【企業研究】サイボウズの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】サイボウズの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024年1月24日更新

はじめに

株式会社サイボウズは東京都中央区に本社を置くグループウェア開発企業です。

福岡、大阪、札幌など日本全国に支社を設立し、海外にも連結子会社を抱えグローバルな事業展開を行っています。

今回はそんなサイボウズの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

この記事では株式会社サイボウズへの就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っています。ぜひ最後までご覧ください。

  •     サイボウズの仕事内容が気になる
  •     サイボウズの就職難易度を知りたい
  •     サイボウズの選考対策として何をすれば良いかわからない

 また、ソフトウェア開発に関する業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

【業界研究ガイド】業界一覧 

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、サイボウズの就職難易度は、平均よりも少し高めと考えています。

以下の参照記事で詳しく解説している就職偏差値を参考にすると、標準難易度よりも少し上回っているといえるでしょう。

ですが、採用大学も様々な偏差値帯や種類の学校の実績があるので、選考対策をしっかり行えば内定を獲得できる可能性は十分に有り得ます。

選考対策として、独特なものが独自オウンドメディアの「サイボウズ式」と代表が主催する採用イベント「サイボウズTopseminar」、サイボウズの製品紹介やユーザー企業が一同に集う超大規模イベント「サイボウズDays」になります。

他の企業ではメジャーなものではないので、応募する前に必ずチェックするべきでしょう。

また職種としては、IT通信系、中でもグループウェア開発に特化した事業を展開しています。

ビジネスシーンで役に立つITツールを提供するとともに、ITを使って多くの社会問題に取り組み、組織変革を行い続ける企業で、働きがいランキングでも上位にランクインしているのが特徴です。

次の章から各内容や、その他就活に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

株式会社サイボウズについて

会社概要

株式会社サイボウズは、グループウェア開発をはじめとしたITツールの開発・運営・サービス提供を行う企業です。

kintone、サイボウズOffice、Garoon、Mailwiseをはじめとした、チームで仕事を進めるために欠かせない、タスクやメール、資料などの情報を社内で一括管理し効率化を図るグループウェアを数多く提供しています。

中小企業を始め、大企業、自治体や医療機関、学校に至るまで様々なチームで利用できる技術を提供しています。

プログラミング知識がなくとも使えるITツールを提供する事に成功しています。

参照ページ

企業概要 | サイボウズ株式会社 (cybozu.co.jp)

サイボウズの製品 | 採用情報 | サイボウズ株式会社 (cybozu.co.jp)

各事業別の売上規模

株式会社サイボウズの2023年度の12月期連結売上は、25,497百万円、経常利益 2450百万円です。

2022年度12月期におけるクラウド関連ビジネスなどそれぞれの個別売上に関しても順に見ていきましょう。

  •     クラウド関連売上高: 売上高は18,649百万円で、前年比23.8%増。クラウド売上割合に関しては84.5%となりました。クラウド売上が8割以上をしめており、2023年度も上昇の兆しがあります。
  • その他、サイボウズチームワーク総研による講演、研修コンサルティング業務の成長、コンサルティングパートナー企業のサイボウズ製品利用によるパートナー販売割合が61.6%を記録しており、連結サービス数は370以上、パートナー社数は400社以上と協業拡大している点も特徴です。

参照ページ

2212_02.pdf (cybozu.co.jp)

各事業セグメントの解説

株式会社サイボウズの主な事業セグメントは以下の通りです。

事業部門活動内容
グループウェアの開発、販売、運用kintone、サイボウズOffice、Garoon、Mailwiseをはじめとしたグループウェアを展開。
チームワーク強化メソッドの開発、販売、提供企業や学校などチームに向けた各種ITツールの展開。

 サイボウズはITツール開発・運用・販売事業を展開しており、新規グループウェア開発にも余念がありません。

東京証券取引所に上場する株式会社でもあり、年々売上は増加傾向にあります。

1997年に設立してから15年となりますが、当時から時代に沿ったITツール開発を手がけ続けていました。

チームワーク強化メソッドの開発や提供にも積極的に参入しており、講演や技術提供も行っています。

参照ページ:

製品情報 | サイボウズ株式会社 (cybozu.co.jp)

 

サイボウズで働いている社員は?

平均勤続年数は?

サイボウズの平均勤続年数は5. 7年です。

 IT企業の平均勤続年数は約10年であることから、業界平均よりも社員の出入りが多い職場といえるでしょう。

平均年収は?

2022年度のサイボウズの平均年収は、647万円でした。全国平均の年収が458万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

また、同じ「IT企業」の上場企業平均年収は442万円でした。企業によっても大きくばらつきがあるため一概に平均値を出しにくい業界ですが、平均よりもサイボウズは高めに設定されているといっても過言ではありません。 

平均残業時間は?

サイボウズの従業員の平均残業時間は、1ヵ月あたり33時間です。

IT企業の平均残業時間は20時間以上であることから、業界内では平均よりも少し多めの残業時間といえます。

ただし在宅勤務を選択もできるため、自身の生活スタイルに合わせた労働方法・勤務方法を選べることは大きな魅力といえるでしょう。

平均ボーナス額は?

サイボウズの年間ボーナスの平均額は98万円です。情報通信業の年間ボーナスが102万円であることから、少し低い傾向にあるでしょう。

ただし基本給は月42万円前後が平均なことから、平均よりも基本給が高めに設定されています。基本給部分でボーナス部分を大きく賄えていると言っても過言ではありません。

どんな文化なの?

サイボウズは企業理念として「チームワークあふれる社会」を存在意義に掲げています。個性が集う企業でこの存在意義をベースとし、理想への共感、多様な個性を重視、公明正大、自立と議論の4つの文化を企業理念として、従業員の幸福度を高める努力をしているのが特徴です。

チームワークを大切に、それぞれが得意分野で役割分担をしながら共同するスタンスであることも、働きがいランキング上位にランキングしている理由といえるでしょう。個性を大切にしながらも、それぞれの仕事を任せ合える信頼度の高い会社で働きたい方にもぴったりの職場です。

また仕事に対して集中するだけではなく、自身の生活も大切にできるように休暇取得など工夫が施されています。それぞれの休暇の内容などは下記に詳細をまとめましたのでチェックしてみてください。

企業・IR | サイボウズ株式会社 (cybozu.co.jp)

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

IT業界売上

競争が激しいIT企業の中でのサイボウズの立ち位置をご紹介します。

売上高を参照し他社と比較してみても、サイボウズはトップクラスの企業だということがわかります。理由として以下の要因があると考えています。

  1. 多種多様なツールの開発販売:サイボウズは1つのツールに限定せず、様々な種類のツールを販売しています。
  2. 独自のメソッドを提供:今まで培ってきた教育メソッドや運営開発ツールを他企業でも取り扱えるように講演を行うなど、多種多様な運用を行っています。

以上の要素によりサイボウズはグループウェア開発・販売企業の中でもトップクラスの売上高を生み出していると考えられます。

競合他社と比べても引けを取らない、むしろ個を大切にする分非常に優れていると言っても過言ではありません。

参考までに競合4社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

会社名売上高(2022年)平均年収就職偏差値・難易度社風
サイボウズ22,067百万円647万円55個を大切にチームワークを作る社風
両備システム38,220百万円454万円52社会正義、お客様第一、社員の幸せ
ラクス20,220百万円620万円53IT技術者支援を手がける社風
コムチュア24,985百万円600万円53個々の意志を大切にする社風

 

サイボウズの新卒募集要項について

以下にサイボウズの新卒募集要項についてまとめました。

25年卒では基本給月36万円~、想定年収は504万円以上に加え、基本給+賞与(月給2ヶ月分)が支払われます。

給与面は新卒採用者に対しては割と充実しているため、新卒からできるだけ給与が高めの所で働きたい方に人気があります。

また給与だけではなく、サイボウズは特別休暇も充実しており、プロアクティブ休暇、ケア休暇など様々な種類の休暇が取得可能なので、ニーズに合わせた働き方ができます。

リモートワークも充実しており、リモートワークを行いながらもコミュニケーションが取れる取り組みを積極的に行っているのが特徴です。

各項目詳細
職種IT企業販売ツール

業務内容:グループウェアの開発・運用

給与(2023年4月入社 初任給実績)勤務地:全国または自宅

備考:1か月所定労働時間160時間、固定残業時間40時間

基本給は、最終面接合格後に個人のスキルと期待する役割・貢献によって個別のオファーを提示

基本給には固定残業時間40時間/月分の時間外勤務手当を含み、固定残業時間を超える残業は追加で時間外勤務手当を支給

固定残業時間や働き方など個別の希望がある場合は要相談。2022年新卒社員実績で平均6時間/月の残業(エンジニア系職種のみ)

賞与年2回(2月、8月)
諸手当通勤手当(出社実績に基づく実費支給、上限5万円/月、勤務日数での按分あり)

リモートワーク環境手当

(5,000円/月 ただし、契約の所定労働時間が月80時間以下の場合は2,500円/月)

勤務時間9時~18時

働く曜日や時間を自分で宣言し、変更する働き方宣言制度あり

単発で働き方を変更できるウルトラワーク制度あり

求める人材

株式会社サイボウズでは求める人材として下記のものを公表しています。

1. チームワークあふれる社会作り

チームワークを大切にする社会作りを大切にしており、企業内でもその精神を大切にしています。 

サイボウズではエンジニア職(経験未経験不問・経験ないように合わせたジャンルに配属)、エキスパートエンジニア職、デザイナー職、ビジネス職、松山ビジネス職、ビジネス専門職が新卒採用募集しています。

既卒の方はもちろん、就業経験1年未満の方も新卒採用対象として応募資格があるのが特徴です。 

新卒選考フロー

サイボウズの選考は、下記の通りの選考フローとなっています。

面接では志望動機などのスタンダードな質問の他、人柄をチェックする質問も多いのが特徴です。

学歴不問で応募している業種が多いからこそ、個人として何が出来るのかを見極めるために、1人1人のやってきたことに対して問いかけることも増えています。

選考対策として、入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかが重視されます。

今後のキャリアを形成していく上で必須事項なので、明確にしておきましょう。

  説明会動画の視聴&新卒エントリーボタンから応募

サイボウズ公式サイトからオンライン動画を視聴した後、新卒エントリーボタンより必要事項を入力し登録を行います。

エントリーシートでは志望動機や自己PR、長所と短所などの一般的な質問について回答し、Web上で入力し送信して終了です。

採用イベントに参加した後にエントリーすることも可能なので、イベント日程が合えばイベントに参加してサイボウズの情報をより深く知ってからエントリーすることをおすすめします。

 新卒募集は基本的にどの職種もオールシーズン行っていますので、自身が働きたい職種に合わせたエントリーフォームを選んで送付しましょう。

希望する職種によっても少しずつ記入する事が異なる(ESの質問が変わる)ので、それぞれの設問をよく見て記入してください。

新卒採用 | 採用情報 | サイボウズ株式会社 (cybozu.co.jp)

  書類選考後面接(3階前後)

書類選考後、通過者のみサイボウズ担当者による面接が行われます。面接回数は3回前後ですが人によって回数が増減する可能性があるため心してかかりましょう。

面接はオンラインで行われるケースが多く、質問も基本的なことが多いです。

面接は、学生1人と面接官2人で30分程度オンラインで行われます。自己PRなどの一般的な質問の他に、入社に対する理由や熱意について深く確認がされます。

以下に口コミのあった質問事項を紹介します。

  • 就活の軸
  • その中でサイボウズが良いと思った部分
  • サイボウズ製品を使ったことがあるか
  • 気になった製品はあるか
  • その職種を選んだ理由
  • ITに興味があるのはいつからか
  • サイボウズでの中長期的なキャリア
  • 強み、弱み
  • 逆質問他社の選考状況

最終になるにつれて質問が深堀されたり、実務に適性があるのかを確かめるような質問が多くなされていることが分かります。

自分が実際に現場で働いている姿を想定したり、実際にイベントに行くなどしてイメージを付けられるようにしましょう。

以下のページも確認してぜひ内定を勝ち取ってください。

面接 | 上京を志す、就活生へ。ジョーカツ

  内定

複数回の面接を突破して内定が決まります。

採用大学

サイボウズの採用大学の実績を以下に掲載しますが、最難関大学から標準的なレベルの大学まで幅広く採用されており、所謂学歴フィルターはないと考えます。

<大学>

愛媛大学、松山大学、岡山大学、高知工科大学、東京工業大学、東京理科大学、九州大学、関西学院大学、京都大学、中央大学、筑波大学、上智大学、早稲田大学、立命館大学、文教大学、法政大学

 上記には偏差値が高い大学も採用大学にありますが、サイボウズは多様な学生層からの就活生を積極的に採用しています。

よって学歴が原因で不採用になることは考えにくいです。

むしろ学歴不問で新卒採用者も募集をかけているため、きちんとした知識や経験、または情熱を用いてしっかりとエントリーシートや面接対策をして、内定を獲得するのも夢ではないでしょう。 

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、サイボウズの就職偏差値・難易度を見てみましょう。結論としては、偏差値・難易度は標準的といえるでしょう。

その理由として以下の3点が挙げられます。

・採用フローとして特別なステップがない

・採用大学を見る範囲では学歴フィルターがあまりない

・給与や福利厚生が特筆して良いという訳ではない

よって、頻出質問である「なぜ自分はこの会社を希望しているのか」という部分や「自己PR」など基本的な事項をしっかり対策をしていれば、難しすぎることはないでしょう。しっかりと対策を行い内定を獲得してください!

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

参照ページ

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

まとめ

サイボウズは、IT企業の中でもグループウェアの開発事業・運営事業に特化している比較的新しい企業でありながらも、競合他社に比べて業績も上り坂の傾向がある企業です。非常にレベルが高いこともあり企業倍率も14倍前後と高めのため、企業研究をしっかり行って面接対策をすると良いでしょう。

ただしサイボウズは学歴重視をする企業ではなく学歴不問で募集がかけられているので、全員に等しくチャンスがあります。対策をしっかり行って選考に望んでください。

ぜひこの記事を参考にして励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。