就活で避けては通れない「学生時代力を注いだこと」を攻略する方法

おすすめ記事

就活で避けては通れない「学生時代力を注いだこと」を攻略する方法

はじめに

「あなたの学生時代に力を注いだことについて教えてください」

 

ES や面接ではこのような質問は避けて通ることができませんよね。

就活を始める前の段階からでも、「ネタ作った方がいいのかな」とか、「何となく億劫」のような気分になるでしょう。

 

そこで本記事では、

「学生時代に力を注いだこと」この質問がなぜ頻繁に聞かれるのかを解説し、ESや面接での攻略方法を説明します。

 

「学生時代力を注いだこと」で頭を悩ませている人には必見の記事です。

1.学生時代力を注いだことはなぜ聞かれるのか?

ESや面接などで頻繁に聞かれますよね。定番の質問です。

では、なぜ企業はその質問を聞きたがるのでしょうか?

定番の質問であることは、その質問に企業が知りたいことが濃縮されているといえます。

 

基本的には以下のような理由が考えられます。

・人柄を把握するため

・物事への取り組みの姿勢を見たいため

・伝え方を知りたい

 

それぞれ簡単に解説します。

 

・人柄を把握するため

学生時代にどのようなことに力を注いだのかを知ることで人柄をみたいことが1つの理由です。

例えば、「部活動に力を注いだ人」と「長期インターンに力を注いだ人」の話を聞くと印象が異なる場合が多いはずです。

そのような質問をして就活生が自社に合う人柄かどうか判断しています。

 

・物事への取り組みの姿勢を見たいため

人柄だけでなく「物事にどう取り組むんできたのか」も知ることができます。

就活生がどのような点を課題として、どのような改善策を実行したのか、そして結果がどうなったのかという内容を話の中に盛り込んでいれば、仕事への姿勢を知ることに繋がります。

 

・伝え方を知りたい

伝える力も非常に重要です。

どんなに素晴らしい経験をしても、成果を出してもESや面接で伝える力がなければ、コミュニケーションに難ありと判断されてしまうかもしれません。

仕事をする上で伝える力は非常に重要なので、きちんと相手にわかりやすく伝える努力をする必要があります。

2.学生時代力を注いだことへの攻略のポイント

それでは次にESや面接で「学生時代力を注いだこと」について聞かれた場合の攻略ポイントについて解説していきます。

 

2-1.学生時代力を注いだことでは嘘はつかない

 

絶対に嘘は辞めましょう。

ESや面接で嘘をつけば、そのあとに深掘りされた場合の対応が非常に難しくなります。

「特に大変だったことは何ですか」

「どんな工夫をしましたか」

「なぜそう考えたのですか」

嘘であれば、このような質問に答えることは非常に難しいです。稀によっぽど演技が上手い人がいますが、普通の人は真似すべきではないでしょう。

背伸びをすることなく、自分自身に素直になることが大切です。

2-2.学生時代力を注いだことの見せ方の工夫

 

先ほど嘘はつくなと述べましたが、見せ方の工夫は必要になってきます。

具体的にいえば、企業がどのような人材を欲しているのか仮説を立てて、話の構成を組む必要があります。

例えば、企業のホームページに求める人物像なんかが掲載されていますよね。

もしくはOB・OG訪問などでもいいでしょう。

そのような場所で情報収集をして、その企業が求めている人材に見せる工夫や味付けをしていく必要があります。

同じエピソードの中でも、何を強調すべきなのか、何を詳細に語るべきなのかを考えるようにしましょう。

2-3.学生時代力を注いだことの深堀の徹底

 

深掘りに耐えられるような準備をしておきましょう。

先ほど嘘は深掘で見破られると記述しましたが、本当の内容を伝えていても自分のエピソードへの理解が少ないと同じような結果になってしまいます。

「自分の経験だから話せるでしょww」

と感じる人もいるかもしれませんが、自己分析をしていない状態で深掘りの質問に答えることは至難の技です。

「なぜ、そう考えたのですか?」

「どうして、そのような行動をとったのですか?」

このような質問に答えることができるように、きちんと自己分析を行いましょう。

2-4.学生時代力を注いだことは結論から!

 

ESでも面接でも結論を述べてから内容に入るようにしましょう。

 

学生がどんなに素晴らしい経験をしていたとしても、

面接官に伝えることができなければ、

就職活動においてその経験の価値はありません。

 

そのようにならないためには、どのような内容であっても論理的に伝える能力が求められます。

 

結論は自分自身が1番伝えたいことです。

なので、最悪結論さえ伝われば、残りの内容が多少ぐちゃぐちゃになったとしても、

面接官は「この学生は〇〇の話をしたんだな」

となんとか理解できます。

 

何より、結論を先に伝えることで面接官も内容を理解しやすいでしょう。

 

 

3.学生時代力を注いだことのエピソードの探し方

ここまで「学生時代力を注いだこと」への攻略方法を述べてきましたが、

「そんな経験なんて正直ないよ、、、」

という学生もいるのではないでしょうか?

 

そのような場合は大げさに考えている場合がほとんどです。

何も、ボランティア活動をしたり、部活で全国大会に出場したりする必要はありません。

 

確かに、与えるインパクトという意味では多少の有利不利はあるでしょう。

しかし、大事なのは内容の濃さです。

 

そこで、あんまりエピソードが思い浮かばない人向けに探し方について解説します。

 

 

3-1.問題解決までのプロセスを伝えることができるか

 

問題解決までのプロセスを説明できるエピソードであれば問題ありません。

面接官は何に力を注いだのか以上に、どのように成果を出したのかを知りたいわけです。

 

自分が主体的に何かに取り組んだことがあれば、何かしらの問題に突き当たり、その問題を解決しようとしたはずです。

そして、その過程を伝えることができれば、面接官の評価も悪くないはずです。

そのプロセスの中で自分は何を解決したかったのか、どんなことを大切にしたのかを考えることのできるエピソードであれば十分です。

3-2.何を学んだのか伝えることができるか

 

プロセスを述べることが重要だといいました。

その次に大事なのはその経験から何を学んだのか、です。

 

面接官は「学生時代力を注いだこと」の質問では、プロセスも重要視していますが、それと同時にどのように成長したのかも評価基準となります。

 

もし「いい経験してるのにあんまり成長してないな、、」と面接官が感じてしまうと、

新卒なのにあまり伸び代がない、との評価になりかねません。

 

経験を通して自分が成長したこともプロセスと同時にアピールしましょう。

 

エピソードを探す上で大事なのは、

面接官が「この経験と同じように、入社後も経験を積んでくれそうだな」という再現性を感じさせることができるエピソードです。

輝かしい成果でなくとも良いので、再現性に注目してエピソードを探してみましょう。

まとめ 経験から人柄を伝えられるかどうかが大事

本記事では、

「学生時代に力を注いだこと」この質問がなぜ頻繁に聞かれるのかを解説し、ESや面接での攻略方法を説明しました。

 

ここまで読んでいただいた方であれば、

華々しいエピソードは確かにインパクトという意味では有利かもしれないけど、何に力を注いだかだけでは高い評価を得ることができない、と理解していただいているのではないでしょうか。

 

珍しい・面白い経験でなくとも、ポイントを抑えてわかりやすく伝えることができれば十分評価されます。

つまり、どのエピソードを伝えるかよりも、自分の経験から人柄を伝えられるかどうかを大事にすることの方が必要です。

 

背伸びせずに、等身大の自分を伝えることができるようにきちんと準備しましょう。

 

本記事が「学生時代力を注いだこと」で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

面接・ES対策もジョーカツがサポート!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 【業界研究】商社業界についてザッと解説します。
  • 新卒で入った会社を半年だけど退職したい。退職する前に考えるべきポイントとは?
  • アルバイトと正社員の違いは?新卒からアルバイトもあり?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年12月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー