SCOA問題集を効果的に使って高得点を狙う方法を徹底解説

SCOA問題集を効果的に使って高得点を狙う方法を徹底解説

2024年2月16更新

はじめに

SCOAは、就職試験や適性検査に用いられるテストの一つです。

基礎学力や知識を問う内容で構成され、解答には素早い対応が求められます。

SPIとは異なり、基礎的な学識と解答スピードが重視される点が特徴です。

この記事は、以下のような悩みや疑問を解決したい就活生を対象にしています。

  • SCOAと他のWebテストの違いについて知りたい
  • SCOAの対策におすすめの問題集を知りたい
  • SCOAに対する効果的な対策を徹底的に行いたい

SCOAのテストの特徴や、対策方法について徹底解説します。

最後まで読んでください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

SCOAの概要

SCOAは、制限時間が厳しく60分以内に解答しないといけない適性検査です。

数学・倫理・言語・英語・常識の5つの科目が出題され、最近では民間会社のほかに、公務員試験でも頻繁に採用されています。

問題は1問あたり30秒で答える必要があり、迅速に対応する力が求められます。

SPIと比べ、基本的な知識が重要視されています。

試験形式には紙で受けるペーパーテストとテストセンターで受ける方式があり、指定された場所か家で受検します。

高得点を取るには、中学や高校で勉強した「基礎学力」が必要です。

地方公務員の試験や地元の企業の試験でも出題が増えてきています。

参照ページ:就活の未来

SCOAでおすすめの問題集

考える女性

SCOAテスト合格への鍵は、質の高い問題集の選択にあります。

SCOAは学力検査が中心で、言葉、数学、論理、英語、そして常識が問われます。そのため効果的な対策を講じるためには、適切な問題集が不可欠です。

ここでは、特におすすめの3冊を紹介します。

 

  • これが本当のSCOAだ! 2026年度版
    基本的な知識やスキルを詳しく解説し、SCOA-B(性格テスト)にも対応しています。

 

  • 2024-2025年版 SCOAのトリセツ
    公務員試験に実績のある合格のLECから出版され、豊富な問題数で実力向上を図ります。

 

  • SCOA 出るとこだけ! 完全対策 2026年度版
    SCOA-Aに特化し、見開き完結方式で効率的な学習が可能です。

 

これらの問題集を利用して計画的で着実な対策を行い、SCOAテストに合格しましょう。

次からは、それぞれの問題集についてもっと詳しくみていきます。

 

これが本当のSCOAだ! 2026年度版 【SCOAのテストセンター対応】 (本当の就職テスト) 

SPIは「知能検査」で、主に頭の回転や賢さを評価するテストです。

一方でSCOAは「学力検査」の傾向が強く、学校での勉強の成果を測定するテストです。

新卒時に受検するSCOA-Aでは、言葉、数学、論理、英語、そして常識(理科や社会)が出題されます。

「これが本当のSCOAだ! 2026年度版 」は、基本的な知識や最低限押さえておくべき事項を詳しく教えてくれます。

問題は比較的簡単なものが多いので進めやすいですが、しっかり基礎を固めることでSCOAに対する対策ができるはずです。

SCOAには能力テストだけでなく、性格テスト「SCOA-B」もあります。

 

このテストにも詳しい解説があるので安心です。

問題のセレクトが的確で、過去の問題集でも本番同様の問題が使用されています。

もはや最新版を購入する必要がないと言われる良書です。

 

2024-2025年版 SCOAのトリセツ【就職対策】【公務員試験にも対応!】(学生の就職(適性検査・SPI))(公務員試験)

「合格のLEC」から出版されている書籍です。

合格のLECといえば、公務員試験において実績があります。

「2024-2025年版 SCOAのトリセツ【就職対策】【公務員試験にも対応!】(学生の就職(適性検査・SPI))(公務員試験)」は、LECの公務員試験に長い間携わってきたプロたちのノウハウが集まり、なんと500問以上もの問題が収録されています。

問題を解くことで力がどんどんついていくでしょう。

SCOAの本試験では、60分の短い時間で120問もの問題を解かないといけません。

 

この本では、しっかりした予行練習ができるように問題数が工夫されています。

公務員試験をメインに考えているだけでなく、民間企業の受検を考えている人たちにも使いやすいでしょう。

大事なポイントが絞り込まれてまとめられているので、要点をしっかり押さえられます。

受検の流れや問題を解く方法についての説明も載っているため、試験当日のイメージもしやすいでしょう。

事務能力試験の対策も含まれているので、どんな場面でも対応できるはずです。

 

SCOA 出るとこだけ! 完全対策 2026年度版 (就活ネットワークの就職試験完全対策) 

こちらは忙しい受験者にぴったりの学習ツールです。

新しいSCOA-Aにぴったりの問題集で、テストセンター方式にも対応しています。

問題は最低限の数なので短時間での見直しにも使いやすいです。

通勤・通学中でも手軽に学べる見開きタイプで、時間を有効に活用しながら勉強できます。

関連する問題をまとめて解説し、各科目の理解を深めやすい構成になっています。

時間がない人にぴったりなコンパクトな形で、効果的な復習ができるでしょう。

忙しい中でも効果的に対策できるようにSCOA-Aに焦点を当てています。

有益な問題集なのでおすすめです!

参照ページ:Amazon

 

これらの問題集を利用し、計画的かつ継続的な学習を心がけましょう。

そうすれば、SCOAテストでの合格に近づくことができます。

自信を持って試験に臨んでください!

問題集を使ったSCOAの対策方法

SCOAテスト合格への鍵は、質の高い問題集を使った計画的な対策と、毎日の継続的な努力です。

毎日30分以上、問題集を開いて学習することが重要です。

少しずつでも続けることで、問題の傾向や解答方法が理解しやすくなるでしょう。

勉強の習慣を身につければ、テスト当日に自信を持って取り組めます。

 

同じ問題集を3周以上こなすこともポイントです。

何度も繰り返して問題に取り組むことで理解が深まり、自信を築けます。

特に30秒以上かかる難しい問題に焦点を当て、時間をかけて取り組むことも大切です。

毎日の学習でこれらの問題に集中し、解答速度を向上させましょう。

焦らずにゆっくり進めてくださいね。

数学や論理の問題に特に力を入れることも合格への近道です。

 

これらの問題に重点的に取り組み、理論的な思考力や数学のスキルを向上させましょう。

計画的かつ継続的な対策を行い、SCOAテストに自信を持って臨み、理想の結果を手に入れてください。

 

毎日10分以上SCOA問題集を開く

SCOAテストの対策で最も大切なことは、毎日10分以上、問題集を開いて学習することです。
毎日少しずつでも、続けていくことで問題の傾向や解答方法がだんだん分かりやすくなってきます。
この習慣を身につけていれば、テストの日に自信を持って取り組むことができます。

短い時間でもコツコツと取り組みましょう。

 

SCOA問題集を3周以上する

一回だけでなく、問題集を3回以上繰り返して学習することもポイントです。

最初に難しかった問題も、何度も繰り返して取り組むことでだんだん理解が深まります。

同じ形式の問題にも慣れてきて、自信をつけることができます。

何度も練習することで合格への近道になるので、コツコツ続けましょう。

 

30秒以上かかる問題をチェックする

問題集には様々な難しい問題がありますが、特に30秒以上かかる問題は大切なポイントです。

これらの問題は普通よりも難しく、深い理解が必要です。

そのため時間をかけて取り組みましょう。

毎日の学習でこれらの問題に焦点を当てて、だんだん解答の速さを上げていってください。

焦らずゆっくり進めてくださいね。

 

数理・論理問題を重点的に行う

SCOAテストでは、数学や論理の問題がとても大切です。

これらの問題にしっかり注力し、理論的な思考力や数学のスキルをアップさせることが高得点の近道になります。

SCOA問題集で数学や論理の問題に特に集中的に取り組んでください。

自分の苦手なところを克服していくことが合格するための近道です。

SCOAテストに合格するには、計画的な対策と毎日の努力が大切です。

 

毎日30分問題集を学習することや、同じ問題集を何度も使うこと、30秒以上かかる問題にじっくり取り組むことです。

そして数学や論理の問題に特に力を入れましょう。

これらのステップを実践し、SCOAテストに自信を持って臨みましょう。

参照ページ:新卒大学生向け就職活動サイト

SCOAの科目

PCを使う手

SCOAテストは、就職活動において重要なポイントを測定するための多様な科目から成り立っています。

基礎能力AFでは、「言語」「数理」「論理」の3要素が知的能力を評価し、同時に「常識」「英語」も観察され、学力や応用力が試されます。

基礎能力Iでは知能を測定します。

「言語」「数・論理」「空間」に焦点を当て、情報処理の正確さや知覚の正確さを測ります。

パーソナリティBは性格の理解に焦点を当て、「気質類型」や「性格特徴」、「意欲・態度」を調査します。

事務能力Cでは6つのスキルがテストされます。

「照合」「分類」「言語」「計算」「読図」「記憶」で仕事に必要な能力を測ります。

 

基礎能力AF

基礎能力AFは3つの要素、「言語」「数理」「論理」で知的能力を評価するテストです。

同時に、「常識」「英語」にも注目し、学力や応用力を測定する構造です。

 

基礎能力I

基礎能力Iは知能をみるテストです。

「言語」「数・論理」「空間」の3つのポイントに注目し、必要な情報を早く正確に処理できるかどうか、また、情報を的確に見る「知覚の正確さ」という4つのポイントを見ます。

テストの所要時間は20分です。

 

パーソナリティB

パーソナリティBは、性格を知るためのテストです。

職場での行動や態度の傾向が測定されます。

パーソナリティBの「気質類型」で自分の性格タイプを見つけたり、「性格特徴」で自分ならではの特徴がわかったりします。

加えて「意欲・態度」もわかるので、やる気や態度も企業にアピールできます。

企業は受検者のストレス耐性がどれくらいかも気になるため、「ストレス傾向」も測定されます。

 

事務能力C

事務能力Cは、次の6つのスキルを確認するテストです。

  • 照合
  • 分類
  • 言語
  • 計算
  • 読図
  • 記憶

 

「照合」では、情報を比べて合っているか確かめます。

「分類」では、物事をきちんと分ける能力をみます。

「言語」では言葉の理解や使い方をチェックし、「計算」では、数字を使って問題を解いたりするスキルをテストします。

「読図」では絵や図を理解する力が測定され、「記憶」では情報をしっかり覚えているかがテストされます。

所要時間は50分です。

SCOAテストは多岐にわたる科目から構成され、個々のテストが異なる能力や特性を測定しています。

基礎能力AFでは学力や応用力、基礎能力Iでは知能、パーソナリティBでは性格や意欲、事務能力Cでは具体的なスキルが判定されるでしょう。

 

これらのテストは個々の強みや成長の余地を見つけ、職場での適性を確認する役割を果たします。

SCOAテストに向けて全力でチャレンジすることは、内定を勝ち取るだけでなく、自己分析の手助けにもなるのです。

SCOAとSPIの違い

SCOA(スコア)とSPI(エスピーアイ)は、就職活動において頻繁に利用される適性試験ですが、その性質には大きな違いがあります。

SCOAとSPIの主な違いを以下にまとめました。

特徴SPISCOA
テスト構成適性テストと能力テストで構成基礎的な知識を問うテスト
与えられる時間種類により異なるが65分か70分所要時間が短いため注意が必要
問われる能力応用力基礎的な知識

 

SPIは「適性テスト」と「能力テスト」の二種目で構成されます。

与えられる時間はテストの種類により異なりますが、一般的には65分か70分です。

SPIの特徴は応用力を問うことです。

実際の業務において柔軟で効果的な対応ができるかどうかを評価します。

 

一方でSCOAは、基礎的な知識を問うテストです。

問題そのものの難しさより、短い所要時間に焦点が当てられています。

SCOAは知識の定着度や基礎的なスキルを確認し、組織において必要な素養があるかどうかを判断するために実施されます。

どちらのテストも異なる側面から個々の能力や適性を評価するため、受検前にそれぞれの特徴を理解してチャレンジしましょう。

SCOAについてよくある質問

パソコン

SCOAについてよく寄せられる質問にお答えします。

SCOAの問題集は本番の1週間前から始めても間に合う?

間に合います。

SCOAの問題集は、質問者が言うように問題の難易度は高くありません。

1週間前から始めても、問題集を一周するだけで合格可能です。

問題数は多いですが、問題に慣れることができます。

一冊の問題集に慣れることで合格の可能性は高まりますし、間に合います。

分野別に対策する必要はないでしょう。

 

SCOA本番の60分で120問解ききれるのか

時間配分を考えながら解いていれば解けきれます。

SCOAの本番では厳しい時間制限があり、特に国語の長文読解が最初に出題されるため時間管理は必須です。

難しい問題はスキップしましょう。

参考書と同じ問題も出てくることがあるため、効率的に解答して時間を確保しましょう。

 

SCOAはわからなくても全て埋めたほうが良い?

SCOAでは誤謬率が判定されないため、分からなくても空白にするのではなく、適当にマークしましょう。

全体の7割の正解を目指すことが重要です。

 

SCOAは時事問題はでる?

SCOAでは時事問題も出題される可能性があります。

問題集から同じ問題が出ることもあるため、過去問や問題集を何度も解いておきましょう。

全体的に同じ問題が出ることがあるため、十分な準備が重要です。

 

SCOAの問題集は1週間前からでも効果的に活用できます。

問題に慣れることで合格の可能性が高まるでしょう。

本番では厳しい時間制限があるため、効率的な解答方法を心得ておくことが重要です。

また、SCOAは誤謬率が判定されず、全体の7割の正解を目指すためにもわからなくても何かしらマークしましょう。

時事問題も出題される可能性があるため、過去問や問題集を十分に解いて準備してください。

全体的に同じ問題が出ることがあるため、十分な対策が求められます。

参照ページ:Yahoo!知恵袋

まとめ

本記事では、SCOA(スコア)の対策や問題集について紹介しました。

SCOAは就職試験や適性検査に使用されるテストで、基礎学力や知識を問う内容です。

基礎的な学識と解答スピードが重要であり、SPIとは異なり基礎学力が重視されます。

 

SCOAの科目は、数学・倫理・言語・英語・常識の5つの科目から構成され、60分以内に解答する必要があります。

最近では公務員試験でも頻繁に使用され、試験形式はペーパーテストやテストセンター方式があります。

おすすめの問題集として、「これが本当のSCOAだ! 2026年度版」「2024-2025年版 SCOAのトリセツ」「SCOA 出るとこだけ! 完全対策 2026年度版」が挙げられるでしょう。

毎日10分以上問題集を開いたり、問題集を3周以上まわしたりすると高得点を狙えるはずです。

特に、数学や論理の問題に特に力を入れ、理論的な思考力や数学のスキルを向上させることをおすすめします。

 

SCOAは基礎的な知識を問うテストであり、SPIは適性テストと能力テストで構成されています。

SCOAでは基礎学力が重視され、SPIは応用力を評価します。

SCOAの問題集は本番の1週間前からでも効果的に活用できます。

本番の60分で120問を解くことが可能であり、時間の調整が重要です。

SCOAがわからない問題でも埋めるべきです。

時事問題も出題される可能性があります。

SCOAテストに合格するためには、計画的な対策と毎日の努力が不可欠です。

問題集を使って継続的な学習と効果的な対策を行いましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!