【企業研究】ボーイングの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】ボーイングの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024年2月22日更新

はじめに

ボーイングは、注目すべき企業です。

本記事では、ボーイングの就職難易度や採用する大学、選考対策について徹底解説します。ボーイングは航空機の製造や航空宇宙技術の開発を手がけており、その技術力と品質には定評があります。

さまざまな国や地域でのプロジェクトにも参画しているため、グローバルな視点も求められる職場です。本記事では、ボーイングの事業内容や選考フロー、社風、採用する大学を詳しく解説するとともに、就活における選考対策も紹介します。

航空機業界への就職を考えている方は必見です。

今回は、そんなボーイングの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

 

この記事では、ボーイングへの就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っています。ぜひ最後までご覧ください。

  • ボーイングの仕事内容が気になる
  • ボーイングの就職難易度を知りたい
  • ボーイングの選考対策として何をすれば良いかわからない

 

また、航空機業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

【業界研究ガイド】業界一覧

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、ボーイングの就職難易度は、やや難易度が高いと考えています。

以下の参照記事で詳しく解説している就職偏差値を参考にすると、標準よりも難易度が高いといえるでしょう。

 

また、採用大学も様々な偏差値帯や種類の学校の実績があるので、選考対策をしっかり行えば内定を獲得できる可能性は十分に有り得ます。

選考対策として、「エントリーシート」と「面接」になります。

特に「エントリーシート」には航空機業界を目指す熱い想いを記載し、その中でもボーイングに就職した際のキャリアプランを明確に持っておく必要があるので、自己分析に注力し事前準備を進めた中で説明会に参加するようにしましょう。

ボーイング社について

ボーイング社

出典元:ボーイング ジャパン

会社概要

ボーイング社は、民間航空機の開発、防衛、宇宙、セキュリティを主な事業内容としている企業です。

ボーイング社は、独自の高い生産技術力と複雑な製造プロセスを強みとし、航空業界が求める座席利用率の上昇を意識した航空機の設計から製造、アフターメンテナンスに至るまで幅広い分野に取り組んでいます。

ボーイング社が属する航空業界は、国際的な競争が激しい業界であり、世界各国の航空機メーカーと競合し、市場獲得に向けて競い合っています。

 

ボーイング社では、航空機を動かす為に必要な燃料の消耗を抑える航空機の開発に挑戦しており、石油などのエネルギー資源の使用量を抑えた地球環境に配慮した事業にも力を入れています。

さらに、ボーイング社は2050年までに脱炭素化の実現を目指しています。

環境問題に配慮し、航空機が安全且つ持続可能な輸送手段であり続けられるよう、航空業界を引っ張るリーディングカンパニーとして市場拡大を目指しています。

 

参照ページ

会社概要 | 会社案内 | ボーイング社

安定経営と成長戦略|ボーイング社 新卒採用サイト

各事業別の売上規模

事業別の売上規模

ボーイング社の2023年度の第2四半期の総売上高は198億ドルでした。

この売上は民間航空機部門防衛・宇宙・セキュリティ部門グローバル・サービス部門からの収益によって構成されています。

 

それぞれの事業分野での売上高は以下の通りです。

  • 民間航空機部門: 売上高は88億ドルで、研究開発費を含むコスト増で営業損失率は4.3%となりました。
  • 防衛・宇宙・セキュリティ部門: 売上高は62億ドルで、営業損失率は8.5%となりました。
  • グローバル・サービス部門: 売上高は47億ドルで、9.6%減。民間航空機のサービス契約数の増加を反映して、営業利益率は18%となりました。

 

参照ページ

<決算速報>ボーイング社、23年3月期第2四半期決算 | 公式サイト

各事業セグメントの解説

ボーイング社の主な事業セグメントは以下の通りです。

事業部門活動内容
民間航空機部門民間航空機の製造と販売。座席利用率の上昇、燃費効率の向上や環境配慮への取り組み。
防衛・宇宙・セキュリティ部門防衛:戦闘機、輸送機、ヘリコプターなどの軍用機、システム開発など。

宇宙分野:人工衛星、宇宙船の開発、製造。

セキュリティ:情報通信システム、サイバーセキュリティーなどの提供。

グローバル・サービス部門グローバル:航空機のデータ分析、運用率の向上、メンテナンススケジュールなど。

サービス:航空機の安全性、運用率の向上。

 

普段イメージする航空機を扱うボーイング社とは違い、国家の防衛システムや宇宙開発ジオウなど幅広く事業を展開していました。

 

また、セキュリティー部門では、情報通信システムやサイバーセキュリティーの提供など、ハード面のサービスも展開しており、航空機開発だけではなく、様々な分野にわたる事業を展開しています。以下参照ページを紹介するので是非確認してみてください。

ボーイングで働いている社員は?

平均勤続年数は?

ボーイングの平均勤続年数は8年です。

小売業の平均勤続年数は11. 4年であることから、業界平均よりも社員の出入りが多い職場といえるでしょう。

 

平均年収は?

2022年度のボーイングの平均年収は、4万4000ドルでした。

日本円(1ドル=147円)に直すとおよそ646万円で全国平均の年収が458万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

また、同じ「航空宇宙業界」の上場企業平均年収は508万円でした。

 

平均残業時間は?

ボーイングの従業員の平均残業時間は、1ヵ月あたり10.0時間でした。

卸売業、航空宇宙業界で働く従業員の平均残業時間は20.0時間のため、業界内では平均よりも少ない残業時間といえます。

 

平均ボーナス額は?

ボーイング社では年収の10%がボーナスとなっており、ボーイングの平均ボーナス額は75万円程度でした。また、ボーイングは年2回ボーナスが支給されます。

 

どんな文化なの?

ボーイングは、世界最大の航空宇宙企業であり、民間航空機、防衛、宇宙、セキュリティ分野をリードしています。航空機の製造および販売を主軸に据えつつも、防衛からグローバルサポート業務に至るまで多岐にわたるキャリアパスを実現できます。

日本におけるボーイングは、ビジネス戦略を基に目標を遂行し、航空機製造において新しい成長分野の開拓に励んでいます。

 

ここでは、世界最大の航空機製造における確立されたノウハウやシステムの下で業務を効率的に遂行でき、作業従事者一人一人が主役となり、新たな技術開発に取り組むなど日々の業務から成長を遂げることができる環境が整っているので、航空機製造の大手企業で活躍したい人には向いています。

 

参照ページ

ボーイングジャパン社長 | ご紹介

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

競合含む年間売上高

競争が激しい航空機業界の中でのボーイング社の立ち位置をご紹介します。

売上高を参照し他社と比較してみても、ボーイング社はトップクラスの企業だということがわかります。

 

理由として以下の要因があると考えています。

  1. 主軸の民間航空機部門の事業戦略:ボーイング社では、航空機の空席率改善などクライアントの要望に応える新たな投資や開発に力を入れています。研究開発費を含むコストが発生するものの安定した航空機の受注と効率化された製造工程により四半期で460機の受注、136機の納入となっています。
  2. 防衛部門の事業戦略:ボーイング社では米空軍をクライアントの1つであり、軍用機の開発やヘリコプターの受注などを獲得しています。国家の防衛部門を担っている点で他の航空機業界とは違った販路を有しているのは強みであり、売上にも寄与しています。

 

以上の要素によりボーイング社は航空機業界の中でもトップクラスの売上高を生み出していると考えられます。

参考までに競合4社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

会社名売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
エアバス2兆2,302億円535~992万円不明休暇を取得しあやすい社風
ボーイング2兆7,132億円1,100万円不明自主性を重んじる社風
ジェネラル・ダイナミクス1兆5,704億円848万円不明技術的支援を推奨する社風
ボンバルディア1兆382億円420~650万円不明チームより個人主義の社風

ボーイングの新卒募集要項について

以下にボーイングの新卒募集要項についてまとめました。

ボーイング社では2年間に毎年4%の賃上げ、3年目には3%の賃上げが定められています。毎年安定した給与アップが保証されている点や、福利厚生がかなり整っている点は非常に嬉しい点です。

 

また賞与に関しても年収の10%と目安となっており、全国平均と比較しても給与水準は恵まれているといえます。

研修制度では技術的支援を推奨する社風があるものの、外資系企業らしく個人の自主性を重視しています。会社から奨励するというよりも社員自らが業務上で必要と感じた資格やスキルを取得していく際に、会社がサポートをするという体制になります。

 

転勤については、新卒に関していえば希望を伝えることができるものの人事によって希望通りに行くとは限りませんので、転勤または志望勤務地以外になることも覚悟をしておく必要があります。

また、年次が上がるにつれて転勤の可能性はあるので、気になる方は面接や説明会などの際に確認をしましょう。

 

各項目詳細
職種エンジニア、製造部門、営業部門、サイバーセキュリティー部門、データサイエンスおよび分析部門、情報テクノロジー部門
給与非公開
賞与年2回 年収の10%が目安
研修制度非公開

求める人材

微笑む女性

ボーイングの求める人材として下記のものを公表しています。航空業界における世界のリーディングカンパニーとしての地位を確立しており、それに見当う人材育成を重視しています。

 

1.リーダーの育成

複雑で変化の激しい航空機業界では、その変化に対応できる人材の育成を重視しています。明確な目標を持ち、やる気を持続させる主体的にこころざしを高くもち、チームを牽引する意欲的な人材を手助けします。

 

2.目標達成

現状に満足せず、業務の質・コスト・時間の改善に取り組む人材であり、目標を達成する中でのプロセスで周りの人間を正しく導くことができる人材を求めています。

 

3.主体性

主体性をもち、常に正しい行動かどうか考え、行動・結果に責任をもちます

 

以上の3つはボーイング社で活躍する意欲のある人物は、世界中におり、競争は激しいのが特徴です。狭き門ではあるからこそ自主的に人材および企業を成長させられる方を求めています。

新卒採用フロー

ボーイングでは選考フローを公開をしていない状況となります。

各種募集職種は公式サイトから、エンジニア、製造部門、営業部門、サイバーセキュリティー部門、データサイエンスおよび分析部門、情報テクノロジーなどを募集しています。

 

ただし、新卒採用という日本のような採用方法ではなく、提携大学からの選考や中途採用が主な入社ルートとなっているのが特徴です。

ある程度下請け会社で経験やノウハウを有する人材を選考し即戦力となる方を内定している特色が強いと考えられます。

 

適性検査

適性検査は、選考を通過するためには欠かせない要素です。ただ、ボーイング社の選考フローに含まれているか否かはインターネット上からでは確認ができませんでした。

 

エントリーシート

航空機業界は、競争が激しく厳しい業界の一つです。そのため、エントリーシートは企業にとって重要な選考材料となります。エントリーシートを書く際には、以下のポイントに注意することが求められます。

 

まず第一に、航空機業界に対する情熱や興味をアピールすることが重要です。航空機業界は特殊な業界であり、航空機に関する知識や技術に興味を持っていることが求められます。

 

自己PRの中で、なぜ航空機業界に興味を持ったのか、どのようにしてその情熱を追求してきたのかを具体的に述べることが大切です。

次に、航空機業界における自身の強みやスキルを示すことが必要です。例えば、下請け業界で身につけた技術、外資系企業でも円滑にやり取りできるコミュニケーション能力、チームでの仕事経験など、航空機業界で求められるスキルを持っていることをアピールしましょう。

また、航空機業界に関連する経験や学習、インターンシップなどの実績も重要です。これらの経験を通じて、航空機業界でのキャリアを積む意欲や能力をアピールしましょう。

 

さらに、航空機業界における課題やトレンドについての知識も重要です。航空機業界は常に進化しており、新たな技術や環境への対応が求められます。

自己PRの中で、航空機業界の課題やトレンドについての理解や関心を示すことで、自身の成長意欲や将来の展望をアピールすることができます。

 

最後に、エントリーシートを書く際には、企業研究も欠かせません。航空機業界に応募する企業の特徴やビジョンを把握し、それに合わせた志望動機や貢献意欲を示すことが重要です。

企業のウェブサイトやニュース記事を通じて、航空機業界における自身の役割や貢献を具体的に考えることが必要です。

 

面接試験

面接試験では、思考やコミュニケーション能力が評価されます。事前によくある質問(自己紹介、志望動機、強み・弱みなど)に対する模範回答を準備しておきましょう。

採用担当者は、協調性を持ち、他のメンバーと円滑にコミュニケーションを取ることができるかを確認しています。

 

面接での質問には、自己紹介や志望動機、強み・弱みなどが含まれます。注意すべきは「趣味」について話すことはNGです。

趣味に触れるとそこで退室となりますので注意しましょう。ボーイングの面接では趣味などプライベートな要素ではなく、仕事面でいかに能力を発揮でき、どのようなスキルを有しているのかを重視しています。

プライベートの情報は一切必要がないので面接の傾向をしっかりと確認しておきましょう。

採用大学

ボーイングの採用大学の実績は以下に掲載しますが、最難関大学が主に採用されており、所謂学歴フィルターはあると考えます。

<大学>

マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、コロンビア大学、スタンフォード大学、各種提携校

 

上記には世界を代表する最難関大学に偏った採用実績となっています。

残念ながら日本国内の工科大学出身であってもライバルは世界有数の大学出身者が集まっているので競争は厳しいと考えられます。

ボーイングの提携校が主な採用大学として名前が挙がっているのでまずは進路選びから将来を見据えておく必要があります。

または、日本国内で大学卒業後にアメリカの有名大学に入学してからボーイング社にチャレンジする方法も考えておくと良いでしょう。

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、ボーイングの就職偏差値・難易度を見てみましょう。

 

結論としては、偏差値・難易度は最難関といえるでしょう。その理由として以下の3点が挙げられます。

・採用フローが非公開で情報が少ない

・採用大学を見る範囲では学歴フィルターがある

 

よって、ボーイング社を志望するには出身大学の学歴、または下請け会社などで実績を積むことが必要となります。

しっかりと企業研究を行ったうえでこれからの進路を考えましょう。

まとめ

今回はボーイングについて解説してきました。この会社は航空機業界の中でも世界を代表するリーディングカンパニーであり売上額も業界トップクラスとして知られています。

採用に関しては最難関と言えますので、しっかりと準備をして応募してみることをおすすめします。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!