平日休みの仕事にはどんな職種がある?メリットデメリットを解説

平日休みの仕事にはどんな職種がある?メリットデメリットを解説

2024年2月20日更新

はじめに

平日休みの仕事に興味があるものの、どんな職業があるのかわからないという方もいるでしょう。

平日休みの職業には、医療従事者や飲食店・接客・販売スタッフ、警備員などがあり、それぞれ雇用形態や業務内容は異なります。

今回は、平日休みの取りやすい職業の紹介から、平日休みの仕事に就くメリット・デメリットまでご紹介していきます。

平日休みの仕事に興味がある以下のような方を対象に解説しています。

  • 平日休みの仕事の職種が知りたい
  • 平日休みの仕事のメリットとデメリットがわからない
  • 平日休みの仕事にどんな人が向いているか気になる

ぜひ最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

平日休みを取得しやすい職種7選

まず、平日休みを取得しやすいとされている主な仕事を紹介します。

  • 飲食店・接客・販売スタッフ
  • 配達員
  • 医療・介護福祉従事者
  • 宿泊施設スタッフ
  • 冠婚葬祭スタッフ
  • 美容師・理容師
  • 警備員

土日休みの方が休日に多く訪れる商業施設のスタッフや、24時間営業の職種は平日休みを取得しやすいでしょう。

これらの平日休みを取得しやすい職種について、詳しく解説します。

飲食店・接客・販売スタッフ

飲食店や接客・販売は、平日休みを取得しやすい職種の一つです。

飲食業は平日よりも来客数の多い仕事で、商業施設での接客も同様に土日祝日に賑わいます。

働き手がたくさん必要になるため、土日祝日が出勤日の中心となるでしょう。

よって、平日休みの取得しやすい職種であると言えます。

コンビニエンスストアのような24時間営業の店舗では、早朝勤務や夜勤などを含むシフト勤務となる場合があります。

接客が業務の中心となるため、コミュニケーション能力が必要になる仕事です。

配達員

配達員も平日休みが多い職種です。

近年は通販市場が拡大しているため、より多くの人手が必要になります。

日時指定配送が標準サービスとなった現代では、土日祝に荷物を受け取る人が多いでしょう。

そのため、配達員の休日は平日となることが多いのです。

また、長距離の配送を行うトラック運転手では、早朝勤務や夜勤といったシフト勤務となる場合もあります。

天候や交通状況に左右されることもあり、柔軟な対応力が求められるでしょう。

力仕事のため、体力が必要になる職業です。

医療・介護福祉従事者

医療や介護福祉に従事している方は、土日祝日を含めたシフト勤務が多い仕事の一つです。

特に入院患者や急患の受け入れをしている施設は24時間体制になるため、シフト勤務になる可能性が高いです。

早朝勤務や夜勤などで、勤務時間が変則的になる場合があります。

生活リズムが乱れないよう工夫する必要があるでしょう。

命に関わる仕事を担うため、高い責任感と専門知識が求められます。

宿泊施設スタッフ

旅館やホテルといった宿泊施設のスタッフも、平日休みが多い職種です。

旅行者は土日祝を狙って観光に出かけるため、ホテルや旅館の利用者も土日祝が中心となります。

繁忙期と閑散期の差が大きいため、「変形労働時間制」を導入している職場が多い傾向にあります。

「変形労働時間制」とは、繁閑に合わせて年単位や月単位で労働時間を調整できる制度のことです。

夜間にもスタッフを駐在させるため、シフト勤務の可能性が高く、生活リズムが乱れやすい職種です。

ホスピタリティ精神がもとめられる職種なのでコミュニケーション能力が重要です。

冠婚葬祭スタッフ

冠婚葬祭は参列者の都合を加味して、土日に開催される可能性が高く、冠婚葬祭スタッフは平日が休みのことが多いです。

「結婚式は大安がよい」「葬儀は友引を避ける」など、旧暦の六曜によって左右される場合もあります。

基本的に参列者の心に寄り添う職種です。

美容師・理容師

学生や会社員など、土日祝日に美容院や理髪店を利用する方が多いため、理美容師も平日休みのことが多い職種です。

季節の変わり目である入学・卒業シーズンなどは特に利用者が増加するため、繁閑のある仕事といえます。

理髪の技術だけでなく、立ち仕事ができる体力とコミュニケーション能力の両方が求められるでしょう。

警備員

警備員もまた、平日休みが多い職種です。

オフィスビルの警備など24時間体制の警備業務では、早朝勤務や夜勤を含むシフト制になっている可能性が高いです。

デパートや娯楽施設での警備は、イベントの有無によって繁閑に差があります。

集客のためイベントが土日祝に開催されることが多いため、平日休みが多くなる傾向にあります。

平日休みの仕事の特徴とは?

土日祝が忙しい

平日休みの仕事の特徴として、土日祝は忙しいという点が挙げられます。

土日祝日に仕事量が増えるからこそ、平日にしか休みが取れないのです。

娯楽施設や飲食といったサービス業がこれにあたり、土日祝日に休みを取るのは難しいでしょう。

接客業が多い

平日休みの仕事の特徴として、接客業が多いことが挙げられます。

会社員や学生の多くは土日祝日に外出し、サービスを利用することが多いからです。

レストランやカフェ、アパレルなどはサービス業なので、土日祝日は休めないでしょう。

コミュニケーション能力に自信のある方が平日休みの接客業に向いていると言えます。

シフト勤務が多い

平日休みの仕事は、シフト勤務になることが多いです。

平日も土日祝日も関係なく稼働し続けている職場が多く、固定勤務では仕事が回らない日や時間帯が出てくるためです。

また、コンビニエンスストアや医療機関のように、24時間の稼働が求められる施設では、早朝勤務や夜勤が含まれる場合が多いです。

あらかじめ求人内容を詳しく確認しておきましょう。

平日休みの3つのパターン

ひとくくりに平日休みの取れる職業といっても、業務形態は異なります。

主に以下の3つのパターンが考えられます。

  • 平日のみ休みのパターン
  • 平日・土日祝の混合パターン
  • シフト制のパターン

以上の3パターンについて、詳しく解説していきます。

平日のみ休みのパターン

平日休みの一つ目のパターンは、平日のみ休みのパターンです。

定休日が2日とも平日に定められている店舗に従事している場合、このパターンが多いでしょう。

あるいは、定休日が1日平日に定められ、休日が1日だけ取れるといったパターンもあります。

平日・土日祝の混合パターン

平日と土日祝の両方で休みが取れるパターンも存在します。

定休日が平日に1日定められているか、定休日がない店舗に従事している場合、このパターンが多いでしょう。

平日だけでなく土日祝日も休みが取れる可能性があるため、土日のイベントなどにも参加できるのがメリットです。

シフト制のパターン

平日休みが取れるパターンには、シフト勤務もあります。

医療従事者や24時間営業の店舗に勤務している場合、このパターンが多いでしょう。

土日祝日の出勤だけでなく、早朝勤務や夜勤の可能性もあるため、業務体型の確認が大切です。

生活リズムが崩れやすいというデメリットが考えられます。

平日休みの仕事につくメリット8選

横断歩道を渡る就活生 女性

平日休みの仕事に就くと、以下のようなメリットがあります。

  • 混雑しにくい
  • 予約を取りやすい
  • 役所や病院を利用しやすい
  • 平日割引・特典を利用できる
  • お得に旅行できる
  • 土日勤務は給与アップの可能性がある
  • 休暇申請が通りやすい
  • 講座・レッスンを受けやすい

それぞれについて詳しくご紹介します。

混雑しにくい

平日に休みを取ることで、混雑を避けられます。

ショッピングセンターやレジャースポット、公共交通機関などは、土日や祝日と比較して空いていることが多いです。

そのため買い物や外出が待ち時間なく行えるため、効率的に時間を使えるでしょう。

また、人混みが苦手な方は、平日休みの混雑していない施設で人酔いを避けることができます。

 

予約を取りやすい

平日の昼間は大体の店舗や施設が比較的空いており、レストランや美容サロン、病院などの予約が取りやすいです。

特に人気のある店舗や医療機関などでは、週末や祝日は予約が取りづらいですが、平日ならスムーズに予約を入れられるでしょう。

役所や病院を利用しやすい

平日休みの仕事に就くメリットとして、役所や病院を利用しやすいというのもポイントです。

土日祝日は会社員だけでなく、役所や病院も休みです。

土日休みで役所に手続きに行きづらいと感じた方もいるでしょう。

平日休みなら、有給休暇を申請せずに通常の営業時間内に利用できます。

平日割引・特典を利用できる

平日休みを取ると商業施設の利用客が少ないため、平日割引や特典が設定されている場合があります。

例えば平日ランチセットや平日限定のキャンペーン、特別メニューや〇〇デーなどが利用できます。

平日休みにこれらの特典を利用することで、よりお得に商業施設を楽しめるでしょう。

リーズナブルに旅行できる

平日休みを取ることで、お得に旅行ができます。

観光地やホテルは土日祝の需要に合わせ、通常よりも高い価格設定になっている場合が多いです。

平日休みの仕事に就くことで、混雑していない観光地をよりリーズナブルに楽しめます。

土日勤務は給料が上がる可能性がある

一部の業種では、土日勤務によって給料が上がる可能性があります。

土日祝の休みは需要が高いため、働き手が不足している場合が多いです。

そのため、インセンティブとして土日勤務で給与が上がる可能性があります。

平日休みの仕事を選ぶことでお得に働ける可能性があります。

 

休暇申請が通りやすい

平日に休みを取る場合、同僚や上司との調整が比較的スムーズにできる可能性が高いです。週末や祝日と比べて、他の人と休みの重複が少なくなるため、休暇申請が通りやすくなります。

講座・レッスンを受けやすい

平日に休みを取ると、スキルアップのためのレッスンや講座を受けやすいというメリットが考えられます。

土日祝日の講座は人気で予約が取れないことも多いですが、平日なら予約が取りやすいです。

土日祝日より受講生が少ないため、より丁寧な指導を受けられる可能性もあります。

平日休みの仕事につくデメリット3選

メリットの多い平日休みの仕事ですが、デメリットもあります。

 

  • 土日祝が休みの人と予定を立てづらい
  • 土日祝のイベントに参加できない
  • 生活リズムが乱れやすい

 

平日に休みが取れる分、土日祝日の休みが取りづらいことが主なデメリットです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

土日祝が休みの人と予定を立てづらい

平日休みの仕事に就くと、土日祝日が休みの人と予定を合わせにくいというデメリットがあります。

一般的には土日祝日が休みの人が多いので、友人や家族との交流に工夫が必要になるでしょう。

週末に行われるイベントや、大型連休を利用した旅行などに参加できない場合、孤立感を感じる恐れがあります。

土日祝のイベントに参加できない

土日祝日のイベントに参加できないことも、平日休みの仕事に就くデメリットです。

前述したように、平日にお得なイベントやセールが行われることもありますが、土日祝日のほうが多いです。

そのため、平日休みの日とは週末の利用客を見込んだお得なセールに参加できない可能性があります。

生活リズムが乱れやすい

平日休みの仕事に就くことで、生活リズムが乱れやすいというデメリットがあります。

特にシフト制や早朝勤務、夜勤を含む業務体制の場合、生活リズムを正しく保つのが難しくなります。

社会と異なるリズムで生活をすることで、孤独感を感じることもあり、精神面や健康面に悪影響が及ぶこともあるでしょう。

シフト勤務や深夜勤務を含む業務体制の場合は、生活リズムが狂わないように工夫する必要があります。

平日休みの仕事に就くデメリットの解消方法

笑顔の女性 社会人イメージ

平日休みの仕事のデメリットについてご紹介しました。

これらのデメリットは、以下の方法で解決することができます。

  • 退勤後の時間を活用する
  • 大切な用事は有給休暇を使う
  • 社員同士で調整する

土日祝に休みをとるための工夫をすることで、平日休みの仕事に就くデメリットを解消できます。

上記について詳しくご紹介していきます。

退勤後の時間を活用する

平日休みの仕事で土日祝日に休みが取れなくても、退勤後の時間を活用することで土日祝日のイベントに参加できます。

仕事終わりに友人や家族と外食したり、土日祝日限定のキャンペーンを利用することもできるでしょう。

退勤後の時間を活用することで、より有意義な時間を過ごせます。

大切な用事は有給休暇を使う

平日休みの仕事で、大切な用事やイベントに参加したい場合、有給休暇を使うことで制約を補うことができます。

事前に計画を立てて有給休暇を活用しましょう。

ただし、有給休暇が使用できる日数には制限がある上、事前に上司やチームと調整する必要があります。

そのため計画的に利用しましょう。

社員同士で調整する

社員同士でコミュニケーションをとり、休暇申請を調整することで、平日休みの仕事でも土日祝に休暇を取りやすくなります。

有給休暇が取れるように調整しやすくなるだけではありません。

シフト制や平日と土日祝混合休みのパターンでは、初めから休みにしてくれる可能性が高いです。

普段からコミュニケーションをとっていれば雰囲気も良くなるため、社員同士のコミュニケーションに心がけましょう。

平日休みの仕事が向いている人の特徴3選

一人の時間が好きな人

平日休みの仕事は、一人の時間が好きな人におすすめです。

平日休みの仕事は、友人や家族と予定を合わせづらいというデメリットがありますが、一人の時間が好きな人にとっては気にならないでしょう。

自分のペースでリラックスした時間が過ごせます。

自分一人で趣味に没頭したい人にとって、平日休みの仕事は理想的な選択肢でしょう。

混雑が苦手な人

混雑が苦手な人も、平日休みの仕事が向いています。

平日は多くの人が働いているため、繁華街や商業施設を、混雑していない状態で楽しむことができます。

通勤ラッシュも避けられます。

混雑が苦手な人は、平日休みの仕事にすることで休日のストレスを緩和できるでしょう。

リーズナブルに旅行したい人

リーズナブルに旅行したい旅行好きの人には、平日休みの仕事がおすすめです。

平日に休みを取ることで、旅行や観光をリーズナブルに楽しめるからです。

週末や祝日よりも宿泊料金や交通費が安くなることが多く、観光地は混雑が減るでしょう。

そのためゆっくりと観光を楽しめます。

リーズナブルに旅行を楽しみたい人にとって、平日休みの仕事は魅力的な選択肢です。

資格取得などの勉強に集中したい人

平日休みの仕事は、資格取得などの勉強に集中したい人にも向いています。

平日休みは友人との約束を入れづらいというデメリットがありますが、

資格取得などの勉強に集中したい人にとっては誘惑を断つ良いきっかけになります。

新しいスキルを身に付けたい人や、キャリアアップを目指す人にとって、平日休みの仕事は理想的な環境でしょう。

まとめ

平日休みの仕事は、商業施設のスタッフ、医療・福祉従事者やコンビニエンスストアといった24時間営業の職種などがあります。

平日のみ休みのパターンから、早朝勤務や夜勤を含むシフト制のパターンまで、業務形態は様々です。

求人内容を詳しく確認しておきましょう。

平日休みの仕事には、役所や病院を利用しやすい、混雑しにくく予約を取りやすいといったメリットがあります。

一人ひとりの時間を大切にしている方や、資格の勉強に集中したい人に適していると言えます。

平日休みの仕事に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にして仕事を探してみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。