【企業研究】ビズリーチ(現:Visional)の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】ビズリーチ(現:Visional)の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024年1月24日更新

はじめに

株式会社ビズリーチ(現:Visional、以下ビズリーチ)は東京都渋谷区渋谷2丁目に本社を置く、インターネットを活用した人材サービス事業を行う企業です。

人差し指を立て、「ビズリーチ」とサービスを紹介するCMが有名で、このCMをきっかけに「ハイクラス転職」というジャンルが人材業界において広く普及しました。

 

今回はそんなビズリーチの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

この記事では株式会社ビズリーチへの就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っています。ぜひ最後までご覧ください。

  • ビズリーチの仕事内容が気になる
  • ビズリーチの就職難易度を知りたい
  • ビズリーチの選考対策として何をすれば良いかわからない

また、人材サービス以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

【業界研究ガイド】業界一覧

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、ビズリーチの就職難易度は、平均的な難易度よりも高いと考えています。

以下の参照記事で詳しく解説している就職偏差値を参考にすると、標準難易度といえるでしょう。

また、採用大学も様々な偏差値帯や種類の学校の実績があるので、選考対策をしっかり行えば内定を獲得できる可能性は十分に有り得ます。

 

採用は「ビジネス職」と「プロダクト職」に分かれています。ビジネス職の採用フローで大きく変わった部分はありませんが、プロダクト職の採用フローでは、ポートフォリオかコーディングテストのどちらかを選択して、提出及びテストを行います。そのため、学生時代から何かしらの政策や実務経験がないとかなり厳しいものと考えられます。

ビジネス職は下記3つの職種に分かれます。

・ビジネス開発: お客様(企業)の経営課題を解決するため、人事領域における提案を行い、実行まで伴走しながら支援します。また、新たな価値を創造するために、お客様のニーズをプロダクト開発へフィードバックする役割も担います。

・企画・マーケティング: 事業を通じた価値創造と、お客様との接点となるコミュニケーション設計・実行、継続性のある仕組みづくりのための企画・実行を主導します。社内のあらゆる部門と連携しながら、事業やサービスを進化させていく役割を担います。

・コーポレート: 変化し続ける事業と会社の基盤を作り進化させていくことで、経営の透明性・健全性を担保し、成長スピードを加速させる役割を担います。

引用ページ 2025年 ビジネス職新卒採用 本選考

 

プロダクト職に関しては職種が分かれておらず、「エンジニア」「デザイナー」という職種をまとめて「プロダクト職」として募集しています。

株式会社ビズリーチについて

株式会社ビズリーチ

出典 ビズリーチ_Facebookページ

会社概要

株式会社ビズリーチは、Visionalグループにおいて、主にHR TechのプラットフォームやSaaS事業を担っている企業です。ビズリーチは、『「キャリアインフラ」になる』をビジョン、「キャリアに、選択肢と可能性を」をミッションとし、2009年4月より、働き方の未来を支えるさまざまなインターネットサービスを運営。

2020年2月、株式会社ビズリーチは、新たに「Visional」という名を掲げ、グループ経営体制に移行しました。 

 

ビズリーチは、ハイクラス層をターゲットとした転職スカウトサービスです。

ユーザーはビズリーチに履歴書を登録し、審査が行われます。

無事に審査を通過すると、1万社以上の登録企業および3000名以上の登録ヘッドハンターからのスカウトメールが届きます。

他の人外企業と異なる点は、この転職希望者はプランに登録しないとスカウトに対しての返信ができない部分です。

通常の人材紹介企業などは、転職社の転職が決まった際に、転職先企業から報酬をもらいます。

ビズリーチもその部分は同じなのですが、そこに加えて、転職希望者からもプラン代金をもらうという、他の企業では行っていないビジネスモデルとなります。

 

参照ページ

最大手リクルートキャリアは、なぜ「ビズリーチ」に勝てないのか

各事業セグメントの解説

株式会社ビズリーチの主な事業セグメントは以下の通りです。

事業部門活動内容
ビズリーチビジネスパーソン、国内外の優良・成長企業、各業界に精通した一流ヘッドハンターの三者を最適かつ効率的にマッチングする即戦力人材に特化した会員制転職サイト。
HRMOSタレントマネジメント人事と経営をデータでつなぎ、企業の成長と人事業務の効率化をサポート。豊富な機能と充実のサポート体制により、お客様にとってのタレントマネジメント成功に向け徹底サポートを行います。
HRMOS採用採用業務を一元管理し、オペレーションの工数を削減する。面接の日程調整や評価の回収といった定型業務を効率化し、より本質的で効果的な採用活動に時間を割けるようになります。また、企業の採用を強くするために必要なサポートを包括的に行います。
HRMOS勤怠打刻や勤怠レポートなどの基本機能に加え、勤怠アラートや休暇管理などの便利な機能を低コストで使える勤怠管理システム。
HRMOS経費経費の申請、承認、支払い処理の電子化と一元管理を実現する経費精算システム。
ビズリーチ・キャンパスOB/OG訪問を通じて大学生のキャリア形成を支援するサービスです。学生は、母校のOB/OGが勤めている企業や経歴を閲覧し、興味のあるOB/OGに話を聞きに行くことができます。

 

普段のCMからイメージする人材紹介としてのビズリーチとは違い、企業向けの業務効率化システム、HRMOSシリーズなども開発しています。

また、HR Tech領域などのメイン事業セグメントは、ビズリーチの多角的な事業戦略と市場への適応能力を示しており、転職の仲介のみならず、学生向けにOB/OG訪問を通じてキャリア形成を支援する、ビズリーチ・キャンパスで新たなターゲット層へのアプローチもお行っています。

以下参照ページを紹介するので是非確認してみてください。

 

参照ページ 株式会社ビズリーチ – サービス

ビズリーチで働いている社員は?

ここではビズリーチで働く社員のデータを見ていきます。今後のキャリア形成に向けて、ビズリーチが有効的な企業かどうかを判断しましょう。

平均勤続年数は?

ビズリーチの平均勤続年数は3.8年です。

平均勤続年数は11.9年であることから、業界平均よりも社員の出入りが多い職場といえるでしょう。

平均年収は?

2023年度のビズリーチの平均年収は、約867.2万円でした。全国平均の年収が458万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

また、同じ「人材業界」の上場企業平均年収は約603万円〜962万円でした。

平均残業時間は?

ビズリーチの従業員の平均残業時間に関しては、正確な情報はありませんでした。しかし、多くても1ヵ月あたり20.0時間と言われています。

人材業界で働く従業員の平均残業時間は20〜40時間程度と言われているため、業界内では平均よりも少ない残業時間といえます。

平均ボーナス額は?

インターネット上の情報だけでは分かりませんでした。

しかし、ビズリーチの平均年収から、ビズリーチの平均ボーナス額は138万円程度と推測できます。

理由は、国税庁の民間給与実態統計調査によると、平均給与に占める賞与額の割合は約16%だからです。

あくまで参考程度にしておいてください。

どんな文化なの?

ビズリーチは、「社会にインパクトを与え続ける」というミッションを掲げています。

HR Tech領域を主軸にしつつも、社内システムの開発など様々な事業があり、チャレンジしやすい環境が整っています。

『「キャリアインフラ」になる』をビジョンとし、「キャリアに、選択肢と可能性を」をミッションとし、新卒で入社した社員は多様なキャリアを描いています。

やりたいことに次々と挑戦し、早期に活躍している新卒入社社員が多く在籍しています。

 

参照ページ

有価証券報告書 |  株式会社ビズリーチ

新卒採用 | 株式会社ビズリーチ

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

ビズリーチの売上高推移

競争が激しい小売業界の中でのビズリーチの立ち位置をご紹介します。

 

売上高を参照してみても、ビズリーチは急成長中の企業だということがわかります。理由として以下の要因があると考えています。

  • 今までにないビジネスモデル
    通常の人材紹介業及び人材仲介業は、登録している企業に、転職希望者が入社することで、想定年収の約30%が報酬として獲得できます。しかし、ビズリーチはその報酬額を他の企業より安くし、転職希望者に有料のプランに入ってもらうことで、企業と転職希望者の両方から売り上げを立てることができます。 
  • 転職意思の強い人材の確保
    ビズリーチは転職希望者に有料のプランに加入してもらうことで、転職意思の強い転職希望者を確保しています。そのため、人材不足の企業とのマッチングをスムーズに行うことができ、企業へ定着しやすい人材を送ることができます。
     
  • ハイクラス転職というフレーズの定着
    ビズリーチはハイクラス転職という今までにないジャンルを開拓しました。そのため、想定年収を元に企業からの売り上げを立てるビジネスにもかかわらず、報酬割合が低くても、しっかりと売り上げを立てることができます。
     

以上の要素によりビズリーチは小売業界の中でもトップクラスの成長を生み出していると考えられます。

参考までに競合4社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

会社名売上高(2022年)平均年収就職偏差値・難易度社風
ビズリーチ5627万円867.2万円60チャレンジしやすい
リクルート3兆4295億円490万円70圧倒的当事者意識
マイナビ1,634億円498万円63風通しがよく面倒見がいい
パーソル1044億円591万円65個性や文化を尊重する

ビズリーチの新卒募集要項について

以下にビズリーチの新卒募集要項についてまとめました。

新卒で年収が500万円以上と、平均年収が200〜250万円ということを考えると、平均の2倍以上あるのは非常に魅力的です。

研修制度も新人に対するオンボーディングは勿論のこと、自身のキャリア、職場の人間関係、働き方などについて相談ができる窓口もあり、自分のキャリア形成をサポートしてくれる体制が整っています。

 

転勤については、東京本社の他に、事業所が4つあり、関西、名古屋、福岡、大阪、広島にあります。

転勤に関しての明記は特になく、転勤があるとは言い切れません。

しかし、年次が上がるにつれて転勤の可能性はあるので、気になる方は面接や説明会などの際に確認をしましょう。

各項目詳細
職種ビジネス職

業務内容:採用戦略・人事戦略に関する企画提案

給与(2023年4月入社 初任給実績) 年収5,025,000円

・年収は想定年収(月例給与×12+賞与2回)

・月例給:335,000円(基本給255,238円+固定残業手当79,762円)

 ※40時間超過分の残業手当は別途支給。

・給与改定:原則年2回(3月/9月)

 ※入社後4ヶ月は評価対象外のため、入社初年度9月は改定なし。

・賞与支給:原則年2回(4月/10月)

 ※1回あたりの基準賞与額:月例給1.5ヶ月分(入社初年は、在籍期間に応じる)

賞与年2回(6月、12月)評価に応じ半期ごとに支給
研修制度リーダーシップ開発研修、新卒入社者研修、キャリア入社者研修、新任マネージャー・部室長研修、職種別研修
福利厚生各種保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、従業員持株会制度、慶事見舞金各種支給、産休育休制度、学業支援金制度(子供の学業費支援)、表彰制度、勤務形態選択制度、出産復職支援制度、その他

求める人材

スーツを着た男性

株式会社ビズリーチでは求める人材として下記のものをプロダクト職にて公表しています。

ビジネス職には記載がなかったものの、同じ企業のため、共通する部分は多いと思います。

  1. 当グループが掲げる「Visional Way」(ミッション・バリュー)へ共感いただける方
  2. お客様・事業への価値を生み出すことに向かい、そのために必要なことは領域を問わず行える方
  3. エンジニアリングやデザインの技術を活かしビジネスの課題解決を目指したい方
  4. 特定領域に留まらず、職能を超えてモノづくり全体に携わっていきたい方
  5. 自ら学び、環境の変化に対応しながら自身を変化させ続けられる方
  6. 主体的に努力しやり遂げることができる方


以上の6つはビズリーチの採用メッセージの「 『キャリアインフラ』になる」というビジョンと、「キャリアに、選択肢と可能性を」というミッションにつながっていきます.。

エントリーシートや面接中にこれらの意識を持っている人材かどうかを見られるので、ぜひ意識して選考に臨むといいでしょう。

新卒採用のフロー

ビズリーチの選考は、下記の通りの選考フローとなっています。

面接では志望動機などのスタンダードな質問の他、人柄をチェックする質問も多いのが特徴です。

選考対策として、入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかが重視されます。

今後のキャリアを形成していく上で必須事項なので、明確にしておきましょう。

①新卒エントリー

ビズリーチ公式サイトの新卒エントリーボタンより必要事項を入力し登録を行います。

エントリーシートでは志望動機や自己PR、長所と短所などの一般的な質問について回答し、Web上で入力し送信して終了です。

②エントリーシート

エントリーシートを指定の用紙に手で記入します。質問事項は

  • これまでの人生の中で熱量高く取り組んだことを3つ教えてください。
  • 答えた活動の中で、特に自ら目標を設定し最後までやり抜いた経験を1つ選び、①目標、②達成に向けた課題、③具体的な取り組み、④その結果について教えてください。(300〜500文字程度)
  • 自己PR(400字以内)
  • 学生時代に頑張ったこと

といったように、基本的なことに加えて、自身の活動の具体的な話を聞かれるようです。

自分の学生生活でやり遂げたことを思い出し、達成に向けた工夫や努力を伝えましょう。参加する前に準備して臨んでください。以下に参考になる記事を紹介します。

自分史の書き方は下記に記載した参照ページを確認してください。

ES対策 | 上京を志す、就活生へ。ジョーカツ

③集団面接

「グループ選考会」という名前で行われるようです。

グループディスカッション形式で進めます。

軽い自己紹介と面接官による質問の後にディスカッションが行われるのです。

自己紹介では、学生時代に力を入れたこととそれの深堀、ディスカッションは、お題が出され、発表と面接官によるフィードバックが行われました。

④WEBテスト

SPIのような言語テストと非言語テストが行われるようです。どちらも問題数は20〜30問で所要時間は20〜30分程度とのことです。

性格診断のテストに関しては30分ほどとのことです。

テストに関してはSPIのような問題が出題されるようなので、下記ページも参考にしてみてください。

SPIとは?検査の内容と例題を用いて対策方法を徹底解説!

【徹底解説】就活のSPI試験対策マニュアル~おすすめの参考書も紹介~

⑤個人面接

複数回の面接を突破して内定が決まります。

将来達成したいビジョンを最初に聞かれ、そこに対しての深掘りが行われるようです。

深堀された内容は下記の通りです。

  • なぜそのビジョンを持っているのか
  • 原体験はあるのか
  • なぜその問題を自分が解決したいと思うのか
  • どのように達成できると思うか
  • そのビジョンを達成したら自分はどう幸せなのか

自分のビジョンについて厳しく深ぼられるようで、入念な準備が必要になりそうです。

なぜ他の社会課題ではなく、この社会課題を解決したいと思うのか、自分の原体験や大きなきっかけを話すことでその人の軸や説得力を付けられると考えられます。

面接のコツについては下記ページで詳しくお伝えしていますので、ご確認ください。

面接 | 上京を志す、就活生へ。ジョーカツ

 

⑥最終面接

最終面接は、オフィスで役員の方と対面で行われるでしょう。

下記が行われた質問になります。

  • 自己紹介
  • 対面面接は初めてか
  • 他はどこの企業を受けているか
  • 就活の流れ
  • HRに興味がある理由
  • ビジョナルへのイメージ
  • なぜダイレクトリクルーティング?
  • 過去の深堀(小学校・中学校・高校・大学)
  • なぜその進路選択をしたのか
  • 時間を割いて行ったこと

役員の方次第で質問の内容は変わると思いますので、あくまでも参考程度にご確認ください。

前回の質問の時に答えた内容との軸をブラさないように回答していきましょう。

採用大学

ビズリーチの採用大学の実績は見つかりませんでした。

しかし、企業の方針を加味すると、学歴フィルターはあまりなく、自身の軸や実績を重視するように見受けられます。

よって学歴が原因で不採用になることは考えにくいです。
しっかりとエントリーシートや面接対策をして、内定を獲得できるようにしましょう。

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、ビズリーチの就職偏差値・難易度を見てみましょう。

結論としては、偏差値・難易度は少し高めといえるでしょう。

その理由として以下の4点が挙げられます。

  • 採用フローとして特別なステップがない
  • 学歴フィルターがあまりない
  • 給与が平均よりも高い
  • 面接のレベルが高い

よって、頻出質問である「ガクチカ」や「志望動機」など基本的な事項をしっかりと対策をして、自己分析に基づいた面接対策を行いましょう。

しっかりと対策を行い内定を獲得してください!

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

参照ページ

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

まとめ

ビズリーチは、Visionalグループにおいて、主にHR TechのプラットフォームやSaaS事業を担っている企業です。

ビズリーチは人材業界の中でもレベルが高い企業なので、企業研究を行っているか否かで就活での結果は変わってきます。

また、面接の様子から、徹底した自己分析とその言語化が鍵になります。

しかし、学歴重視をする企業ではないので、全員に等しくチャンスがあります。

対策をしっかり行って選考に望んでください。

ぜひこの記事を参考にして励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!