【面接対策】「休日の過ごし方」を聞かれたら?好印象の回答例6個!回答のポイントも解説

【面接対策】「休日の過ごし方」を聞かれたら?好印象の回答例6個!回答のポイントも解説

2024年2月19日更新

はじめに

この記事では、面接で「休日の過ごし方」を聞かれた際の答え方について解説しています。

就活の面接で「休日の過ごし方」を聞かれたときの答え方のほか、面接で休日の過ごし方を聞かれる理由や、答え方のポイントなどを解説します。

次のような就活生の方へ向けて、「休日の過ごし方」への答え方を解説しています。

  • 面接で「休日の過ごし方」を聞かれたらどう答えればよいのかわからない
  • 「休日の過ごし方」を聞かれる理由や質問の目的が知りたい
  • 「休日の過ごし方」を聞かれたときの模範解答をいくつか見たい

この記事を最後まで読むと、面接で「休日の過ごし方」を聞かれたときの答え方や、「休日の過ごし方」を聞かれる理由、答える際のポイントがわかるでしょう。

「休日の過ごし方」への答え方がわからず困っている人や、回答例をいくつか見たいと思っている方は、ぜひ最後までお読みください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

結論から述べると、「休日の過ごし方」への答え方に、これという正解はありません。

「休日の過ごし方」を聞かれる理由は、「人柄を見たいから」「ストレス発散方法をもっているか知りたいから」などさまざまだからです。

「休日の過ごし方」に答える際は、ウソをつかず本当のことを伝えるのが重要なポイントの1つです。

同時に、ネガティブな印象を与えやすい話題は避け、できるだけ好印象な内容を選んで答えましょう。

ここからは、「休日の過ごし方」を聞かれた際の答え方について、詳しく解説していきます。

ネガティブな印象を与えやすい話題や、好印象な話題についても詳しく解説していますし、模範解答例もご紹介しています。

「休日の過ごし方」への答え方に困っている方は、ぜひご一読ください。

採用担当者が「休日の過ごし方」を聞く5つの理由

企業の採用面接の中で、「休日の過ごし方」を聞かれるのはなぜなのでしょうか。

ここでは、採用担当者が「休日の過ごし方」を聞く理由として、主なものを5つご紹介します。

理由①人柄を知りたいから

採用担当者が「休日の過ごし方」を聞く理由として、まず考えられるのが、人柄を知りたいから、という理由です。

休日とは、プライベートな時間です。

休日の過ごし方を聞くことで、その人のパーソナルな部分が見えてきます。

採用担当者は休日の過ごし方を尋ねることで、就活生のパーソナルな部分を見て、どのような人物なのかを推測したいのです。

理由②コミュニケーション能力を測りたいから

採用担当者が「休日の過ごし方」を尋ねる理由としては、コミュニケーション能力を測りたいからというものも挙げられます。

休日の過ごし方に対する答え方には、実は正解はありません。

どのような過ごし方を答えても構いません。

正解のない質問にどのように答えるかという部分には、その人の個性やコミュニケーション能力がはっきりと現れます。

正解がないということに動揺し、杓子定規的な答え方をしてしまったり、慌ててしどろもどろになったりする人もいるでしょう。

そんな中、落ち着いて和やかにコミュニケーションをとれる就活生ならば、「ある程度のコミュニケーション能力がありそうだ」と判断できるわけです。

理由③雑談で空気を柔らかくしたいから

企業の採用担当者が面接で「休日の過ごし方」を聞く時、雑談で空気を柔らかくしたいという意図がある場合があります。

休日の過ごし方は、非常にプライベートな部分の話になります。

そのため、趣味や友人の話をする人も多いでしょう。

趣味や友人といったプライベートな話をすることによって、緊張する面接の場でリラックスできる就活生も多数います。

そのため、プライベートな部分の話になりやすい「休日の過ごし方」の話題を振ることで就活生の緊張をほぐし、リラックスしてほしい、と考えている採用担当者が多いのです。

理由④しっかり息抜きができる人か見たいから

しっかり息抜きができる人かどうかをチェックしたいからという理由で、「休日の過ごし方」を質問する採用担当者もいます。

企業へ入社して社会人として働くようになれば、慣れない勤務に対して、誰でもストレスが溜まってしまうでしょう。

そんな時でも、自分なりのストレス発散方法や息抜き方法を持っていれば、適宜息抜きをして仕事のストレスとも上手に付き合っていけると考えられるのです。

反対に、「趣味がない」「休日の過ごし方が下手」というふうに判断されれば、仕事のストレスを自分で上手く発散できません。

ストレスを溜めすぎて、途中でトラブルや体調不良につながるおそれがあると思われる可能性があります。

企業としては、健康で長く働いてくれる人材を求めています。

上手くストレス発散ができるような、ストレス耐性の高い人材かどうかをチェックしたいのです。

理由⑤簡潔に話す力をチェックしたいから

採用担当者は「休日の過ごし方」を聞くことで、就活生の簡潔に話す力を確認していることがあります。

「休日の過ごし方」への答え方には特定の正解例がありません。

論理的に説明しきれるような内容でもありません。

そのため、だらだらと取り留めもなく話してしまいやすい話題なのです。

それでも論理的かつ簡潔に話せれば、どのような話題でも簡潔に話せる人材だろうと判断できます。

このことからも、「休日の過ごし方」という話題を振り、簡潔に話す力を見たいと考える採用担当者がいるのです。

「休日の過ごし方」に答える際の5つのポイント

面接 休日の過ごし方

「休日の過ごし方」に対して答える際には、次の5つのポイントを押さえましょう。

ポイント①できるだけ具体的に答える

「休日の過ごし方」に対して答えるときは、できるだけ具体的に答えてください。

たとえば、次のような答え方はNG回答です。

  • だらだら過ごしています
  • 外へ出かけるのが好きです
  • 特になにもしていません

このような答え方は、休日の過ごし方を想像しづらく、答えとしては好ましくありません。

それに対して、OK回答は、たとえば次のようなものです。

  • 休日は本を読んで過ごすのが好きです
  • 身体を動かすのが好きなので、友人とサッカーをすることが多いです
  • 最近は、これまで挑戦してこなかった料理に挑戦しています

このような答え方は、休日にどのように過ごしているのかを想像しやすいです。

この後に続く説明も聞きたくなるでしょう。

また、質問に対して明確に答えられる力もアピールできます。

ポイント②ウソはつかない

ポイントの2つ目は、ウソをつかないことです。

自分の休日の過ごし方に自信がない時、「どうせバレないし、ウソをついてもよいだろう」と考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、面接官は人を見抜くプロなので、ウソをつくと高確率でバレてしまいます。

そのため、ウソはつかないように心がけましょう。

立派な過ごし方をしていなかったとしても問題はありません。

一見地味に見える過ごし方でも、そこに情熱や成長が詰まっていればそれを話せばいいのです。

どうしても思いつかない時は、過去に行っていた休日の過ごし方を答えてもよいでしょう。

ポイント③できるだけ好印象な過ごし方を答える

ポイントの3つ目は、できるだけ好印象な過ごし方を意識的に選んで答えることです。

休日は完全にプライベートな時間のため、実際にはどのように過ごしていても何の問題もありません。

しかし面接の場では、どうしても「好印象な過ごし方」と「印象のよくない過ごし方」が出てきます。

好印象な過ごし方とは、たとえば以下のようなものです。

  • スポーツ
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • 美術館鑑賞
  • アウトドア
  • 友人とお茶
  • 家族と過ごす
  • 資格の勉強
  • アルバイト
  • ボランティア

反対に、印象のよくない過ごし方とは、たとえば以下のようなものです。

  • ギャンブル
  • 飲酒・喫煙
  • 過度な買い物

特に気をつけたいのが、「好印象な過ごし方を答える」ことより、「印象のよくない過ごし方を答えない」ことです。

ギャンブルや飲酒・喫煙は、過ごし方としては問題ありません。

ですが、面接の場で答えると、少し危うい人物だという印象を与えかねません。

なぜなら、ギャンブルや飲酒・喫煙は、危険な楽しみ方をする人が一定数いるからです。

適度な量なら問題ないですが、触れなくてよいのであれば触れないほうが無難です。

また、過度な買い物など依存症を彷彿とさせる内容も避けたほうがよいでしょう。

ポイント④思い浮かばなければ「したいこと」でもOK

もしどうしてもちょうどよい答えが思い浮かばない場合は、「したいと思っていること」を答えるのでもよいでしょう。

回答例としては、次のようなものが挙げられます。

「最近は就職活動の準備に時間を割いているため、休日らしい休日をとれていません。

しかし、就活活動がある程度落ち着いたら、以前から興味のあった読書を始めたいと思っています。

恥ずかしながら、私はこれまであまり読書をしたことがありませんでした。

しかし、読書好きな友人の話に触発され、自分を成長させてくれる読書に強い関心をもつようになりました。

今は、その友人からオススメの本を教えてもらうくらいのことしかできていませんが、就職活動が落ち着いたらオススメしてもらった本を読んでみたいと考えています。」

どうしてもなにも思いつかなかったとしても、このように回答することで、物事に対して前向きな気持ちをもてる人物だとわかります。

自分をしっかり見つめられる人物であることをアピールできるでしょう。

ポイント⑤得たものや学んだことへつなげられるとよりよい

休日の過ごし方を聞かれたときは、得たものや学んだことへと話をつなげられるとベストです。

ただ単に「休日はサッカーをすることが多いです。もともとサッカー部で、サッカーが好きだからです」と話すだけでは、非常にもったいないです。 

なぜなら、サッカーを通じて学んだことがたくさんあるはずだからです。

そのため、たとえばこのように語ってみると効果的です。

「休日はサッカーをすることが多いです。

高校3年生まで8年間サッカーをしてきたため、現在でも仲間たちとサッカーをすると気分がスッキリしてストレスも発散できます。

私はサッカーを通して、人と協力することの難しさや大切さを学びました。

また、現在では、多忙な友人たちのスケジュールを調整する難しさを感じつつ、人をまとめてイベントを企画する力を身につけられていると感じています。」

このように回答できると好印象です。

「休日の過ごし方」に対する好印象の回答例6選!

「休日の過ごし方」を聞かれたときの、好印象な回答例を6つご紹介します。

回答例①スポーツ その1

「ランニングが趣味なので、休日は1人で走ることが多いです。

街中をランニングしていると、頭の中が整理されるため、就職活動中の支えにもなっています。

走ることでストレス発散もできますし、体力増強にもつながります。

楽しみながらも役立つことの多い趣味だと感じています」

スポーツや運動に関する内容を答えると、健康的な人だとアピールできるでしょう。

また、ランニングが自分の生活にどのような影響を与えているのかも論理的に説明できています。

ストレス耐性の高さや体力についても上手くアピールできていますね。

回答例②スポーツ その2

「休日は、バスケットボールをすることが多いです。

私は学生時代、バスケットボール部に所属していました。

現在でも、そのころの部員たちと集まって、バスケットボールを楽しんでいます。

学生時代は勝つことを最大の目的として、戦略を組んで戦っていました。

その中で、目標に向かって取り組む計画力や、チームをまとめるリーダーシップが身につきました。

しかし現在は、勝ち負けにこだわらず楽しむことを最大の目的としています。

これはこれで仲間たちとの絆が深まり、非常に有意義な楽しみ方だと感じています」

1つの物事を学生時代から長く続けていると伝えることで、持続力をアピールできています。

また、学生時代のエピソードを盛り込むことで、目標達成力や計画性、リーダーシップも強調できているでしょう。

学生時代の友人と今もずっと関係が続いているコミュニケーション能力や、協調性も示すことができています。

回答例③アルバイト その1

「休日は、カラオケ店でアルバイトをしていることが多いです。

私は大学一年生のころから、このカラオケ店でアルバイトしてきました。

カラオケ店ではさまざまなお客様がいらっしゃるため、一人一人にしっかり対応していくのが大変です。

しかしその分、コミュニケーション能力や、周囲をきちんと見る力が身についたと考えています。」

大学一年生の時から三年間、1つのアルバイトを続けているという持続力をアピールできています。

また、アルバイトをとおして学んだことを伝え、コミュニケーション能力だけでなく向上心も示すことができています。

回答例④アルバイト その2

「休日は、居酒屋でキッチン業務のアルバイトをしています。

このアルバイトは、始めてからまだ一年間くらいしか経っていませんが、非常に多くの学びを与えてもらいました。

何より大きかったのは、店長との出会いです。

店長は、どれほど忙しいときでも常に周囲をしっかり見て、的確な指示をしてくださいます。

また、常に穏やかで、だれがどんなミスをしても怒ったところを見たことがありません。

社会人になったらこの店長のように、いつも落ち着いて周囲をサポートできるような人になりたいと思っています。」

憧れている社会人像を伝えることで、面接官に対して「この人は入社後、どのような働きをしてくれそうか」という入社後の姿をイメージさせやすくしています。

回答例⑤趣味 その1

「休日は、大好きな映画鑑賞をすることが多いです。

私は映画鑑賞が趣味で、子どものころからたくさんの映画を観てきました。

映画を観ると、たくさんの人の人生を知ることができて勉強になります。

何よりも心が豊かになると思っています。

特に好きな映画は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。

これまでに十回以上繰り返し観てきました。

これからもたくさんの映画を観ていきたいと思っています。」

自身の趣味について、論理的かつわかりやすく説明できていますね。

映画鑑賞が自分の人生や人の心に与えるよい影響についても、説得力をもって伝えられています。

好きな映画として具体的な映画名を挙げ、どれほど好きかを具体的に説明しているのもいいです。

説明する力があることもアピールできています。

回答例⑥趣味 その2

「休日は、お菓子作りをして過ごすことが多いです。

私は子どものころから料理全般が好きで、中でもお菓子作りが大好きです。

先週はカヌレを作って、家族や友人に振る舞いました。

カヌレは初挑戦で、火加減が難しかったのですが、複数のレシピを調べて準備したおかげでなんとか成功しました。

次は何を作ろうかと考えるのが毎日の楽しみです」

「先週も作った」と伝えることで、内容の信ぴょう性を高めることに成功しています。

また、家族や友人をエピソード内に登場させることで、コミュニケーション能力や協調性もアピールできています。

さらに、休日の過ごし方が毎日の楽しみにつながっていると伝えることで、ストレス耐性の高さもアピールできるでしょう。

まとめ

この記事では、「休日の過ごし方」を聞かれたときの答え方について解説してきました。

採用担当者が「休日の過ごし方」を聞く理由には、「人柄を知りたいから」「雑談を振ってリラックスさせてあげたいから」などさまざまなものがあります。

ただ、どのような理由で聞かれていたのだとしても、これという正解はありません。

そのため就活生にとっては難しい質問とも言えます。

「休日の過ごし方」について聞かれたときは、ギャンブルや飲酒・喫煙といった避けたほうがよい話題を避けつつ、正直なところを答えましょう。

そのうえで、スポーツや文化に関する趣味があればアピールしてください。

また、休日の過ごし方を通して得られたことや、学んだこともあわせて伝えられるとベストです。

「休日の過ごし方」への答え方だけで落とされることはあまりないでしょう。

とはいえ、この質問は採用担当者にあなたの魅力をアピールするチャンスにもなります。

ぜひこの記事を参考にして答え方を考えてくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!