【MBTI】性格悪いランキングTOP10と嫌われないための対処法

【MBTI】性格悪いランキングTOP10と嫌われないための対処法

2024年1月20日更新

はじめに

スマホを持つ女性

この記事ではMBTI(16パーソナリティ診断)において性格が悪いと思われているTOP10と嫌われないための対処法について解説します。

ランキング上位のタイプは一般的に性格が悪いと思われることが多いだけなので、自分が当てはまったからといって気にし過ぎないようにしてくださいね。

 上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ 

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

MBTIとは

並ぶ就活生

MBTIの簡易版である16パーソナリティ診断は韓国のスターが紹介したこともあり、日本でも若者を中心に広まっています。

ここではMBTIについて解説します。

MBTIの概要

MBTIは、スイスの心理学者カール・ユングの理論に基づき、アメリカのキャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズの親子によって開発された自己診断型の性格診断ツールです。

この診断は、人々の認識の仕方や決定を下す理由を自己申告することにより、その性格を16の異なるタイプに分類します。

現在、MBTIの簡易版である16パーソナリティ診断は世界中で広く普及しており、特に韓国では自己紹介の一環として活用され、K-POPアイドルによる使用の影響で日本の若者の間でも注目を集めています。

16Personalities性格診断はこちらから受けられます

診断結果のアルファベットによる違い

診断結果はアルファベットで分類されます。

大きいカテゴリーとして4つのカテゴリーがあります。

外向型Eと内向型I

16パーソナリティ診断における外向型(E)と内向型(I)は、性格の違いを顕著に示しています。

外向型(E)の人々は、思ったことをダイレクトに伝える社交的な性格が特徴です。

彼らは人との交流を楽しむことが多く、グループ内で活発な役割を果たすことが一般的です。

一方、内向型(I)の人々は、人前に出ることを苦手とし、控えめな性格で、静かな環境での活動を好み、物事を深く考える傾向があります。

統計によるとEタイプは女性に、Iタイプは男性に多く見られるとされており、女性が外交的な性質を持ちやすく、男性が内気な傾向にあることが分かります。

このような性格の違いは、個々のコミュニケーションスタイルや行動に大きく影響を及ぼします。

感覚型Sと直感型N

16パーソナリティ診断での感覚型(S)と直感型(N)は、物事へのアプローチ方法に明確な違いを示します。

感覚型(S)の人は現実主義的で具体的な情報に基づいて物事を捉え、経験や実際に触れることができる事実を重視することが多いです。

対照的に、直感型(N)の人は発想力や理想を大切にし、未来や可能性を重んじる傾向があります。

思考型Tと感情型F

16パーソナリティ診断における思考型(T)と感情型(F)は、意思決定の方法で大きく異なります。

思考型(T)の人々は論理と事実を基に判断し、客観的なアプローチを好むことが多いです。

反対に、感情型(F)の人々は感情や個人的な価値観を重んじ、それに基づいて意思決定を行う傾向にあります。

これらの性格の違いは対人関係に影響を及ぼし、それぞれ異なる角度から人との関わりを築いていくのです。

判断型Jと知覚型P

MBTIの判断型(J)と知覚型(P)は、物事に対するアプローチや態度の違いを表す指標です。

Jは計画やスケジュールを立て、それに沿って物事を進めることを好み、規則や締切を守ることを重視します。

一方、Pは計画やスケジュールを立てることをあまり好まず、臨機応変に対応することを好み、規則や締切に縛られることを嫌います。

【MBTI】16パーソナリティ診断性格悪いランキング

16パーソナリティ診断のタイプごとに性格が悪いと思われてしまう理由と、対処法について解説します。

※注意
特定の性格タイプは、性格が悪いと思われやすい傾向があるとされています。しかし、この記事でご紹介するランキングは、あくまでも一般的な傾向を示すものであり、個々の性格や行動を正確に表しているものではありません。

性格悪いランキング1位ESTJ(幹部型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ESTJ(幹部型)の性格が悪いと思われがちなのは、彼らの計画性と頑固さに起因します。ESTJは、計画を立て、物事をきっちり進める性格で、この特性が仕事やプロジェクトを円滑に進める上で非常に役立つ一方、彼らは自分の方法や考え方が最も正しいと信じる傾向があります。

さらに、グループ内の意思決定においても、他者の意見を聞かずに独断で決定を下すこともしばしばです。

このような行動が、ESTJが周囲から批判される原因となります。

性格が悪いと思われないための対処法

ESTJ(幹部型)の性格は、組織のプロジェクト運営に大いに貢献することが多いですが、周囲からは苦手意識を持たれることもあります。

このような誤解を避けるためには、ESTJ自身が自分の性格傾向を理解し、他者の反応を見ながらコミュニケーションを取ることが重要です。

たとえば、チームミーティングで意見を述べる際、ESTJは自分の考えを伝えつつ、他のメンバーの意見にも耳を傾けることが大切です。

また、独りよがりの考え方になっていないかを常にチェックすることも有効だといえます。

このように他者の意見に対してもオープンである姿勢を見せることで、「ESTJは性格が悪い」と思われることを減らし、より良いチームワークを築くことができるでしょう。

性格悪いランキング2位ENTJ(指揮官型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ENTJ(指揮官型)は、頭が良く、リーダーとしての資質を持つタイプですが、性格が悪いと思われることも少なくありません。

その主な理由は、彼らが他者の至らない点を遠慮なく指摘するため、周りからは「厳しくて冷たい人」という印象を受けやすいからです。

たとえば、プロジェクトの進行中に、ENTJがチームメンバーのミスを指摘する際に、その方法が直接的過ぎて、相手を傷つけるケースがあります。

加えて、彼らは目標達成を非常に重視するため、他者の感情を顧みないことが多く、これがチーム内の不和を生むこともあるのです。

性格が悪いと思われないための対処法

ENTJは性格が悪いと思われないためにも、自分と他者の違いを理解し柔軟な姿勢を持つことが大切です。

ENTJが持つ目標達成に向けての強引さやストイックな努力が、大きな成果を上げる力となることも少なくないですが、時には他者のミスや間違いを許容することも重要であることを覚えておきましょう。

たとえば、チームメンバーが小さなミスをした場合、それを厳しく指摘するのではなく、サポートすることで、相手との信頼関係を築けるでしょう。

このように、他者への理解と寛容さを示すことで、「ENTJは性格が悪い」という誤解を減らすことができます。

性格悪いランキング3位ESTP(起業家型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ESTP(起業家型)が性格が悪いと思われることがあるのは、彼らの現実主義的で直感的な行動が原因です。

ESTPは社交的で行動力があり、状況に応じた迅速な対応をすることが得意です。

しかし、この直感的で行動的な性質が、場合によっては十分な考慮をせずに行動に移すことにつながります。

たとえば、衝動的に決断を下したり、リスクを軽視して行動したりすることがあります。

このような行動は、他者から見ると「無謀」と映り、予期せぬトラブルを引き起こすこともあり、その結果ESTPは周囲から「性格が悪い」と誤解されることがあるのです。

彼らの行動力や社交性は魅力的ですが、時には周囲の意見や状況をもっと慎重に考慮する必要があります

性格が悪いと思われないための対処法

ESTPが性格が悪いと思われないための対処法として、物事に取り組む前にしっかりと計画を立て、適切なペースで進めることが重要です。

また、考え方が異なる人々に対しては、無理に自分の意見を押し付けることなく、適度な距離感を保ちつつ接するようにしてください。

このように柔軟かつ計画的なアプローチを取ることで、周囲から誤解されることなく、ポジティブな印象を与えることができるでしょう。

性格悪いランキング4位ENTP(討論者型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ENTP(討論者型)の性格が悪いと思われる原因は、その議論好きな性格とアイデアの豊富さに理由があります。

ENTPは頭の回転が速く、多彩なアイデアを持つため、議論の中で相手を論破することが得意です。

しかし、この強みが時には相手の気持ちを無視する形で表れ、自分の主張を強く押し付けることがあります。

たとえば、会議の場でENTPが自説を展開し、他者の意見を聞かずに自分の考えを優先するような場合、周囲から反感を買う要因となるでしょう。

その結果、彼らの行動が「自己中心的」と捉えられ、性格が悪いと誤解されることも少なくありません。

性格が悪いと思われないための対処法

性格が悪いと思われないためには、相手の話をよく聞き、その気持ちを理解することが大切です。

議論をする際は、相手の意見に耳を傾け共感を示すことで、より良好な関係を築くことができます。

また、物事には必ずしも白黒はっきりした答えがあるわけではなく、時にはグレーの部分を受け入れる柔軟さも必要です。

このような姿勢を取ることで、ENTPは他者とのコミュニケーションを円滑にし、「性格が悪い」という誤解を避けることができます。

性格悪いランキング5位ESFJ(領事官型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ESFJ(領事官型)は、社交的で、コミュニティを大事にするタイプです。

そのため、周囲の人の役に立ちたいという気持ちから、助言やアドバイスをすることがよくあります。

しかし、良かれと思った助言が、おせっかいや過干渉だと思われることもあるのです。

たとえば、仕事で失敗した同僚に対して、「〇〇を直したらうまくいくよ」とアドバイスをしたとします。

このアドバイスは、ESFJとしては、同僚を助けたいという気持ちから出たものですが、同僚からすると、「自分のことを否定された」と感じてしまうかもしれません。

さらに、ESFJは頑固で柔軟性に欠ける面もあるため、異なる意見や新しい方法に対して抵抗を示すこともあります。

これらの特性が、時には周囲からの誤解を招き「性格が悪い」と思われる可能性があるのです。

性格が悪いと思われないための対処法

ESFJが性格が悪いと思われないためには、他人のサポートをする際に、まず相手が助けを必要としているかを確認することが重要です。

他者の状況や感情を理解し、本当に支援が求められている場合のみ手を差し伸べるようにすると良いでしょう。

また、他者のプライバシーへの配慮も大切です。

人との距離感を保ちつつ、適切な関わり方をすることで、過干渉と受け取られることを避けることができます。

性格悪いランキング6位ENFJ(主人公型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ENFJ(主人公型)の性格が悪いと思われる理由は、そのリーダーシップと使命感による行動に起因します

ENFJは人を助けることに強い使命感を持ち、リーダーとしての資質を発揮することが多いですが、この特性が反感を買うことがあるのです。

特に、相手の顔色を伺い、自分の意見を言わなかったり、事なかれ主義の態度を取ったりすることが、他人からの反発を招く原因になることが少なくありません。

たとえば、チーム内で意見の相違がある際に、ENFJが平和を保とうとして自分の意見を抑えると、それが周囲には決断力の欠如やリーダーとしての弱さと捉えられることがあります。

また、ENFJは敵味方をはっきりと分けてしまう傾向があり、これが人間関係において極端な立場をとることにつながり、周囲からの批判を受けることもあります。

性格が悪いと思われないための対処法

ENFJが性格が悪いと思われないためには、自分一人で全てを行うのではなく、周囲と共に物事に取り組むことが効果的です。

ENFJは人を助けることによって優越感を感じやすい傾向がありますが、この感覚が相手に伝わると反発を招くことがあります。

そのため、自分のこのような性質を理解し、自覚することが重要です。

性格悪いランキング7位ISTJ(管理者型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ISTJ(管理者型)が性格が悪いと思われる理由は、その真面目さと責任感の強さにあります。

ISTJは仕事に対して非常に真面目で、始めたことを最後までやり通す強い責任感を持っています。

しかし、この真面目さが「面白みがない」「近寄りがたい」と感じられることがあるのです。

たとえば、社交の場においても軽い会話よりも、仕事の話題を優先する傾向があり、これが他者からは堅苦しい印象を与えることがあります。

さらに、ISTJは相手の短所を厳しく指摘することがあり、これが他者に不快感を与えることもあります。

性格が悪いと思われないための対処法

ISTJが性格が悪いと思われないためには、笑顔を心がけ、話しかけやすい雰囲気を作ることが効果的です。

彼らの真面目な性格は近寄りがたい印象を与えがちですが、笑顔やフレンドリーな態度は、親しみやすい雰囲気を作り出します。

また、真面目でない人たちにも共感を示し、視野を広げることで、異なる性格の人々とも良好な関係を築くことができるでしょう。

性格悪いランキング8位INTJ(建築家型)

性格が悪いと思われてしまう理由

INTJ(建築家型)が性格が悪いと思われる理由は、その知的好奇心と論理的思考にあります。

INTJは非常に知的で、物事を論理的に分析する能力が高いですが、これが行動を遅らせる原因となることもあるのです。

完璧な計画や解決策を見つけようとして、実際の行動に移るのが遅くなることがあります。

さらに、INTJは非常に正直な性格で、時には相手が不快に感じるようなことを言ってしまうことも。

この正直さは価値ある特性ですが、時に「配慮を欠く」と誤解を招くことがあります。

また「自分が正しい」と強く信じる傾向が、他者からの反発を招くこともあります。

性格が悪いと思われないための対処法

INTJが性格が悪いと思われないためには、常に論理的に物事を考えるのではなく、場合によっては直感に従って行動することも大切です。

すべての状況で完璧な答えを求めるのではなく、柔軟に対応することが、時にはより良い結果をもたらすこともあります。

また、相手の反応を観察しながら、適切な言葉選びをすることで他者と良好な関係を築けるでしょう。

性格悪いランキング9位ISTP(巨匠型)

性格が悪いと思われてしまう理由

ISTP(巨匠型)の性格が悪いと思われる理由は、彼ら独特の世界観と感情表現のスタイルに関連しています。

ISTPは特定の興味領域に深く没頭するタイプで、この独自の世界観が周囲から理解されにくいことがあるのです。

また、感情をあまり表に出さないため、「何を考えているか分からない」と思われることもあります。

性格が悪いと思われないための対処法

ISTPが性格が悪いと思われることを避けるためには、自分の考えや感情を他者に伝えることの練習が効果的です。

ISTPは感情表現に苦手意識を持つことがありますが、自分の体験や感じたことを積極的に共有することで、コミュニケーション能力を高めることができます。

日常で起きた出来事や自分の感じたことを友人や家族と定期的に話し合う時間を設けるとよいでしょう。

性格悪いランキング10位INTP(論理学者)

性格が悪いと思われてしまう理由

INTP(論理学者)の性格が悪いと思われてしまう原因として、彼らの複雑な思考方法があります

INTPは発想力と想像力に富み、物事を多角的に深く考察する能力があります。

しかし、この複雑に考える癖がマルチタスクを難しくしており、結果として報連相や行動が遅れ、印象が悪くなることがあるのです。

性格が悪いと思われないための対処法

INTPが性格が悪いと思われないためには、まず、考えを整理する習慣をつけることが重要です。

彼らの思考は複雑であるため、アイデアを簡潔にまとめ、計画的に行動することが効果的です。

また、コミュニケーション不足を解消するためには、他者に対する興味関心を持ち、積極的に相手の考えやアイデアに共感を示す姿勢が有効でしょう。

まとめ

この記事では、MBTI(16パーソナリティ診断)において「性格が悪い」と思われやすいタイプをランキング形式で紹介しましたが、これはあくまでも一般的な傾向に過ぎません。

ランキング上位のパーソナリティを持つ人全員の性格が悪いわけではなく、重要なのは記事で紹介された対処法を参考にして、自身の行動を見直すことです。

それにより、他者との良好な関係を築くことが可能ですので、「性格が悪いタイプ」に当てはまったからといって落ち込まず、前向きに行動しましょう。

 上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ 

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。