近ではSaaS業界が「オワコン(終わったコンテンツの略)」と揶揄されることもあります。

そこで本記事では、SaaS業界の現状と「オワコン」と言われる理由、今後の展望や働くメリットについて解説します。

  • SaaS業界がオワコンっていわれる理由は?
  • SaaS業界の今後の展望は?
  • SaaS企業に就職するメリットは?

SaaS業界への就職を考えていたものの、「オワコン」という言葉に引っかかり悩んでいるような学生は、ぜひ最後までお読みください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

SaaS業界は決して「オワコン」ではなく、むしろ今後の成長が期待される産業です。

テクノロジーの進化や社会の変化に対応し、柔軟な働き方や新しいビジネスモデルを提供することで、さらなる市場拡大が見込まれます。

就活生にとってSaaS業界は、成長性や豊富なキャリアパスなど、多くの可能性と魅力がある業界です。

将来を見据えたキャリア構築を考えるなら、SaaS業界は注目すべき分野の一つと言えるでしょう。

SaaS企業で働きたいと感じる学生は、技術とビジネスの両方を学び、自己学習とスキルアップを継続しましょう。

インターンシップやアルバイトで経験を積み、自己PRを磨き、グローバル視野を持つことが重要です。

SaaS業界でのキャリアは、やりがいや成長の機会が豊富です。

自分の志向やキャリア目標に合わせて、積極的にチャレンジしてみてください。

SaaS業界が「オワコン」と言われる理由

「オワコン」と呼ばれる背景やSaaS業界における議論について解説します。

「オワコン」とは「終わったコンテンツ」を意味する言葉で、かつて人気や注目を集めていたものの、現在はその勢いが衰えている状態を指します。

SaaS業界が「オワコン」と言われる理由には、いくつかの要因が考えられます。

  • 市場の緩和状態と競争の激化
  • 顧客のニーズや要求の変化

上記の内容について詳しく見ていきましょう。

市場の緩和状態と競争の激化

一つ目は市場の飽和状態と競争の激化です。

SaaS業界は急速に成長し、多くの企業が参入しています。

その結果、同様のサービスや製品が多数存在し、競争が激化しています。

また、大手企業が市場を独占し始めており、新興企業の台頭が難しくなっていることも要因の一つです。

顧客ニーズ要求の変化

二つ目は、顧客のニーズや要求の変化です。

テクノロジーの進歩や社会の変化に伴い、顧客のニーズも変化しています。

これに対応できないSaaS企業は、市場での競争力を失ってしまう可能性があるでしょう。

さらに、新興技術の台頭もSaaS業界に影響を与えています。

例えば、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの技術が進化し、新たなビジネスモデルやサービスが生まれています。

これらの技術を取り入れられないSaaS企業は、市場での競争力を失う可能性があります。

SaaS業界が注目される中での「オワコン」の議論

SaaS業界が注目される中で、「オワコン」という言葉に対する議論もあります。

一部の業界関係者や専門家は、「オワコン」という言葉は誤解を招き、SaaS業界が衰退しているわけではないと主張しています。

彼らがいうには、SaaS業界は依然として成長しており、新たな技術やサービスの発展により、新たな市場や顧客ニーズに対応しているのです。

結論として、SaaS業界が「オワコン」と言われる理由には、市場の飽和や競争の激化、顧客ニーズの変化、新興技術の台頭などが挙げられます。

しかしSaaS業界は依然として成長を続けており、新たな可能性や展望を秘めていると言えるでしょう。

SaaS業界の現状と展望

スーツ姿の就活生 女性

オワコンといわれるSaaS業界は、現状どのような状況か気になるでしょう。

SaaS業界はさらなる成長が予測されている業界です。

ここでは次のポイントに焦点を当てて解説していきます。

  • SaaS業界の市場規模のや成長率の分析
  • 就活生にとってのSaaS業界の魅力と今後の展望

それでは詳しく見ていきましょう。

SaaS業界の市場規模や成長率の分析

企業におけるクラウドワークス利用率の推移グラフ

出典元:SaaSの市場規模を国内外で比較!市場を成長させた5大要因

注意:

  • データは、日本企業のIT部門の管理者を対象としたアンケート調査に基づく。
  • 調査対象は、従業員数100人以上の企業。
  • 調査時期は、2020年11月。

 

グラフを見ると、企業のSaaS利用率は2011年から2020年の間で大きく増加していることがわかります。

特に、「全社的に利用している」と「一部の事業所または部門で利用している」の合計値は、2011年には41.6%だったものが、2020年には68.7%にまで上昇しています。

このことから、企業におけるSaaSの利用が急速に普及していることがわかります。

2022年の国内SaaS市場規模は1.1兆円で、2026年には1兆6,681億円になると予測されています。

参照ページ:「Japan SaaS Insights 2023」を公開 -混沌とする世界でSaaS市場の拡大は続く-

 

この成長は、クラウドコンピューティングの普及やデジタルトランスフォーメーションの加速によるものです。

COVID-19パンデミックの影響を受け、多くの企業がリモートワークを導入するなど、SaaSの需要が高まりました。

今後もデジタル化が進む中で、SaaS市場は拡大し続けると予想されます。

就活生にとってのSaaS業界の魅力と今後の展望

SaaS業界は、就活生にとって非常に魅力的なキャリアの選択肢です。

SaaS企業は革新的な技術やビジネスモデルを提供しており、自己成長やキャリアアップの機会が豊富です。

グローバル化が進む中、SaaS企業は世界中の顧客にサービスを提供できるため、国内外でのキャリアチャンスが広がるでしょう。

また、SaaS企業は柔軟な労働環境や働き方を提供している企業が多く、ワークライフバランスを重視する就活生にとって理想的な職場と言えます。

今後の展望としては、SaaS業界はさらなる成長が期待されています。

特に、AIやビッグデータなどの先端技術を活用したサービスが注目されており、これらの技術を取り入れた新しいビジネスモデルが生まれる可能性が高いです。

また、デジタルトランスフォーメーションの加速や新興企業の台頭により、市場はますます競争が激化すると予想されます。

就活生がSaaS業界でキャリアを築くためには、自己成長意欲や柔軟性、チームワーク能力などが求められます。

業界のトレンドや技術動向に敏感であり、常に学び続ける姿勢が重要です。

SaaS業界は変化が速い分野ですが、その分やりがいや成長の機会も豊富にあるでしょう。

SaaS業界の「オワコン」論の検証

SaaS企業への就職を考えている方にとって「オワコン」というキーワードはひっかかるものでしょう。

ここからは、SaaS業界のオワコン論について具体的に検証していきます。

SaaS業界が「オワコン」とされる理由の解説とその真偽の検証

SaaS業界が「オワコン」とされる理由の一つに、市場の飽和が挙げられます。

多くの企業がSaaSサービスを提供しており、競争が激化しています。

しかし、市場が飽和状態であることがSaaS業界全体が衰退していることを意味するわけではありません。

実際に、クラウドサービスの需要は依然として高く、企業のデジタル化が進む中でSaaSの重要性はますます高まっています。

もう一つの理由として、大手企業による市場の独占が挙げられます。

最近では、一部の大手企業が市場を独占し、新興企業や中小企業の参入が難しくなっているという声があります。

しかし、必ずしもSaaS全体が衰退しているとは言えません。

実際に新興企業が革新的なサービスを提供し、市場を活性化させる例は少なくありません。

SaaS企業の事例を通じた分析

SaaS企業の中には、「オワコン」論を覆すような成長を遂げている企業も存在します。

たとえばSalesforceやMicrosoftなどの大手企業は、積極的な買収や新規事業の展開によって成長を続けています。

また、新興企業の中には、独自の技術やビジネスモデルを活かして急成長する企業も少なくありません。

このように、SaaS企業は今後さらなる成長が期待されています。

とくにAIやビッグデータなどの先端技術を活用したサービスが注目されており、これらの技術を取り入れた新しいビジネスモデルが生まれる可能性が高いです。

また、デジタルトランスフォーメーションの加速や新興企業の台頭により、市場はますます競争が激化すると予想されます。

結論として、SaaS業界が「オワコン」とされる理由には一定の根拠があるものの、業界全体の衰退を意味するわけではありません。

実際にSaaS企業の中には成長を続ける企業も多く存在し、今後さらなる発展が期待されています。

 

参照ページ:【FY22 Q4最新】マイクロソフトのクラウド成長戦略と、持続可能な電力供給技術のイノベーション

SaaS業界で働くメリット

椅子に座る2人の就活生 男女

SaaS業界での働き方の特徴と魅力

SaaS業界の特徴と魅力は以下のようなものがあります。

  • 柔軟な働き方: SaaS企業はクラウドを活用したサービスを提供しており、場所や時間に縛られずに仕事をすることが可能。
  • 最新の技術へのアクセス: SaaS企業は常に最新の技術やトレンドに触れることができるため、スキルアップが期待できる。
  • フラットな組織文化: 意見を自由に発信しやすい環境であり、自分のアイデアを活かせる。

SaaS業界でのキャリア構築のメリット

SaaS業界でキャリア構築をするメリットは以下の通りです。

  • 急成長産業でのキャリアチャンス: SaaS業界は急成長しており、若手社員でもアイデアを提案できる機会が豊富。
  • グローバル展開の可能性: SaaS企業はグローバル展開を視野に入れており、国内外でのキャリアチャンスが広がっている。
  • 柔軟な労働環境: 通常、SaaS企業は柔軟な労働環境や福利厚生を提供しており、ワークライフバランスを重視する就活生にとって魅力的。

上記のように、SaaS業界での働き方やキャリア構築には多くのメリットがあります。

柔軟性や成長性、そして自己実現の機会が豊富にあるでしょう。

SaaS業界で働くデメリット

SaaS業界で働くメリットがある一方で、どのようなデメリットがあると考えられるのか解説していきます。

デメリットをメリットに変える方法も紹介するので、就活生はぜひ参考にしてください。

競争の激化

 SaaS業界は競争が激しく、市場に参入する新しい企業も多いことはデメリットの一つと考えられます。

このデメリットをメリットに変えるには、 競争が激しい環境で働くことで、自己成長やスキルアップの機会を増やすことです。

自らのアイデアや能力を試すチャンスと捉えられることで、自己成長につながるでしょう。

技術が急速に進化していく

技術が急速に進化するため、常に最新の知識やスキルを習得しなければならないのもデメリットの一つです。

メリットに変えるには、最新技術を学ぶことで自己成長が促進され、将来的に業界のリーダーとして活躍するための基盤が築けると捉えることです。

ワークライフバランスの課題がある

SaaS業界は柔軟な働き方ができる一方で、仕事とプライベートのバランスを保つことが難しい場合があります。

これをメリットに変えるには、ワークライフバランスを保つために効率的な時間管理をし、リモートワークを活用するなど、自分に合った働き方を見つけることが重要です。

不確定要素が多い

技術の進化や市場の変化が早いため、将来のキャリアパスや業界の動向が不透明な場合があります。

これもデメリットの一つだといえるでしょう。

メリットに変える方法は不確定性をチャンスと捉え、柔軟性を持って様々な経験を積むことで自らのキャリアを築くことです。

グローバルなスキルを求められる

多くのSaaS企業がグローバル展開しており、異文化理解や英語力が求められることがあります。

これをデメリットだと感じる方もいるでしょう。

これをメリットに変える方法は、グローバル展開が求められることで、国際的な視野を広げる機会があり、国際的なキャリアを築くチャンスととらえることです。

SaaS業界での働き方の未来

ここからは、SaaS業界で働く未来についてまとめました。

どのような未来が予測できるのか参考にしてください。

テクノロジーの進化や社会の変化がSaaS業界に与える影響

SaaS業界は、テクノロジーの進化や社会の変化に大きく影響を受けています。

テクノロジーの進化により、より高度なサービスや効率的な業務プロセスが可能となり、企業や個人がSaaSを利用する意欲が高まっています。

また、社会の変化により、リモートワークや柔軟な働き方が一般的になる中、SaaS企業はそのニーズに応えるためのサービスや環境を提供する必要があります。

これらの要素から、SaaS業界は今後もさらなる成長が期待されています。

就活生がSaaS業界でキャリアを築く際の展望とアドバイス

SaaS業界は今後も拡大を続ける成長産業であり、就活生にとって魅力的なキャリア選択肢の一つです。

SaaS企業はグローバル展開を視野に入れた事業展開を行っており、国内外でのキャリアチャンスが豊富です。

特に、技術やビジネススキルを磨きたいと考えている就活生にとって、SaaS業界は自己成長を実現するためのフィールドとなるでしょう。

将来的にSaaS業界でキャリアを築くためには、以下の点に注意することが重要です。

  • 技術の継続的な学習: SaaS業界は技術の進化が速いため、常に最新の技術やトレンドに敏感であることが求められます。技術の継続的な学習やスキルの向上を意識しましょう。
  • 国際的な視野の拡大: SaaS企業はグローバル展開を行っていることが多いため、異文化理解や英語力が求められる場面があります。国際的な視野を持ち、コミュニケーション能力を高めることが重要です。
  • 柔軟性と適応力の向上: SaaS業界は変化が激しいため、柔軟性と適応力が求められます。変化に対応できる柔軟性を持ち、新しい環境や技術に素早く適応できる能力を身につけましょう。

 

SaaS業界は今後もさらなる発展が期待される成長産業であり、その魅力的なキャリアパスは多くの就活生にとって興味深いものとなっています。

将来を見据えて、自己成長を重視し、積極的にチャレンジする姿勢を持つことが、SaaS業界での成功につながるでしょう。

SaaS業界で働きたい学生への具体的なアドバイス

SaaS業界で働きたきたいと考えている方への具体的なアドバイスをまとめました。

  • 技術とビジネスの両方を学ぶ
    SaaS企業では、技術的な知識だけでなくビジネス理解も求められます。技術系の学問とビジネスに関する知識をバランスよく学ぶことが重要です。
  • 自己学習とスキルアップを継続
    SaaS業界は常に変化しており、新しい技術やトレンドに追いつくためには自己学習が欠かせません。新しいスキルを習得し、自己成長を継続することが重要です。
  • インターンシップやアルバイトで経験を積む
    SaaS企業でのインターンシップやアルバイトを通じて、実務経験を積むことが将来のキャリアに役立ちます。業界の理解やネットワーク構築にもつながります。
  • 自己PRを磨く
    SaaS企業に求められる人材像を理解し、自己PRを磨くことが重要です。自分の強みや志向性を明確にし、それを伝える力を養うことが大切です。
  • グローバル視野を持つ
    SaaS企業はグローバル展開することが多いため、英語力や異文化理解が求められます。グローバルな視野を持ち、コミュニケーション能力を高めることが重要です。

まとめ

この記事では、SaaS業界がオワコンといわれる理由や今後の展望、働くメリットについて詳しく解説しました。

SaaS業界は決して「オワコン」ではなく、むしろ今後の成長が期待される産業です。

テクノロジーの進化や社会の変化に対応し、柔軟な働き方や新しいビジネスモデルを提供することで、さらなる市場拡大が見込まれます。

就活生にとっても、SaaS業界は成長性やキャリアパスの豊富さなど、多くの可能性と魅力を持っています。

将来を見据えたキャリア構築を考えるなら、SaaS業界は注目すべき分野の一つと言えるでしょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!