コナミグループのエントリーシートの対策法を徹底解説

コナミグループのエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/25更新

はじめに

この記事では、コナミグループのエントリーシートで問われる内容とその対策方法を詳しく紹介し、選考を突破するためのポイントを明らかにします。

エンターテインメントとスポーツの分野で世界的に活躍するコナミグループは、採用難易度が高い企業です。

対象
  • コナミグループのエントリーシート対策について知りたい
  • エントリーシートで過去に聞かれた内容は?

上記のような方に向けて、詳細を紹介していきます。

エントリーシートの対策法を理解して、選考で有利に立ち回れるようにしましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

コナミグループの概要

コナミグループとは

出典元:コナミグループ株式会社

 

初めにコナミグループとはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

コナミグループとは

コナミグループは、エンターテインメントとスポーツの分野で事業を展開する世界的な企業です。

1969年に創業し、1973年に設立されたコナミグループは、現在4つの主要事業を展開しています。

まず、デジタルエンタテインメント事業では、モバイルゲーム、家庭用ゲーム、カードゲームなど、多岐にわたるジャンルで商品を提供しており、「ウイニングイレブン」や「遊戯王」などの人気タイトルがあります。

次に、アミューズメント事業では、アミューズメントマシンの制作、製造、販売を一貫して手がけており、とくに音楽ゲーム「beatmania」シリーズが有名です。

ゲーミング&システム事業では、ゲーミング機器やカジノマネジメントシステムを開発・製造・販売しており、世界中の市場に供給しています。

また、スポーツ事業では、フィットネスや各種スポーツスクールの運営、スポーツ関連商品の制作・販売を行っており、コナミスポーツクラブを全国展開しています。

本社は東京都中央区銀座にあり、代表取締役社長は東尾公彦氏です。

資本金は473億円で、2022年3月期の売上高は2,995億円、営業利益は744億円となっています。

従業員数は8,817人で、24社の子会社を保有しています。

コナミグループは「価値ある時間の創造と提供」という企業理念を掲げ、挑戦と変革を繰り返し、各事業の強みを活かしながら新たなフィールドへの挑戦を続けてきました。

 

コナミグループの採用難易度

コナミグループはエンターテインメントとスポーツの分野で事業を展開しているため、人気度と競争率は非常に高いです。

東洋経済オンラインの「入社が難しい有名企業ランキング」によると、コナミグループの就職難易度は58.5で、全体で187位にランクインしています。

ゲーム業界全体で見ても、コナミグループの就職は厳しいとされています。

さらに、リクナビの情報によれば、プレエントリー候補リストに登録した人数が10,551名で、採用予定人数が101~200名であることから、採用倍率は約51倍から103倍に達します。

このような高い競争率からも、コナミグループへの就職が非常に難しいことがわかります。

 

コナミグループの採用大学

コナミグループは幅広い大学から採用を行っており、学歴フィルターは存在しないといえます。

また、大学院や大学のほか、専門学校などからも幅広く採用を行っていることが特徴です。

コナミグループの採用においては、学歴だけではなく「自分のみの強み」を伝えることがポイントといえます。

<大学院>
東京大学、京都大学、慶應義塾大学、筑波大学<大学>
青山学院大学、九州大学、大阪大学、京都産業大学、慶應義塾大学、東京理科大学、大阪市立大学、北海道大学、東京工業大学、立命館大学、早稲田大学、明治大学、関西学院大学、立教大学、横浜市立大学

 

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

コナミグループが求める人材とは?

コナミグループが求める人材は、時代の変化に柔軟に対応し、大胆に挑戦し続けることができる人物です。

社会のルールを守りながら、常に新しいニーズに応え、革新的なアイデアを持ち続けることが求められます。

コナミグループの企業理念を実現するための価値基準として、次の4つの要素を掲げています。

1. カスタマー・イン(Customer-Oriented)

お客様を第一に考え、最高レベルの商品やサービスを提供し、お客様の満足度を最大化することを目指します。

2. チャレンジ(Our Challenge)

失敗を恐れずに、大胆に挑戦する精神を持ち、誰も体験したことのない夢や感動を提供するために日々努力します。

3. チェンジ(Response to Change)

時代の変化を感じ取り、柔軟に対応する能力を持ちます。お客様のニーズが変化する中で、迅速に適応し続ける姿勢が重要です。

4. コンプライアンス(Compliance)

法と倫理を遵守し、品位と自覚を持って行動します。小さな誤りでも会社全体に影響を与えることを認識し、誠実に業務を遂行します。

 

コナミグループの人材開発指針

コナミグループでは、社員の成長と企業価値の向上を目指し、採用から育成、評価、処遇、配置までの各ステップで人材開発を行っています。

具体的には、以下の取り組みがあります。

採用

多様性を尊重し、性別や国籍、年齢に関係なく、幅広い人材を採用しています。

新卒採用だけでなく、高度な専門スキルを持つ中途採用も積極的に行っています。

育成

社員が自律的に行動し、必要な専門知識や実践力を習得することを支援しています。

現場でのOJTや全社的なOff-JTを通じて、キャリアプランを描く機会を提供しています。

評価

企業理念と価値基準に基づき、公正に評価します。

評価を通じて社員のやる気を引き出し、成長を促しています。

処遇

頑張った社員が報われる実力主義の制度を運用しています。

社員一人ひとりの意欲やキャリアプランに応じた処遇を行っています。

配置

社員のキャリアパスに基づき、適材適所の人材配置を行います。

定期的な異動にとらわれず、柔軟な配置を実施しています。

 

これらの取り組みにより、コナミグループは革新的な商品・サービスを提供し続け、持続的な成長を目指しています。

コナミグループ各社の採用方向性の違いは?

コナミグループの各社は、それぞれ異なる事業領域で活動しており、求める人材像や採用方針にも違いがあります。
ここでは、各グループ企業の名称とその事業内容、および採用方針について詳しく解説します。

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、モバイルゲーム、家庭用ゲーム、カードゲーム、音楽・映像ソフトなどの企画、制作、製造、販売を行っています。デジタルエンタテインメント事業では、革新的なアイデアと技術力を持つクリエイティブな人材が求められます。
具体的には、独自の発想を持ち、新しいゲーム体験を創出する意欲を持つ人材です。
ゲームプランナー、プログラマー、デザイナーなど、ゲーム制作に携わる各専門職において、ユーザーに新しい体験を提供するための創造力と実行力が重視されます。

株式会社コナミアミューズメント

株式会社コナミアミューズメントは、アミューズメントマシンの制作・製造・販売を行っています。
アミューズメント事業では、ユーザーに「面白い」や「楽しい」を提供するための製品開発力が求められます。
メカニカルエンジニアやハードウェアエンジニアなど、物理的な製品設計や開発に関する知識と技術を持つ人材です。
製品の品質管理や効率的な生産プロセスを確立する能力も重要です。
クリエイティブな発想力と技術力を持つ人材が重宝されます。

Konami Gaming, Inc.

Konami Gaming, Inc.は、ゲーミング機器およびカジノマネジメントシステムの開発・製造・販売を行っています。
ゲーミング&システム事業では、高度な技術力と国際的な視野を持つ人材が求められます。
セキュリティエンジニアやインフラエンジニアなど、システムの安全性と効率性を確保するための技術者が重要です。
グローバルな市場での事業展開を支えるため、国際的なビジネス経験や語学力も評価されます。
技術的な専門知識と国際的な感覚を持つ人材が求められます。

コナミスポーツ株式会社

コナミスポーツ株式会社は、フィットネス、スイミング、体操、ダンス、サッカー、テニス、ゴルフなどのスクール運営およびスポーツ関連商品の開発・製造・販売を行っています。
スポーツ事業では、健康とフィットネスに関する専門知識と指導力を持つインストラクターや、スポーツクラブの運営に関わるマネジメントスキルを持つ人材が求められます。
インストラクターやスポーツクラブの運営マネージャーとしての専門性を持ち、地域社会との連携や公共スポーツ施設の管理運営に携わる意欲のある人材が重要です。
地域の健康促進に貢献する意識と高いコミュニケーション能力を持つ人材が求められます。

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

企業がエントリーシート(ES)を通じて評価するポイントを理解することは、選考を突破するための第一歩です。
ここでは、企業がどのような観点でエントリーシートをチェックしているのか、そのポイントを詳しく解説します。

ポイントの概要

企業がエントリーシートでチェックしている主なポイントは、基礎的な文章力論理的思考力求める人物像とのマッチング、そして入社後の活躍イメージです。

基礎的な文章力

基礎的な文章力と論理的思考力について、企業は応募者が自分の考えを明確かつ論理的に表現できるかを見ています。
文章のわかりやすさ、一貫性、誤字脱字の有無などが評価されます。
とくに、簡潔で要点が明確な文章が好まれます。
結論から始まり、その理由や具体例を述べる構成(PREP法)を意識し、誤字脱字がないかを念入りに確認し、正確な言葉遣いを心掛けることが大切です。

求める人物像とのマッチング

企業は、自社の求める人物像と応募者がどれだけマッチしているかを確認します。企業が求めるスキルや特性に合った自己PRや経験が記載されていることが重要です。
応募先企業の理念や価値観を理解し、それに合ったエピソードを選び、具体的なエピソードで自己PRや学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)を述べ、新しい環境や課題に対する適応力や柔軟性を示すことが求められます。

入社後の活躍イメージ

さらに、企業は志望動機や将来の目標が具体的に書かれているかを見ます。
入社後にどのように活躍したいのか、どのような貢献ができるのかが明確に示されていることが求められます。
なぜその企業を選んだのか、その理由を具体的に説明し、入社後にどのようなキャリアを築きたいのか、具体的な目標を示し、企業に対してどのような貢献ができるか、具体的な計画やアイデアを述べることが重要です。

 

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

選考を通過するためには、以下の5つのポイントを実践しましょう。

企業の「求める人物像」を意識する

志望企業の採用ページや求人情報をよく確認し、企業が求める人物像を把握しましょう。
たとえば、チャレンジ精神を重視する企業には、自ら目標を立てて挑戦した経験を具体的にアピールします。
企業が重視する価値観やスキルに合わせて、自分の強みをアピールすることが重要です。

設問ごとに伝えたいポイントを一つに絞る

各設問に対して、一つの強みや経験にフォーカスし、それを深く掘り下げて説明します。
複数のポイントを詰め込むのではなく、重要な一つに絞ることで、印象が強まります。
たとえば、自己PRではリーダーシップ、志望動機では専門知識など、設問ごとにテーマを絞りましょう。

結論から簡潔に書く

エントリーシートは最初の一文が重要です。
結論から述べることで、読み手に要点を伝えやすくします。
「PREP法(Point:結論、Reason:理由、Example:具体例、Point:結論)」を活用すると、論理的でわかりやすい文章が書けます。
たとえば、「私の強みはリーダーシップです。その理由は、大学でのプロジェクト管理経験からです。」

エピソードは具体的に書く

抽象的な表現ではなく、具体的な数字や実績を用いてエピソードを詳しく説明します。
「アルバイトで売上を前年比20%向上させた」など、具体的な成果を示すと効果的です。
詳細なエピソードを通じて、どのように課題を克服したかを説明することが重要です。

基本的なマナーを守る

誤字脱字をなくし、一人称は「私」で統一します。
語尾は「です・ます調」で統一し、記号や略語を使わないようにします。
提出前に再度内容を確認し、見直すことが重要です。
たとえば、「私たち」ではなく「私」と書く、一文の長さを80字以内にするなどの細部に気を付けます。

 

コナミグループの価値観やカルチャーを文章に取り入れれる

エントリーシートにコナミグループの価値観やカルチャーを反映させることは、企業が求める人物像とのマッチングを示すために非常に重要です。
コナミグループの価値観を理解し、自分の経験や志望動機に絡めることで、企業に対する熱意や適性をアピールできるでしょう。
コナミグループは、「Customer-Oriented」「Our Challenge」「Response to Change」「Compliance」の4つの価値基準を重視しています。
これらの価値観を具体的なエピソードに結びつけることで、あなたのエントリーシートはより説得力を増すでしょう。

Customer-Oriented

コナミグループは顧客を第一に考える姿勢を重視しています。
自己PRやエピソードの中で、顧客満足度を向上させるために行った具体的な取り組みや、その結果得られた成果を示しましょう。

Our Challenge

挑戦する精神もコナミグループの重要な価値観です。
あなたがこれまでに困難な課題に直面し、それを乗り越えるためにどのように挑戦し、どのような成果を得たかを具体的に記述してください。

Response to Change

時代の変化に柔軟に対応する力も評価されます。
変化に対する適応力を示すために、新しい環境やルールに対応した経験、変化する状況下で成果を上げたエピソードを取り入れましょう。

Compliance

コンプライアンスを守る姿勢も重要です。
法令遵守や倫理的な行動を意識して取り組んだ経験を具体的に述べることで、企業の信頼を得られます。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシート(ES)は、就職活動において企業が応募者を最初に評価する重要な書類です。
企業はESを通じて応募者の基本的な情報や価値観、スキルを把握し、面接に進むかどうかを判断します。
そのため、ESの内容が採用プロセス全体に与える影響は非常に大きいです。

エントリーシートの位置付け

ESは、履歴書や面接と並んで採用プロセスの初期段階に位置します。
とくに大手企業や人気の高い企業では、多くの応募者から優れた人材を選別するための最初の関門となります。

企業はESを通じて以下の点を評価します。

企業の評価ポイント
  • 応募者の基本的なスキルや能力
    文章力や論理的思考力をチェックし、基礎的なコミュニケーション能力を評価します。
  • 企業とのマッチング度
    企業の価値観やカルチャーにどれだけ適合しているかを判断します。
  • 入社後の活躍イメージ
    応募者がどのように会社に貢献し、成長していくかのビジョンを確認します。

対策方法

ESの作成においては、以下のポイントを押さえることが重要です。

1. 企業研究を徹底する

応募する企業の理念や価値観、求める人物像をしっかりと理解し、それに沿った内容を記載します。
たとえば、コナミグループであれば「Customer-Oriented」「Our Challenge」「Response to Change」「Compliance」の4Cを理解し、それに基づいたエピソードを盛り込むことが重要です。

2. 具体的なエピソードを記載する

自己PRやガクチカ(学生時代に力を入れたこと)では、具体的なエピソードを用いて自分の強みをアピールします。

3. PREP法を活用する

結論(Point)から始めて、理由(Reason)、具体例(Example)、再度結論(Point)という順序で文章を構成します。
これにより、論理的でわかりやすい文章になります。

4. 誤字脱字をチェックする

提出前には必ず誤字脱字を確認し、正確で丁寧な文章を心掛けます。
小さなミスが評価を下げることにつながるため、細心の注意を払います。

5. ポジティブな表現を使う

自分の強みや経験をポジティブに表現し、前向きな姿勢をアピールします。ネガティブな表現は避け、自己肯定感を持った文章を心掛けます。

 

また、対策をする上で必要な情報がエントリーシート対策記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

コナミグループの選考においてエントリーシートで問われたことがある質問と記載例を紹介します。

【質問1】

・コナミグループを志望した理由や、入社後に実現したいことについて自由にご記入ください。

【解答例】

私は、コナミグループが持つ「Customer-Oriented」という理念に強く共感しています。大学時代に行ったインターンシップでは、顧客満足度の向上を目指すプロジェクトに参加しました。この経験を通じて、顧客の視点に立ったサービスの提供が企業の成長に直結することを実感しました。コナミグループの一員として、エンターテインメントの力で多くの人々に喜びを提供し続けたいと考えています。

入社後は、ゲーム開発部門で新しいゲームコンテンツの企画に携わりたいと考えています。とくに、次世代技術を駆使したインタラクティブなゲーム体験を提供することで、世界中のユーザーに驚きと感動を届けることを目指します。長期的には、グローバル展開を視野に入れたプロジェクトリーダーとして、チームを率いて新たな市場を開拓したいです。

ポイント
  • 具体的なエピソードを挙げる
    インターンシップでの経験を具体的に述べることで、志望理由に説得力を持たせる。
  • 企業理念との一致を示す
    「Customer-Oriented」というコナミグループの理念に共感していることを強調する。
  • 具体的な目標を明示する
    入社後に実現したいことや長期的なキャリアビジョンを明確に示す。

【質問2】

・趣味・特技について教えてください。

【解答例】

私の趣味は音楽制作で、特技はピアノの演奏です。中学生の頃から独学で音楽理論を学び、大学では音楽サークルに所属し、作曲や編曲を行ってきました。これまでにオリジナル曲を10曲以上作成し、学内の音楽イベントで披露する機会もありました。音楽を通じて多くの人と交流し、共感を得ることができたことは私の大きな財産です。

コナミグループでは、音楽ゲームの開発やサウンドトラックの制作に携わりたいと考えています。自分の音楽制作のスキルを活かして、ユーザーに新しい音楽体験を提供することが目標です。とくに、ユーザーが楽曲を通じてゲームの世界観に没入できるような演出を手掛けたいです。

ポイント
  • 具体的な活動内容を述べる
    音楽制作の具体的な取り組みや成果を挙げることで、特技に対する熱意を伝える。
  • 関連性を示す
    コナミグループでの活動にどのように活かせるかを具体的に述べることで、企業とのマッチングを図る。
  • 目標を明確にする
    入社後に実現したい具体的な目標を明示し、自身のスキルがどのように貢献できるかを説明する。

まとめ

この記事では、コナミグループのエントリーシート対策について詳しく解説しました。

企業の価値観やカルチャーを理解し、それに基づいた具体的なエピソードを盛り込むことで、採用担当者に強い印象を与えることができます。

エントリーシートの重要性を再認識し、細部にまでこだわった対策を行うことで、選考の突破率を高めましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!