カフェは就活生の給水所!? 東京おすすめカフェ7選

おすすめ記事

カフェは就活生の給水所!? 東京おすすめカフェ7選

1.なぜ就活生の給水所なのか?

就職活動は時間との戦いとも表現されます。もちろん説明会や選考に参加するなどのイメージはあると思います。しかし、そのためにエントリーシートの執筆など就活に向けた作業、またOBOGへのヒアリングなどの就活相談など就活にはステップが存在し、その細かい作業をいかに早く正確に終わらせるかが鍵となっています。そんな作業は選考の空き時間などを活用したいと思いますよね。空き時間を済ませる、就活に向けて作業を終わらす方法として、みなさんはカフェを思い浮かべるかもしれません。しかし、思わぬ落とし穴が存在するです。

1.なぜ就活生の給水所なのか?

2.カフェ=お金の消費。実は厳しい就職事情

みなさんが普段行くカフェの値段を思い浮かべてみてください。財布がすっからかんになるわけではないですが、回数を重ねると…徐々に財布が…。

就活を始めていくと、何かと地方学生は感じる関東在住の学生との大きな差。それは就活費用ではないでしょうか?

就職活動支援サービスを運営するサポーターズの調査結果によると、就活にかかった費用の総額は全国平均で16万1312円、関東在住の学生で平均12万7664円、地方は同18万2633円と、地方学生は関東在住の学生と比べて大きな差が生じていることがわかりました。

さらにこんなデータもあります。

就活前に不安だったことを聞くと、1位「就職できるかどうか」(60.4%)、2位「志望業界や企業が定まらない」(44.5%)、3位「自己分析が進まない」(37.7%)と続き、「就活費用」(31.4%)は5位でした。しかし、就活で実際に大変だったことでは、「就活費用」(34.1%)がトップ。次いで「スケジュールの過密さ」(33.6%)、「エントリーシートなどの負担」(30.2%)の順となっています。就活生は就活費用が想定外に膨らんで苦しんだということがわかりますね。

お金があればあるほど有利!とは言い難いですが、少なくとも就活をスムーズに行っていく環境を作るためにはお金はあればあるほど有利ということが言えますね!

そういった中、カフェ代が意外とかさんでしまい、さらなる負担を…。

3.そんな学生に必見!東京の就活で使えるカフェ一覧

そんな学生にとって、格安もしくは無料で使えるカフェやコワーキングスペースをご紹介します!

3-1.地方のミカタ 就活カフェ

「地方のミカタ 就活カフェ」の画像検索結果

株式会社地方のミカタが運営する〒163-0690東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル30F N-3にある地方の就活生専用カフェ。

利用料100円で1日使い放題、Wi-Fiとコンセント完備、荷物預かり、フリーライス、コーヒー1杯サービス、プリンターサービス、などのサービスを無料で提供しています。

エントリーシートの添削依頼や、就活が理由で東京に移住しようと検討している人向けにシェアハウス等の案内などもしています。

3-2.知るカフェ

「知るカフェ ロゴ」の画像検索結果

株式会社エンリッションが運営する、京都発祥の大学生専用カフェ。

スポンサー費用で運営されており、学生は、無料で「知るカフェ」を 毎日利用することができます。ドリンク1杯無料サービス付きで飲食物の持ち込みも可能です。

Wi-Fiやコンセント等は完備されています。

企業との交流ありと大学生はぜひ利用したいスペースですね。

現在、東京では一橋大学前・東京工業大学前・東京大学前・早稲田大学前・慶応義塾大学前にあり、営業時間が店舗ごとで異なるので事前に確認をして向かいしましょう。

現在東京大学(駒場)店が新しく建設中です!

東京大学前店では留学生専用店もあります!

3-3.コワーキングスペースYmix

「コワーキングスペースYmix」の画像検索結果

大学生に無料でスペースを提供しているコワーキングスペースYmix。

無料で利用でき、社会人や他の大学生とつながる機会としてマーケティング、プログラミングなどの講義など最先端に特化したイベントが開催されることもあるらしいです。

平日: 11:00~22:00 土日: 10:00~22:00の営業で、渋谷から徒歩10分と学生にとっては利用しやすい好立地です。

3-4.賢者屋

関連画像

学生が学生のために運営している学生限定無料フリーシェアスペース。

JR新宿駅西口から徒歩6分、Wi-Fiとコンセント完備したスペースで、東京の学生団体などが多く利用していますね。

大阪の梅田駅周辺にもあります。

営業時間が平日 15:00-22:00 / 土日祝祭日 9:00-21:00なので平日と土日で営業時間が異なる点は注意です。

3-5.DHCコミュニケーションスペース

「DHCコミュニケーションスペース」の画像検索結果

DHCコミュニケーションスペースとは、女子大学生専用の無料ラウンジ。

JR渋谷ハチ公口より徒歩3分という好立地で、会議室やセミナールームもあり学生なら必見です!

また女子には嬉しいDHCの商品をお試しで利用することもできるそうですよ。

スキンケアシリーズからベースメイク、ポイントメークに至るまで幅広い商品を取り揃えており、全て無料でお試しいただけます。洗面台も完備しているので、スキンケアからメークアップの一連のケアを行う事が可能です。

また、ヘアセットに最適なコテやアイロンも多く取り揃えておりますので、大きな鏡の前で髪の毛の巻き直しも可能です。

その他、ネイルや美容雑誌、ロッカールームやフィッティングルームもご自由にご利用いただけます。

3-6.BOOK LAB TOKYO

「BOOK LAB TOKYO」の画像検索結果

2016年6月にオープンした本屋とカフェが一緒になったスペース。

無料ではないですが、ドリンク1杯を買うとWi-Fiとコンセントのあるスペースを使うことができ、営業時間は8:00 – 23:00 (L.O 22:30)と朝早くから夜遅くまで行なっています。

技術書やデザイン本、サイエンス、ビジネス書を中心に取り揃え、コーヒースタンド(42席)、最大80人規模のイベントが可能。渋谷はどこのカフェもいっぱいになるがここは知る人ぞ知るカフェだったりするのでおすすめです。

3-7.セカンドキャンパス

「セカンドキャンパス」の画像検索結果

株式会社ユニバースクリエイトが運営する、福岡・広島・大阪・名古屋・東京に各大学の就職課機能を集約した就活生の為のフリースペース。

選考前、会社説明会後に自由に立ち寄って休憩スペースとして、情報交換の場所として利用可能。 インターネット、コピー機、デスク、就職対策本等、全て無料で利用できます。

事前に会員登録をしておくと楽。その他に持つの預かりサービスや大学指定の履歴書が購入可、更衣室の利用もできるので、指定大学の人は利用する価値ありです。

4.就活カフェの特徴

今あげたサービスはほんの一部です。特徴としては低価格で長時間の利用が可能だということがわかると思います!最近はこういったサービスが連立しているため各サービスが少しずつ工夫されてきています。例えば女性に特化したものや、ES添削、設備面、営業時間など様々です。また、団体利用も可能なものもあるのでカフェではできない大人数でのミーティングスペースとしても活用できます! 1番大きな特徴としてインターンシップや説明会等の案内が受けられるということも普通のカフェと異なる部分ではないでしょうか?

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?普通のカフェとは異なった点が多くあることがわかったと思います。更に営業時間も長く時間制限もないこともあって利用しやすいサービスだと思います。あなたにあったサービスを選び、就職を有利に進めてください!あなたの就活がより良いものになることを願っています!!

 

就活カフェならジョーカツ へ!

 

「ジョーカツ カフェ」は

Wi-Fi・コンセントを完備しているだけでなく

朝ごはん・ドリンクも無料でついてくる!

早朝営業で夜行バス利用の方でも安心♪

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 就活失敗したらフリーターになるしかないのか?具体的な解決方法を紹介!
  • 就活か起業か悩んだ時に考えるべきこと
  • 就活の圧迫面接が怖い!!対策や企業の意図まで解説します

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活動おすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー