現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?

2024/5/25更新

はじめに

就職活動では「真面目そう」な見た目が求められており、多くの就活対策サイトでは礼儀作法や服装、髪型やメイクについてのアドバイスが紹介されています。

特に女性については、男性よりも細かい点まで追及されていることが多いようにみえます。

本記事は以下のような方に役に立つ内容となります。

対象
  • 就職活動で見た目の対策が必要な理由をちゃんと知りたい
  • 自分の好きな見た目にすることのメリット・デメリットを確認したい

また、本記事では「具体的な髪型の例・髪型のセット方法」などの実践例までは紹介していませんので、あらかじめご了承ください。

みなさんの就職活動の参考になることを願っております。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

就活に髪型が重要なのか、現役の担当者に聞いてみた

就活に髪型が重要なのか

筆者(男性)は、何度か新卒採用・中途採用の面接を担当したことがあります。

しかし、見た目については一切の検討事項にしておらず、会社としても評価基準にはありませんでした。

そういった評価で採用を進め、結果入社できた方は、当然入社後も活躍していますし、都合によって辞めて別の会社に行ってしまった人もいます。

採用以外で多くの人と関わるなかで「中身が伴っていれば外見は気にしない」スタンスをとっていますし、それで業務としての成果も出せています。

そういう意味で、今回、筆者の経験的なアドバイスが難しいテーマのため、この点に言及できそうな筆者の知人から非公式にインタビューを実施してみました。

具体的・実践的な内容ではないかもしれませんが、ぜひお読みいただければ幸いです。

インタビューした人の簡単な紹介と、おことわり

今回のテーマを聞くにあたり、2人の現役採用担当者に話を聞きました。

 

【Sさん(男性・30代)】

東証スタンダードに上場している企業の新卒担当係長で、現在の業務に就いて5年以上、年間を通して新卒の採用や内定後のフォローアップを含めた業務に携わっています。

毎年100人以上の学生と面接や面談で接しています。

 

【Kさん(男性・40代)】

非上場企業ですが、システム系技術者の派遣を行う会社の人事担当です。

主な業務は中途採用がメインですが、近年新卒採用も担当しています。

 

なお、今回はあくまでも非公式という形のため、担当者の詳しい所属や会社情報は公開できず、会社としての公式発信でもないため、あくまでも担当者の個人的な所感であることをご承知おきください。

だいたいみんな真面目でNGなことをする人はいない

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

学生はみんな真面目に就活していて、情報収集も充実していますので、実際に就活サイトで紹介しているようなNG例をする人には、いわれてみれば確かに少ないです。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

反骨精神で就活に挑む人に会ったことはないですが、有名な会社で志望者も多いと、そういう人がいるんですかね?

 

就活生をアドバイスするサイトでは、以下のような髪型をNGとする例があります。

髪型のNG例
  • 色付きヘアピンやヘアゴムはNG、黒色にする。
  • 目元を隠してはいけない
  • 髪は下ろさず、まとめる。

細かな理由や事情はどうであれ、こういった周知があらかじめ行われており、しかも就活生もしっかりとリサーチして挑んだ結果、そういうNGとされている行動をする人がそもそも少ないとのことです。

これはこういった就活サイトなどの広報が適切に知れ渡った結果として広まっているのか、こうした行動をとることで内定がとれた人がいたから、実績として脈々と引き継がれているのでしょうか?

妙な風習にも思うけど、無難であれば不利にならない

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

見た目でプラス評価はないけど、マイナス評価は出る可能性がある。

見る側も人間なので、初対面だと見た目に印象が引きずられることはある。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

人間なので、見た目が良すぎても悪すぎても、フィルターがかかっちゃうことがある。

無難なら、そのフィルターを無視して面接に集中できる点はある。

 

特に新卒採用は、日本の終身雇用の名残のように考えられます。

キャリアのない学生を会社が一から育てて立派なキャリアを生成させる、そのために必要な素養はやる気や人柄、あるいは学生時代に取り組んできたことの成果で、それを表現する方法の一つに、見た目の良さ(真面目かどうか)が問われているように考えられます。

もし新卒採用がなければ、中途採用と同じ土俵となるので、そこでは何ができるかの議論となり、仕事さえできるのであれば、見た目にそこまで左右されることもありません。

ちなみに、Sさんの会社は中国にも現地法人があるそうですが、中国で何かの仕事に就きたいと思ったら、新卒であろうと、まずはアルバイトや下働きでもいいのでとにかくその業界で実績を積み、転職によってキャリアアップしていくという状況だそうで、やはり見た目の考慮はあまりないようです。

見た目の加点はない、でも減点は確実にある

見た目の加点はない、でも減点は確実にある

見た目全般の話になってきていますが、テーマである「髪型」にもう少し注目して引き続きお話を聞いてみました。

人間は見た目じゃない、それよりも中身や自己分析を、とはよくいうものの、結果として見た目部分で避けられない要素もあるようです。

「見た目」の要素のなかでも、特に髪型に占める割合は強いのではないかというお話を伺いました。

疲れからくる身なりの乱れは影響あり、気持ちはわかるが…

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

就活がピークになると、あきらかに疲れが見える就活生がいて、本当に些細ですが寝ぐせが残っているとか、整いきれていないとか。

疲れの表面化は髪の乱れから始まることが多い気がします。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

本当に最低限の清潔感とか、いかにも普通の見た目を狙ってもらえば少なくとも減点になることはないです。

 

疲れが見えてくると、最初に崩れてくるのは髪型、とのことでした。

これは、疲れているから当然なのですが、なかなか本人で気付くことも難しいことがあるようです。

逆に、意識して髪をしっかりと整えていれば、こういった減点を防ぐことはできるといえます。

就活では、場合によっては地元から遠征して泊まりがけで面接に挑む場合もあり、移動による疲れや、いつもとは違う環境で過ごすことで、万全な準備も難しい状況であると考えられます。

せっかく遠くから内定を掴むために足を運んでいるからには、不本意な減点や印象ダウンを避けるように細心の注意を払っていくよう心がけてください。

また、内定をとるための頑張りどきでもあるのですが、一方で自分の能力を超えるような就活スケジュールを組むこともしないように、万全に挑むための間隔や休息もとれるようにして、心身の余裕を維持することにも心がけたほうが良いかもしれません。

見た目の美しさより、自分がメンテナンスできる範囲で。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

自分でメンテナンスして、誤差や不備を出さない最適な方法を見つけると良いと思う。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

美容師さんにセットしてもらって面接に挑む人もいるみたいですが、それも悪くないと思いますが、加点にもなりにくいので、個人的にはおすすめできない気がします。

 

実際に面接に当たっては、プロの美容師さんにセットしてもらったかのような状態で挑まれる方もいるようで、ここ一番というときに美容師さんに頼るのももちろん手の一つかもしれませんが、何度も使える手ではありません。

それであれば、自分自身で簡単に、かつ毎回高水準でセットできる髪型であるほうが、見た目の印象をデメリットにさせない確率が高いといえます。

動画サイトではこうした面から、おすすめの髪型という点では、誰でも簡単にできて見た目もよいセットの方法というものが紹介されていますから、探してみてください。

意識して整えないといけない人もいる

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

天然パーマの人や湿気に弱い髪質の人は、都度都度面接のたびに言い訳するわけにもいかず、正直、忍耐の時期だと思います。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

髪質の事情に理解の少ない人もいるのは事実、髪の毛の薄い人とか…。

あ、髪の毛が薄い人がみんな髪型に厳しいわけではないですけど(笑)。

 

就職活動に向けて「天然パーマだからストレートパーマをかけるべきか」といった質問が出ることがありますが、世の中にくせ毛や天然パーマの人がいること自体は当然誰でもわかっていますので、別に無理してストレートにする必要はないと考えられます。

ただし、それによって見た目が不格好になってしまう可能性があると、一定のお付き合いがある人なら最初から分かっているので良いですが、初めて会う人などは説明をしないと理解されないこともあります。

こうした説明を省略して面接に取り掛かれるようにするためには、結果としてストレートパーマをかけたほうが、就活時期においては「てっとり早い」という考え方もあります。

会社が良い波にあるか悪い波にあるかは外からはわからない、だからこそ無難が安全

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

会社が髪型なんて気にしないという社風であっても、その取引先まで理解があるかどうかという点がある。

売上が好調な会社であっても現在『良い波』か『悪い波』かは外からはわかりにくい。

だからこそ無難が安全ともいえます。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

女性に対する見た目を指摘することは、例え誉め言葉であってもセクハラにあたる可能性は指摘しているが、特に年配層はなかなか意識の転換が進まないことも事実です。

内部ですらそういう状況なので、世間的にはどうかといったらいうまでもなく…

 

入りたい会社は比較的自由に選べますが、その会社の取引先や顧客、関係先まではあなたの意思で選ぶことはできません。

売上が伸びている会社や成長している企業が、必ずしも関係先と良好にこなしているわけではなく、場合によっては歪な状態でありながら持ちこたえている場合もあり、その時にあなたの姿を取引先に安心して見せられるかどうか、という視点です。

もちろん、新卒社員をいきなり問題満載の取引先と交渉させる会社はそうはないと思いますが、一方で面接の担当をするのは比較的現場を任されている上席者であることが多く、いままさにこういった取引先との悩みに接している本人である可能性もあります。

就活の面接と本業での悩みを混同するな、といわれればそれまでですが、どうしても人間ですので、上記のKさんでいう「悪い波」の最中にいる会社や担当者だと、妙に目についてしまう可能性は否定できません。

だとすると、やはり見た目に特異な状況はなく、「いたって普通」の状態でいることが、どのようなケースであっても安定して偏りなく接してもらえる可能性が高いといえます。

見た目が画一的でも、所作でわかることも…

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

『この人は普段こんな格好はしてないんだろうな』は所作でわかることがあります。

それでも就活を頑張ろうとしているんだな、ということで悪い印象はもちろんありません。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

『就活らしい格好をする』ことが『就活生としてTPOをわきまえること』の実践だと思う人も、世の中にはいるようです。

個人的には同意しませんが。

 

就職活動では、あなたの個人的な人柄は知りませんが、一方で採用時期にはあなた以外の多くの人と一斉に接する時期なので、仮に見た目が画一的になっていても、振る舞いや言動からしっかり個性をくみ取ることができます。

先の章でもコメントがあったとおり、就職活動で就活生が画一的な見た目になることには、いまの時代において奇妙な点があります。

しかし、キャリアや実績で評価しない新卒採用だからこそ、見た目に惑わされずに評価するという点では採用する企業側も結果として「やりやすい」点があることも事実です。

初対面はどうしても見た目の印象に傾きがちなことは、心理学などの研究でも明確になっています。

「いい見た目」の判断材料は、個人個人の好みもありヒットするかどうかは賭けのような面があるので、周りに合わせることで自己PRや自分の個性を発揮していきましょう。

 

会社は学校ではない、そこで長年働くことを考える

会社は学校ではない、そこで長年働くことを考える

大学はそうではなかったと思いますが、中学・高校では厳しく髪型や見た目を校則で縛っていることが多いです。

就職活動における「こうしたほうがいい」の流れに、なんとなく中学高校時代の厳しさを思い出す人もいるのではないでしょうか。

しかし、理由は学生時代とは明らかに違う部分があるので、その認識もぜひ心に留めておいてください。

髪の明るさはそのままで全然問題ない

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

おそらく地毛が茶色系の明るめの人なのか、染めているであろう感じで、髪の毛が妙にまっ黒な人がたまにいます。

地毛が明るい人がいることはいまの経営層の年代なら十分理解しているので、個人的にはそこまでしなくていいとは思っています。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

リクルートスーツとのコーディネートを考えて黒めに染めている人もいるみたいですが、それはそれで考え方は自由かと。

 

地毛が茶色系の明るい色だった人は、学生時代苦労したかもしれません。

就職活動でも気にしなければならないと思っている人がいるかもしれませんが、生来の髪の明るさ程度なら、ほぼ気にしていないことがほとんどです。

おしゃれ目的にわざわざ茶髪に染めることはもちろんおすすめしませんが、自然な髪色のままで良いと考えます。

明らかに黒く染めているとそれで目立ってしまうケースもあるようですので、髪色にこだわるよりは、見た目の自然さ・清潔さを重視したほうが良いのではないでしょうか。

入社したときにデビュー(?)されるとびっくりする

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

ネットで入社時に髪色が明るいせいで入社式の出席を断られた、叱責されたという記事がありました。

それは明らかに異常ですが、入社時に思いっきり派手に髪色を変えて大学デビューならぬ社会人デビュー(?)された方が過去に実際いて、急に変わるのはさすがにびっくりしちゃいます。

徐々に慣らしてほしいな…と。

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

どんな仕事か、どんな取引先かは、入社してみないとわからないので、最初は様子を見て、許容されたなら好きなようにしていけばいいと思います。

 

企業から正式に内定が出るのは、毎年10月で、その後無事に大学を卒業できれば半年後に入社となりますので、それなりの時間が空きます。

特に最後の大学生活でいろいろとやりきりたいと考えているのは、それはもちろんよいことです。

しかし、会社側は面接をしたときのあなたが最後の姿なので、入社時にあまりにもそれから離れた見た目になると、「びっくり」することは普通かと思います。

それが笑い話に終わればいいですが、まれに揉め事にもつながるケースがあることも事実ですので、入社時には就職活動の身なりに一度戻しておいたほうが、確かに無難です。

Kさんの言うとおり、実際の職場や取引先の雰囲気は、入ってみないとわからないので、感覚をつかめるまで一定期間様子を見たほうが賢明といえるでしょう。

女性の就活でおすすめの髪型は?

話題が髪型だけではなく、見た目をどうとらえるかという話に偏ってしまったため、最後に改めて今回のテーマである「女性の就活でおすすめの髪型は何か?」をそれぞれに伺いました。

自分で見て自然な姿だと思えれば良い

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Kさん

自分で見て、それが自然な姿だと思えればいいと思います。

心機一転するためにイメチェンをするのも良いですし、わざわざ就活だからといって無理に合わせる必要もないです。

外見で印象に残るものって、その人の将来とか可能性じゃなくて、その場限りの評価なので、就活という観点ではコストパフォーマンスは良くない気がします。

メンテナンスのしやすさを優先する

現役採用担当者に聞く!女性の就活生におすすめの髪型は存在する?の記事コメント
Sさん

就活は非常に疲れとストレスがたまりやすく、それが最初に現れるのは髪型と服装の乱れであることが多いです。

これは社会人にも同じことがいえます。

就活の時期によっては、本当に時間的な余裕がない場合もあるでしょう。

志望の高くない会社であっても、選考から落とされたら多少なりともショックを受けます。

でも相対する会社って一期一会で、初対面は見た目の印象が残りがち。

疲れやストレスを溜めない就活になることが一番良いはずですが、そうなったとしても再現性が高く見た目も悪くならない、メンテナンスのしやすい髪型や整え方を見つけておくと良いと思います。

まとめ

現役の採用担当者から、女性の就活でおすすめの髪型はあるのかというテーマでお伝えしました。

担当者側からは、特に見た目にこだわることはないものの、加点ではなく減点として、元気がない・疲れているといった状態が最初に出てくるのは髪型にあります。

疲れたときこそ髪型を意識し、時間に追われるような状況であっても自分で簡単にできるセットやまとめ方を見つけておくことで、見た目を維持できるようにしておいたほうが良さそうです。

この記事で、あなたの就職活動が少しでも実りあるものになることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!